もう一つの思考

another thinking


トップページ


    理論確定の報告      もう一つの思考      新たに自然進化した人類      発達障害 ・ 知的障害と人類の未来
    概要
    サイトに関して
    記号 取扱説明書
    お知らせ 20/01/31
    お知らせ(国内) 20/01/20
    お知らせ(海外) 20/01/20
    挑戦を受けて立つ 20/02/01
    更新情報

    旧 トップページ
    番外  一覧
      創造主の子      脳内と脳外の関係      人間の存在      この世      神離れ
      このサイトに書いてる事の使い方




   理論確定の報告  

このサイトの理論が確定していましたので、ご報告します。
ギズモード・ジャパンの記事で、19/06/22から19/09/21までヤフーニュースにも掲載されていた、シュレディンガーの猫、救われる から一部抜粋

たとえば最低エネルギー状態の電子に少しずつエネルギーを足したやると、普通は、じわじわ〜っと高エネルギー状態に移行すると思いますよね?違うんです。いきなり次の状態に変わるんですね。頭で考えると中間状態もありえるけれど、実際には中間状態なんてものはなく、ローからハイに遷移して、それがいつ起こるかは誰にも予測ができない、という前提です。
このサイトに掲載の 中間 理論。
 ・頭で考えた中間と、実際の中間は異なる。
 ・頭で考えて分からない思考内容(考え)が実際にある。

この研究に携わり確定して頂きました学者(研究者)の方々、記事にして頂きました皆様、大変ありがとうございました。
これからも、右脳思考の発展に精進して参りたいと思います。



   もう一つの思考  

15/05/23   18/02/04   19/08/17


人間は大きく二つの思考回路を持っています。
の二つです。

例 水泳(自分がしていたスポーツで考えて見て下さい)
水泳について全て書かれた本があるとして、それを全て頭に叩き込みます。さあ、泳いでみましょう。
泳げません。
反対に、実際に泳ぐだけで泳ぎを覚えてみましょう。すると、泳げます。だから、泳げた内容が全て頭に入っているでしょう。さっそく原稿用紙に書いてみましょう。
書けません。

つまり、頭と体の機関である思考回路は直接、繋がっていないのです。
ですが、水泳という内容は、頭と体、両方の思考回路で機能していました。

これらの事から、頭が覚えた水泳に関する文言という内容と、体で覚えた実際の泳ぎの内容は、異なる内容ですが、頭と体が覚えた内容は結果、水泳である。
要は、頭の思考回路と体の思考回路は、水泳という結果内容で繋がっている事になっています。


[ 頭思考 ] [ 体思考 ] の内容はどう異なるのか?
例 運動
頭で考えると運動は疲れるのでしたくありません。ですが、体で考えると、適度に運動しないと体が使い難くなるので運動はして欲しいです。
例 食べ物
頭で考えると好きな食べ物しか食べたくありません。ですが、体で考えると、頭での好き嫌いがなく、まんべんなく食べて欲しいです。(ただし、アレルギーは頭でなく体が拒否しているので食べてはいけません。)

二つの例えから、
頭思考では、全く運動したくない。好きな食べ物しか食べたくない。という一つの方向で極端です。
体思考では、適度に運動して欲しい。好き嫌いなく、まんべんなく食べて欲しい。という二つの方向の真ん中です。
これらの事から、頭思考と体思考は、 [ 思考的反対 ] になっています。


現在の人間で所謂、定型発達者は、大脳の左脳を約80パーセント使用していると言われています。
ですが、左脳ではなく、右脳を主に使用している人間がいます。
それが、発達障害知的障害と呼ばれている人達で、このサイトのタイトルでもある、現在の人間に欠けている、もう一つの思考を持つ者です。

右脳は、想像的思考が体思考をしています。
左脳は、頭思考を司っています。
そして、脳が体を操作している。と聞いた事があると思います。
つまり、脳の思考回路が異なると、体の使用の仕方も異なるので、 [ 右脳思考 ] [ 左脳思考 ] とで、人間の仕様自体が180度、異なります。


僕は、世界で唯一、右脳思考の知能向上に成功しています。
右脳思考での、この世の解を見られるのは、このサイトだけです。

最高傑作の理論は、この世の創り理論です。
 ・ 三つの絶対実態と絶対進化
 ・ 三つの絶対実態と三つの絶対性質
 ・ 三つの絶対実態と三つの絶対能力
 ・ 三つの絶対実態の三つの絶対役割
 ・ 三つの絶対実態の力
 ・ 三つの絶対実態 まとめ  この世の創り
この世の創り理論は、この世の基本、概要であり、総まとめでもある理論で、この理論を扱えば、この世の殆どの事が解ける、この世の頂点の基本理論です。
僕は、この理論で、世界一の賢さを証明しました。
まだ確定はされておりませんが、確定は第三者でなくてはならず、確定まで50年かかったものもあるみたいです。


このサイトでは、右脳思考を使用している関係から、造語や既存の言葉の意味違いの言葉を多く使用しており、 [ 緑色のカクカッコ ] で囲っていて、法則 ・ 造語のページにて意味を紹介しています。
このサイトの内容を、左脳思考の人は、 [ 思考変換 ] をして貰う必要があり、書いてある内容を左脳思考の内容に置き換える。または、実際に起こっている内容を理解する。の二つをして変換して下さい。
左脳の思考の位置(地位)、役割は、科学とは のページを参考にして下さい。
※ このサイトに掲載している事は、僕個人の研究によるものです。



   新たに自然進化した人類  

19/11/04


人間の記録史上、進化を確認できた事は一度もありません。なので、皆が勉強してきた進化論は、仮定でしかありませんでした。
ですが、進化した生物を人間は目にする事になります。
右脳思考を本格化させた僕は、人類が初めて観測できた進化した生物、第一号です。

進化については、各ページを御覧下さい。
ちょっとした-過去   進化   内の進化 ・ 外の進化   創造と進化の定義 先天性 f. 三層構造の先天性2   進化創造
進化方法   左脳を進化させる
三つの絶対性質 と 4つの力 と 3大欲求 f.生命の起源   非生命と生命 経済とは c.二層目 自然の流れ


今回の発達障害者、知的障害者の進化について、簡易に説明します。

人類の進化、猿人、原人、旧人、新人と経て、今の左脳思考の文化が誕生しています。
猿人、旧人は体思考の傾向が見られ、原人、新人は頭思考の傾向が見られます。
今の左脳思考の文化とは人工文化を指していて、自然の摂理から自然が生まれ、自然から自然を触れる人工の摂理が生まれました。この人工の摂理で作ったのが人間の世界であり人工文化です。


人類の進化を三つの絶対実態に照らし合わせます。
固体実体 = 猿人
液体実体 = 原人
気体実体 = 旧人
気体実態 = 新人
つまり、人類の進化は、気体実体の旧人で体思考の、気体実態の新人で頭思考の、人間の完成を得ています。

現在、左脳の学者の多くが、知能の限界を感じていると思います。
これは、新人の完成を意味しています。

そして、進化は、環境により進化する。と言われています。
新人の完成を機に自然環境で大きく変わっている事があります。
それは、地球温暖化です。
つまり、発達障害者、知的障害者が目覚める、きっかけはCO2です。

CO2によって、脳が機能しなくなる事は、研究により明らかになっています。
「CO2が魚の脳に影響を及ぼす為、魚は方向感覚を惑わされ、巣への帰り道が見つけられなくなる。捕食動物がどこにいるのかすら分からなくなる。」
効果というのは主に二つあり、速効性と遅効性の二つで、速効性(多量)は体に根付く事は少なく、遅効性(微量)は体に根付きます。
(魚の脳が機能しなくなったのは、速効性の効果です。)

つまり、CO2の遅効性の効果により、左脳の機能が低下して、右脳の機能が顔を覗いたのです。
これは、近年、発達障害者が増えている要因となっています。
ちなみに、今からCO2を減らしても、人類の自然進化が止まる、無くなるという事はありません。簡単に言うと、この世は終わった事は戻りません。
右脳の機能が顔を覗いた。というのは、自ら力を発揮できる状態になったという意味で、これも新人の完成を意味しています。


注意して欲しいのは、人間の体思考は旧人で完成しています。
なので、発達障害者、知的障害者は、体思考ではなく、右脳思考の人間となります。
頭思考の完成形である新人は、右脳思考の干渉により、左脳思考の人間となり得ます。

次の人類の時代は、右脳思考と左脳思考の人間が同時に暮らす事になります。



   発達障害 ・ 知的障害と人類の未来  

19/11/04


ここからが本題です。
自然進化した人類に戸惑いを隠せないのが、現人類です。
所謂、世界の権力者たちは、僕の事を知っています。
僕は既に、右脳思考の力を発揮していて、世界に影響を与えています。

