もう一つの思考

another thinking


トップページ


    理論確定の報告      もう一つの思考      新たに自然進化した人類      発達障害 ・ 知的障害と人類の未来
    概要
    サイトに関して
    記号 取扱説明書
    お知らせ 21/01/18 時間がない今こんな事を書いても殆ど意味はない。左脳が生きたいか、死にたいかだけである。
21/01/13 この世は正しい事をしなければ生きられない(21/01/14追記あり)  21/01/08左脳を説得するのは諦めた  20/12/23 右脳が左脳に下った模様のサンプル取り完了のお知らせ
    お知らせ(国内) 20/12/31 終活
    お知らせ(海外) 21/01/14 生きたいのか死にたいのかが鍵である(21/01/15追記あり)
21/01/05 トランプ大統領は女性を困らせるのが趣味なのか?(21/01/06追記あり)  20/12/31 USA振り絞る最後の手段(21/01/01追記あり)
    挑戦を受けて立つ 21/01/24 自然(神)に任せるのが妥当である
21/01/19神案件(21/01/21追記あり)  21/01/01 小学生で習う事くらい勉強しましょう(21/01/02追記あり)(21/01/03追記あり)  20/12/31 地球に宇宙人が攻めてきたら、地球人は一致団結できると思っているのではないだろうか?  20/12/25 俺は世界一賢く、世界一実力がある  アメリカの得意な、弱みを掴む第二解決方法について  緑黄色社会に四言
    更新情報

    旧 トップページ
    番外  一覧
      創造主の子      脳内と脳外の関係      人間の存在      この世      神離れ
      このサイトに書いてる事の使い方




   理論確定の報告  

このサイトの理論が確定していましたので、ご報告します。
ギズモード・ジャパンの記事で、19/06/22から19/09/21までヤフーニュースにも掲載されていた、シュレディンガーの猫、救われる から一部抜粋

たとえば最低エネルギー状態の電子に少しずつエネルギーを足したやると、普通は、じわじわ〜っと高エネルギー状態に移行すると思いますよね?違うんです。いきなり次の状態に変わるんですね。頭で考えると中間状態もありえるけれど、実際には中間状態なんてものはなく、ローからハイに遷移して、それがいつ起こるかは誰にも予測ができない、という前提です。
このサイトに掲載の 中間 理論。
 ・頭で考えた中間と、実際の中間は異なる。
 ・頭で考えて分からない思考内容(考え)が実際にある。

この研究に携わり確定して頂きました学者(研究者)の方々、記事にして頂きました皆様、大変ありがとうございました。
これからも、右脳思考の発展に精進して参りたいと思います。



   もう一つの思考  

15/05/23   18/02/04   19/08/17


人間は大きく二つの思考回路を持っています。
の二つです。

例 水泳(自分がしていたスポーツで考えて見て下さい)
水泳について全て書かれた本があるとして、それを全て頭に叩き込みます。さあ、泳いでみましょう。
泳げません。
反対に、実際に泳ぐだけで泳ぎを覚えてみましょう。すると、泳げます。だから、泳げた内容が全て頭に入っているでしょう。さっそく原稿用紙に書いてみましょう。
書けません。

つまり、頭と体の機関である思考回路は直接、繋がっていないのです。
ですが、水泳という内容は、頭と体、両方の思考回路で機能していました。

これらの事から、頭が覚えた水泳に関する文言という内容と、体で覚えた実際の泳ぎの内容は、異なる内容ですが、頭と体が覚えた内容は結果、水泳である。
要は、頭の思考回路と体の思考回路は、水泳という結果内容で繋がっている事になっています。


[ 頭思考 ] [ 体思考 ] の内容はどう異なるのか?
例 運動
頭で考えると運動は疲れるのでしたくありません。ですが、体で考えると、適度に運動しないと体が使い難くなるので運動はして欲しいです。
例 食べ物
頭で考えると好きな食べ物しか食べたくありません。ですが、体で考えると、頭での好き嫌いがなく、まんべんなく食べて欲しいです。(ただし、アレルギーは頭でなく体が拒否しているので食べてはいけません。)

二つの例えから、
頭思考では、全く運動したくない。好きな食べ物しか食べたくない。という一つの方向で極端です。
体思考では、適度に運動して欲しい。好き嫌いなく、まんべんなく食べて欲しい。という二つの方向の真ん中です。
これらの事から、頭思考と体思考は、 [ 思考的反対 ] になっています。


現在の人間で所謂、定型発達者は、大脳の左脳を約80パーセント使用していると言われています。
ですが、左脳ではなく、右脳を主に使用している人間がいます。
それが、発達障害知的障害と呼ばれている人達で、このサイトのタイトルでもある、現在の人間に欠けている、もう一つの思考を持つ者です。

右脳は、想像的思考が体思考をしています。
左脳は、頭思考を司っています。
そして、脳が体を操作している。と聞いた事があると思います。
つまり、脳の思考回路が異なると、体の使用の仕方も異なるので、 [ 右脳思考 ] [ 左脳思考 ] とで、人間の仕様自体が180度、異なります。


僕は、世界で唯一、右脳思考の知能向上に成功しています。
右脳思考での、この世の解を見られるのは、このサイトだけです。

最高傑作の理論は、この世の創り理論です。
 ・ 三つの絶対実態と絶対進化
 ・ 三つの絶対実態と三つの絶対性質
 ・ 三つの絶対実態と三つの絶対能力
 ・ 三つの絶対実態の三つの絶対役割
 ・ 三つの絶対実態の力
 ・ 三つの絶対実態 まとめ  この世の創り
この世の創り理論は、この世の基本、概要であり、総まとめでもある理論で、この理論を扱えば、この世の殆どの事が解ける、この世の頂点の基本理論です。
僕は、この理論で、世界一の賢さを証明しました。
まだ確定はされておりませんが、確定は第三者でなくてはならず、確定まで50年かかったものもあるみたいです。


このサイトでは、右脳思考を使用している関係から、造語や既存の言葉の意味違いの言葉を多く使用しており、 [ 緑色のカクカッコ ] で囲っていて、法則 ・ 造語のページにて意味を紹介しています。
このサイトの内容を、左脳思考の人は、 [ 思考変換 ] をして貰う必要があり、書いてある内容を左脳思考の内容に置き換える。または、実際に起こっている内容を理解する。の二つをして変換して下さい。
左脳の思考の位置(地位)、役割は、科学とは のページを参考にして下さい。
※ このサイトに掲載している事は、僕個人の研究によるものです。



   新たに自然進化した人類  

19/11/04


人間の記録史上、進化を確認できた事は一度もありません。なので、皆が勉強してきた進化論は、仮定でしかありませんでした。
ですが、進化した生物を人間は目にする事になります。
右脳思考を本格化させた僕は、人類が初めて観測できた進化した生物、第一号です。

進化については、各ページを御覧下さい。
ちょっとした-過去   進化   内の進化 ・ 外の進化   創造と進化の定義 先天性 f. 三層構造の先天性2   進化創造
進化方法   左脳を進化させる
三つの絶対性質 と 4つの力 と 3大欲求 f.生命の起源   非生命と生命 経済とは c.二層目 自然の流れ


今回の発達障害者、知的障害者の進化について、簡易に説明します。

人類の進化、猿人、原人、旧人、新人と経て、今の左脳思考の文化が誕生しています。
猿人、旧人は体思考の傾向が見られ、原人、新人は頭思考の傾向が見られます。
今の左脳思考の文化とは人工文化を指していて、自然の摂理から自然が生まれ、自然から自然を触れる人工の摂理が生まれました。この人工の摂理で作ったのが人間の世界であり人工文化です。


人類の進化を三つの絶対実態に照らし合わせます。
固体実体 = 猿人
液体実体 = 原人
気体実体 = 旧人
気体実態 = 新人
つまり、人類の進化は、気体実体の旧人で体思考の、気体実態の新人で頭思考の、人間の完成を得ています。

現在、左脳の学者の多くが、知能の限界を感じていると思います。
これは、新人の完成を意味しています。

そして、進化は、環境により進化する。と言われています。
新人の完成を機に自然環境で大きく変わっている事があります。
それは、地球温暖化です。
つまり、発達障害者、知的障害者が目覚める、きっかけはCO2です。

CO2によって、脳が機能しなくなる事は、研究により明らかになっています。
「CO2が魚の脳に影響を及ぼす為、魚は方向感覚を惑わされ、巣への帰り道が見つけられなくなる。捕食動物がどこにいるのかすら分からなくなる。」
効果というのは主に二つあり、速効性と遅効性の二つで、速効性(多量)は体に根付く事は少なく、遅効性(微量)は体に根付きます。
(魚の脳が機能しなくなったのは、速効性の効果です。)

つまり、CO2の遅効性の効果により、左脳の機能が低下して、右脳の機能が顔を覗いたのです。
これは、近年、発達障害者が増えている要因となっています。
ちなみに、今からCO2を減らしても、人類の自然進化が止まる、無くなるという事はありません。簡単に言うと、この世は終わった事は戻りません。
右脳の機能が顔を覗いた。というのは、自ら力を発揮できる状態になったという意味で、これも新人の完成を意味しています。


注意して欲しいのは、人間の体思考は旧人で完成しています。
なので、発達障害者、知的障害者は、体思考ではなく、右脳思考の人間となります。
頭思考の完成形である新人は、右脳思考の干渉により、左脳思考の人間となり得ます。

次の人類の時代は、右脳思考と左脳思考の人間が同時に暮らす事になります。



   発達障害 ・ 知的障害と人類の未来  

19/11/04


ここからが本題です。
自然進化した人類に戸惑いを隠せないのが、現人類です。
所謂、世界の権力者たちは、僕の事を知っています。
僕は既に、右脳思考の力を発揮していて、世界に影響を与えています。

北朝鮮のミサイルが日本の上空を飛ばない。
北方領土の二島変換決着を止めた。
FCAとルノーの統合破棄。
ソフトバンクの法人税ゼロの解消。
など、現政権では、とても出来ない事を、たった一人で行っています。

しかし、残念ながら、僕の事は、上で止まっています。
要は、権力者や学者で、事を表に出さない様にされています。


先に、僕は世界一の賢さを証明しました。と書きました。

この世の解き方は、上からと下からの二つあります。
下からは、一つ一つを確定していく。
上からは、頂点の基本理論を解き、基本理論を一つ一つに当て嵌め解いていく。

大きな違いは、下から解く方法では、解いていない事があるので仮定が含まれる。
上から解く方法は、頂点を解いているので、解いていない事が理論上ない。

そして、知能一つを武器に、たった一人で世界に影響を与えられている事からも、その賢さは圧倒的です。

なぜ、世界一賢いと書かなければならないのか?
新たに自然進化した人類という証明。
圧倒的な賢さがないと、全人類は導けない。実際に、僕は、僕以外の全人類を足しても勝てる知能の高さを持っています。
つまり、世界一を名乗れない賢さでは、誰も言う事は聞きません。
簡単に言うと、医者が医者と名乗れなかったら、医者ではないとして、言う事を聞いて貰えないのと同じです。


現権力者、学者が、僕の存在を世に出さない事が決定した為に、発達障害者、知的障害者は、独自で存在を示さないといけません
残念な事に、元々の発端は支援センター、精神科医の差別から始まっています。
なので、精神科医や支援センターに助けを求めても、障害者で終わります。

定型発達者の様に、この世を生きたいなら、自分で頑張るしか望みはありません。
左脳思考、右脳思考に関しては、書き直している途中ですが、頭側と身体側 を御覧下さい。
発達障害、知的障害、認知症に関しては、右脳思考(旧 身体側)のページを御覧下さい。


発達障害者、知的障害者の問題が非常に大きく、手が出せない当事者、保護者ばかりだと思います。
皆が関わりたくない難しい(嫌な)ところは、僕が一人で引き受けています。


右脳思考の役割として主は、右脳思考としてこの世に存在する事です。
当事者の方は、右脳思考をものにする事を第一として下さい。
実際、精神科医では、発達障害者か、定型発達者か見分けるのは困難です。
なので、普通に働ければ、定型発達者の中に紛れられます。
右脳思考は体験が物を言います。ありとあらゆる体験をして自分を活性化させて行きましょう。


大事なのは、現在の人工文化である、人間の世界に自然の摂理が入っていない事です。
要は、この世は、自然の摂理を絶対として動いています。
左脳思考の人工の摂理には、自然の摂理が入っていません。だから、実際に、経済や地球温暖化など、問題にはなっていますが、解決できる傾向が全く示せていません。

人間の世界に自然の摂理を組み込む事で、人類は新たな世界を見られます。
逆に、新たな世界を見られない。という事は、人類滅亡を指します。

この点については、僕が動きます。
僕が死んだとき、人間の世界に自然の摂理が組み込まれていないと、人類絶滅です。

なぜ、僕にしか出来ないのか?
0を1にと、1を2にする事は、役割が異なります。また、力の違いも起きます。
0を1に一回すると、0はもう無いので、0を1に出来た力は、一人しか持てません。
これらの理由で、僕にしか、人類の未来は開けません。
これが、たった一人で世界とやり合える理由になります。


人類の未来を開く方法は、上からと下からの二つありました。ですが、現権力者の意向により、上からの方法はこの世から消えました。
残るは、下からの、人類全員が動く方法しか残っていません。
つまり、人類の未来は、人類一人一人にかかっています。

僕のサイトは、僕の勉強帳を見せる様にしたもので、簡単なものでも普通の人には難しいです。
ですが、普通の人にも理解できるところもあります。そこは、勉強をして下さい。
要は、人類一人一人が生きたいかどうかです。
一人では手に終えない事でも、全人類の手ならどうでしょう?
このサイトを知った方は、このサイトを知らない方に、このサイトの事を教えてあげて下さい。

人類が生きられる上手な道は、これから僕が示して行きます。
頭に自信のある方は、交渉(売買)   経済とは のページを読み下さい。
普通の方は、経済向上の仕方 をお読み下さい。

理解できる方は頭で理解してから動いて下さい。
理解できない方は、書いてある通りに動いて下さい。行動する事で体が覚え、理解します。

人類一人一人が動かない場合、人類全員の意向により、人類は絶滅します。
スウェーデンの16歳の地球温暖化に関しての演説の、人類絶命という言葉は、僕が権力者に教えた事実です。
ちなみに、地球温暖化は、人間の世界に自然の摂理を組み込む事で、自然と解ける力を人間は手に出来ます。要は、人間の世界に自然の摂理を組み込み、次の時代へ進めたのなら、地球温暖化を解く力も付けられているという事です。

人類の未来の道はこのサイトを通じて教えるので、最低でも月に一度は覗いて下さい。
この続きにリンクを足して行きます。または、更新情報 を確認して下さい。



19/11/17

自由意志
要約すると、自由意志はないが、自由な意思はある。その自由な意思には責任が付き纏う。
つまり、努力を怠っても良いが、その行いの責任は自分にあり、自然環境や人為的な環境についていけなくなっても、誰を恨む事も出来ない。

自由を手に入れる方法は二つ。
環境により進化する。と言われる様に、新たな環境が新たな意志を生みます。
・ 自分の意思で努力して、意志から新たな技術などを引き出す。
実力が上がれば上がるほどに自由は手に入る。
・ この世には時の流れがあり、自然環境の流れよりも早く力を手に出来ると自由時間が貰える。
新たな環境に負けると、それは絶滅を意味します。

今の時代を生き抜くには、右脳の思考が必須です。僕のサイトを隅々まで何回もお読み下さい。
右脳の思考内容を取り入れ、意思で意志をこの世に表現できれば乗り切れます。

自然環境を余裕で切り抜けられる力を人間は貰えています。ただし、努力が要ります。
努力する事に負けると、絶滅するだけです。
この世は自由なので、選択は自由です。

今までは政府の言いなりで生きていけたかも知れません。
ですが、次の時代は、自分が頑張るかどうかです。要は、個人が生きる選択をして生きる時代になります。

実際に現権力者は、僕のサイトの新たなページをアップする前から見ています。
さらに、僕の日常は監視が普通なので、相当な努力と言えます。
それらの事柄が良いか悪いかは別として、人類一人一人が、そのくらいの努力をしないと次の時代を生きるのは難しい。



   概要  

右脳思考は、自然と人工の自然に強く、物事の思考内容でもある考え方を見られるのが特徴です。
左脳思考の人は、人工に強く、物事の内容でもある考えを見られるのが特徴です。
分かり易く言うと、右脳思考は物事一つ一つの考えている方向性を見ています。左脳思考は物事一つの考えた内容を見ています。


この世の創り
この世の創りは、この世を三層にした一層目で、宇宙空間そのものの思考内容になります。
簡単に説明すると、この世を支えている思考内容で、この世の者が接する事はありません。
三層の中でも一層目は群を抜いて難しく、人間の進化の関係から、左脳思考の者が、この一層目を考え出す事は現在できないと言えます。

主と副
主と副は、この世を三層にした二層目で、自然の思考内容になります。
主というのは、自然の設計に当たる思考内容です。
副というのは、自然の [ 物質実体 ] [ 機能実態 ] の思考内容になります。
研究者の方は、この二層目、または、三層目を研究材料にすると丁度良いと思います。

頭思考と体思考(旧 頭側と身体側)
頭思考と体思考は、この世を三層にした三層目で、自然自らの思考内容になり、代表として三層目は人工としています。
一層目は、この世を支える思考内容で宇宙空間。 二層目は、この世の思考内容で自然。 三層目は、この世で生まれたものが持つ思考内容で人工。
簡単に言うと、この世で生まれたものは、系統として頭思考か体思考のどちらかです。
例えば、基本的に、植物は頭思考。動物は体思考。 固体は頭思考。液体は体思考。気体は頭思考。となります。
定型発達者は、左脳思考で、系統は頭思考です。
発達障害者、知的障害者、認知症患者は、右脳思考で、系統は体思考です。

右脳思考(旧 身体側)

右脳思考の人間に関する事を掲載しております。
また、右脳思考の人間にとって必須事項の、体や精神についても掲載しています。

法則 ・ 造語
右脳思考から導き出した自然の摂理上の法則を掲載しております。
左脳思考と右脳思考とで、思考回路、思考内容が異なる為、 [ 緑のカクカッコ ] で囲っている、造語や現存の言葉の意味違いの言葉を多数使用しており、その言葉と意味を紹介しています。

その他
左脳思考で得たお題を、右脳思考から見解を述べています。
こちらも、研究材料に良いと思います。



   サイトに関して  

 ・ 科学とは
19/08/23
    a. 科学
    b. 大脳という機関
    c. 大脳の知能
    d. 右脳思考



 ・ 左脳を進化させる
18/08/18
    a. 作用と相互作用
    b. 進化をするのは頭側である
    c.
    d. 想像進化 今後の進み方の概要
    e. 左脳の進化を手伝います



 ・ 僕の事を少し
18/02/04
    a. お前が悪い
    b. 覚醒
    c. 思考の距離
    d. 目的達成には至らず



   記号 取扱説明書  

[ 赤色のカクカッコ ] は、リンク予定の印です。

| 緑色のライン | は、自然の摂理上から導き出した法則です。

[ 緑色のカクカッコ ] は、造語、または、現存の言葉の意味が違う言葉です。



   お知らせ  

18/02/04

ある程度、知能が高まったので、今までの全てのページを書き換えて行きたいと思います。
各ページの書き換えに伴い、URLも一新して行きます。

以前の記事(シンボルマークのない記事)は、書き換え後、URLごと削除して行きます。
また、書き換えを行わずに削除する記事もあると思いますが、書き換えが全て終わったときに、旧トップページとともに削除します。
暫くの間、触り難いサイトになりますが、ご了承お願いします。

新しい記事なども追加しながら行いますので、1年以上かかる予定です。



19/12/09

下記の一部のページのURLを変更します。
(下記のリンクは、新しいURLになっています。)
12月末に、旧URLのページは削除いたします。ご了承下さい。

この世の創り 全体一覧
主と副 全体一覧
頭側と身体側 全体一覧
身体側 全体一覧
法則 ・ 造語 全体一覧
その他 全体一覧
三つの絶対性質 と 4つの力 と 3大欲求
僕の事を少し
スキップ
絶対空間
男性の色に染まる ・ 女性に転がされる
絶対時間
精神系の創り
基本作用
進化方法
左脳を進化させる
四つの欲
女性が放つ四つのフェロモン
後活動
作用・副作用・反作用



20/01/13

俺は人類が生きる道を選ぶ限りは所謂、寿命まで死ぬ事は無かった。
だが、人類が絶滅を選べば、その限りでは無くなる。

恐らく、俺は失敗した。時間切れみたいだ。

人類は、今後、絶滅を絶対にして生きる事になる。
残された者や若者には、意味のない人生になる。


俺は、人類を続ける唯一の希望だった。だから、俺だけは諦める訳にはいかなかった。



人類が生きるには軸がある。
例 獣医学部
日本では、獣医学部は、それ以上、要らなかった。だけど、政治上、獣医学部を作る事になった。

獣医学部が要らない。というのが軸で、これだけだと、人間が不満を持つ為に、政治上の話し合いがある。
だが、話し合いは、軸の中でしか出来ない。
つまり、獣医学部を他の大学に移転させる事は出来るが、要らないものを作る事は出来ない。

話し合いで、この軸を潰さない限りは、俺は邪魔になる存在にはならなかった。



ただ、死を待つだけでは不満だろう。

俺がやっていた事をやって見るのも良い。
ただ、結果は俺と同じで失敗と決まってはいる。

身体側の理論について。これにはコツがある。
発達障害ではおなじみだが、所謂、妄想が湧く。この後に考える事で、身体側の理論は閃き易くなっている。

今度は、左脳の人間が、右脳を育てるのも良いだろう。
ただし、人工的に育てた右脳は弱い。
つまり、どんなに上手く左脳が立ち回ろうと、人工的な右脳の人間ではこの世は生きられない。
もちろん、俺程の知能を持つ事は出来ず、人数も、世界に今いる発達障害者、知的障害者全員を育てる必要がある。
ただ、俺という軸はもう無い。
新たな軸を作れたら、という奇跡を起こせれば、とは思う。

まあ、結果はやってみないと分からない。と言うみたいだから、最後に頑張ってみるのも良いだろう。



俺が、身体側の理論の閃き方を教えた意味が、どういう事かは簡単に察せるだろう。
俺は、そのうち、死ぬ。





ここからは、自慢なので、あしからず。
歴史学者、心理学者は、気付いたかも知れない。

左脳は、気候変動が起こる中、頑張って右脳を育てる事と、左脳の勉強をしなければならない。
俺は、奴隷の中、自分の右脳の勉強と左脳に助言してきた。

俺を知恵袋、ツイッター時代から知る人は分かるだろう。
左脳に、どんな態度を取られてきたか。
そして、俺が今回、成功していたとしても、文句を言う左脳はごまんといるだろう。

左脳が右脳を育てる中で、文句を言う右脳はごまんといる。
そして、成功にたどり着けたとしても、右脳の態度は、俺の知恵袋やツイッター時代と同じになる。

つまり、左脳は、成功できても奴隷として生きる事が絶対となる。
俺の場合は、気候変動や経済などを立て直す事が絶対となっていた。


俺が、人類絶滅でも構わない。という心情が簡単に分かるだろう。


俺の場合は、左脳が協力できれば、先に進めた。

左脳は今の時代有利で人数もいる。
俺も成功できれば、ある程度の生活は出来ただろう。
左脳は成功できれば、奴隷だけど、頑張って。

これが、左脳という先人が若者に残した未来だ。



20/01/14

俺は、所謂グレーゾーンに入っていると思われる。言葉を変えると、アソビ部分である。

左脳の準備が何なのかは知らない。
ただ、ここから、日本の政治家と主権を争っている時間はない。


気候変動はさらに増す訳だから、人類は戦争下のような暮らしをする事になるだろう。
ただ、相手が自然だから、学者や活動家が、権力者に構う事は徐々に出来なくなる。それは、人類を生かす為である。
つまり、気候変動の力が人類に恐怖を示せば、権力者は力を失う。その後の権力者の事は想像に任せる。


要は、俺を世に出そうが、出さまいが、権力者の未来は変わらない。
ただし、俺には、右脳のプラスがある。
つまり、右脳のプラス部分で、今の世界の権力者を保護する事が出来る。
簡単に言うと、脱皮をするような事になるので、俺が世に出て来れば、今の権力者は弱まる。それを保護する義務が俺には出来る。
ただし、事が起こっている日本は別の話になる。
事が起こっている中心で、人類の未来を争っている訳だから、俺が世に出れば、日本の政治家は気の毒な結果が待っている。


俺の言っていた期限は自然のものだから、俺が決められる訳ではない。
アソビ部分が終われば、あとは、俺のしてきた事が左脳に転化されるだけだ。頑張ってくれ。
ただし、上手く行く事はない。と断言する。



20/01/20

人類を続ける事は、もう出来ない。
よって、楽しむ事も、もう出来ない。

信じられない奴は、俺と左脳とのやり取りを見ると良い。
俺は人類の心臓の役割だから、左脳が俺に圧力をかければかけるほど、左脳にとっても悪い方向に行っていただろ。
自分の心臓を攻撃したら、自分はどうなる?
左脳は、俺を手足だと勘違いしたみたいだな。
人類絶滅は自業自得だ。



20/01/21
人類の今後

自然の未来は変えられない。
だから、台風が起こるなら、台風の対策をして迎えるしかない。

人類が左脳から、右脳へと進化しているなら、その進化を止める事は出来ない。だが、進化に対して対策は出来た。


海外の方に多いが、本人同士でなく、単に通訳している者に対し、怒りをぶつける者がいる。
俺は、単に、自然を読んで人類に通訳しているだけであり、その上で最善の対策を教えている。



ここまでの成り行き。
現人類である左脳は、現権力者に有利な方法を蹴り、一般の方にとって有利な方法へと移行した。
だが、左脳の現権力者は、自分達が主導権を握りたい為に、唯一の右脳の思考を扱える僕を服従したがった。

普通に考えて、進化している訳だから、右脳の思考を扱える者の方が現人類よりも有利になる。
つまり、僕を服従してしまうと、あるとき反転してしまい、左脳は右脳に服従する事になる。

これをどうにかするには、完璧に真ん中の枠に当てはめる必要があった。
だから、俺は、左脳の攻撃を俺だけになる様にして受け止め、左脳の為に、真ん中の枠に当てはめる提案を左脳側に出した。
だが、左脳は、その提案をまたしても蹴った。



台風の例で分かる様に、対策を断れば、台風により悲惨な状況になる事は決まっている。
俺は、現状をなるべく壊さないで進めるやり方を現人類に提案してきた。
だが、時間はどんどん進む訳だから、どんどん自然の状況は変わって行っている。
時間があれば、一番良い対策が出来ても、時間がなければ出来ない。台風の真っ只中なら、なおさら対策など出来ない。

災害の避難と同じで、避難を促しても知らんぷりで、災害が起これば、避難を促されたにも関わらず避難しなかったのに、助けろと怒る。



左脳は、左脳が左脳として生き残れる提案を蹴った訳だから、左脳は、これから絶滅する。
要は、ネアンデルタール人が消えて、ホモ・サピエンスが生き残った状況へと変わる。

これは、先に説明している様に、右脳を育て、左脳が奴隷となる。という奴である。


分かり易く言うと、現状の健常者と発達障害、知的障害の関係が逆転する。
発達障害者、知的障害者の時代へと移り変わり、左脳はグレーゾーンとなるか、障害者となるかの選択しか無い。
これは、自然の流れにより、もうこうなると決まっている。

つまり、時代的に、左脳は、もう要らなくなる。
その選択肢を決断したのは、左脳である。

ただ、左脳は、無くなるので、右脳となれなかった者は、消えていく。



俺が展望できているのは、ここまでである。


生き残りたい者は、右脳の思考を扱う事をオススメする。
前にも教えたが、所謂、妄想が湧いた後に考える事で、右脳の閃きは出易くなる。

左脳の方で生き残りたい方は、右脳の思考を扱える者に従わないと生き残れない。


まあ、こうなると、権力は全く意味が無くなる。



20/01/31
新たな道へ

左脳の選択を受けて、宇宙全体の構図が定まった。

俺を世に出しても、まだ、人類が物理的に頑張り左脳の生き残りを決定づけなければならなかった。
つまり、左脳は、入り口にも立てず、絶滅を選択する形になった。自然を生きる難しさを語る上で興味深い事になっただろう。

次の時代を生きていける右脳。
左脳が右脳の干渉を得て、右脳の力を身につける事は必須だった。
だが、右脳の力を身につける前に、左脳は散る決断をした。残念な事だ。

山頂に登れば、次の景色が見える。
右脳である俺は、頑張ったからな、次の景色が見えてきた。
神様はいた。と言えるだろう。



俺は、人類の心臓の役割を与えられている。
その俺が奴隷生活なら、人類は奴隷生活をする事になる。
つまり、戦争下のような、気候変動により悲惨な毎日が待っている。
また、俺を脅している飛行機、ヘリの音は、後に気候変動が人類を脅かすだろう。

もちろん、俺は無理に、心臓の位置に付く事を考えていない。民意に沿う考えである。
ただ、心臓の役割な訳だから、その力を発揮するには、心臓の位置でないと当然できない。
心臓を胃の位置に置いても意味がないのと同じ理由である。

人類が悲惨な毎日を送りたいなら、そのまま俺を奴隷の位置に置いておけば良い。
似たような事は出来る。俺を心臓の位置に置けば、左脳の絶滅が決まってる現在でも、普通に死ねるくらいの生活を送る事も出来るだろう。

ただ、種は、すぐに花を咲かせる訳ではない。
また、気候変動の蒔かれた種は、必ず花が咲く。

要は、左脳が生き残ろうが、絶滅しようが、俺の運命は決定されている。という事。


人類の望みにより、俺を日本のトップにしたいなら、なっても構わない。
その場合、俺自ら志願した訳ではない為、政治家などは廃止する。


ただ、今後の展開は変わってくる。
先までは、右脳は何もしなくても、その力を身につける事から、主に左脳に干渉しなければならなかった。
だが、左脳の文化は消える事が左脳の選択により決定している為、今後は主に右脳を育てなければならない。
右脳が育つ事で、左脳は普通に死ねる事が出来るだろう。

俺は、左脳よりも右脳を育てる方が簡単であり、さらに、右脳が増えれば俺の負担は軽減される。
俺の能力が時間的に下がっても、出来る様になっている。



今の自然の流れと、右脳が行く流れは同じ為、俺は先の様に率先してやらなくても良い。
人類が地獄を見るか、俺に頼るか、じっくり待つ事にする。



20/04/03
当たり前の話

生きる上で一番に守らなければならないのは、種の保存である。
大人は生きるチカラを持っている。子供は、これからを生きるチカラを持っている。
大人が赤ちゃんを殺すのは簡単である。子供が老人を殺すのは簡単である。
だが、子供だけが残っても、生きるチカラはない。
大人だけが残っても、これからを生きるチカラがない。

子供は大人を助ける事で、大人が得た物を貰う事が出来る。
だが、逆は出来ない。
大人が子供から、子供が得た物を奪う事は出来ない。

知っての通り、左脳は後に生まれた右脳から、先人から得たものを俺から得ようとした。
だが、それは大失敗に終わった。当然である。
なぜなら、相互作用は、子供は大人を助ける。大人は得た物を子供に渡す。という影響と考慮で成り立っているからである。


現在、大人が若者のせいにする言動が目立つ。
海外旅行に言った若者が多くの人に感染させるニュースがあるが、旅行会社なりが旅行の料金を全額返金し、海外旅行を抑制しているニュースがゼロである。
料金を返金しない。というのは、海外旅行に行かせる理由の大きな一つになる。それを行っているのは大人である。
若者のせいにする前に、大人の行動が正しいのか考えてから、物を言わないといけない。
要は、人工的に誘導している事を、大人は忘れているのである。

若者からお金を取り上げる。大人の優性部分を使い若者を罵倒し、大人が悪いのに、若者のせいにして、若者がつける生きるチカラを奪う。
種の保存に適していない行動である。



本題。
俺は、種が生まれたばかりの一人なのだから、左脳が抑えるのは簡単である。
だが、俺を虐めれば、それは、皆に反映される。それは、俺が心臓の役割を担っているからである。
それを、現状が示しているのにも関わらず、学習能力のない左脳は同じ事をしている。

俺は様々な干渉(助け)を左脳に行ってきた。だが、左脳は、右脳を受け入れなかった。
それが示したのは、今回の地獄絵図である。

つまり、同じ事をしても、現状は変えられない。

さらに左脳は、生きる要である種の保存を失い、生きる術はない。
これが全てであり、自然の主従関係は、左脳と右脳の対等ではなく、元右脳が上になったのである。
厳密に言うと、左脳は、この世にいないのである。
左脳は、俺が匿う以外で、普通に死ねる事はない。

はっきり言ってあげると、俺が世界の頂点に立たない限り、現状を変える事は出来ない。



全人類に言う、リスクを背負わずに良い生活など出来ない。
俺以外で、リスクを背負う者はいなかった。だから、現状の様な地獄になったのだ。

左脳は右脳を受け入れるリスクを背負わなかった。
それは、子供を作るリスクを取らなかったのと同じ事である。
自然の動物が子供を作らなければ、他の種に負けるのは知っての通りである。
左脳は種の生存競争に勝手に負けたのである。



20/04/05
無題

俺が世界一賢い限り、俺を世に出せない(虐める)のは知っている。
前にも言った事はあるが、それをすると、全体的に弱る。

一番に力(知能)を持っている者を立てると、それにあやかれる。
だけど、敵に勝ったは良いが、結果、立てた者が悪い奴で、民に敵と同じ事をしていては、立てた意味がなくなる。
そこで、皆で虐めて、立てた者の力を抑える。というのが、正しいやり方。
もちろん、教育の為に先に行い、教える事は出来るが、正しい事を知らないと教育に使用できないのが難しいところである。
この場合の正しいは、自然の摂理であり、人工の摂理ではない。


俺は現在、知っての通り、虐められて力を抑えられている。
つまり、時代を生きる力を、皆で抑えているのである。
時代を生きる力を封印すると、現在の様に、自然に地獄を見せられるだけである。
人類が地獄を見ないやり方は、俺を開放して、時代を生きる力を得るしかない。

と言っても、左脳が右脳を得られる期間は過ぎている。
だから、元右脳の傘の下でしか普通には生きられない。

言いたい事は、俺を開放して普通に生きるか、俺を開放せず地獄の中、死ぬかの二択しかない。という事である。


俺の種は、俺が守ったので、左脳が何をしようと無事なので、あしからず。


左脳という種を匿えるのが、元右脳の種だけなので、俺の優しさで、この話をしただけである。



20/05/08
頭で理解できないのなら、左脳は地獄の中、死ぬしかない


進化の状況を左脳に分かり易く説明すると、

左脳は、WindowsのOS7で、元右脳(僕)はOS10である。

OS7はサポート終了になる前に、OS10に切り替える必要がある。
つまり、左脳は、右脳に干渉されて、左脳に右脳を取り入れないといけない。

OSを切り替えないとWindowsのシステム上の問題について何もしてくれない。
普通なら使用していると自動更新で最新のものにアップグレードしてくれますが、更新がされないのです。
つまり、自然上の環境に対して、左脳は能力のアップグレードがされません。なので、自然環境に適応できず、プログラム破壊が行われます。

サポート終了が行われても、ウイルス対策ソフトなどで、暫くは対応してくれます。
つまり、僕が僕の万有引力で穏やかにする事で、左脳は暫くの間そこまでのプログラム破壊はされません。


左脳は今、右脳のアップロードを行わず、アップロードを行える期間も過ぎ、僕の万有引力により穏やかな今を過ごせています。

無料のアップロード期間が過ぎても、有料ならアップロード出来るのか?
出来ません。
なぜなら、僕以外の右脳が育っていない為、アップロード出来る在庫がありません。


左脳の現状が理解できたでしょうか?