北朝鮮のミサイルが日本の上空を飛ばない。
北方領土の二島変換決着を止めた。
FCAとルノーの統合破棄。
ソフトバンクの法人税ゼロの解消。
など、現政権では、とても出来ない事を、たった一人で行っています。

しかし、残念ながら、僕の事は、上で止まっています。
要は、権力者や学者で、事を表に出さない様にされています。


先に、僕は世界一の賢さを証明しました。と書きました。

この世の解き方は、上からと下からの二つあります。
下からは、一つ一つを確定していく。
上からは、頂点の基本理論を解き、基本理論を一つ一つに当て嵌め解いていく。

大きな違いは、下から解く方法では、解いていない事があるので仮定が含まれる。
上から解く方法は、頂点を解いているので、解いていない事が理論上ない。

そして、知能一つを武器に、たった一人で世界に影響を与えられている事からも、その賢さは圧倒的です。

なぜ、世界一賢いと書かなければならないのか?
新たに自然進化した人類という証明。
圧倒的な賢さがないと、全人類は導けない。実際に、僕は、僕以外の全人類を足しても勝てる知能の高さを持っています。
つまり、世界一を名乗れない賢さでは、誰も言う事は聞きません。
簡単に言うと、医者が医者と名乗れなかったら、医者ではないとして、言う事を聞いて貰えないのと同じです。


現権力者、学者が、僕の存在を世に出さない事が決定した為に、発達障害者、知的障害者は、独自で存在を示さないといけません
残念な事に、元々の発端は支援センター、精神科医の差別から始まっています。
なので、精神科医や支援センターに助けを求めても、障害者で終わります。

定型発達者の様に、この世を生きたいなら、自分で頑張るしか望みはありません。
左脳思考、右脳思考に関しては、書き直している途中ですが、頭側と身体側 を御覧下さい。
発達障害、知的障害、認知症に関しては、右脳思考(旧 身体側)のページを御覧下さい。


発達障害者、知的障害者の問題が非常に大きく、手が出せない当事者、保護者ばかりだと思います。
皆が関わりたくない難しい(嫌な)ところは、僕が一人で引き受けています。


右脳思考の役割として主は、右脳思考としてこの世に存在する事です。
当事者の方は、右脳思考をものにする事を第一として下さい。
実際、精神科医では、発達障害者か、定型発達者か見分けるのは困難です。
なので、普通に働ければ、定型発達者の中に紛れられます。
右脳思考は体験が物を言います。ありとあらゆる体験をして自分を活性化させて行きましょう。


大事なのは、現在の人工文化である、人間の世界に自然の摂理が入っていない事です。
要は、この世は、自然の摂理を絶対として動いています。
左脳思考の人工の摂理には、自然の摂理が入っていません。だから、実際に、経済や地球温暖化など、問題にはなっていますが、解決できる傾向が全く示せていません。

人間の世界に自然の摂理を組み込む事で、人類は新たな世界を見られます。
逆に、新たな世界を見られない。という事は、人類滅亡を指します。

この点については、僕が動きます。
僕が死んだとき、人間の世界に自然の摂理が組み込まれていないと、人類絶滅です。

なぜ、僕にしか出来ないのか?
0を1にと、1を2にする事は、役割が異なります。また、力の違いも起きます。
0を1に一回すると、0はもう無いので、0を1に出来た力は、一人しか持てません。
これらの理由で、僕にしか、人類の未来は開けません。
これが、たった一人で世界とやり合える理由になります。


人類の未来を開く方法は、上からと下からの二つありました。ですが、現権力者の意向により、上からの方法はこの世から消えました。
残るは、下からの、人類全員が動く方法しか残っていません。
つまり、人類の未来は、人類一人一人にかかっています。

僕のサイトは、僕の勉強帳を見せる様にしたもので、簡単なものでも普通の人には難しいです。
ですが、普通の人にも理解できるところもあります。そこは、勉強をして下さい。
要は、人類一人一人が生きたいかどうかです。
一人では手に終えない事でも、全人類の手ならどうでしょう?
このサイトを知った方は、このサイトを知らない方に、このサイトの事を教えてあげて下さい。

人類が生きられる上手な道は、これから僕が示して行きます。
頭に自信のある方は、交渉(売買)   経済とは のページを読み下さい。
普通の方は、経済向上の仕方 をお読み下さい。

理解できる方は頭で理解してから動いて下さい。
理解できない方は、書いてある通りに動いて下さい。行動する事で体が覚え、理解します。

人類一人一人が動かない場合、人類全員の意向により、人類は絶滅します。
スウェーデンの16歳の地球温暖化に関しての演説の、人類絶命という言葉は、僕が権力者に教えた事実です。
ちなみに、地球温暖化は、人間の世界に自然の摂理を組み込む事で、自然と解ける力を人間は手に出来ます。要は、人間の世界に自然の摂理を組み込み、次の時代へ進めたのなら、地球温暖化を解く力も付けられているという事です。

人類の未来の道はこのサイトを通じて教えるので、最低でも月に一度は覗いて下さい。
この続きにリンクを足して行きます。または、更新情報 を確認して下さい。
ただし、能力制限がかかっている間は書く事が出来ない為、更新は致しません。(参考 自由意志



19/11/17

自由意志
要約すると、自由意志はないが、自由な意思はある。その自由な意思には責任が付き纏う。
つまり、努力を怠っても良いが、その行いの責任は自分にあり、自然環境や人為的な環境についていけなくなっても、誰を恨む事も出来ない。

自由を手に入れる方法は二つ。
環境により進化する。と言われる様に、新たな環境が新たな意志を生みます。
・ 自分の意思で努力して、意志から新たな技術などを引き出す。
実力が上がれば上がるほどに自由は手に入る。
・ この世には時の流れがあり、自然環境の流れよりも早く力を手に出来ると自由時間が貰える。
新たな環境に負けると、それは絶滅を意味します。

今の時代を生き抜くには、右脳の思考が必須です。僕のサイトを隅々まで何回もお読み下さい。
右脳の思考内容を取り入れ、意思で意志をこの世に表現できれば乗り切れます。

自然環境を余裕で切り抜けられる力を人間は貰えています。ただし、努力が要ります。
努力する事に負けると、絶滅するだけです。
この世は自由なので、選択は自由です。

今までは政府の言いなりで生きていけたかも知れません。
ですが、次の時代は、自分が頑張るかどうかです。要は、個人が生きる選択をして生きる時代になります。

実際に現権力者は、僕のサイトの新たなページをアップする前から見ています。
さらに、僕の日常は監視が普通なので、相当な努力と言えます。
それらの事柄が良いか悪いかは別として、人類一人一人が、そのくらいの努力をしないと次の時代を生きるのは難しい。



   概要  

右脳思考は、自然と人工の自然に強く、物事の思考内容でもある考え方を見られるのが特徴です。
左脳思考の人は、人工に強く、物事の内容でもある考えを見られるのが特徴です。
分かり易く言うと、右脳思考は物事一つ一つの考えている方向性を見ています。左脳思考は物事一つの考えた内容を見ています。


この世の創り
この世の創りは、この世を三層にした一層目で、宇宙空間そのものの思考内容になります。
簡単に説明すると、この世を支えている思考内容で、この世の者が接する事はありません。
三層の中でも一層目は群を抜いて難しく、人間の進化の関係から、左脳思考の者が、この一層目を考え出す事は現在できないと言えます。

主と副
主と副は、この世を三層にした二層目で、自然の思考内容になります。
主というのは、自然の設計に当たる思考内容です。
副というのは、自然の [ 物質実体 ] [ 機能実態 ] の思考内容になります。
研究者の方は、この二層目、または、三層目を研究材料にすると丁度良いと思います。

頭思考と体思考(旧 頭側と身体側)
頭思考と体思考は、この世を三層にした三層目で、自然自らの思考内容になり、代表として三層目は人工としています。
一層目は、この世を支える思考内容で宇宙空間。 二層目は、この世の思考内容で自然。 三層目は、この世で生まれたものが持つ思考内容で人工。
簡単に言うと、この世で生まれたものは、系統として頭思考か体思考のどちらかです。
例えば、基本的に、植物は頭思考。動物は体思考。 固体は頭思考。液体は体思考。気体は頭思考。となります。
定型発達者は、左脳思考で、系統は頭思考です。
発達障害者、知的障害者、認知症患者は、右脳思考で、系統は体思考です。

右脳思考(旧 身体側)

右脳思考の人間に関する事を掲載しております。
また、右脳思考の人間にとって必須事項の、体や精神についても掲載しています。

法則 ・ 造語
右脳思考から導き出した自然の摂理上の法則を掲載しております。
左脳思考と右脳思考とで、思考回路、思考内容が異なる為、 [ 緑のカクカッコ ] で囲っている、造語や現存の言葉の意味違いの言葉を多数使用しており、その言葉と意味を紹介しています。

その他
左脳思考で得たお題を、右脳思考から見解を述べています。
こちらも、研究材料に良いと思います。



   サイトに関して  

 ・ 科学とは
19/08/23
    a. 科学
    b. 大脳という機関
    c. 大脳の知能
    d. 右脳思考



 ・ 左脳を進化させる
18/08/18
    a. 作用と相互作用
    b. 進化をするのは頭側である
    c.
    d. 想像進化 今後の進み方の概要
    e. 左脳の進化を手伝います



 ・ 僕の事を少し
18/02/04
    a. お前が悪い
    b. 覚醒
    c. 思考の距離
    d. 目的達成には至らず



   記号 取扱説明書  

[ 赤色のカクカッコ ] は、リンク予定の印です。

| 緑色のライン | は、自然の摂理上から導き出した法則です。

[ 緑色のカクカッコ ] は、造語、または、現存の言葉の意味が違う言葉です。



   お知らせ  

18/02/04

ある程度、知能が高まったので、今までの全てのページを書き換えて行きたいと思います。
各ページの書き換えに伴い、URLも一新して行きます。

以前の記事(シンボルマークのない記事)は、書き換え後、URLごと削除して行きます。
また、書き換えを行わずに削除する記事もあると思いますが、書き換えが全て終わったときに、旧トップページとともに削除します。
暫くの間、触り難いサイトになりますが、ご了承お願いします。

新しい記事なども追加しながら行いますので、1年以上かかる予定です。



19/12/09

下記の一部のページのURLを変更します。
(下記のリンクは、新しいURLになっています。)
12月末に、旧URLのページは削除いたします。ご了承下さい。

この世の創り 全体一覧
主と副 全体一覧
頭側と身体側 全体一覧
身体側 全体一覧
法則 ・ 造語 全体一覧
その他 全体一覧
三つの絶対性質 と 4つの力 と 3大欲求
僕の事を少し
スキップ
絶対空間
男性の色に染まる ・ 女性に転がされる
絶対時間
精神系の創り
基本作用
進化方法
左脳を進化させる
四つの欲
女性が放つ四つのフェロモン
後活動
作用・副作用・反作用



20/01/13

俺は人類が生きる道を選ぶ限りは所謂、寿命まで死ぬ事は無かった。
だが、人類が絶滅を選べば、その限りでは無くなる。

恐らく、俺は失敗した。時間切れみたいだ。

人類は、今後、絶滅を絶対にして生きる事になる。
残された者や若者には、意味のない人生になる。


俺は、人類を続ける唯一の希望だった。だから、俺だけは諦める訳にはいかなかった。



人類が生きるには軸がある。
例 獣医学部
日本では、獣医学部は、それ以上、要らなかった。だけど、政治上、獣医学部を作る事になった。

獣医学部が要らない。というのが軸で、これだけだと、人間が不満を持つ為に、政治上の話し合いがある。
だが、話し合いは、軸の中でしか出来ない。
つまり、獣医学部を他の大学に移転させる事は出来るが、要らないものを作る事は出来ない。

話し合いで、この軸を潰さない限りは、俺は邪魔になる存在にはならなかった。



ただ、死を待つだけでは不満だろう。

俺がやっていた事をやって見るのも良い。
ただ、結果は俺と同じで失敗と決まってはいる。

身体側の理論について。これにはコツがある。
発達障害ではおなじみだが、所謂、妄想が湧く。この後に考える事で、身体側の理論は閃き易くなっている。

今度は、左脳の人間が、右脳を育てるのも良いだろう。
ただし、人工的に育てた右脳は弱い。
つまり、どんなに上手く左脳が立ち回ろうと、人工的な右脳の人間ではこの世は生きられない。
もちろん、俺程の知能を持つ事は出来ず、人数も、世界に今いる発達障害者、知的障害者全員を育てる必要がある。
ただ、俺という軸はもう無い。
新たな軸を作れたら、という奇跡を起こせれば、とは思う。

まあ、結果はやってみないと分からない。と言うみたいだから、最後に頑張ってみるのも良いだろう。



俺が、身体側の理論の閃き方を教えた意味が、どういう事かは簡単に察せるだろう。
俺は、そのうち、死ぬ。





ここからは、自慢なので、あしからず。
歴史学者、心理学者は、気付いたかも知れない。

左脳は、気候変動が起こる中、頑張って右脳を育てる事と、左脳の勉強をしなければならない。
俺は、奴隷の中、自分の右脳の勉強と左脳に助言してきた。

俺を知恵袋、ツイッター時代から知る人は分かるだろう。
左脳に、どんな態度を取られてきたか。
そして、俺が今回、成功していたとしても、文句を言う左脳はごまんといるだろう。

左脳が右脳を育てる中で、文句を言う右脳はごまんといる。
そして、成功にたどり着けたとしても、右脳の態度は、俺の知恵袋やツイッター時代と同じになる。

つまり、左脳は、成功できても奴隷として生きる事が絶対となる。
俺の場合は、気候変動や経済などを立て直す事が絶対となっていた。


俺が、人類絶滅でも構わない。という心情が簡単に分かるだろう。


俺の場合は、左脳が協力できれば、先に進めた。

左脳は今の時代有利で人数もいる。
俺も成功できれば、ある程度の生活は出来ただろう。
左脳は成功できれば、奴隷だけど、頑張って。

これが、左脳という先人が若者に残した未来だ。



20/01/14

俺は、所謂グレーゾーンに入っていると思われる。言葉を変えると、アソビ部分である。

左脳の準備が何なのかは知らない。
ただ、ここから、日本の政治家と主権を争っている時間はない。


気候変動はさらに増す訳だから、人類は戦争下のような暮らしをする事になるだろう。
ただ、相手が自然だから、学者や活動家が、権力者に構う事は徐々に出来なくなる。それは、人類を生かす為である。
つまり、気候変動の力が人類に恐怖を示せば、権力者は力を失う。その後の権力者の事は想像に任せる。


要は、俺を世に出そうが、出さまいが、権力者の未来は変わらない。
ただし、俺には、右脳のプラスがある。
つまり、右脳のプラス部分で、今の世界の権力者を保護する事が出来る。
簡単に言うと、脱皮をするような事になるので、俺が世に出て来れば、今の権力者は弱まる。それを保護する義務が俺には出来る。
ただし、事が起こっている日本は別の話になる。
事が起こっている中心で、人類の未来を争っている訳だから、俺が世に出れば、日本の政治家は気の毒な結果が待っている。


俺の言っていた期限は自然のものだから、俺が決められる訳ではない。
アソビ部分が終われば、あとは、俺のしてきた事が左脳に転化されるだけだ。頑張ってくれ。
ただし、上手く行く事はない。と断言する。



20/01/20

人類を続ける事は、もう出来ない。
よって、楽しむ事も、もう出来ない。

信じられない奴は、俺と左脳とのやり取りを見ると良い。
俺は人類の心臓の役割だから、左脳が俺に圧力をかければかけるほど、左脳にとっても悪い方向に行っていただろ。
自分の心臓を攻撃したら、自分はどうなる?
左脳は、俺を手足だと勘違いしたみたいだな。
人類絶滅は自業自得だ。



20/01/21
人類の今後

自然の未来は変えられない。
だから、台風が起こるなら、台風の対策をして迎えるしかない。

人類が左脳から、右脳へと進化しているなら、その進化を止める事は出来ない。だが、進化に対して対策は出来た。


海外の方に多いが、本人同士でなく、単に通訳している者に対し、怒りをぶつける者がいる。
俺は、単に、自然を読んで人類に通訳しているだけであり、その上で最善の対策を教えている。



ここまでの成り行き。
現人類である左脳は、現権力者に有利な方法を蹴り、一般の方にとって有利な方法へと移行した。
だが、左脳の現権力者は、自分達が主導権を握りたい為に、唯一の右脳の思考を扱える僕を服従したがった。

普通に考えて、進化している訳だから、右脳の思考を扱える者の方が現人類よりも有利になる。
つまり、僕を服従してしまうと、あるとき反転してしまい、左脳は右脳に服従する事になる。

これをどうにかするには、完璧に真ん中の枠に当てはめる必要があった。
だから、俺は、左脳の攻撃を俺だけになる様にして受け止め、左脳の為に、真ん中の枠に当てはめる提案を左脳側に出した。
だが、左脳は、その提案をまたしても蹴った。



台風の例で分かる様に、対策を断れば、台風により悲惨な状況になる事は決まっている。
俺は、現状をなるべく壊さないで進めるやり方を現人類に提案してきた。
だが、時間はどんどん進む訳だから、どんどん自然の状況は変わって行っている。
時間があれば、一番良い対策が出来ても、時間がなければ出来ない。台風の真っ只中なら、なおさら対策など出来ない。