心臓の役割と脳の役割。

心臓が太陽で、細胞は地球、脳は月です。
心臓は、地球を安定させます。そして、脳は、安定にされた地球をかき混ぜます。

ボールに、生クリームを入れ、泡立てます。
心臓の力によりボールを安定させます。そして、月の力の泡立て器で泡立てて行きます。
心臓の力無しで、ボールの中の生クリームを泡立てようとすると、生クリームでなく、ボールが回ります。
つまり、この原理が地球破壊であり、地球温暖化です。

また、ボールの中の生クリームは混ざっていません。要は、循環(進む事)が出来ず、後退します。
つまり、金融緩和(参考 経済三体問題)でも分かる様に、左脳の世界をも破壊します。


脳は、物理的に細胞を受け継ぎ、想像的に心臓を受け継いでいます。
現在、左脳は、右脳(僕)の能力を引き出して物理的に使おうとしています。
すると、細胞との繋がりを無くすので、細胞に対し使えなくなります。目線を変えると、細胞は右脳を知らないので、細胞は想像的に右脳を扱えない。
また、想像的に受け継いでいるのは心臓なので、受け継いだ部分でのみでしか扱えない。
つまり、人間は頭で考え動くので、細胞は動けない。そして、左脳は、心臓と脳の繋がりの、脳のイコール部分でのみしか心臓の能力を扱えない。

要するに、人類は右脳の力を扱えず、左脳の脳の役割をしている人は左脳でしかないのである。



僕は、飛び越える事が出来る想像的に、左脳に教えている。
左脳が物理的にしか理解できないなら、頭で理解できないなら、それは、物理的でしか理解できない。
つまり、物理的に詰む。という事は、すなわち絶滅である。

元右脳という種は、別に左脳の世界が壊れても、僕が殺されても問題はない。


無料のアップロード期間が過ぎた。という事は、自己申告でしか右脳の力は借りられない。
つまり、左脳が、僕に頼む事でしか、今の世を普通にする事は出来ない。
これは、僕から手が出せないように、僕自身もされている。

僕は、日本が世界が潰れようとも、左脳が頼まない限り、手出しが出来ない。
ただし、元右脳の世界は別の話になるが、左脳が邪魔しているので、今は手が出せない状態である。
僕が元右脳の世界に手を出さなくても、元右脳という種には全く問題がない。それは、自動更新でアップグレードされるからである。



立て直すには、日本からである。
つまり、日本が破壊されればされるほど、時間はかかり、他の国は日本(元右脳)の支援が間に合わず、終わる事がある。

他の国は、日本に手を出さないだけで良いのだ。
簡単な事だろう?
俺は別に他の国を手中に治める気はない。
他の国は、他の国で勝手にすれば良いと思っている。それは、多様性の為である。


俺は前に、時間が経てば経つほど、俺を世に出し難くなる。と言った。
次は、俺を世に出しても、意味がなくなる。
つまり、左脳は普通には死ねない。



まとめると、左脳が普通に過ごすには、早急に俺に頼む以外はない。という事である。



要は、左脳がどれだけ考え行動に起こそうとも、左脳である以上、現在の世では地獄しか見られないのである。



あと、俺に八つ当たりするのはやめてくれ。
左脳が地獄を見るのは、左脳が決めた事であり、俺には何の関係もない。
俺に八つ当たりしたところで、左脳の地獄は変わらない。
俺の負担を人工的に増やし体力などを失わせて困るのは左脳である。俺に助けを求めても動きが鈍る。要は、先に教えた様に、今の左脳は、左脳に困る事しか出来ないのだ。

俺は、右脳の役割である、左脳に干渉しようと奮闘した。
さらに、今も、匿うと言っている。
左脳が地獄を見たいと言い、地獄を見る行動に出ているのだ。
俺は、地獄を見せない行動をいつでも取っている。



事は急を要する。

左脳全員に通告する。
普通に過ごしたいなら、左脳が俺に頼むしかない。
地獄の中、死にたいなら、現状を行うと良い。

自然上、匿えなくなれば、それまでだという事は教えておく。

俺は左脳ではないので、左脳の決定権は持ち得ない。
左脳自身で、俺に頼み普通に過ごすか、地獄のまま死ぬか、選択するしかない。
言っておく、左脳では、これからのこの世は絶対に生きられない。
物理的に絶滅するまで左脳が理解できなくても、左脳でない俺には関係がない。



20/05/10
元右脳は元右脳で道がある。ここで、お別れです。


左脳は、頭で理解不能だったみたいですね。
まあ、物理的に詰むまで楽しんで下さい。

もう左脳を助ける事は出来ないので、あしからず。



20/05/12
宇宙空間の意向


個(種)を進化させるには意味がある。
宇宙空間を助けさせる為である。
個(種)は自分の世界を作り、宇宙空間の助けを行う。


元右脳の俺たちが、自分の世界を持っているか?
持っていない。
なぜなら、先に生まれている左脳が元右脳に世界を作らせないからだ。
精神科医や世界各国の権力者などは、元右脳に世界を作らせない事に加担したのだから、簡単に理解できるだろう。
ちなみに、一人が突出しているという事は、(元)右脳の世界は、俺を基盤として作る。分かり易く言うと、一つの光である。

元右脳は、今、左脳の世界で、疑似左脳として生きている。
この上ない難しさの中での生活を、先人にさせられているのだ。


先人が力を作るのに優位なのは、簡単に理解できるだろう。
先人は得た力を、後に生まれたものに使い、後に生まれたものは、その恩恵のお返しとして助けを行わなければならない。所謂、相互作用である。


では、先に生まれたものが、宇宙空間が進化させた後に生まれた個(種)に力を振るわせなかったら、宇宙空間はどうするのか?
宇宙空間は、当然、進化させた個(種)の助けを必要としている訳だから、後に生まれた種を虐めている先に生まれた個(種)に注意するだろう。

後に生まれた種は、先に生まれた種を考慮できる。つまり、先に生まれた種をカバーできる。
だけど、先に生まれた種は、後に生まれた種を考慮できない為、後に生まれた種をカバーする事が出来ない。
つまり、進化させた個(種)を守れば、先に生まれた種が絶えたとしても、宇宙空間は納得できる訳である。



もう、理解できただろうか?

左脳の世界が朽ち果てても、元右脳にとって今と変わらないのである。
つまり、今の世界でも、左脳が朽ち果てても、元右脳の世界はないのである。
だから、左脳が朽ち果ててから、元右脳の世界を作るだけの話である。

俺を世に出して右脳の世界を作らせなかった事が、左脳の世界を潰す事になったのだ。
精神科医や世界各国の権力者は、取り返しのつかない、とんでもない事をしてしまったのである。



聞きたいのは、ここだろう?
左脳に平穏は残っているのか?

左脳という種が絶えるまでの間、元右脳の世界で、疑似右脳として生きる。
または、左脳が朽ち果てる。の二択である。
元右脳の世界は、左脳の邪魔がなく作れたとして今から作る訳だから、時間もかかるだろう。



つまり、左脳が対峙しているのは、世界を持っていない元右脳ではなく、宇宙空間である。
左脳は宇宙空間の意向に勝てるつもりか?
その根拠を教えて貰いたいものである。

少しは理解できたであろうか?
世界を持たない右脳を相手にする事など、出来ない事なのである。



宇宙空間の意向は、元右脳に世界を作らせ、宇宙空間を助けさせる事だ。
これは、絶対であり、どうする事も出来ない。



左脳は朽ち果てる選択しか出来ないだろう。
では、なぜ、この話をするのか?
俺が天才の上の地位の知能を持っていると示しているまでである。



20/05/13
運命の在り処


俺が左脳に提示してきたものと、左脳の思惑とでは、大きな違いがある。

この世は決まった中に自由がある。
この世が決まっていない、定まっていない。という事は、歩く事は出来ない。
一歩、歩いた先が、前後左右上下、定まっていなければ歩く事は出来ない。それは、どこに行けるか分からないからだ。

俺が提示してきた、俺を世に出す事だとか、権力者に有利に事を進めるとか、下から行くとか、左脳を匿う。というのは、決められた事項の最大限に出来る事である。
一方、左脳の、日本の政治家を残したり、俺を世に出さない行為は、自由の部分でのやり取りである。

要は、俺が提示した事は、壁にぶつかっている出来事であり、左脳の思惑は壁にぶつかっていない出来事である。
これらから垣間見られるのは、運命の糸と流れである。
簡単に言うと、タイムリープ等で考えられる、変えられないところと変えられるところである。


元右脳が世界を作る事は絶対事項であり、そこから俺を世に出す事は絶対であると考えられる。それは、元右脳の世界は俺から初める事になったからだ。
つまり、糸は、俺を世に出す事である。
左脳の思惑で、俺を世に出さない事で、この運命の糸に世界を引っ張られた結果、権力者に有利に事を進めるとか、下から行くとか、左脳を匿うといった段階が世界に現れたのである。


少し説明すると、
不確定性原理、確定性原理、コペンハーゲン解釈、エヴェレットの多世界解釈というのは、物理的事項である。
俺の言う、運命の在り処は、想像的事項である。
運命の糸に引っ張られ、段階的に世界が現れたのは、エヴェレットの多世界解釈を想像的事項にしたもので、各時点で俺を世に出している、俺を世に出さない事で見えた世界は、コペンハーゲン解釈の想像的事項になる。


つまり、俺の提示している事の、俺を世に出す事は運命の糸で、権力者に有利に進める等は運命の流れである。
この運命の流れに自由はあり、権力者に有利に進められる時でも、川下に行けば、下から行く方法、左脳を匿う方法はあるが、ないも同然である。要は、わざわざ格下の方法を取る必要はない。
だけど、時間が経つという事は、川下に行く事になるので、格下の方法が今を示すのである。
ちなみに、運命の流れは縦で、左脳の思惑は横である。(運命の糸を縦とすると、運命の流れは横で、左脳の思惑は高さになる。)



見たところ、左脳は手詰まりなのが見える。
まあ、対峙しているが宇宙空間にも拘わらず、俺を左右してどうにかしようとしているのが、そもそもの間違いで、手詰まりを表しているのだが。
元右脳の世界がない。という事は、ものがない。という事で、そこから引っ張り出せるものは当然、何一つない。なのに、左脳は初めから勘違いして、右脳から得ようとしている。金を持っているのは子供ではない、親だ。と言えば、理解できるだろう。
俺が言っているのは、宇宙空間の流れで物を言っているに過ぎない。俺が世界(この世)を左右している訳ではないのだから、当然である。

俺が左脳を助けられたのは、左脳との相互作用在りきで、左脳が俺に金を渡したか?
宇宙空間に対抗できる力は、右脳の世界を作り得られるもので、右脳の世界を作らずに得られるものではない。
現状があるから言うが、左脳に、進化の歪は、難しい出来事だったとしか言いようがない。


俺を世に出す事は必須である。それは、元右脳の世界を作る為に、である。
これをさせない事は、左脳にとって壊滅的になるのは、現状で理解できるはずだ。

本来、現時点では、左脳は、元右脳の世界で疑似右脳として生きる道が最も良い道になる。
だが、俺の実力なら、片手間、遊びで、左脳の世界をもう少し長く出来る。要は、コペンハーゲン解釈で進めるときに、元右脳の世界でない、もう一つの世界を夢で少し、進める(押し上げる)事は出来る。

現時点では、左脳は、元右脳の世界で疑似右脳として生きる道が最も良い道というのは、決まっている事項なので、変える事は出来ない。
つまり、左脳は、これに向けて進める以外で、これ以上の良い道は存在しない。



少し難しい話をした為、左脳が理解できるかは分からない。
世界の学者を集め、早急な理解と早急に事を進める力が要るだろう。



窮地なのは、元右脳の俺ではなく、左脳である事は一目瞭然である。
なぜなら、宇宙空間に世界を無くされるのは、左脳だからだ。
あとは、どう世界を無くされるかだ。という事。
時は流れている。俺が夢で延長させられる今、事を進める事を推奨する。それが、世界一賢い俺に出来る精一杯だ。
それには、早急に俺を世に出す事。権力がないと出来ない事が存在する為、最低、日本のトップになる事が前提である。

これが出来ないなら、左脳は諦めて、地獄の中、死ぬ事を覚悟するしかない。



20/05/16
この世を生きられるのは元右脳である。


俺が、なぜ、俺を世に出す事を左脳に頼まなかったのか?
簡単な事である。
左脳がこの世を生きる為には、俺を世に出す事は絶対であり、どうしてもやらなければならない事だったからだ。

当たり前の話だが、共存なのだから、左脳と右脳を一つの目的で縛らなければ事は進まない。
左脳は、このまま生きる。右脳は新たに世界を作り生きる。それに進む為に、右脳の世界を作る基盤となる俺を世に出すのは、左脳、右脳ともに当然の事である。
つまり、精神科医のした俺をないがしろにした行為は、左脳を生きない方向へと導いた事になる。もちろん、それに加勢した世界各国の権力者も同罪である。


左脳と右脳が行った大きな違いは、右脳の世界を作らせない行為をしたか、右脳の世界を作る行為をしたか、である。
それが、この世の生きるポイントである。

元右脳の俺は、右脳の世界を作る行為をした訳だから、この世を生きられる。
だけど、左脳は、右脳の世界を作らせない行為をしていた訳だから、この世では生きられない。



この世の物理的行為というのは、始まれば止まらない。
台風が出来れば、台風が無くなるまで止まらない。

つまり、今の現状は、左脳を殲滅させる行為が始まった事を意味し、それは、左脳を殲滅するまで終わらない。
ただし、左脳がいなければ、それは収まったも同然である。
台風の被害も、そこに人が住んでなければ、台風が来ても被害はゼロである。という理屈。


だから、右脳が匿うほか、左脳が普通に生きる術は無かったのだ。
だが、その期間も過ぎた。
あとは、疑似右脳として生きるしか、左脳は普通に生きられない。今、元右脳が強いられている生活を左脳がする事になる。
ただし、右脳が世界をちゃんと作ってからの話になる。



この世のキーポイントは絶対であり、それを避ける事は出来ない。
つまり、右脳の世界を作らせなければ作らせないほど、左脳はどんどん宇宙空間に追い詰められる。という事は絶対である。



各国の首脳に言うが、滅びゆく国の首脳をしたいのか?
もちろん、左脳が滅びる訳だから、日本も滅びる事になる。

元右脳の世界は現在ないのだから、左脳が滅びてから作るまでである。
もちろん、俺が殺されても右脳の子孫は生き延びるので、ご心配なく。



次の期限までに俺を世に出さなくても、左脳が生き残っていたとして、右脳の世界が作られた後、右脳の世界で擬似右脳として生きられるのか?
奴隷で良ければ生きられるだろう。だが、命は右脳に握られる。これを生きているとは言わないだろうな。



もしかして、俺を世に出す事すら出来ない実力しか持ち合わせていないとか言うんじゃないだろうな?