災害の避難と同じで、避難を促しても知らんぷりで、災害が起これば、避難を促されたにも関わらず避難しなかったのに、助けろと怒る。



左脳は、左脳が左脳として生き残れる提案を蹴った訳だから、左脳は、これから絶滅する。
要は、ネアンデルタール人が消えて、ホモ・サピエンスが生き残った状況へと変わる。

これは、先に説明している様に、右脳を育て、左脳が奴隷となる。という奴である。


分かり易く言うと、現状の健常者と発達障害、知的障害の関係が逆転する。
発達障害者、知的障害者の時代へと移り変わり、左脳はグレーゾーンとなるか、障害者となるかの選択しか無い。
これは、自然の流れにより、もうこうなると決まっている。

つまり、時代的に、左脳は、もう要らなくなる。
その選択肢を決断したのは、左脳である。

ただ、左脳は、無くなるので、右脳となれなかった者は、消えていく。



俺が展望できているのは、ここまでである。


生き残りたい者は、右脳の思考を扱う事をオススメする。
前にも教えたが、所謂、妄想が湧いた後に考える事で、右脳の閃きは出易くなる。

左脳の方で生き残りたい方は、右脳の思考を扱える者に従わないと生き残れない。


まあ、こうなると、権力は全く意味が無くなる。



20/01/31
新たな道へ

左脳の選択を受けて、宇宙全体の構図が定まった。

俺を世に出しても、まだ、人類が物理的に頑張り左脳の生き残りを決定づけなければならなかった。
つまり、左脳は、入り口にも立てず、絶滅を選択する形になった。自然を生きる難しさを語る上で興味深い事になっただろう。

次の時代を生きていける右脳。
左脳が右脳の干渉を得て、右脳の力を身につける事は必須だった。
だが、右脳の力を身につける前に、左脳は散る決断をした。残念な事だ。

山頂に登れば、次の景色が見える。
右脳である俺は、頑張ったからな、次の景色が見えてきた。
神様はいた。と言えるだろう。



俺は、人類の心臓の役割を与えられている。
その俺が奴隷生活なら、人類は奴隷生活をする事になる。
つまり、戦争下のような、気候変動により悲惨な毎日が待っている。
また、俺を脅している飛行機、ヘリの音は、後に気候変動が人類を脅かすだろう。

もちろん、俺は無理に、心臓の位置に付く事を考えていない。民意に沿う考えである。
ただ、心臓の役割な訳だから、その力を発揮するには、心臓の位置でないと当然できない。
心臓を胃の位置に置いても意味がないのと同じ理由である。

人類が悲惨な毎日を送りたいなら、そのまま俺を奴隷の位置に置いておけば良い。
似たような事は出来る。俺を心臓の位置に置けば、左脳の絶滅が決まってる現在でも、普通に死ねるくらいの生活を送る事も出来るだろう。

ただ、種は、すぐに花を咲かせる訳ではない。
また、気候変動の蒔かれた種は、必ず花が咲く。

要は、左脳が生き残ろうが、絶滅しようが、俺の運命は決定されている。という事。


人類の望みにより、俺を日本のトップにしたいなら、なっても構わない。
その場合、俺自ら志願した訳ではない為、政治家などは廃止する。


ただ、今後の展開は変わってくる。
先までは、右脳は何もしなくても、その力を身につける事から、主に左脳に干渉しなければならなかった。
だが、左脳の文化は消える事が左脳の選択により決定している為、今後は主に右脳を育てなければならない。
右脳が育つ事で、左脳は普通に死ねる事が出来るだろう。

俺は、左脳よりも右脳を育てる方が簡単であり、さらに、右脳が増えれば俺の負担は軽減される。
俺の能力が時間的に下がっても、出来る様になっている。



今の自然の流れと、右脳が行く流れは同じ為、俺は先の様に率先してやらなくても良い。
人類が地獄を見るか、俺に頼るか、じっくり待つ事にする。



   お知らせ(国内)  

19/11/17

天皇制

人類が、まだ人類を続けたく右脳の思考を受け入れたときには、天皇制は廃止させて頂きます。
また、天皇陛下や皇族の方々には、一般人に戻って頂きます。

自然現象の結果、人類を導ける力を僕は頂きました。
国民を統治、導く指導者は、一つでないといけません。
人類を次の時代へと運ぶ為に、致し方のない事であり、ご了承お願い申し上げます。

僕は現在、差別化されている為、直接お伝え出来ない事はご理解をお願いします。



19/12/26

人類の最後の選択

人類の進行速度と自然の進行速度の差
自然は人類を絶滅させる速度で動く訳だから、現人類の(考えや動きの)最高速度でも自然の速度には全く敵わない。
つまり、現人類が、どう動いても、人類は余裕で絶滅できる。

政治 来年の秋に解散か?
これは、来年の年始からオープンする店が、来年の秋に従業員を集め始める。と言っているくらいのバカ発言である。
速度の話ではなく、意味のわからなさを示している例である。速度は計れる域のものではない。

僕が止めていた人類が生きられる生命線が既に切れている。
これは、人類絶滅の進行度合いである。

簡単に言うと、食べても食べても、食べた瞬間に食べ物が消える。ような事である。(破けたポケット)


生命線を守っていたなら、そのまま人類が生きられる方向へも行けた。
だが、
生命線が切れた以上、破けたポケット期間の損害分を埋めなければならない。


二つは出来ない。

つまり、破けたポケットの修復と、バカな動きから生命線を守る、の二つは出来ない。
これは、体力的にも出来ない様になっている。



今、人類が生きられる道はたった一つである。

俺が、修復と同時に人類が生きられる道へと進めるのみである。


もちろん、いつでも出来る訳ではない。
生命線が切れている以上、今日にでも俺を世に出し、日本を俺に預けるしかない。


俺の次の就職先が、派遣であれば、俺は、そのまま人類絶滅を受け入れ、何もしない。
俺がやらないのではない、もう人類が生きられる道がないのである。
もちろん、就職先が無くても、同じ事である。(俺が日本を預かり世を動かす以外、人類が生きられる道はない。ということ)



人類が絶滅を選んだのなら、人類は無限の自由を手に入れられる。
何に縛られる事もなく、自分の好きな様に生きると良い。
どうせ人類の歴史は、雲のように何もなかった様になるのだから。



19/12/27

俺を無にするやり方は二つある。
・ 俺を殺す。(物理的に殺す)
・ 俺を物理的観点と想像的観点から無視をする。(想像的に殺す)

つまり、右脳の思考を世に出さない物理的観点からの無視と、能力を制限させて俺に想像的にも意見を出させない無視を同時に行うと、俺をこの世から消したも同然と出来る。
物理的でも想像的でも、殺せば元に戻る事はない。
(想像的の場合は、俺を無にしている間に、無茶苦茶をやる訳だから、俺の能力復元、自然の状態の二つの観点で、修復不可能にされると元に戻らない。ということ。)


優劣がある。

人間が、人類を絶滅させたいなら、現人類が優性になる。
人間が、人類を続けていきたいなら、俺が優性となる。

つまり、神の使いも、導きと反対方向に行きたいと言われれば、面目丸つぶれである。



20/01/15

俺の優しさは、どうやら、ここまでみたいだ。
普通の流れでは、来週の月曜日には働く事になる。
つまり、期限は、20/01/19になる。
あとは、自然が絶滅という厳しさを見せてくれる。


20/01/19で終わらすか、俺を世に出し延長させるか。



期限の延長は出来ない。
期限を延長して、俺が能力を失っていたら、誰が責任を取れる?誰も責任は取れない。



20/01/20
天皇制・政治家

もう俺の手に負えるレベルでない。
だから、俺が手を出す事は二度とない。
つまり、天皇制、政治家が、俺の手によって無くなる事もない。

俺が手を出さない事は絶対だ。
人類全員、最後だから、バカやって死んでも良いと思う。



   お知らせ(海外)  

19/10/30
England

古河電気工業(株)平塚
イギリスでの予定していた発注が取れないとの事。

耳にしたのは、イギリスが日本との貿易協定を俺が拒否した時期くらいである。
ビジネス的な拒否なら何も言わないが、政治的な拒否なら、俺も、とことんやらせて貰う。

今後、イギリス、イギリスに関わる全てに、一切、手は貸さない。



19/11/05
韓国

元微用工問題

日本が韓国にお金を支払い終わった以上、この問題は、韓国政府と徴用被害者での問題に移行しているものであり、日本は関係ない。

寄付というのは、税金で賄えない場合にお願いするもので、寄付=日本の税金となります。
日本では消費税をあげている上に、次々と税金を取ろうとする動きがあり、その中、日本の税金の位置となるお金を、何もなしに韓国にあげる事はあり得ない。