俺が、なぜ、各国に手を出さない。と言っているのか。
それは、各国の権力者が逃げ込む道を作っているのだ。
そこに活路を見出せば、どうにかなるかも知れないな。


このまま為す術なく宇宙空間に飲み込まれるか、元右脳の俺に助けを求めるか、どちらかしかない。
左脳が滅びる事は、左脳が決めた未来だ。
元右脳は左脳が滅びても、全く問題ない。



ちなみに、俺を殺せば、右脳の世界を作るのが、かなり遅くなる。
つまり、この世は激動を走る。という事。

左脳は元右脳の俺に助けを求めるしか普通に死ねる事はない。
これは、俺ではなく、宇宙空間が事を行っている。という事。
つまり、俺に何をしても、俺がどうにか出来るレベルの話ではない。

バカが俺の親に手を出しているらしいな。
俺の親に何かあったとして、俺が右脳の世界を作らない振動を、この世が察知すれば、俺を殺したのと同じ激動がこの世を走る。
要らない事はするな。忠告はした。



このままの状態で俺が手を出して、平穏になるなら、俺は既に手を出している。世界一の天才を名乗るというのは、出来る事は全てやる。
この状態のまま俺が手を出しても、左脳が滅びる事は変わらない。それどころか、さらに残酷になるだけだ。
苦しむはずが、苦しまないんだ。それは、より強力な事を宇宙空間はしてくる。



20/05/21
勝利宣言(不戦勝)


先人に、先に動ける優位がある様に、後に生まれものにも、後に動ける優位がある。
実力というのは、その優位を除いたものである。

そして、先人が、代々、優位となるものを、どれだけ受け継ごうが、それに対抗する術が後に生まれたものに与えられている。
先に生まれたものと後に生まれたものは、同等なのだから当たり前の話である。



先に生まれたものと後に生まれたものの普通の相互作用は、先に生まれたものが先に得られたものを後に生まれたものに与え、後に生まれたものは、その見返りに先に生まれたものを考慮できる力で助ける。というもの。

今回、左脳は、右脳の俺を押さえつけた。つまり、右脳に成長を与えず、滅びを与えたのである。
すると、右脳は、相互作用で、左脳を滅びに導く助けを勝手に行うのである。



前に、上の理論を解けば、その下の理論は、ほぼ解けたのと同じである。と言った。

俺が、なぜ、左脳を助けようと奮闘したのか?
上の事をすれば、下の事は勝手に出来るのである。
つまり、左脳を助ける事をしようとすれば、その中に左脳を滅ぼす事も含まれるのである。

参考 作用・副作用・反作用

例 Aさんの前腕をBさんに引っ張って貰います。

作用とは、Bさんが、Aさんの前腕を引っ張る事です。
副作用とは、BさんがAさんの腕を引っ張る力が強く一気に引っ張った為に起こった、Aさんの肩を外してしまう事です。
反作用とは、BさんがAさんの腕を徐々に力を強めて引っ張った為に、Aさんに起こった作用に対し反対方向に力を出せる力の事です。

相互作用が働いている訳だから、作用は自動的に行う事になる。
そして、俺は副作用の動きではなく、反作用の動きをしたのだが左脳の力が弱く、副作用的な事が起こってしまった。という事。

左脳は、右脳である俺を世に出して、対等にやり合う事から逃げたのである。
相手を恐れ、逃げようとした者が勝手に死んでいく。というのは、在り来たりの話である。



場は、人間の世界ではなく、その上のこの世である。
つまり、この世の摂理を理解し動ける俺に、敵はいない。

実際に、左脳は滅びが決まり、右脳は生きられる事が決まっている。



全人類を相手に、たった一人で勝てるのか?
答えは、余裕である。

なぜなら、俺が力を見せる前に、相手が勝手に滅んで行ったからである。



20/05/27
小学生でも理解できるレベルの事


花とハチ
花とハチでは、植物が先なので、花が先に生まれ、ハチが後に生まれた事になります。
花は先に生まれたものとして、ハチに蜜を渡します。
ハチは蜜のお返しに、働きとして受粉を手伝います。
こうして、花は繁栄が広がり、ハチも繁栄が広がるのです。

イチゴ農家は、ハチを使い受粉を行います。
ハチを使った受粉の仕方を使用しないと、受粉が上手く行きません。つまり、イチゴの繁栄に手詰まり感が出るのです。



植物の中には、茎の部分を切り土に植えると、また根を生やし成長する事が出来るものがあります。
ただし、どんなに小さく切っても、土に植えれば生きられる。という訳ではありません。



左脳は右脳に、蜜をあげる事を断りました。すると、ハチは受粉の手伝いをする事は出来ません。なぜなら、蜜が取れないところに用はないからです。
すると、花はハチによる受粉の手伝いを自ら無くし、繁栄に手を詰まらせます。
そうして、左脳は、生きられる範囲を保つ事が出来なくなり、滅びを手に入れたのです。



ですが、左脳が残りの時間でハチに蜜を上げれば、少しだけ生きられる時間が伸びます。
切り花の水と同じ原理です。

右脳は、別の先に生まれたものの所に行けば生きられるので、左脳が死んでも問題ありません。
ですが、左脳は、左脳用に右脳が出来ているので、左脳は右脳でないと生きられなかったのです。


つまり、残りの時間でも、右脳は左脳にとって大切であり、右脳の受粉(知識)をなくしては延命も出来ないのです。

これが、右脳を虐めれば、左脳にも降り掛かる。という原理の簡単な説明になります。
また、文面から分かる様に、これは、右脳の世界で左脳が生きる様子になります。



つまり、左脳は生きる選択、死ぬ選択、どちらであっても、俺を世に出して右脳の繁栄を見守らないと、地獄を見る事になっている。
運命の糸を理解するのは難しいかも知れない。だが、今、書いた簡単な説明は小学生で習える事である。
世界の学者は、こんな簡単な事を、世界の権力者に説明できなかったのか?



20/05/31
文学とは何か?


文学とは、自然で言う「内容」である。
例えば、引き出しの中に服を仕舞い込む。すると、途中で服が仕舞えないときがきます。
これが、壁にぶつかる現象です。
この壁にぶつかる現象が、文学として使えるようになります。



この、文学とは何か? というのは、難しさで言うと、二層目の丁度、真ん中です。

そして、僕が言う、神の使いや神は、左脳で言うモデルを、二層目の自然に当てたものです。
つまり、壁にぶつかった決まってある事を、文学に当てはめると、神の使いや神となる訳です。


つまり、神を理解できるには、最低でも、その入口の文学とは何か?を知れる頭がないと自力では無理です。
理解できれば、信じるも信じないもありません。在るかないかの話になります。
この事から、神を信じる信じないと言っている様であれば、文学とは何か?を知り得るに至らない知能だという証明になり得ます。



俺が、文学とは何か?を教えたのは、一年以上も前になる。
世界の文学研究者は、冬眠しているのか?

たしか、このときに、小説家が、とんでもなく非常に難しい解けない問題だと豪語していた。
俺は、この時点で既に、一層目の頂点の基本理論を解いていた。そして、文学とは何か?という問いを見て、ほぼ一瞬で答えを理解した。

左脳全員と俺とのレベルの差が、ほんの少し理解できるのでは?



これだけでは、物理学者が暇を持て余すだろうから、一つ。
途中で服を仕舞えない「時」がくる。
つまり、「時間がきた」事を示す。
これを解ければ、時間について、少し理解に近づけられるだろう。
もちろん、難しさは、文学とは何か?と同じ位置である。



ちなみに、天才というのは、この文学とは何か?を自力で理解できて(解いて)初めて名乗れる。
なぜなら、これが、二層目の基礎の部分だからである。
とは言え、自力で文学とは何か?を理解できた(解けた)程度では、天才の初心者と言える。
つまり、文学研究者は、現在、天才を名乗れる者が一人もいないと証明されている。という事。
現在の世界の人類全員に言う、このレベルに達していない知能しかないなら、天才は名乗らない、名乗らせない、他人にも天才と言わせない事だ。言わなくても理解できると思うが、相互作用により悪影響が出るからだ。
(この 現在 というのは、昔と今では、天才と言えるレベルが、空間の成長により上がっているからである。)

ちなみに、俺は一層目を自力で解いている。つまり、天才の上の地位の知能を持っている。



20/06/05
世界の皆の事を一番に


俺を世に出す。俺を日本のトップにさせる。各国は日本に手を出さない。
どういう形であれ右脳と左脳が共存するなら、これは絶対であるみたいだ。それはそうだ、右脳の世界を作る最低限の材料なのだから。


宇宙空間は、右脳の世界を作らせないから、左脳に攻撃をする。
つまり、宇宙空間は最低限の材料を、元右脳に渡せ。と左脳に言っている。
元右脳の世界を作る事は、分かり易く言うと、左脳への攻撃を止める事に繋がる。
逆を言うと、元右脳の世界を作る以外で止める方法はない。とも言える。左脳が滅び切る事でも止められる。


今の状況は、左脳全体に宇宙空間から、元右脳の世界を作らせないからだと知らせるものだ。
これを持って、左脳全員が理解できるだろう。というもの。
つまり、今、日本に手を出している国の国民も、これを持って日本から手を引く事を承知するものである。
日本から手を引く事を承知しなければ、左脳が地獄を見るのだから、当然、手を引く事を理解するだろう。



日本の政治家よ
日本人が、これを知って、どちらを日本のトップに選ぶかは簡単に分かるだろう。



各国の首脳へ
この確認が出来たのだ。これを国民に知らせれば良いだろう。
ただし、物理的に進んだものは、元に戻せない。
俺が頭に教えただけでは、国民が納得しないと思い、了承しなかった。
だが実際に、戦争下のような事が起こり、俺が言っている事が本当だと分かった。

この状況を変える為に、元右脳の世界を作らせるべきだと各国の首脳で認識した。

進化を人間が見るのは初めての事であり戸惑いを隠せない中、自分たちと異なる人種を認識したが、様子を見てから出ないと、世に出す事が自分たち(左脳)を脅かす存在になるかも知れないと考え、すぐに出せなかった。
これは、左脳を守る為に行った事である。

俺の賢さが異常だった為、恐れる事は仕様のない事だと認識している。
ただ、俺の言った事と、現在の戦争下の状態が一致している事から、元右脳の世界を作らせる事が一番の解決方法だと信じている。

俺を常に監視していた事。世界の学者と共有し研究をしていた事。を証拠として提出する事で、慎重に様子を見ていた事が各国民に証明される。

恐竜の絶滅から、物理的な出来事の段階が進む恐れがあり、早急に判断できたと思っている。


20/06/14
左脳は導き手を失った


俺が無理をして、ある程度の給料のところで働いていたのは、反射させない為だった。
お金というのは、簡単に言うと、空気であり、酸素である。

酸素が薄くなると、動きが鈍る。
分かり易く言うと、重力が増した状態であり、本人が10の動きをしていても、外から見れば10未満である。
物理的な反射もあるが、想像的な反射もある。

つまり、俺は、もう上手く導く事が出来ない。
12日の投稿の、しっくりこない意味が、これであった。



左脳の圧力で意味ある給料のところで働けない訳だから、その影響が出ても左脳の自業自得なので気にかけてなかったが、導く所に影響が出るとは。
要は、今まで10言えていた事が、5とか、7とかになり、左脳は、そこにスキがあると思ってしまう。

導いて貰えないとなると、自力で突破するしかないが、今の左脳に自然を突破できる力量がない。
つまり、左脳はお手上げ状態になる。

これは、そのある程度の給料のところで働かせれば元に戻るものでもなく、給料を上げても意味がない。
ただ、単発で復活させる事は出来るが、億単位になる上に、意味があるとも言えない。



上手く導けないのだから、投稿は、これで最後になると思う。



20/06/17
日本を俺にあけ渡せば、すぐにでも元右脳の世界は作る


俺(右脳という種)が日本で生まれ育った。という事は、日本で元右脳の世界を作らねばならない。
今の状況を打破する手立ては、元右脳の世界の中にある。
なので、元右脳の世界を日本で作り、今の状況を打破できる力を元右脳は、その世界を成長させて得なければならない。


世界各国が日本を手放す事は自然が決めた事であり、誰が悪い訳でもない。


左脳の選択肢は決まっている。
このまま地獄の中、滅びるよりも、日本を元右脳にあけ渡し、今の状況を打破する方が得だからだ。



20/06/18
俺が左脳が選ぶ左脳が困る道を手伝う事は一切ない


次の時代に適しているのは進化した元右脳である。
左脳は次の時代に適応しきっていない為、俺は、左脳に少しでも良く生きられる様に導いてきた。


俺の導きは、理論でその有効性を示し、結果的にも実証できている。
実際に左脳が進んだ道は、左脳が選んだ道であり、俺の導いた道ではなく、左脳が困る道であった。これが、実証となる。

俺の導き = 左脳が得する道
左脳が選んだ道 = 左脳が損する道
次の時代に適応している俺と、適応していない左脳とで、この差が出るのは自然な事である。


北朝鮮を今、俺が何かする事は一切ない。
なぜなら、左脳が選ぶ道は、左脳が損する道であり、俺が行うに相応しくない事だからだ。



左脳を導く事が出来なくなった以上、左脳は自らで自然の世を乗り切る事になる。
それは、左脳が選んだ道であり、左脳が困る道になるが、俺の言う事は元から聞かないんだから、特別、変わらないと思っている。



左脳が邪魔をしていて、元右脳の世界は作れない。
左脳を導く事は、もう出来ない。
そして、実際での俺の有効性は残ったままである。
だから、俺の事は、もう放っておいてくれ。左脳が滅びるまで疑似左脳として静かに生きる。
俺の選ぶ道は、少しでも左脳が得する道である。つまり、俺が静かに生きるのも、実際で俺の有効性が残っている為、左脳にとって得する事である。
元右脳の世界は、その時がきたら、勝手に作るだろう。左脳が、それに乗っかるなら、勝手に乗っかると良い。俺はもう導く事は出来ない。



20/06/21
ことわり


左脳の世界が潰れて行く中、道があけば俺は勝手に行動するだろう。
でも、他の元右脳は障害者のままであり、他の左脳が権力者と同じ時間、または、それ以上の時間、渋る可能性も否めない。

俺は、魔法が使える訳ではない。



20/06/23
導く事は出来ない


左脳は最後なんだ。楽しむと良い。



20/07/04
アップロード


アップロードの邪魔をするな



20/07/16
悔いの残らぬよう


冥土の土産に究極の理論を拝ませて見せましょう。

格の違いどころではない、ひれ伏す事しか出来ない事を思い知る。



究極の理論で、内の世界が外の世界と交わった。とある。
つまり、俺が内の世界のままで、俺の力を外の世界の者に使わせると、内の俺が、左脳の世界を飲み込む。または、乗っ取る事になる。
これは、俺が左脳の世界を放置して滅びるのと同じ事が再現できる。
要は、時間を短縮できる。という事であり、左脳が、どうしてもと望むなら、出来ない事はない。

俺は、民意に沿う。と言っている為に、様子を伺っているだけである。


大多数の左脳が速く滅びる為に、今のまま手を出してくれ。と言うのなら、俺は世に出ないまま手を出しても構わない。
俺が俺の幸せを選ぶなら、放置するよりも、今のまま手を出した方が良いのは当然である。
前にも言ったが、左脳が選ぶ道は、左脳が困る道である。



これと違った道をたどるには、俺を世に出すしかない。
それは、俺が先導する事も意味するので、日本のトップになる必要が出てくる。
要は、日本のトップにならないまま手を出しても、左脳が滅びるのが速くなるだけである。

これは、俺が乗っ取ろうとするのではなく、自然と乗っ取る事になるので、あしからず。



俺の力は簡単に扱えるものではない。だから、世界一賢く、何時でも正しくなければならない。



20/09/22
サバイバルは始まっている


右脳の世界を作り、それに伴う左脳へのアプローチ(干渉)は、サバイバルの為の準備期間であった。

二つの思考が要る理由に書いてある様に、叩き合うのではなく、競い合って貰わなければ、この世は後退する。
要は、アメリカの様な振る舞いは、実力を後退させる。という事である。
例 中国のTikTokを奪うようなやり方。

ただ、一つの世界を進める上で、最後の方は、だいたい、馴れ合ってしまう。
所謂、賢いという行動が、これを成してしまう。
例 人脈


だから、進化を使い、循環を促されるのである。
つまり、右脳を育てる期間。それに伴う左脳への干渉の期間を経ると、それまでの持ち手は、そのままだが、一から競い合う事になる。


宇宙空間が、人間の世界に攻撃してきた時点で、左脳への干渉期間は終わっている。
そして、宇宙空間の攻撃が日常化する時点で、左脳を育てる期間が終了する。
つまり、準備期間は、既に終わっている。


要は、サバイバルの参加資格を持っているのは、現時点で俺だけである。
ちなみに、サバイバルの参加資格を持たない者は、哀れに死んで行くだけである。
右脳であれば、自然の中で育つ事で、サバイバルへの参加資格を得られる。
だが、左脳は、一生、サバイバルへの参加資格は持たされない。なぜなら、今の時代に適さない性質だからである。



20/11/09
本当のアホでは生きられない


こっちは一人だ。
俺を除く全人類が俺に甘えてんだ、俺の身体が持つ訳ないだろ。

全人類よ。甘えた代償だ。このまま地獄の中、死んでくれ。



20/11/14
勘違いしているんじゃないか?