もし、どうしても韓国が、日本のお金を欲しいと言うのなら、日本の企業と話し合い、日本の企業が納得する形でお金を援助して貰うほかない。
飽く迄、徴用工問題は、韓国政府と徴用被害者で解決する。
そして、別問題として、日本の企業に力を貸して欲しいなら、援助要求で、韓国に興味のある日本の企業と話し合い、日本の企業を立てる形で協力して貰う。
韓国政府と日本の企業との交渉になるので、お互いが得る形でないと交渉とはならない。



19/11/08
北朝鮮  USA

ミサイルと経済

北朝鮮は軍事でなく、経済大国を目指したいのでは?
今する事は、働ける人材を作る事。

ある日本人が、家のローンを返すのに、定年後バイトをしてでも返すしかない。と言っていた。
要は、働かないとお金は手に入らないと認識できている。
一方、投資をして稼ごうとする人もいる。
投資で経済を混ぜる事は出来ても回せない。
簡単に言えば、人類全員が投資家だと、どうなるか?
人間の世界が回らなくなる。
だけど、働き手がいると、人間の世界の人工資源は回る。
つまり、北朝鮮が経済大国になるべく行う事は、働いてお金を手に入れ幸福を手にする体意識を国民に植え付ける事。
頭で認識できていても、動けない人間ならば意味はない。



ミサイルや銃といったものは、使い道がある。
つまり、戦争に使わなくても需要はある。
ただし、技術開発はする必要がある。


進化蓄積というのものがある。
これは、駆け引きも蓄積する。
つまり、わざと戦争を引き起こしている事が通用しなくなるのも時間の問題である。
これは、政治、外交に関しても同じである。

簡単な例を言うと、日本では、投資を国民に勧めている。
でも先程行った通り、投資で経済は回せない。
つまり、経済は衰退の一路を辿る。
要は、国民の戦争や政治、外交に対する意識が薄れ、動けなくなる。


人類の次の時代への道は俺しか分からない。
こうやって道を示しているのは俺の優しさである。
だが、全人類が行動を起こさないなら、人類絶滅は確実である。

俺を知らない人類は多い。その事が次の時代への妨げになっている。
要は、右脳の思考がある。という事を知らなければ、俺の言っている事が意識できなく動けない。
自分で考えたら、左脳の思考内容なのだから、右脳の思考内容を動けないのは、当然の結果である。
さらに左脳が妨げていなければ、ミサイルや銃といったものも今頃、売れに売れていただろう。
自由行為により選択は自由だ。



19/11/17
世界各国

自由意志

人類が次の時代に進むには、右脳の思考を認知し受け入れないといけない。
つまり、各国の指導者は、国民に右脳の思考の存在などを知らせなければならない。
左脳の思考内容で動かれると、人類は絶滅に向かいます。

自然の世界には時間があり、何時でも同じ時間という事はありません。
時間が迫れば迫るほど、状況は悪化し、生きる事がより難しくなります。
それは、人類が「意識できる」刺激を段階的に与えて行くものであり、それは突然、人類滅亡への刺激に変わります。

この世は自由だが、責任は自分(各個人)にある。



日本の開放

僕がこの地で生まれた以上、起点は日本になります。
政治家の廃止や天皇制の廃止を、他の国に強要や要請する事はありません。

思考内容が変われば、当然、文化も変わります。逆に、文化を変えないと、そのまま左脳の思考内容で進む事になり、次の時代へと進めません。

人類が生きたいと願い、次の時代へと進む決意をしたならば、各国は、日本の国民に起点となる動きをする様、圧力をかけなければならない。
日本を世界から開放すれば、あとは僕が日本を導きます。
もちろん、人類を導きます。

つまり、各国は、現在の駆け引き、交渉を僕に行うのではなく、人類(自国の民)を導く為の交渉、駆け引きを僕にしないといけない。
ただし、各個人の責任ある行動での悪化は、僕には関係のない事である。
また、何にでも行う順序があり、その順番は決められているものであり、僕が変える事は出来ません。



19/11/27
USA

在日米軍全撤退

まず、他国に予算を要求した時点で、在中は出来ない。と自然的に教えられている。

一時滞在は出来るが、在中は出来ない。
要因は、気体実体である。

所謂、外来種は、気体実体をその地に捧げている。
だから、基本的に、一時滞在は出来ないが、在中が出来る。

気体実体をその地に捧げていないのがペットである。
だから、お金や手間がかかる。
ペットは、基本的に、一時滞在は出来るが、在中は出来ない。


いちごの品種の種が韓国に流れた件で、その地で育った関係で日本のその品種とは別物になる。と言いました。
こちらは品種改良が施されているので、気体実体と気体実態が関係してきます。

詳しくは、三つの絶対実態と絶対進化 のページをご覧下さい。



在中できないものを維持していても、自国の予算に打撃を与えるだけである。
よって、在日米軍は全撤退をするべきである。

辺野古移設に伴う工事は即刻、中止をするべきである。
なぜなら、無駄に費用を必要とするからである。


トランプ大統領は、日本に滞在している米軍(アメリカ人)を母国に返せる。という大きな手土産を手に入れる事だろう。
経済から言っても、在中が出来ない事なので無駄を省ける。という敏腕振りも自国に示せるだろう。



在日米軍全撤退に伴い、在日米軍に関係していた日本からの予算はゼロとなる。



19/11/27
韓国

元微用工問題

韓国が自国で治められない事は、自滅を示す。

北朝鮮の金委員長は、まだ若い。
指導力は、これから、存分に伸ばせる。

韓国の、その指導力と、俺が手を貸した金委員長の指導力では、どちらが上になるか?
北朝鮮と韓国が一つになる時、指導者は自然と金委員長になるだろう。



19/11/27
世界各国

滅びに進むのみ

上からの方法が消滅しても、下からの方法という様に、ジャンプアップがあった。
でも、下からの方法が最後である。
つまり、この先は、時間が進めば進むほど苦でしかない。

僕が理論を書き続けているのは、幾つもの国が壊滅状態なのを想定している。
要は、最終局面で多くを書いている暇はない。だから、今のうちに書いて時間を作っている。

各国に言う、自国が助かりたいなら、自国の民に右脳の思考をうち明けるしかない。
最終局面で、右脳の思考をうち明けても、焼け石に水である。
そのまま壊滅するのは、言うまでもないだろう。

俺は、前から、俺を世に出すしか、人類が次の時代に行く方法はないと言っている。
そして、俺の理論は、何時でも、それを示している。

人類の、この先は自由を生きて行かなければならない。
自由を生きるのは難しい。
現に現権力者は、自由の中、人類の未来を手に入れる事は出来なかった。だから、現権力者に有利な上からの方法が無くなったのだ。

この自由の中を生きる事を乗り越えなければ、この先へは行けない。
自分がどうするかだ。



19/12/01
韓国

元微用工問題

日本から、どれだけお金を貰おうが、韓国は落ちぶれる事しかない。
それは、既に結果として出ている。

遠回りの道は、韓国が日本にお願いをして、協力して貰う事。

近道は、韓国が、自国で経済を盛り上げる事。
韓国政府が国民とワンチームで、盛り上げる事が望ましい。


今、ここで地盤を立て直しておかないと、地盤が崩れれば、誰も助けてくれない。



19/12/01
北朝鮮

経済

経済は、国民一人一人が回す。
だから、全国民が働く事を出来ないといけない。

スポーツは体を使う。
そのスポーツは、子供から行った方が、それは上手である。

つまり、子供であろうと、大人であろうと、仕事をする事でお金を手に入れられる事を教える必要がある。
要は、仕事をさせるだけでなく、ちゃんと対価のお金は子供でも貰わないといけない。
ただし、お金を上げて働かせるのではない。働いてお金を得るのである。これが大事。

子供に店番をさせ、金委員長が、子供にお金を払うところをテレビで流せば効果は大きい。
もちろん、大人が店番をしているところにも、顔を出し、お金を払うと良い。
その行動が、働けばお金を貰える。という事を老若男女に示せる。
このときに、「働いたから、お金を得られる」と言う事が大切。

子供を働かせる事が悪いのではない。
子供に大人のする仕事をさせる事が悪いのである。
もちろん、年を重ねる事に行う仕事は辛くなるが、対価も上げる。
働く事も勉強になるので、子供を働かせる事は良い事である。


逆に、子供のする仕事を大人がする事は良くない。
それは、楽に繋がり、働いた功績よりも多くお金を貰おうとしてしまう。
実働と給料はイコールでないと、問題を生む。
もちろん、働いた功績より対価が低くても問題は生まれる。

韓国がまさに、それである。
働かず、日本からお金を貰おうとする。
また、日本は働いた功績より対価が低くなる。



19/12/01
世界各国

俺を世に出す

俺を世に出す事は、当たり前に出来る事である。
だが、俺を世に出せない事態がある。
それは、左脳が極端に実力がない場合である。
もちろん、由々しき事態である。

多少なら、俺を世に出せている。
それは、俺が世に出る事によって、成長は目に見えているからである。

つまり、左脳が俺を世に出せない事は、実力が異常な程、低いのである。
もちろん、それを高める事も、俺はやりながら事を進めてはいる。

だが、それは、時間に対応していない事であり、時間遅延による悪化は免れない。
時間の使い過ぎによる悪化は、俺では手の施しようはない。

その場合、俺を世に出して、実力不足分と右脳の思考の力を一緒に手に入れるしかない。
もう一つ言うと、俺は、自然の力で現人類が意識できるまで待つのが正しい。
それにより、助けられない国は出てくる。

左脳に実力がなくても、俺を世に出して実力不足分と右脳の思考の力を一緒に高められる事から、俺を世に出さない事で悪化する事は、現人類の責任である。
もちろん、左脳が実力を上げていない事自体が、問題である事は言うまでもない。



19/12/03
世界各国

俺を世に出す事の大切さ

今の状態で僕が左脳の実力を高める事も、足止め状態になってきている。それは、人数が圧倒的に少ないのが原因である。
それに伴い、自然のCO2による左脳の知能低下と地球温暖化による気候変動に頼り、俺を世に出す意識をさせる事になる。

気候変動では、幾つもの国に打撃を与える。

共存共栄の物理的法則。
イワシの大群を、カツオなどが襲い、最後にクジラまでもがイワシのみを襲う事がある。
これは、イワシの数が増え過ぎて、共存共栄の意で脅威になった為に、皆で協力して減らしているのである。

交渉(売買)というのは、相互作用であり、互いが協力して姿を良い状態に保つものである。
日米貿易協定の様な、明らかに日本が不利だと分かるものを結ぶのは、共存共栄にそぐわない行為である。
つまり、アメリカの様な共存共栄に反している国は、共存共栄の物理的法則に則り、地球温暖化の気候変動により弱ったところを多数の国に打たれるのは確実である。
これは、アメリカに限った事ではなく、特に大国と言われる共存共栄に反している国は覚悟するしかない。
ちなみに、自然の法則と、自然による出来事なので、用心が出来ない。



19/12/03
韓国

韓国微用工問題

日韓微用工問題ではない。
日本は、慰安婦の件でも、韓国にお金は支払い終わっている。
つまり、微用工、慰安婦の二つの件に関して、今は韓国政府と韓国国民の問題である。

韓国が、政府と国民で解決できない事は、韓国が悪く、それを世界に募金してくれ。と恥をさらすのは構わない。
ただし、日韓微用工問題ではない、韓国微用工問題である。

自国以外に頼むと、韓国政府と韓国国民の信用度が無くなるだけで、得は一つもしない。

もちろん、日本は、解決した徴用工に関する事項なので、企業、国民ともに、びた一文出さない。出せない。



19/12/06
USA

日米貿易協定  思いやり予算

日本を開放。というのは、次の時代を日本から作って行くからである。
日米貿易協定や思いやり予算で、日本の経済に打撃を与えれば、もちろん、日本は、その分を抱えながら、次の時代への起点を作って行かなければならない。
つまり、日本の動きが鈍れば、時間が遅れる。という事であり、それにあたり気候変動でアメリカが弱り、アメリカが潰れる事態になっても、それは、アメリカの責任である。

俺が正しい道を示しても、今の日本の政権を使い、a href="t06-economics-00001.html">交渉(売買)の理論に反した事をするのだろう。
交渉の理論に反すれば、書いてある様に、日本に与えたダメージ分、アメリカも自動的にダメージは受ける。
それは、アメリカが行っている事であり、全てアメリカの責任である。


もう一つ言うと、自然の世界では既に新たな意志が出ている。
それは、左脳の思考から、右脳の思考へと変わっている。
簡単に言うと、今まで良かった事が悪くなり、今まで悪かった事が良くなっている。

アメリカの政権が、国民に右脳の思考を教えないから、交渉の理論など、今の時代で良い事が分からない。
国民は言うだろう。
「アメリカが潰れる事態になるなら、なぜ、早く右脳の思考を教えてくれなかったのか?」
「右脳の思考を知り、交渉の理論を知れば、農業を今の形でなんとかしてくれ。とトランプ氏に言わなかった。」

もちろん、常々言っているが、自然の摂理に反した行為で受ける悪い事は、俺では手の施しようはない。アメリカがやってしまったのなら、アメリカ自身がどうにかしないとどうにもならない。



俺が自国の事しか考えていないなら、フランスのルノーに対し、交渉の理論に乗っ取り、持ち株を同じにする様に言っている。
今の時点で、ルノーに、それを言うと、ルノーにとって、フランス政府にとって、左脳の思考で悪い事になる。
だから、俺は、ルノーに対し、フランス政府に対し、そこまで言っていない。
ルノーに起こる悪い事は、日産にもくるが、どちらにしろ立て直すなら、持ち株は同等にしないといけないので、日産には大した問題にはならない。


ちなみに、持ち株は、通常、同等にしておく事が良い。
そして、上手く経営できている方が出てきたときに、そちらを優性にする。
上手い経営に足止めがかかってきたら、同等に戻す。
という風に、動かすものである。


今は、ゴーン氏の手腕に足止めがかかっているにも関わらず、ルノー優性にしていた為に、軸が傾いている。
これは、ゴーン氏が退場した今、時間をかける事で、軸の傾きは戻って行く。
戻ったところで、持ち株は同等にすると良い。
そこから、経営を立て直し始める事が出来る。
もちろん、腕があるなら、今から持ち株を同等にして行うと、早く経営の立て直しに手を出せる。

そして、ゴーン氏の退場の打撃。
足止めがかかっているにも関わらず退場していなかった分が、退場時に打撃として現れる。
これは、もちろん、持ち株が多い(優性にしている)ルノーが悪いのは言うまでもない。
軸が傾いたのと合わせて、今、持ち株を同等にするのは、当然の主張である。
だが、俺は優しさで、そこまで言っていない。



19/12/15
世界各国

神の道標

この世には、指標がある。
例えば、引き出しの中に服を入れられる量というのは決まっている。
引き出しの中に、入れられるだけの服を入れてみる。すると、あるとき、「入れられない」という指標が出てくる。
これは、この世にある、神の道標である。

でも、頭があると、道標なしでも、それを分かる事が出来る。
ただし、頭では、勉強していないと分からない。



今回の地球温暖化は、人類絶滅なので、その道標は当然ない。(参考 左脳を進化させる
代わりに、僕が、そこを担う事にはなっている。
つまり、僕が自ら出るときは、人類がバカをやった最終である。
ただし、最悪のときの道標は、幾つもの国が壊滅寸前、また、共存共栄の物理的法則で地獄を見る国も出ていると予測している。
もちろん、僕は、神に逆らう事はしない。どうせ、上手に行かないからである。

ただし、僕が死ねば、当然、そこを担う事は出来ない。
また、前にも言ったが環境があり、その能力を扱うに相当する環境が僕に与えられていないと力は発揮できない。
要は、僕を奴隷扱いしていると、能力制限により、進化した知能は使えない。



例えば、経済向上の仕方にある、
買う人は、定価で買う。
売る人は、ぼったくらない。
という事を今日するのと、明日するのとでは、辛さが異なる。
金融緩和により、給料はそのままで物価だけが上がっている為、定価で買おうとすると、消費者は今日より明日の方が多くお金を出さないといけない。

これは、経済に限った事ではなく、
今は、人類が絶滅する方向に向いています。
これを、人類が生きる方向に向かせると、内容は異なっても結果では同じ事が起こります。

つまり、今日、人類が生きる方向に行くのと、明日、人類が生きる方向に行くのとでは、その辛さが異なり、明日の方が当然、辛い。


これは、僕の能力でも同じ事が言える。
ある日、突然、良い環境にしても、それまでの悪化がある為、急に転換する難しさが出る。僕を奴隷にするときは人類絶滅を絶対と考えて良い。

僕に対する環境を守っていれば、最悪のときの道標は出せる。
ただし、左脳による干渉が、環境を阻む。その大きな弊害は差別である。
初めから差別などしなければ、上手に事を進められたのは、言うまでもない。



時間が経てば経つほど、現人類から僕を世に出す事が難しくなる。
それは、辛さが人類を襲うからである。
だが、神による道標はなく、辛さに負けた人類には、絶滅が待っている。



19/12/18
全世界の小説家(作家)