これまで俺が言った事を思い出してくれ。

俺は、左脳に対し、ミルクをあげたり、オムツを変えられる。とは言ってない。
次の時代に行く為に努力をすると言うのなら、その補助が出来る。と言っていた。

左脳は、右脳との共存を拒否し、次の時代に赤ちゃんのまま行けると思っていた。だが、そんな訳もなく、自然に合わせ、ちゃんと動いていた俺だけが力尽きた。というだけの話だ。


困った顔をすれば助けてくれると思ったか?それで助けて貰えるのは赤ちゃんだけだ。
大人になったなら、自分で動くんだ。
左脳の誰もが、それを出来なかった。
地獄の中、死ぬのは当然だ。



左脳の次の時代のスタートは、俺(右脳)を世に出すところからだった。
全人類が、それを出来なかった。

俺に出来るのは、スタートを切った後の皆の補助だった。
それをさせる事なく、終わらせたのは他でもない左脳の実力だ。



20/11/15
生きる(普通)か?  死ぬ(地獄)か?


自然的に、実力で、生きられるかどうか決まっている。
俺でない、他の人の実力だと、その人次第になる。
俺を除く全人類が、何も出来なかった。
全人類が、地獄の中、死ぬ方向の行動を取ったんだから、当然、地獄の中、死ぬだろうな。


アメリカの闇、闇と言っているが、潜む場所を無くして、どうするつもりだ?
全員を影寄りにして、どこに潜められるのか?という事。
影は、本物に隠れて、くすねるしかない。という事。

俺は全人類を導けるとは言ったが、全人類のおもりを出来るとは言ってない。
全人類を次の時代に行かせなくすれば、導ける事はない。
次の時代に進もうとする者を導くのだから。


全人類が、自分の意思で地獄の中、死ぬという方向に進んでいて、「不安」は一つもない。
それは、不安ではなく、安堵だ。
死ぬという事が不安になるが、自ら死ぬ方向に向かっているので、気がかりはない。という事。

何度でも言おう、俺は、次の時代、生きようとする者を導けるのであって、死ぬ方向に進む者を導けやしない。それが他人に仕組まれたものであっても自分(その人の実力)で進んでいるのに変わりがない為、導けない。


まず、影は本物に勝てる能力がないから、本物ではなく、影だという事。
そして、この世の仕組みを創った神が、影程度に馬鹿にされる様な仕組みを創ると思うか?
影が何をしようと、本物でなければこの世は生きられない。という事。
今回の件は、進化という人類が間近で見た記録がない事象だ。前例を見る(調べる)事は出来ない。



20/11/16
影が本物の地位の総理大臣になれば、どうなるのか?

この有事での、安倍元総理、最大の政策はアベノマスクである。
国民の誰もが必要としていなかった。
これでは、国は潰れるのが分かるだろう。

国を潰して、影は、どうやって、おいしい思いが出来るのか?

本物の地位に本物を置くから、影は裏でおいしい思いが出来るのである。
俺が言った、俺を崇めろ。というのは、そういう意味も含めてだ。


いちいち全ての説明をしろ。と言うのか?
崇めろ。というのは、宗教のように崇めろ。と言っている訳ではない。

俺をないがしろにしている様に、雲の上に置いておく。
どうせ、一人で生きている訳ではない、現在のように全員が死ぬ方向に進めば、そうなる。
つまり、壁を一つ隔てて相手するくらいが丁度良い。という事。

俺を蚊帳の外に追いやった方が、やり易いだろう?違うか?
その上で、本物の地位につかせる。というやり方だ。

俺はおもりをすると言っていない。導けると言っている。
つまり、俺が解いた理論を用いて議論をするのは、全人類だという事。
事は全員の実力にひっぱられる。

あなたの、頭が悪いのを、俺に押し付けるな。


そして、自然はいつ何時でも動いている。人間の都合で動いていて、どうなるかは理解できるだろう?



本題
本当に普通に死ぬ方向に進みたいなら、アメリカの時間で良いだろう今日までに、俺を世に出せ。
そうする事で、次の時代を進もうとする(本物寄りの)者が出てくるだろう。
何もしなければ、当然、何も起こらない。

このまま地獄の中、死ぬのか?
抗うのか?
今日の行動が、全人類の意思(意志)になる。
俺は、それを尊重する。と言っても、俺の体は限界だ。だが、居ないよりはマシにはなる。



20/12/03
世にも奇妙な物語? 本当にあった怖い話?


俺を除く全人類が、俺に甘えてくる。というのは、普通、恐怖でしかない。


詐欺や銀行強盗などは、真っ当に働けない甘えた者が行っている事は否める事が出来ない。
そして、甘えられた方は、いつでも辛いのである。

俺を除く全人類の甘えが回り回って、全て俺のところにきている。

コンフィデンスマンも甘えではあるが、コンフィデンスマンは悪党に行うと聞いていた・・・。
自分を除く全人類に、毎日、朝から晩まで、あらゆる手立てを使って、自分に甘えにこられる。というのを想像してみてくれ。
世にも奇妙な物語でなければ、あり得ない。 だが、これは、本当にあった怖い話である。

(遊び心で投稿したものです。)



20/12/23
右脳が左脳に下った模様のサンプル取り完了のお知らせ


正義を使うのときに、借りをお返ししたものは、右脳の補助である。
つまり、左脳自体がやる事を奪ったものではなく、左脳自体がやるべき事の補助であり、左脳が動かなければ、掛け捨てになるものです。
なので、右脳の補助は、ソフトバンクが活かせなければ、そこで終わるものです。簡単に言えば、左脳と右脳の関係上、右脳は左脳の世界に手を出せない。(月が地球に降り立ち、地球として動けないのと同じ理屈です。)



そして、NTTドコモでも、補助をしています。

つまり、俺が、どれだけ賢かろうが、左脳(馬鹿)が支配したままだと、今の様に携帯料金の値下げが激化します。


この実証実験を経て、俺が左脳に下っても、左脳の馬鹿は止まらず、左脳の世界は終わる。というのを立証した事でしょう。



これにて、左脳が俺から知識を奪っても、ほぼ無意味だという事が分かったのではないでしょうか?
それでも、アメリカが馬鹿をやり続けるのであれば、アメリカは学習能力を失ったと言えるでしょう。



21/01/08
左脳を説得するのは諦めた


ドラゴンボールという有名な漫画がある。
世を支配しようとする極悪フリーザは、悟空との戦いに負け、命乞いをする。悟空に助けられたフリーザは、すぐさま悟空に攻撃をしかけるも反撃にあい木っ端微塵にされる。


アメリカは、世界を支配しようとするも、逆に世界を滅ぼす事になる。そのときアメリカは、中国の天安門事件での日本や各国の対応を例に出し、アメリカに制裁を加えない様に頼み込む。
そして、俺は、世界各国横一線で進める提案を出す。アメリカは、その提案が確定したと勘違いして、アメリカに率先して手助けしているイギリス、フランスと共に、俺に攻撃を仕掛けてきた。
世界が良い方向に行く提案を破棄してまで攻撃してきた、アメリカ、イギリス、フランスには、制裁を与えないといけないだろう。

全ての国が、瀕死の中、新たな力を手に入れなければならない時期に、アメリカは、自分で頑張ろうとせず、次期大統領が不安だからと俺にアメリカの面倒を見ろとまで言ってきた。
日本をどうにかしないと、日本の右脳の動きが見られない為、世界が困る。それはアメリカも同じ事である。
頑張る事をせず、足を引っ張るだけの国アメリカ。
世界を酷い有様にして、自分は頑張る事もせず良い生活を送りたい。そんな事は、この世の仕組み上、不可能である。



俺は、俺を崇めるように言った。
患者に一番効く薬は、そこに医者が居る事だ。
それと、嫌っている者の言う事は聞かないが、崇めている者の言う事は聞く。つまり、100人中1人が新たな時代に向けて頑張るのと、100人中99人が新たな時代に向けて頑張るのとでは、成長スピードが大きく異る。
殆どの人類が俺を崇めれば、俺を殺す事は不可能と言え、俺が、これから作ろうとしている家族にも手出しは出来ない。

神は頑張った者には、相当のものを与える。という事。

神を嫌うアメリカには、一生、理解できないかも知れない、神という存在を。



左脳を説得はしないが、121までは待つだろう。
次の時代を生きたい国は、国民に俺の存在を知らせれば良い。

アメリカが日本から手を引くかが問題となるだろうが、これは、左脳の問題な為、右脳の俺が口を出す事はない。

左脳が生きたいか、死にたいか、そこが焦点となるだろう。



ちなみに、極悪フリーザは、天罰をくらった後、努力をして新たな力を得たそうだ。



21/01/13
この世は正しい事をしなければ生きられない


俺の親に手を出している奴がいる。


例えば、俺が親の言う事を聞き、左脳をほぼ壊滅状態にしたとする。
つまり、俺の親は、全人類を敵に回す事になる。
たとえ俺の親が生き残ったとしても、すぐに殺されるだろう。その上、人類に一生、恨まれる事になる。

そうならない様に俺は親を止める必要があり、俺が親の言う事を聞く事は絶対にない。



俺の親に手を出すな。と言っておいたはずだが?



21/01/14
別に左脳を説得している訳ではない。

俺の親は俺の言う事を聞かない。


この世は、固体実体と液体実体の規律(神)と、気体実体(実態)の自由(悪魔)の二つに分かれる。
神側に付けば、厳しいが落ち着いた暮らしが出来る。
悪魔側に付けば、楽だが、極悪非道を掲げたどんな悪党でも、一生を怯えて暮らさなければならなくなる。
実際、「自由は甘い」と言っていた悪党は、今、怯えて暮らしているだろう。

学術的に言えば、規律は安定を司り、自由は不安定を司る。


俺の親は、俺ではなく、悪い奴の味方に付いた。だから、一生を怯えて暮らす事になる事を俺は知っている。
俺の言う事を聞かない親が選んだ以上、この、この世の規律を阻止する方法はない。

左脳の多くが、悪い奴の味方になっていて、楽だが怯えているんじゃないか?
悪魔側に付いた者の、平穏は、まやかしでしかない。


俺は何もしないで、神の加護を受けている訳ではない。という事。



21/01/18
時間がない今こんな事を書いても殆ど意味はない。左脳が生きたいか、死にたいかだけである。


一年前に俺の言う事を無視し、現在、世界は酷い有様になっている。
そして、自然というのは、身を持って知る事になる。フグを毒処理しないで毒のある部分を食べれば死ぬ。
つまり、現在は、俺の大脳での教え、自然による小脳への教えを、左脳は受けている。
ちなみに、脳幹への教えは、死を意味する。

つまり、左脳が、121で、死の方向を選べば、次は脳幹への教えがきて、死ねる。



左脳が、俺に対して掛けたい圧力は、自然の流れである進化があろうとなかろうと、今まで通り馬鹿をしたい。といったところだと思う。
当然、無理である。
自然と人工では少し異なるが、商売をしている者なら良く分かると思う、進歩しなければ取り残され、果ては終わっていく。
当然の事だが、進歩する。という事は、今まで通りにはいかない。
もう一回、言うが、自然の場が変わっている為、今まで通りは出来ない。


そして、簡単に言えば、左脳同士なら、嘘を付けるが、左脳と右脳となると嘘は付けない。
例えば、自分になら嘘を付ける。許すのは自分なのだから。
だけど、他人に嘘を付いても、実際が伴っていなければ、嘘は付けない。バレれば余計に面倒になる。

世界が酷い有り様になっている以上、嘘は付けない。
また、権力者が俺にした事に対し、俺が弱っている為、俺が何かをするときに、その影響が出る。嘘を付けば、俺が大した事がない。となり、誰も言う事を聞かなくなるので、これも嘘を付けない。


取り返しは付かない。と教えているにも拘らず、馬鹿をしたんだ。「諦めろ」としか言いようがない。



前に、俺が教えた事に対し、知能が低ければ、自分の知能レベルで考えられる途中の式(内容)に戻る。という事を言った。

どこの国かは忘れたが、コロナに対し、何も対策をしない国がいる。これは、コロナに対し手を挙げ、自分のレベルでの生活を行った。という事。
言うまでもないが、コロナにやられたい放題になるだけである。

進化を世に出せなかった。というのは、進化に対し手を挙げた。という事。だから、現在、左脳の世界は、やられたい放題で酷い有り様になっている。

コロナや進化を無視し、権力者の行おうとしていた予定に戻れば、当然、それらに手を挙げた事を意味し、このまま地獄の中、死ぬだけである。



・ 今まで通り馬鹿をしたいなら、このまま地獄の中、死んでいく。
・ 生きたいなら、今まで通りの馬鹿は出来ない。

左脳が、本当に生きたいと言うのなら、俺の言う通りにするしかない。
俺は俺の思い通りにする。と言っている訳ではない。この世を解いて、導いている。



もう一つ書くなら。

権力者に良い事がなければ、権力者が動けない。と言いたいのだろう。
別にこの世は動けなければ動かなくても良い。それが自然の習わしである。

左脳に左脳の生き死にの権限がある。という事は、権力者が悪い事をして身動きが取れず死んで行くという権限は左脳にある。
この世は、左脳自ら蜘蛛の糸に絡まり死んで行っても、左脳に左脳の生き死にの権限があるから良いよ。という事。

何回も言っている様に、正しい事をしなければ、この世は生きられない。
つまり、宝くじに当たらなければ生きる行為が出来ないなら、死ぬしかない。
(悪い事をして生きる事は、宝くじに当たって生きている(たまたま捕まらない)、というだけの話だ。)


前にも書いたが、この進化は、持ちてはそのままだが、一から「よーいドン」である。
つまり、権力者は、悪い事をして、持ち手を悪くした。というだけ。


そして、左脳が、このまま地獄の中、死んで行っても、右脳や自然、神にとって、何一つ困る事はない。
だから、左脳の生き死には左脳に権限がある。

生きる潜在能力は左脳にもあるのだ。本当に生きたければ、努力をして正しい事をして潜在能力を発揮して生きて行くだろう。
この事は、右脳や自然、神には、何一つ関係ない。なぜなら、左脳の生き死には左脳に権限があるのだから。



   お知らせ(国内)  

19/11/17

天皇制

人類が、まだ人類を続けたく右脳の思考を受け入れたときには、天皇制は廃止させて頂きます。
また、天皇陛下や皇族の方々には、一般人に戻って頂きます。

自然現象の結果、人類を導ける力を僕は頂きました。
国民を統治、導く指導者は、一つでないといけません。
人類を次の時代へと運ぶ為に、致し方のない事であり、ご了承お願い申し上げます。

僕は現在、差別化されている為、直接お伝え出来ない事はご理解をお願いします。



19/12/26

人類の最後の選択

人類の進行速度と自然の進行速度の差
自然は人類を絶滅させる速度で動く訳だから、現人類の(考えや動きの)最高速度でも自然の速度には全く敵わない。
つまり、現人類が、どう動いても、人類は余裕で絶滅できる。

政治 来年の秋に解散か?
これは、来年の年始からオープンする店が、来年の秋に従業員を集め始める。と言っているくらいのバカ発言である。
速度の話ではなく、意味のわからなさを示している例である。速度は計れる域のものではない。

僕が止めていた人類が生きられる生命線が既に切れている。
これは、人類絶滅の進行度合いである。

簡単に言うと、食べても食べても、食べた瞬間に食べ物が消える。ような事である。(破けたポケット)


生命線を守っていたなら、そのまま人類が生きられる方向へも行けた。
だが、
生命線が切れた以上、破けたポケット期間の損害分を埋めなければならない。


二つは出来ない。

つまり、破けたポケットの修復と、バカな動きから生命線を守る、の二つは出来ない。
これは、体力的にも出来ない様になっている。



今、人類が生きられる道はたった一つである。

俺が、修復と同時に人類が生きられる道へと進めるのみである。


もちろん、いつでも出来る訳ではない。
生命線が切れている以上、今日にでも俺を世に出し、日本を俺に預けるしかない。


俺の次の就職先が、派遣であれば、俺は、そのまま人類絶滅を受け入れ、何もしない。
俺がやらないのではない、もう人類が生きられる道がないのである。
もちろん、就職先が無くても、同じ事である。(俺が日本を預かり世を動かす以外、人類が生きられる道はない。ということ)



人類が絶滅を選んだのなら、人類は無限の自由を手に入れられる。
何に縛られる事もなく、自分の好きな様に生きると良い。
どうせ人類の歴史は、雲のように何もなかった様になるのだから。



19/12/27

俺を無にするやり方は二つある。
・ 俺を殺す。(物理的に殺す)
・ 俺を物理的観点と想像的観点から無視をする。(想像的に殺す)

つまり、右脳の思考を世に出さない物理的観点からの無視と、能力を制限させて俺に想像的にも意見を出させない無視を同時に行うと、俺をこの世から消したも同然と出来る。
物理的でも想像的でも、殺せば元に戻る事はない。
(想像的の場合は、俺を無にしている間に、無茶苦茶をやる訳だから、俺の能力復元、自然の状態の二つの観点で、修復不可能にされると元に戻らない。ということ。)


優劣がある。

人間が、人類を絶滅させたいなら、現人類が優性になる。
人間が、人類を続けていきたいなら、俺が優性となる。

つまり、神の使いも、導きと反対方向に行きたいと言われれば、面目丸つぶれである。



20/01/15

俺の優しさは、どうやら、ここまでみたいだ。
普通の流れでは、来週の月曜日には働く事になる。
つまり、期限は、20/01/19になる。
あとは、自然が絶滅という厳しさを見せてくれる。


20/01/19で終わらすか、俺を世に出し延長させるか。



期限の延長は出来ない。
期限を延長して、俺が能力を失っていたら、誰が責任を取れる?誰も責任は取れない。



20/01/20
天皇制・政治家

もう俺の手に負えるレベルでない。
だから、俺が手を出す事は二度とない。
つまり、天皇制、政治家が、俺の手によって無くなる事もない。

俺が手を出さない事は絶対だ。
人類全員、最後だから、バカやって死んでも良いと思う。



20/06/28
左脳が左脳の世界をどうしようと俺はどうでも良い

俺を世に出さない行為は、宇宙空間に、次の時代を受け入れない。と想像的に抗議している。
俺に日本をあけ渡さない。という事は、次の時代に行かない。と宇宙空間に対し、物理的に公言している。

主に、その二つに対し、宇宙空間が左脳に攻撃している。


これを見て分かる様に、俺には何一つ関係のない事である。大事な事だから、もう一度言う、俺には、あらゆる意味で「何一つ関係のない」事である。



20/07/04
語りかけ

今では意味のない話をする。
俺が政治家を廃止する。と言ったら、それは相談をする気にもならず、反発するだろう。
だが、これが差別をせずに、俺を世の中に出した状態で、俺が政治家を廃止する。と言えば、政治家は当然、相談をしに来るだろう。
差別した事により、相談する機会を失わせたのは、俺ではなく、左脳である。(差別した事による効果を知らないとは言え、悪い事をすれば悪い事が帰ってくる事は幼稚園、小学校で習える。差別が悪い事だという事も小学校で教えて貰える。)

都知事が小池氏に変わったときに起こった事だが、それを分かった上で事を成すものであり、状況などにより良い事、悪い事は変わる。
真面目も度が過ぎれば迷惑。と言うように、良い事が何時でも良い訳ではない。
今になって、それが悪い事であり、それを表に出しても、問いただし、さらし者にする事ではない。

俺も、それを相談されれば、余程の事でない限り、それを問いただす事は出来ない。と答えただろう。(余程は後に例を出します)
俺の思考が、左脳の時代では悪い事になる。という様に、次の時代では、左脳で良い事は悪い事になるのだから、それは裁判でも勝てる話になる。



日本では、自然由来での主導権の入れ替わりなので、主導は左脳の手に追える事ではなく、潔く去るしかなった。



コロナが左脳の手に負えない進化によるものなら、の話をする。
(何らかの専門家なら理解できると思うが、推測は出来るが、事が終わらなければ、絶対とは言えない、言わない。 心当たりは在るが理論までは出していないのであしからず。)

今では、財源もない、実体経済もマイナスに進む、そして、手も無くなった。
ここまでなら、政治家は損害賠償の裁判で済むだろう。

だが、ここを超えたら「余程」の事であり、政治家、政治家の関係者、それらの家族などは、良くて刑務所暮らしである。
倒産に追い込まれたり、食えない状態の人も多く出てくるだろう。
その憎しみは、当然、政治家に向く。
事件を起こさせない事を理由に政治家、政治家の関係者、それらの家族を刑務所に入れ、損害賠償で財産没収という結果になるだろう。


政治家自ら、俺を世に出すチャンスは、今を除いてないだろう。
政治家が追い込まれるのは、差別をした事による効果であり、それを俺が何かする事はしない。



世には、俺自ら出るべきだ。という反論はあるだろう。
俺は、各国の首脳に知れ渡るまでの存在になっている。
つまり、世には出ている。

俺が一人ずつ、話をして理解させて回っても、時間は死んでも足りず、結果は今と同じになる。
さらに、精神科医が邪魔をしてきた様に、俺の言う事をデマ扱い出来る。先人が有利なのはご存知の通りであり、俺の事を世界で騒がせないようにさせて邪魔をする事も容易だろう。
つまり、俺の出来る事、左脳の出来易い事があり、逆に、俺に出来難い事、左脳に出来ない事がある。

なので、各国の首脳に知れ渡った事で、俺は、俺が世に出る役目を果たしている。
俺一人で全部をやるなら、左脳を滅ぼして元右脳の世界を作る事を言うのであしからず。



20/07/17
GoToキャンペーン

絶対に俺に頼る事はないと言うのなら、無視して貰って構わない。
今すぐに、GoToキャンペーンは撤回。

金はない。感染も多い。では、どうにかするにも時間がかかる。
これは、世界に関わる。
日本が手間取れば、外国に手を出すのが遅れる。
世界が、絶対に俺に頼らない。と言っているのなら、好き勝手やれば良いが、そうでなければ大馬鹿はもう止めとけ。



ただ、止めたからと言って、交代無しで俺が何かする訳ではない。
手がないなら、さっさと降りるしかないだろうな。



20/10/03
日本学術会議

日本学術会議は、政府の決定に「はい、分かりました」と言う以外に何がある?

YES or NO で正解、不正解が出るのは、政府側だけだ。
日本学術会議(学者)側に困る事は何一つない。

学者なら、自分で勉強して下さい。
簡単な内容だが、一応ヒントを出しておこう。地球と月の関係(満ち引き)。磁石のS極とN極。
普通、勉強は、自分の専門分野と自分に要るスキルが必須項目になる。



20/10/05
素人の為の補足 政策の提言
政策の提言を政府が左右する。に、その人の意見を却下する。が入る為、別に、提言前に却下しようが同じ事である。

では、それで、その考えられたはずの政策が腐るかと言えば、別に腐らない。
政府は政府。学者は学者。


要は、目に見えなかった事が、目に見えた。というだけの話で、それは、元々そういう形なので、政府側と学者側はいつもと同じ事。
目に見えた事で、政治家と有権者の間で問題が出たので、有権者は、その政治家や与党を落とせば良い。



20/10/13
GoToイート

わざわざ俺が言う事ではないが。
絶対性と相対性。という基本が出来ていないだけ。

絶対性は0から。相対性はパーセンテージ。

2000円以下は半額のポイント。2000以上から1000ポイント。
サイトの手数料は、売上金額により異ならせる。

こんな事では、学生に笑われる。



GoToトラベル

6000円以下は、お客に1000円を支払わせる。
6000円以上は、5000円の補助。
そして、高いお部屋には別でパーセンテージでクーポン配布。

地域活性化の目的な為。



ちなみに、イートの方でも、高い金額では、生産者応援クーポンを配るなど出来る。



ただし、俺は、現在GoToを勧めている訳ではない。



20/10/21
俺はどちらでも構わない


左脳は右脳が出てきた事を止めていた。という事。

今の人間が作った仕組みで、事を動かすのは、道理でない。

この世が人間に合わすのではない。人間がこの世に合わさないと酷い目に遭う。


つまり、いつ解散するかを、人間の思惑で行う事は出来ない。



選挙を行うなら、各政治家を選ぶか、俺を選ぶかになる。
もちろん、俺より上回れば、その党が与党になる。そうなると俺が手を出す事はない。
つまり、そうなると同時に左脳が、このまま地獄の中、死ぬ権利も得る事になる。
(俺が選ばれた場合、政治家という職業を廃止する為、今回の選挙で選ばれた方も落選したのと同じ事にさせて貰う。)



ただ、政治家は、この選挙に負けると、全員を刑務所に俺は入れる。
政治家に味方している者たちも、ただでは済まさない事は頭に入れておいて下さい。

簡単に言えば、俺が日本のトップにならなければ、自然に追い込まれる。
俺が日本のトップになれば、政治家、政治家を援護してきた者のみ、俺が追い込む。

メディアなど皆に発信する場合は、誰であっても気をつけて発信すると良い。



20/12/18
NTTドコモ


売上が減れば、経済は悪くなる。利益が減れば、雇用も減る。



俺が日本のトップになる様な事があれば、NTTドコモには、希望通りのペナルティを課すだろう。


毎年、利益の半分の課税を上乗せしていく。
例えば、1万の利益なら、5千の課税を追加する。
次の年は、課税を追加していない前年と変わらない売上、利益なら、5千の利益となるので、そこから、さらに半分の2.5千の課税を追加する。
事実上の倒産になるだろう。


徐々に税負担を加重する事で、社員は時間に余裕を持って、転職できる。
もちろん、お客さんも、時間に余裕を持って、他社に乗り換えられる。
他社も、時間があるので、受け入れはスムーズに出来るだろう。



故意に経済を悪くして雇用を減らす会社は要らない。
特に経済が著しく悪化している時期に、故意にやるというのなら、お灸を据える必要が出てくる。
もちろん、事業を売却したとしても、前身がNTTドコモであれば、同じ様にペナルティを背負ったままにさせる。
つまり、必ず解体させる。そうでなければ、お灸を据えた事にならない。
国民の意見も一致するだろう。



20/12/21
ハニートラップ


表に出たとき。全員が蜃気楼だったとしても。気にしない。気にしない。決してだ。



20/12/22
簡単に言えば、
保険を得ても、悪い事をすれば、当然、罪悪感は生まれる。

ここで二つ
・ 精一杯の良い事をする。(元気付ける、等)
・ 自分の気分で、相手をする。(相手に合わせない)
これらは、蜃気楼という保険を得ているときに有効な手です。

ただ、ハニートラップなのか、ハニートラップを外したものなのか、見分けは付かない。
なぜなら、挙げた二つは、ハニートラップを仕掛けるときに使う手だからだ。


蜃気楼とは
どこかの光景が、実在する地点から離れた場所に幻として現れる現象。

つまり、幻(実在しないものが目に見える)という保険なのだから、見分けが付かなくて正解。という事。



20/12/31
終活


俺が、今、世界に向けて行っている事は、避難の誘導にあたる。
水害などで避難しなかった人は、屋根に上ったりしてヘリの救助を待つだろう。

ヘリや自衛隊となるものを、左脳の邪魔により作れていない。
つまり、災害が本格化すれば、左脳が助かる事はない。

俺は左脳を見捨てるというよりは、左脳の手により左脳の希望で見捨てる道しか用意されていない。と言え、もちろん、今から、ヘリや自衛隊なるものを作る事は時間的に不可能である。



例えば、俺がジャガイモの種芋を作る係だったとする。
ジャガイモ農家は、種芋を貰い育てる事は出来るが、種芋を作る事は出来ない。

権力者により、ジャガイモの種芋の供給は絶たれた。
農家は、作ったジャガイモを、そのまま種芋にして育てるしかない。
なので、ジャガイモは、段々と細ぼって行く。



例えば、ライオンという種が、頑張れば、人間は手放しで生きられるのか?
答えは、NOである。

ライオンが頑張っても、ライオンに恩恵があるだけで、人間には殆ど、その恩恵は回ってこない。

つまり、右脳である俺が頑張っても、左脳には殆ど、その恩恵は回ってこない。
左脳自身で、頑張るしかないのである。



(例え)
種芋を食べれば、ジャガイモは育てられない。
つまり、この世には、正解がある。
そして、ジャガイモが食べられなければ、死ぬしかないだろう。

この正解という正しい事を行えなければ、「生きられない」というのは分かるだろう。

今、世界の権力者は、正しい事をしない上に、国民にも正しい事を禁止している状況である。
これでは、生きられる事はない。



全員が頑張れない左脳は、死と向き合い、今の天国という状況で悔いの残らない様に死ぬのを待つしかないだろうと思う。
(俺が言う天国という状況は対自然の話であり、緊急事態宣言など人間の行う程度の事では、まだまだ天国な状況だと言っています。)
(もっと分かり易く言えば、自然は人間が左右する事を出来ない為に難しいが、人工であれば人間が左右できる為に簡単である。)

ヤフーニュースで、わざわざ緊急事態宣言の事が出てきたから、わざわざカッコの補助を付け足したが、こんな補助は素人に対してなら分かるが、学者などを相手に書くレベルの事ではない。
こんな低いレベルの相手をしていたら、一生かかっても相手し切れない。
だから、死を待つしかないだろうから、死と向き合い悔いの残らないように。と言っています。



   お知らせ(海外)  

19/10/30
England

古河電気工業(株)平塚
イギリスでの予定していた発注が取れないとの事。

耳にしたのは、イギリスが日本との貿易協定を俺が拒否した時期くらいである。
ビジネス的な拒否なら何も言わないが、政治的な拒否なら、俺も、とことんやらせて貰う。

今後、イギリス、イギリスに関わる全てに、一切、手は貸さない。



19/11/05
韓国

元微用工問題

日本が韓国にお金を支払い終わった以上、この問題は、韓国政府と徴用被害者での問題に移行しているものであり、日本は関係ない。

寄付というのは、税金で賄えない場合にお願いするもので、寄付=日本の税金となります。
日本では消費税をあげている上に、次々と税金を取ろうとする動きがあり、その中、日本の税金の位置となるお金を、何もなしに韓国にあげる事はあり得ない。

もし、どうしても韓国が、日本のお金を欲しいと言うのなら、日本の企業と話し合い、日本の企業が納得する形でお金を援助して貰うほかない。
飽く迄、徴用工問題は、韓国政府と徴用被害者で解決する。
そして、別問題として、日本の企業に力を貸して欲しいなら、援助要求で、韓国に興味のある日本の企業と話し合い、日本の企業を立てる形で協力して貰う。
韓国政府と日本の企業との交渉になるので、お互いが得る形でないと交渉とはならない。



19/11/08
北朝鮮  USA

ミサイルと経済

北朝鮮は軍事でなく、経済大国を目指したいのでは?
今する事は、働ける人材を作る事。

ある日本人が、家のローンを返すのに、定年後バイトをしてでも返すしかない。と言っていた。
要は、働かないとお金は手に入らないと認識できている。
一方、投資をして稼ごうとする人もいる。
投資で経済を混ぜる事は出来ても回せない。
簡単に言えば、人類全員が投資家だと、どうなるか?
人間の世界が回らなくなる。
だけど、働き手がいると、人間の世界の人工資源は回る。
つまり、北朝鮮が経済大国になるべく行う事は、働いてお金を手に入れ幸福を手にする体意識を国民に植え付ける事。
頭で認識できていても、動けない人間ならば意味はない。



ミサイルや銃といったものは、使い道がある。
つまり、戦争に使わなくても需要はある。
ただし、技術開発はする必要がある。


進化蓄積というのものがある。
これは、駆け引きも蓄積する。
つまり、わざと戦争を引き起こしている事が通用しなくなるのも時間の問題である。
これは、政治、外交に関しても同じである。

簡単な例を言うと、日本では、投資を国民に勧めている。
でも先程行った通り、投資で経済は回せない。
つまり、経済は衰退の一路を辿る。
要は、国民の戦争や政治、外交に対する意識が薄れ、動けなくなる。


人類の次の時代への道は俺しか分からない。
こうやって道を示しているのは俺の優しさである。
だが、全人類が行動を起こさないなら、人類絶滅は確実である。

俺を知らない人類は多い。その事が次の時代への妨げになっている。
要は、右脳の思考がある。という事を知らなければ、俺の言っている事が意識できなく動けない。
自分で考えたら、左脳の思考内容なのだから、右脳の思考内容を動けないのは、当然の結果である。
さらに左脳が妨げていなければ、ミサイルや銃といったものも今頃、売れに売れていただろう。
自由行為により選択は自由だ。



19/11/17
世界各国

自由意志

人類が次の時代に進むには、右脳の思考を認知し受け入れないといけない。
つまり、各国の指導者は、国民に右脳の思考の存在などを知らせなければならない。
左脳の思考内容で動かれると、人類は絶滅に向かいます。

自然の世界には時間があり、何時でも同じ時間という事はありません。
時間が迫れば迫るほど、状況は悪化し、生きる事がより難しくなります。
それは、人類が「意識できる」刺激を段階的に与えて行くものであり、それは突然、人類滅亡への刺激に変わります。

この世は自由だが、責任は自分(各個人)にある。



日本の開放

僕がこの地で生まれた以上、起点は日本になります。
政治家の廃止や天皇制の廃止を、他の国に強要や要請する事はありません。

思考内容が変われば、当然、文化も変わります。逆に、文化を変えないと、そのまま左脳の思考内容で進む事になり、次の時代へと進めません。

人類が生きたいと願い、次の時代へと進む決意をしたならば、各国は、日本の国民に起点となる動きをする様、圧力をかけなければならない。
日本を世界から開放すれば、あとは僕が日本を導きます。
もちろん、人類を導きます。

つまり、各国は、現在の駆け引き、交渉を僕に行うのではなく、人類(自国の民)を導く為の交渉、駆け引きを僕にしないといけない。
ただし、各個人の責任ある行動での悪化は、僕には関係のない事である。
また、何にでも行う順序があり、その順番は決められているものであり、僕が変える事は出来ません。