この世の行末

人類が次の時代を生きるには、俺が世に出て、物理的に動かないと人間の世はプラスに進めない。
現状、俺が想像的に動いて、生命線を繋いでいる。

・ 現状、権力者は積んでいる。
(19/12/03の世界各国宛のお題 俺を世に出す事の大切さ の内容で積んでいる。)
俺を世に出さないと人類は生きられないが、現権力者は私利私欲を曲げられない。

アメリカの不動産関係者。権力を持っていたある彼女は、折れて引きこもり、一生を終わらせた。
つまり、権力者は、折れない限り、自我を突き通す。それは、この世の理を問わずである。


・ 俺が想像的にも消えて、まだ生き残ってはいる場合。
人類が生きられる生命線が切れているので、猶予はない。



この状況を打破できるのは、小説家(作家)である。
トップページを全て読めば、大体の現状は把握できるだろう。
俺は、物語で言うと、神の使いとなるだろう。

現人類を動かせるのは、現人類である。
つまり、全世界の小説家が、俺を世に出すまでを、物語として書く。
ただし、現実世界(自然の世)で使えるのは、一部分で、ヒントである。
そして、小説は飽く迄、物語である。
つまり、自由が、想像(エンテレキー)が、この世で使えるヒントを産む。


小説家としては、現在よりも、生命線が切れてから、ヒントを産みたいと望むだろう。
欲を言えば、物語通りに動かしたいだろう。
だが、現実では、物語は使えない。それは、現状の権力者の状況で判るだろう。

生命線が切れる。という事は、意識を失う。という事である。
意識を失って、物語を考えられると思うなら、実際に小説家自身で意識を無くしてやってみても良い。意識を失ったままでは絶対に小説は書けない。

これが、自然の世における、小説家の役割(仕事)である。
要は、にっちもさっちもいかない現状に陥ったときは、途方も無い自由を使い、この世でのヒントを得る。
重要なのは、自由である。
何でも書けるからこそ物語である。

この世(自然の世)の時間は止まらない。現状打破を祈っています。



19/12/19
USA



生命線が切れているから教えてやろう。
人類から見れば、俺は有意義な神の使いに見えるかも知れない。

俺は、神から人類を人質に取られている様なものだ。
俺がしくじれば人類は終わる。

そして、俺は、毎日の様に神から命を揺さぶられている。


教えてやったよな。
神の自然の摂理の、摂理を人間が受け継いでいる事を。
神も左脳も、やってくる事の結果が同じだ。


弾道ミサイルよりも、全人類人質の方が強い。
毎日10基以上のヘリなどで脅されても、直接、命を揺さぶってくる方が強い。
USAに従っても、人類は終わる。


そして、人類が自ら、人類の命を絶つ。と言うなら、別に構わない。
俺も神から人類を守るのを心置きなく止められる。



20/01/01
全人類

言いたくもない事

参考  三つの絶対実態 まとめ  この世の創り
自然の摂理(核)があり、先に生まれたもの(気体実体)を、後に生まれたもの(気体実態)が秩序を持って揺らす、という構図は変える事が出来ない。

白人が黒人を奴隷にしたのは、この道理からである。
ただ、黒人から白人へと繋ぐ間に、下手に繋いだ結果、奴隷行為を行うに至っている。
下手に繋いだのは、エジプトのピラミッドの歴史からも垣間見られる。
それらのツケが俺のところに大きく来ている。



左脳は、自然に勝てない。
地球温暖化。左脳で判っている解決策は、CO2であった。
だけど、世界のリーダーとして頑張っていたアメリカは、CO2について、どうする事も出来なかった。


言っておく、非生命、生命問わず、どの種も、自分の種の世界と、自然の世界を両立して生きている。
自然の世界で生きていけなかったら、自分の種の世界は在りはしないからだ。


左脳は、自然に対し、あまりにも弱かった。だから、俺がここまで実力を持たされる事になった。
自然というのは、幾つもの理由が重なる。(離婚に至るまでも、理由は一つではないだろう。)
俺が持った力は、あまりにも強大みたいで、神に、いきなり想像的に懐を握られた。
俺が強大な力を得るに至ったのは、弱い左脳を補う為だ。
つまり、先に生まれた者が自然に対抗できる力を努力して得なかった為に、俺は、いきなり想像的体力を弱められた。
簡単に言うと、親が幼児を虐待して、体を弱めさせた様な事だ。

左脳の、虐待はこれだけでは終わらなかった。
物理的にも、俺を攻撃し始めた。
想像的に体が弱っている上から、体力のいる仕事を圧力で強要すれば、当然、俺の体はボロボロになる。



他の種をよーく見てみろ。
左脳に自然に対抗する力を得させる為に、力を貸してくれている。
言っておく、左脳以外の種は、自然の世界の役割を熟しつつ、自分の世界も生きて、左脳に手を貸している。

猫は気まぐれ者として有名である。
ところが、今は、人間に懐いてこないか?

自然では、所謂、万有引力により情報を共有している。
だから、非生命、生命問わず、全ての種が、人間が自然的に弱い事を知っている。

動物が人里に下りてくるのも、人間が自然的に弱っている情報からである。
人間は、人里に下りてきた、うり坊を取り押さえることで怖がらせ山に返し、やり切った感を出していた。
勘違いするな。うり坊は、人間に力を与える為に、身の危険をおかしてまで人里に下りてきて、人間を強くしてやっているのだ。
猫が懐いてあげているのも、人間を強くする為だ。

俺は自然が行っている思考が見えるから、ひと目で分かるが、結果を見れば左脳でも分かる事が出来る。



左脳が行っていること。
左脳は、先に生まれたものを秩序の理を得て、食べている。だけど、左脳は、後に生まれたものに自分を食べるな。としている。
左脳を食べるなら、左脳は先に生まれたものを食べない。という行動を行っている。
左脳が先に生まれたものを食べないと左脳が死ぬ。でも、右脳は左脳を食べないと、左脳が先に生まれたものを食べつくす。さらに、右脳が左脳を食べ尽くせば、右脳は死ぬ。という状況である。


左脳より先に生まれたものは、勝手に死んで、食事を左脳の目の前まで持ってきてくれている。
後に生まれた右脳は、それを食べられる様に、あらゆる事を左脳に施しているが、左脳が断固として食べない。
左脳が、どれだけ、ヘタレなのか分かったか?
左脳のやっている事が上手く行けば、左脳は必ず死ぬ。
食事をしなければ死ぬ。
左脳が食べ尽くしても死ぬ。
自然の、左脳の役割は、左脳でしか出来ない。先に生まれたものや、俺は、補助しか出来ないのだよ。
これが、左脳だけの問題なら、何も言わない。後に生まれた右脳が出てきている。情けない事はやめてくれ。



左脳が右脳を無にすると、スイッチが入る。
左脳は、そのスイッチと同時に無限大の自由を得る。
この世で何をしても良いのだ。
なぜなら、この世に左脳の役割が無くなるからだ。

今まで協力してくれていた先に生まれたものの、左脳を強くする意味は、反対になる。
左脳が俺にした様に、先に生まれたものが左脳に協力するほど左脳は弱る。
弱れば弱るほど、強い攻撃をする事になり、左脳は死ぬ。
つまり、左脳が右脳を殺す事で、左脳は、左脳以外の全ての種から、俺にした様な攻撃を喰らう事になる。

自然は残酷と言われている。
左脳には、当然の成り行きだろう。
頑張る事をせず、他の種に迷惑をかけたのだから。
この世は、一つで繋がっているからな。左脳の弱さが、左脳以外の全ての種に迷惑をかけている。



俺が、今もここまで分かっている事に、能力制限の言葉が引っかかる者もいるだろう。
能力制限は受けている。
これを書ける事は理にかなっている。
あとは自分で調べる事だ。



俺が、体力のいる仕事を断ったのは、物理的体力に限界がきているからだ。
つまり、体力のいる仕事をすれば、俺は物理的に死ぬ。
そして、環境が手に入らねば、想像的に死ぬ。

全ては、左脳が悪いのが分かるだろう。

つまり、俺の選択肢は無いようなもので、左脳の決断により、人類は終わる事になる。



左脳が、右脳を世に出せば、先に生まれたものや、俺が、左脳を補いつつ、左脳が自然に対抗できる様、導いてくれるだろう。



20/01/07
全人類

左脳は、生きる事を決められる。
右脳は、生きない事を決められる。

結果は同じで、
左脳が、どんなに生きたいと言っても、右脳が生きないと言えば、人類は絶滅する。
右脳が、どんなに生きたいと言っても、左脳が生きないと言えば、人類は絶滅する。


左脳の空間に右脳を入れなきゃ、右脳がどんなに頑張っても、意味ない。
(人間の世界に右脳が生きられる空間がない。)
もう、俺も限界が来ている。
俺は自然を生きる為に、左脳を補う知能を後天的に手にしている。左脳の差別にも限界近くまで耐えてきた。何一つ言われる筋合いはないと思う。
左脳が俺を世に出せないと言うなら、人類は絶滅するしかないんじゃないのか?