19/11/27
USA

在日米軍全撤退

まず、他国に予算を要求した時点で、在中は出来ない。と自然的に教えられている。

一時滞在は出来るが、在中は出来ない。
要因は、気体実体である。

所謂、外来種は、気体実体をその地に捧げている。
だから、基本的に、一時滞在は出来ないが、在中が出来る。

気体実体をその地に捧げていないのがペットである。
だから、お金や手間がかかる。
ペットは、基本的に、一時滞在は出来るが、在中は出来ない。


いちごの品種の種が韓国に流れた件で、その地で育った関係で日本のその品種とは別物になる。と言いました。
こちらは品種改良が施されているので、気体実体と気体実態が関係してきます。

詳しくは、三つの絶対実態と絶対進化 のページをご覧下さい。



在中できないものを維持していても、自国の予算に打撃を与えるだけである。
よって、在日米軍は全撤退をするべきである。

辺野古移設に伴う工事は即刻、中止をするべきである。
なぜなら、無駄に費用を必要とするからである。


トランプ大統領は、日本に滞在している米軍(アメリカ人)を母国に返せる。という大きな手土産を手に入れる事だろう。
経済から言っても、在中が出来ない事なので無駄を省ける。という敏腕振りも自国に示せるだろう。



在日米軍全撤退に伴い、在日米軍に関係していた日本からの予算はゼロとなる。



19/11/27
韓国

元微用工問題

韓国が自国で治められない事は、自滅を示す。

北朝鮮の金委員長は、まだ若い。
指導力は、これから、存分に伸ばせる。

韓国の、その指導力と、俺が手を貸した金委員長の指導力では、どちらが上になるか?
北朝鮮と韓国が一つになる時、指導者は自然と金委員長になるだろう。



19/11/27
世界各国

滅びに進むのみ

上からの方法が消滅しても、下からの方法という様に、ジャンプアップがあった。
でも、下からの方法が最後である。
つまり、この先は、時間が進めば進むほど苦でしかない。

僕が理論を書き続けているのは、幾つもの国が壊滅状態なのを想定している。
要は、最終局面で多くを書いている暇はない。だから、今のうちに書いて時間を作っている。

各国に言う、自国が助かりたいなら、自国の民に右脳の思考をうち明けるしかない。
最終局面で、右脳の思考をうち明けても、焼け石に水である。
そのまま壊滅するのは、言うまでもないだろう。

俺は、前から、俺を世に出すしか、人類が次の時代に行く方法はないと言っている。
そして、俺の理論は、何時でも、それを示している。

人類の、この先は自由を生きて行かなければならない。
自由を生きるのは難しい。
現に現権力者は、自由の中、人類の未来を手に入れる事は出来なかった。だから、現権力者に有利な上からの方法が無くなったのだ。

この自由の中を生きる事を乗り越えなければ、この先へは行けない。
自分がどうするかだ。



19/12/01
韓国

元微用工問題

日本から、どれだけお金を貰おうが、韓国は落ちぶれる事しかない。
それは、既に結果として出ている。

遠回りの道は、韓国が日本にお願いをして、協力して貰う事。

近道は、韓国が、自国で経済を盛り上げる事。
韓国政府が国民とワンチームで、盛り上げる事が望ましい。


今、ここで地盤を立て直しておかないと、地盤が崩れれば、誰も助けてくれない。



19/12/01
北朝鮮

経済

経済は、国民一人一人が回す。
だから、全国民が働く事を出来ないといけない。

スポーツは体を使う。
そのスポーツは、子供から行った方が、それは上手である。

つまり、子供であろうと、大人であろうと、仕事をする事でお金を手に入れられる事を教える必要がある。
要は、仕事をさせるだけでなく、ちゃんと対価のお金は子供でも貰わないといけない。
ただし、お金を上げて働かせるのではない。働いてお金を得るのである。これが大事。

子供に店番をさせ、金委員長が、子供にお金を払うところをテレビで流せば効果は大きい。
もちろん、大人が店番をしているところにも、顔を出し、お金を払うと良い。
その行動が、働けばお金を貰える。という事を老若男女に示せる。
このときに、「働いたから、お金を得られる」と言う事が大切。

子供を働かせる事が悪いのではない。
子供に大人のする仕事をさせる事が悪いのである。
もちろん、年を重ねる事に行う仕事は辛くなるが、対価も上げる。
働く事も勉強になるので、子供を働かせる事は良い事である。


逆に、子供のする仕事を大人がする事は良くない。
それは、楽に繋がり、働いた功績よりも多くお金を貰おうとしてしまう。
実働と給料はイコールでないと、問題を生む。
もちろん、働いた功績より対価が低くても問題は生まれる。

韓国がまさに、それである。
働かず、日本からお金を貰おうとする。
また、日本は働いた功績より対価が低くなる。



19/12/01
世界各国

俺を世に出す

俺を世に出す事は、当たり前に出来る事である。
だが、俺を世に出せない事態がある。
それは、左脳が極端に実力がない場合である。
もちろん、由々しき事態である。

多少なら、俺を世に出せている。
それは、俺が世に出る事によって、成長は目に見えているからである。

つまり、左脳が俺を世に出せない事は、実力が異常な程、低いのである。
もちろん、それを高める事も、俺はやりながら事を進めてはいる。

だが、それは、時間に対応していない事であり、時間遅延による悪化は免れない。
時間の使い過ぎによる悪化は、俺では手の施しようはない。

その場合、俺を世に出して、実力不足分と右脳の思考の力を一緒に手に入れるしかない。
もう一つ言うと、俺は、自然の力で現人類が意識できるまで待つのが正しい。
それにより、助けられない国は出てくる。

左脳に実力がなくても、俺を世に出して実力不足分と右脳の思考の力を一緒に高められる事から、俺を世に出さない事で悪化する事は、現人類の責任である。
もちろん、左脳が実力を上げていない事自体が、問題である事は言うまでもない。



19/12/03
世界各国

俺を世に出す事の大切さ

今の状態で僕が左脳の実力を高める事も、足止め状態になってきている。それは、人数が圧倒的に少ないのが原因である。
それに伴い、自然のCO2による左脳の知能低下と地球温暖化による気候変動に頼り、俺を世に出す意識をさせる事になる。

気候変動では、幾つもの国に打撃を与える。

共存共栄の物理的法則。
イワシの大群を、カツオなどが襲い、最後にクジラまでもがイワシのみを襲う事がある。
これは、イワシの数が増え過ぎて、共存共栄の意で脅威になった為に、皆で協力して減らしているのである。

交渉(売買)というのは、相互作用であり、互いが協力して姿を良い状態に保つものである。
日米貿易協定の様な、明らかに日本が不利だと分かるものを結ぶのは、共存共栄にそぐわない行為である。
つまり、アメリカの様な共存共栄に反している国は、共存共栄の物理的法則に則り、地球温暖化の気候変動により弱ったところを多数の国に打たれるのは確実である。
これは、アメリカに限った事ではなく、特に大国と言われる共存共栄に反している国は覚悟するしかない。
ちなみに、自然の法則と、自然による出来事なので、用心が出来ない。



19/12/03
韓国

韓国微用工問題

日韓微用工問題ではない。
日本は、慰安婦の件でも、韓国にお金は支払い終わっている。
つまり、微用工、慰安婦の二つの件に関して、今は韓国政府と韓国国民の問題である。

韓国が、政府と国民で解決できない事は、韓国が悪く、それを世界に募金してくれ。と恥をさらすのは構わない。
ただし、日韓微用工問題ではない、韓国微用工問題である。

自国以外に頼むと、韓国政府と韓国国民の信用度が無くなるだけで、得は一つもしない。

もちろん、日本は、解決した徴用工に関する事項なので、企業、国民ともに、びた一文出さない。出せない。



19/12/06
USA

日米貿易協定  思いやり予算

日本を開放。というのは、次の時代を日本から作って行くからである。
日米貿易協定や思いやり予算で、日本の経済に打撃を与えれば、もちろん、日本は、その分を抱えながら、次の時代への起点を作って行かなければならない。
つまり、日本の動きが鈍れば、時間が遅れる。という事であり、それにあたり気候変動でアメリカが弱り、アメリカが潰れる事態になっても、それは、アメリカの責任である。

俺が正しい道を示しても、今の日本の政権を使い、a href="t06-economics-00001.html">交渉(売買)の理論に反した事をするのだろう。
交渉の理論に反すれば、書いてある様に、日本に与えたダメージ分、アメリカも自動的にダメージは受ける。
それは、アメリカが行っている事であり、全てアメリカの責任である。


もう一つ言うと、自然の世界では既に新たな意志が出ている。
それは、左脳の思考から、右脳の思考へと変わっている。
簡単に言うと、今まで良かった事が悪くなり、今まで悪かった事が良くなっている。

アメリカの政権が、国民に右脳の思考を教えないから、交渉の理論など、今の時代で良い事が分からない。
国民は言うだろう。
「アメリカが潰れる事態になるなら、なぜ、早く右脳の思考を教えてくれなかったのか?」
「右脳の思考を知り、交渉の理論を知れば、農業を今の形でなんとかしてくれ。とトランプ氏に言わなかった。」

もちろん、常々言っているが、自然の摂理に反した行為で受ける悪い事は、俺では手の施しようはない。アメリカがやってしまったのなら、アメリカ自身がどうにかしないとどうにもならない。



俺が自国の事しか考えていないなら、フランスのルノーに対し、交渉の理論に乗っ取り、持ち株を同じにする様に言っている。
今の時点で、ルノーに、それを言うと、ルノーにとって、フランス政府にとって、左脳の思考で悪い事になる。
だから、俺は、ルノーに対し、フランス政府に対し、そこまで言っていない。
ルノーに起こる悪い事は、日産にもくるが、どちらにしろ立て直すなら、持ち株は同等にしないといけないので、日産には大した問題にはならない。


ちなみに、持ち株は、通常、同等にしておく事が良い。
そして、上手く経営できている方が出てきたときに、そちらを優性にする。
上手い経営に足止めがかかってきたら、同等に戻す。
という風に、動かすものである。


今は、ゴーン氏の手腕に足止めがかかっているにも関わらず、ルノー優性にしていた為に、軸が傾いている。
これは、ゴーン氏が退場した今、時間をかける事で、軸の傾きは戻って行く。
戻ったところで、持ち株は同等にすると良い。
そこから、経営を立て直し始める事が出来る。
もちろん、腕があるなら、今から持ち株を同等にして行うと、早く経営の立て直しに手を出せる。

そして、ゴーン氏の退場の打撃。
足止めがかかっているにも関わらず退場していなかった分が、退場時に打撃として現れる。
これは、もちろん、持ち株が多い(優性にしている)ルノーが悪いのは言うまでもない。
軸が傾いたのと合わせて、今、持ち株を同等にするのは、当然の主張である。
だが、俺は優しさで、そこまで言っていない。



19/12/15
世界各国

神の道標

この世には、指標がある。
例えば、引き出しの中に服を入れられる量というのは決まっている。
引き出しの中に、入れられるだけの服を入れてみる。すると、あるとき、「入れられない」という指標が出てくる。
これは、この世にある、神の道標である。

でも、頭があると、道標なしでも、それを分かる事が出来る。
ただし、頭では、勉強していないと分からない。



今回の地球温暖化は、人類絶滅なので、その道標は当然ない。(参考 左脳を進化させる
代わりに、僕が、そこを担う事にはなっている。
つまり、僕が自ら出るときは、人類がバカをやった最終である。
ただし、最悪のときの道標は、幾つもの国が壊滅寸前、また、共存共栄の物理的法則で地獄を見る国も出ていると予測している。
もちろん、僕は、神に逆らう事はしない。どうせ、上手に行かないからである。

ただし、僕が死ねば、当然、そこを担う事は出来ない。
また、前にも言ったが環境があり、その能力を扱うに相当する環境が僕に与えられていないと力は発揮できない。
要は、僕を奴隷扱いしていると、能力制限により、進化した知能は使えない。



例えば、経済向上の仕方にある、
買う人は、定価で買う。
売る人は、ぼったくらない。
という事を今日するのと、明日するのとでは、辛さが異なる。
金融緩和により、給料はそのままで物価だけが上がっている為、定価で買おうとすると、消費者は今日より明日の方が多くお金を出さないといけない。

これは、経済に限った事ではなく、
今は、人類が絶滅する方向に向いています。
これを、人類が生きる方向に向かせると、内容は異なっても結果では同じ事が起こります。

つまり、今日、人類が生きる方向に行くのと、明日、人類が生きる方向に行くのとでは、その辛さが異なり、明日の方が当然、辛い。


これは、僕の能力でも同じ事が言える。
ある日、突然、良い環境にしても、それまでの悪化がある為、急に転換する難しさが出る。僕を奴隷にするときは人類絶滅を絶対と考えて良い。

僕に対する環境を守っていれば、最悪のときの道標は出せる。
ただし、左脳による干渉が、環境を阻む。その大きな弊害は差別である。
初めから差別などしなければ、上手に事を進められたのは、言うまでもない。



時間が経てば経つほど、現人類から僕を世に出す事が難しくなる。
それは、辛さが人類を襲うからである。
だが、神による道標はなく、辛さに負けた人類には、絶滅が待っている。



19/12/18
全世界の小説家(作家)

この世の行末

人類が次の時代を生きるには、俺が世に出て、物理的に動かないと人間の世はプラスに進めない。
現状、俺が想像的に動いて、生命線を繋いでいる。

・ 現状、権力者は積んでいる。
(19/12/03の世界各国宛のお題 俺を世に出す事の大切さ の内容で積んでいる。)
俺を世に出さないと人類は生きられないが、現権力者は私利私欲を曲げられない。

アメリカの不動産関係者。権力を持っていたある彼女は、折れて引きこもり、一生を終わらせた。
つまり、権力者は、折れない限り、自我を突き通す。それは、この世の理を問わずである。


・ 俺が想像的にも消えて、まだ生き残ってはいる場合。
人類が生きられる生命線が切れているので、猶予はない。



この状況を打破できるのは、小説家(作家)である。
トップページを全て読めば、大体の現状は把握できるだろう。
俺は、物語で言うと、神の使いとなるだろう。

現人類を動かせるのは、現人類である。
つまり、全世界の小説家が、俺を世に出すまでを、物語として書く。
ただし、現実世界(自然の世)で使えるのは、一部分で、ヒントである。
そして、小説は飽く迄、物語である。
つまり、自由が、想像(エンテレキー)が、この世で使えるヒントを産む。


小説家としては、現在よりも、生命線が切れてから、ヒントを産みたいと望むだろう。
欲を言えば、物語通りに動かしたいだろう。
だが、現実では、物語は使えない。それは、現状の権力者の状況で判るだろう。

生命線が切れる。という事は、意識を失う。という事である。
意識を失って、物語を考えられると思うなら、実際に小説家自身で意識を無くしてやってみても良い。意識を失ったままでは絶対に小説は書けない。

これが、自然の世における、小説家の役割(仕事)である。
要は、にっちもさっちもいかない現状に陥ったときは、途方も無い自由を使い、この世でのヒントを得る。
重要なのは、自由である。
何でも書けるからこそ物語である。

この世(自然の世)の時間は止まらない。現状打破を祈っています。



19/12/19
USA



生命線が切れているから教えてやろう。
人類から見れば、俺は有意義な神の使いに見えるかも知れない。

俺は、神から人類を人質に取られている様なものだ。
俺がしくじれば人類は終わる。

そして、俺は、毎日の様に神から命を揺さぶられている。


教えてやったよな。
神の自然の摂理の、摂理を人間が受け継いでいる事を。
神も左脳も、やってくる事の結果が同じだ。


弾道ミサイルよりも、全人類人質の方が強い。
毎日10基以上のヘリなどで脅されても、直接、命を揺さぶってくる方が強い。
USAに従っても、人類は終わる。


そして、人類が自ら、人類の命を絶つ。と言うなら、別に構わない。
俺も神から人類を守るのを心置きなく止められる。



20/01/01
全人類

言いたくもない事

参考  三つの絶対実態 まとめ  この世の創り
自然の摂理(核)があり、先に生まれたもの(気体実体)を、後に生まれたもの(気体実態)が秩序を持って揺らす、という構図は変える事が出来ない。

白人が黒人を奴隷にしたのは、この道理からである。
ただ、黒人から白人へと繋ぐ間に、下手に繋いだ結果、奴隷行為を行うに至っている。
下手に繋いだのは、エジプトのピラミッドの歴史からも垣間見られる。
それらのツケが俺のところに大きく来ている。



左脳は、自然に勝てない。
地球温暖化。左脳で判っている解決策は、CO2であった。
だけど、世界のリーダーとして頑張っていたアメリカは、CO2について、どうする事も出来なかった。


言っておく、非生命、生命問わず、どの種も、自分の種の世界と、自然の世界を両立して生きている。
自然の世界で生きていけなかったら、自分の種の世界は在りはしないからだ。


左脳は、自然に対し、あまりにも弱かった。だから、俺がここまで実力を持たされる事になった。
自然というのは、幾つもの理由が重なる。(離婚に至るまでも、理由は一つではないだろう。)
俺が持った力は、あまりにも強大みたいで、神に、いきなり想像的に懐を握られた。
俺が強大な力を得るに至ったのは、弱い左脳を補う為だ。
つまり、先に生まれた者が自然に対抗できる力を努力して得なかった為に、俺は、いきなり想像的体力を弱められた。
簡単に言うと、親が幼児を虐待して、体を弱めさせた様な事だ。

左脳の、虐待はこれだけでは終わらなかった。
物理的にも、俺を攻撃し始めた。
想像的に体が弱っている上から、体力のいる仕事を圧力で強要すれば、当然、俺の体はボロボロになる。



他の種をよーく見てみろ。
左脳に自然に対抗する力を得させる為に、力を貸してくれている。
言っておく、左脳以外の種は、自然の世界の役割を熟しつつ、自分の世界も生きて、左脳に手を貸している。

猫は気まぐれ者として有名である。
ところが、今は、人間に懐いてこないか?