このまま俺を世に出さなければ、俺も自分から出ないのだから、自然と絶滅へ向かう。
全員が静か(自然任せ)に眠れる(死ねる)。



ちなみに、能力制限で出せない事は置いておいても、地球温暖化に関して教えても、左脳だけではどうにも出来ない。
それは、右脳が左脳に干渉して、能力を引き上げて初めて扱える技術だからである。
まあ、それは、左脳が左脳の出したCO2に対してどうにも出来ない事が、ただ教えるだけではどうにも出来ない事は理解できるだろう。



20/01/09
各国

俺を殺すのは、俺が力を示してからでも遅くないはずだ

絶対として、左脳と右脳は協力しないと人類が生きる事は目指せない。

左脳の後に生まれた右脳は、左脳を食べる力を持つ訳だから、ただただ突っ込めば左脳を食べ尽くしてしまう。
これが、俺が自ら出て先頭に立たない理由である。

そして、人間は、知識を脳を通して知る。
つまり、右脳の思考は、人間に知らせないと人間の世界では広まらない。
俺が自ら先頭に立ち広めると、左脳との協力が難しくなる。
それは、もう先頭に立っているからである。

左脳同士の差別と、左脳が右脳を差別するのとでは、大きく異る部分がある。
それは、思考が通じない事にある。
左脳を差別しても、左脳同士なら、どこかで通じる。
だが、右脳は、通じない。
右脳の思考を通じさせても良いが、それは、先頭に立つ事と変わらない。


例えば、俺が人類を絶滅させるとすれば、左脳は、どうする事も出来ない。


これが、左脳と右脳が協力しないと人類が生きられない二つの証である。



人間が右脳の思考を知らない以上、右脳の思考が人間の世界で使えない。
つまり、俺の最大の武器である、プラスにする力が使えない。
この状態で交渉する事は出来ない。
なぜなら、人間の世界に右脳の思考が無い以上、右脳の思考でのプラスが使えないからである。


本来、左脳と右脳は、物理矛盾で成立する。
例えば、北朝鮮の俺の経済対策は、左脳の軍事を邪魔するものではない。
分岐点が出てきたときに、得する方を選べば良い話である。

俺が日本に手を出すな。というのは、人類が生きる分岐点であり、これは人類を生きさせるなら選ぶ事は出来ない。



人間の世界は、自然の世界の上にある。
自然の世界を、まず生きなければ、人間の世界はない。

俺にも最大の弱点はある。
人類を生きさせる力を失えば、終わりである。
俺が左脳の攻撃に耐えてきたのは、自然上、出来ない事は出来ない。と知らせる為である。
だが、もう、これ以上、攻撃を受ける訳にはいかない。それは、力を使えなくなるからだ。

例えば、体をいじめ抜いて鍛えている人間に、拷問を実行する。これを毎日、行うと、どうなるのか?
体は必ず弱り、死に至るだろう。
俺は、この状態である。


今、人間の世界は、宙に浮いている。
人類が人類を無くさせる方向に進んでいる上に、この世から人類を無くさせるように自然上、進んでいる。
俺が、想像的に防いでいたのは、自然上の方である。

人類を絶滅させる方向に自然は動いていたが、右脳が力を示さない事で、方向ではなく、絶滅させるように動いている。
この自然の状態は、いつしか俺の力を無効化させる。


右脳の思考を扱う上でも体力的限界である事。自然が俺の手の届かない領域に移行している事。
この二つを理由に、俺を世に出すのは、今しかないのである。



俺を殺したいなら、右脳を世に出し、経過を見てからでも遅くないはずだ。
まあ、人類が生きられる様になれば、俺を殺すと思っている奴は多くいるだろう。
ただ、人類が生きられる頃に、俺を殺すと、左脳と右脳の抗争に発展してしまう為、難しい事ではある。

自然上、人類を絶滅させるように動いた以上、俺が世に出て、何とかするしかない。



20/01/15

俺の優しさは、どうやら、ここまでみたいだ。
普通の流れでは、来週の月曜日には働く事になる。
つまり、期限は、20/01/19になる。
あとは、自然が絶滅という厳しさを見せてくれる。


20/01/19で終わらすか、俺を世に出し延長させるか。



期限の延長は出来ない。
期限を延長して、俺が能力を失っていたら、誰が責任を取れる?誰も責任は取れない。



20/01/20
USA

トランプ大統領

もう終わった話だが。
トランプ大統領が、俺を世に出せていたら、ノーベル平和賞なんてレベルでない称号を得られた事を知っていただろうか?
アメリカ人が、どう思うかは知らないが、人類が人類を続けている限り、トランプ大統領は、この進化を繋げた英雄として全人類に永遠に感謝される事になっていた。
右脳は俺一人だが、左脳が何人いる?
左脳を纏めあげて俺を世に出す事になり、さらに俺が人類を続ける事を成功させていたら、の話になるけど。

ご存知の通り、脳はイメージ(話し合い)だ。
この称号は歴史上、今までにないものだから、イエス・キリストとは異なる類だが、位は同じだった。
俺は、左脳も右脳も同じになる様に、用意(準備)していた。
俺が頑なに、左脳に俺を世に出す様に促していたのは、左脳の長に、その称号を得て貰う為で、左脳と右脳が協力する為には、位が同じ、称号を双方が貰わなければならなかった。

だが、それほどの称号を失う選択になったのは残念に思う。
ネアンデルタール人が四万年前に絶滅という話だから、単純に、四万年に一回の特別な称号だったと言える。



   挑戦を受けて立つ  

左脳の文化消滅決定により、一部解禁になったので、挑戦を受けて立ちましょう。



20/01/31
宇宙空間は丸い?

宇宙空間は丸い。という理論を出す者が現れました。


宇宙空間は無重力です。
簡単に言うと、水が地球の重力で、大気が無重力となります。
大気にも、水はあります。それは、水蒸気です。 つまり、重力がゼロに近い重力が無重力です。



太陽は水蒸気の塊である、雲。
地球は、水。
月は、陸です。


宇宙空間が丸いと粒子は、中心に集まります。
つまり、地球や月の遠心力により、銀河などの塊が、宇宙空間の中心に集まるなら、宇宙空間は丸いと言えます。
ですが、こうした集まりは、点々としています。
その事から、宇宙空間が丸いという事はありません。



20/02/01
自由は甘い?

元日産の会長であるカルロス・ゴーン氏が、日本からの逃亡後のインタビューで、「自由は甘い」と得意げに言いました。

自由は、なぜ、甘いのか?
簡単な事です。思うとおりにさせる為です。

魚が釣れるのも、この自由の甘さによるものです。
自然の魚しか食べない。という規律の厳しさなら、釣りで魚は釣れません。



はたして彼は、
自由の甘さの中をスリ抜けて、逃亡に成功したのか?
逃亡という餌をぶら下げられ、自由という甘さに負けて、大金を逃亡屋に巻き上げ(カモ)られたのか?



箱の中に餌を仕掛け、獲物が入ったところで扉を閉め、獲物を手にします。
ところが、金持ちは捕まえて逃せば大金を与えてくれます。
不思議なものですね。


[ 金持ちは捕まえて逃せば大金を与えてくれる。]
これを、カレの成功を労い、カルロス・ゴーンの法則としましょう。



「カルロス・ゴーンの法則」という映画が出来上がったら、僕も見たいものです。
悪い事をして、逃げ切ったカルロス・ゴーンが勝者なのか?
逃亡屋が一連を仕組み、カルロス・ゴーンをカモったのか?
検察側が、保釈金を勝ち取ったのか?
はたして真相は?



自由の中を生きるのは、難しいものです。





挑戦、お待ちしております。



   更新情報  

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索



   自由意志  19/11/16
   経済向上の仕方  19/10/07
   経済とは  19/09/16
   交渉(売買)  19/08/29
   科学とは  19/08/23
   遺伝子組換え ・ ゲノム編集  19/05/03
   作用・副作用・反作用  19/01/01
   後活動  18/10/29
   女性が放つ四つのフェロモン  18/09/09
   四つの欲  18/09/02
   左脳を進化させる  18/08/18
   進化方法  18/08/12
   基本作用  18/05/06
   精神系の創り  18/04/15
   絶対時間  18/04/13
   男性の色に染まる ・ 女性に転がされる  18/03/18
   絶対空間  18/03/06
   スキップ  18/02/17
   僕の事を少し  18/02/04
   三つの絶対性質 と 4つの力 と 3大欲求  18/01/01