自然では、所謂、万有引力により情報を共有している。
だから、非生命、生命問わず、全ての種が、人間が自然的に弱い事を知っている。

動物が人里に下りてくるのも、人間が自然的に弱っている情報からである。
人間は、人里に下りてきた、うり坊を取り押さえることで怖がらせ山に返し、やり切った感を出していた。
勘違いするな。うり坊は、人間に力を与える為に、身の危険をおかしてまで人里に下りてきて、人間を強くしてやっているのだ。
猫が懐いてあげているのも、人間を強くする為だ。

俺は自然が行っている思考が見えるから、ひと目で分かるが、結果を見れば左脳でも分かる事が出来る。



左脳が行っていること。
左脳は、先に生まれたものを秩序の理を得て、食べている。だけど、左脳は、後に生まれたものに自分を食べるな。としている。
左脳を食べるなら、左脳は先に生まれたものを食べない。という行動を行っている。
左脳が先に生まれたものを食べないと左脳が死ぬ。でも、右脳は左脳を食べないと、左脳が先に生まれたものを食べつくす。さらに、右脳が左脳を食べ尽くせば、右脳は死ぬ。という状況である。


左脳より先に生まれたものは、勝手に死んで、食事を左脳の目の前まで持ってきてくれている。
後に生まれた右脳は、それを食べられる様に、あらゆる事を左脳に施しているが、左脳が断固として食べない。
左脳が、どれだけ、ヘタレなのか分かったか?
左脳のやっている事が上手く行けば、左脳は必ず死ぬ。
食事をしなければ死ぬ。
左脳が食べ尽くしても死ぬ。
自然の、左脳の役割は、左脳でしか出来ない。先に生まれたものや、俺は、補助しか出来ないのだよ。
これが、左脳だけの問題なら、何も言わない。後に生まれた右脳が出てきている。情けない事はやめてくれ。



左脳が右脳を無にすると、スイッチが入る。
左脳は、そのスイッチと同時に無限大の自由を得る。
この世で何をしても良いのだ。
なぜなら、この世に左脳の役割が無くなるからだ。

今まで協力してくれていた先に生まれたものの、左脳を強くする意味は、反対になる。
左脳が俺にした様に、先に生まれたものが左脳に協力するほど左脳は弱る。
弱れば弱るほど、強い攻撃をする事になり、左脳は死ぬ。
つまり、左脳が右脳を殺す事で、左脳は、左脳以外の全ての種から、俺にした様な攻撃を喰らう事になる。

自然は残酷と言われている。
左脳には、当然の成り行きだろう。
頑張る事をせず、他の種に迷惑をかけたのだから。
この世は、一つで繋がっているからな。左脳の弱さが、左脳以外の全ての種に迷惑をかけている。



俺が、今もここまで分かっている事に、能力制限の言葉が引っかかる者もいるだろう。
能力制限は受けている。
これを書ける事は理にかなっている。
あとは自分で調べる事だ。



俺が、体力のいる仕事を断ったのは、物理的体力に限界がきているからだ。
つまり、体力のいる仕事をすれば、俺は物理的に死ぬ。
そして、環境が手に入らねば、想像的に死ぬ。

全ては、左脳が悪いのが分かるだろう。

つまり、俺の選択肢は無いようなもので、左脳の決断により、人類は終わる事になる。



左脳が、右脳を世に出せば、先に生まれたものや、俺が、左脳を補いつつ、左脳が自然に対抗できる様、導いてくれるだろう。



20/01/07
全人類

左脳は、生きる事を決められる。
右脳は、生きない事を決められる。

結果は同じで、
左脳が、どんなに生きたいと言っても、右脳が生きないと言えば、人類は絶滅する。
右脳が、どんなに生きたいと言っても、左脳が生きないと言えば、人類は絶滅する。


左脳の空間に右脳を入れなきゃ、右脳がどんなに頑張っても、意味ない。
(人間の世界に右脳が生きられる空間がない。)
もう、俺も限界が来ている。
俺は自然を生きる為に、左脳を補う知能を後天的に手にしている。左脳の差別にも限界近くまで耐えてきた。何一つ言われる筋合いはないと思う。
左脳が俺を世に出せないと言うなら、人類は絶滅するしかないんじゃないのか?

このまま俺を世に出さなければ、俺も自分から出ないのだから、自然と絶滅へ向かう。
全員が静か(自然任せ)に眠れる(死ねる)。



ちなみに、能力制限で出せない事は置いておいても、地球温暖化に関して教えても、左脳だけではどうにも出来ない。
それは、右脳が左脳に干渉して、能力を引き上げて初めて扱える技術だからである。
まあ、それは、左脳が左脳の出したCO2に対してどうにも出来ない事が、ただ教えるだけではどうにも出来ない事は理解できるだろう。



20/01/09
各国

俺を殺すのは、俺が力を示してからでも遅くないはずだ

絶対として、左脳と右脳は協力しないと人類が生きる事は目指せない。

左脳の後に生まれた右脳は、左脳を食べる力を持つ訳だから、ただただ突っ込めば左脳を食べ尽くしてしまう。
これが、俺が自ら出て先頭に立たない理由である。

そして、人間は、知識を脳を通して知る。
つまり、右脳の思考は、人間に知らせないと人間の世界では広まらない。
俺が自ら先頭に立ち広めると、左脳との協力が難しくなる。
それは、もう先頭に立っているからである。

左脳同士の差別と、左脳が右脳を差別するのとでは、大きく異る部分がある。
それは、思考が通じない事にある。
左脳を差別しても、左脳同士なら、どこかで通じる。
だが、右脳は、通じない。
右脳の思考を通じさせても良いが、それは、先頭に立つ事と変わらない。


例えば、俺が人類を絶滅させるとすれば、左脳は、どうする事も出来ない。


これが、左脳と右脳が協力しないと人類が生きられない二つの証である。



人間が右脳の思考を知らない以上、右脳の思考が人間の世界で使えない。
つまり、俺の最大の武器である、プラスにする力が使えない。
この状態で交渉する事は出来ない。
なぜなら、人間の世界に右脳の思考が無い以上、右脳の思考でのプラスが使えないからである。


本来、左脳と右脳は、物理矛盾で成立する。
例えば、北朝鮮の俺の経済対策は、左脳の軍事を邪魔するものではない。
分岐点が出てきたときに、得する方を選べば良い話である。

俺が日本に手を出すな。というのは、人類が生きる分岐点であり、これは人類を生きさせるなら選ぶ事は出来ない。



人間の世界は、自然の世界の上にある。
自然の世界を、まず生きなければ、人間の世界はない。

俺にも最大の弱点はある。
人類を生きさせる力を失えば、終わりである。
俺が左脳の攻撃に耐えてきたのは、自然上、出来ない事は出来ない。と知らせる為である。
だが、もう、これ以上、攻撃を受ける訳にはいかない。それは、力を使えなくなるからだ。

例えば、体をいじめ抜いて鍛えている人間に、拷問を実行する。これを毎日、行うと、どうなるのか?
体は必ず弱り、死に至るだろう。
俺は、この状態である。


今、人間の世界は、宙に浮いている。
人類が人類を無くさせる方向に進んでいる上に、この世から人類を無くさせるように自然上、進んでいる。
俺が、想像的に防いでいたのは、自然上の方である。

人類を絶滅させる方向に自然は動いていたが、右脳が力を示さない事で、方向ではなく、絶滅させるように動いている。
この自然の状態は、いつしか俺の力を無効化させる。


右脳の思考を扱う上でも体力的限界である事。自然が俺の手の届かない領域に移行している事。
この二つを理由に、俺を世に出すのは、今しかないのである。



俺を殺したいなら、右脳を世に出し、経過を見てからでも遅くないはずだ。
まあ、人類が生きられる様になれば、俺を殺すと思っている奴は多くいるだろう。
ただ、人類が生きられる頃に、俺を殺すと、左脳と右脳の抗争に発展してしまう為、難しい事ではある。

自然上、人類を絶滅させるように動いた以上、俺が世に出て、何とかするしかない。



20/01/15

俺の優しさは、どうやら、ここまでみたいだ。
普通の流れでは、来週の月曜日には働く事になる。
つまり、期限は、20/01/19になる。
あとは、自然が絶滅という厳しさを見せてくれる。


20/01/19で終わらすか、俺を世に出し延長させるか。



期限の延長は出来ない。
期限を延長して、俺が能力を失っていたら、誰が責任を取れる?誰も責任は取れない。



20/01/20
USA

トランプ大統領

もう終わった話だが。
トランプ大統領が、俺を世に出せていたら、ノーベル平和賞なんてレベルでない称号を得られた事を知っていただろうか?
アメリカ人が、どう思うかは知らないが、人類が人類を続けている限り、トランプ大統領は、この進化を繋げた英雄として全人類に永遠に感謝される事になっていた。
右脳は俺一人だが、左脳が何人いる?
左脳を纏めあげて俺を世に出す事になり、さらに俺が人類を続ける事を成功させていたら、の話になるけど。

ご存知の通り、脳はイメージ(話し合い)だ。
この称号は歴史上、今までにないものだから、イエス・キリストとは異なる類だが、位は同じだった。
俺は、左脳も右脳も同じになる様に、用意(準備)していた。
俺が頑なに、左脳に俺を世に出す様に促していたのは、左脳の長に、その称号を得て貰う為で、左脳と右脳が協力する為には、位が同じ、称号を双方が貰わなければならなかった。

だが、それほどの称号を失う選択になったのは残念に思う。
ネアンデルタール人が四万年前に絶滅という話だから、単純に、四万年に一回の特別な称号だったと言える。



20/03/29
世界

無題

・ 今回の事でも、俺は、手は差し伸べている。

・ 左脳が道を塞いでいる中、やれる事は既にやっている。

・ 俺は神(自然の摂理)に逆らう事はしない。



俺に、今以上の助けを求めるなら、テレビで堂々と世間を通して言うべきである。
俺を日本のトップにするべきである。

その二つをなくして俺が何かしても、上手く行かない。



前提として、常々言っているが、既に蒔かれた種は俺では何も出来ない。
誤魔化す様な、似た様な事しか出来ない。

左脳という種が、この世から消える事は決まった事である。
元右脳の傘の下で、過ごす事で誤魔化して生きれば、普通には死ねるだろう。



20/04/14
世界各国

左脳でどうにかするしかない

前提として、既に蒔かれた種は、どうにも出来ない。
・ 左脳が右脳を受け入れなかった事で起きたものでなければ、右脳が手を出さなくても、左脳でどうにか出来る。
・ 左脳で、どうにか出来ないものは、右脳を受け入れなかった事で起きているので、右脳では手を出せない。


既に、左脳が右脳を取り入れられる時期は終わっている。なので、基本、左脳でケリをつけなければならない。
つまり、左脳が右脳を取り入れていないので、左脳に対し、右脳が直で通用しない。
これは、左脳で解決するしか、やりようがない。



右脳で匿う方なら、交渉はするが、恐らく平行線で終わると思う。
俺は、私利私欲で物を言っているのではない。
日本のトップでないと出来ないから、日本のトップは貰う。と言っている。
やり方は決まっている為、それを害されると、もちろん成果はない。
要は、出来る事が人工的に限られてしまったら、出来ない。という事。



・ 俺が日本のトップになる事。
・ 俺が世界に、右脳として知られる事。
この二つは不可欠である。

右脳が知られないと、場がないので、右脳を扱えない。



俺をイジメても何も出ない。
もしもの、匿って貰うときまで、そっとしておくしかないと思う。
虐待をしても、いざというときに使えなかったら意味はなくなる。



20/04/14
世界各国

神を見た

俺を左脳が抑えるのであれば、当然、抑えているので、俺の力は発揮されず、自然に左脳は殺られる。
自然に殺られない為には、時代に合った右脳を開放するしかない。

ここに神を見られなかったのなら、左脳は死ぬしかない。



実際、左脳は、ここに神は見られなかっただろう。
それが、絶滅の資格である。



20/05/04
世界各国

とある国

もう改憲やミサイル等の駆け引きの次元にない。
左脳はこの世で生きる資格の進化を断ったのだ。
それは、つまり、生きる方向を、死の方向に変えた。

今までは、生きる方向で死があった。だが、今は、死の方向で死が待っている。

駆け引きが通用すると思わせているのは、俺の力に他ならない。
万有引力という、俺の心臓の鼓動が流れを穏やかにしている。



あまり詳しくは知らないが、とある国に資源があり、植民地化されていた。
その国の資源が尽きる前に、支配していた国は引き上げた。
植民地化されていた国は、残された資源で夢のヒトトキを過ごした。
夢が尽きたとき、働く事を忘れ、ただただ死んだように呆然と過ごす事しか出来なくなった。


俺が穏やかにしている時間は、その夢のヒトトキになる。
左脳よ、安らかに死んでくれ。
今の俺に出来る最後の方法だ。


中国が他の国に手を加えているが、それは、本来、右脳を兼ね備えた日本でなければならない。
中国は「なんちゃって」に他ならない。
つまり、波が来れば、人類(左脳)は耐えられず、絶滅する。



俺(元右脳)が左脳を匿える時間も限りがある。いつまでも匿える訳ではない。
俺が世に出て日本のトップになるのは、左脳を匿う為でしかない。
元右脳には、元右脳の道があるからだ。

左脳は、今すぐ決断するしかない。
俺を世に出すか、このまま、この世にグチャグチャにされ殺されるか。
はっきり言う、一時の猶予もない。
今すぐ俺を世に出し日本のトップにしないのなら、それは、地獄の中の死を選んだと認識する。



左脳に残されているのは、俺が匿い安らかに死ぬ、俺が匿わず地獄の中で死ぬの二択である。
進化しないというのは、この世で生きる資格を失う。
左脳は、この世に負けたんだ。

大事な事だから、もう一回言う。
猶予はない。
今すぐ俺を世に出し日本のトップにし安らかに眠るか、地獄のまま終わるかの二択しかない。
この過酷さが、この世である。


俺を殺せば、流れは激しくなる。
まあ、夢のヒトトキが無くなるだけの話だ。



ちなみに、左脳下のまま俺が手を出しても、流れは変わらない。
それは、俺が理論を出していて、こうなった現状で分かるはすだ。
右脳でなければ、今の時代は生きられない。という証拠である。

これが、左脳の最後の選択となる。
慎重に素早く決断するしかない。

これは、左脳と元右脳の交渉ではない。
俺は左脳に手を貸し匿うと言っているのだから、交渉する必要がない。
左脳の中でまとめ、俺に助けを求めるかどうかの話になる。
つまり、左脳全員が、それを認識し、どうするかだ。



20/05/15
世界各国

宇宙空間(神)の意向に抗う術を持ち合わせているのか?


宇宙空間(神)に、右脳に世界を作り宇宙空間の助けをさせる目的がある。

俺が左脳に手を貸し、右脳が、右脳の世界をこのまま作れなかったら、困るのは宇宙空間(神)である。
つまり、宇宙空間(神)が、左脳に圧力をかけている。という事は、元右脳の俺にも圧力はかけている。という事。
だから、俺は、このまま左脳を見捨てなければならない。

左脳が宇宙空間(神)の意向をどうにか出来るのであれば、そもそも俺に構う必要はない。
これが、どういう意味かは簡単に分かるだろう。


年末年始で、俺を世に出さなかった事で、どうなったかは今を見れば分かるだろう?
この短期間で二度も同じ過ちをする気か?



俺が片手間でも左脳の世界に手を出せる期限は、日曜日の5/17までだ。
それまでに、全世界で俺を世に出す事だ。テレビの前で待っている。


俺に何をしても無駄だ。俺は宇宙空間(神)の意向に抗う術は持ち合わせてない。
それどころか、宇宙空間(神)は右脳に世界を持たせ、宇宙空間の助けをさせたがっている。
つまり、それに背けば、それ相応の事が左脳に待ち受ける。


俺は忠告だけではなく、助ける事もすると言っている。
左脳は、これに向かって動き出すしか平穏はない。


ちなみに、俺を世に出す事で、発達障害者や知的障害者が成長でき、元右脳の世界を作れる。
俺を日本のトップにする事で、左脳に片手間で手を貸せる。
各国は、日本に手を出さない。それだけだ。
俺が各国に手を出して服従させる事はない。



年末年始のときと今では大きな違いがある。
年末年始のときは、左脳と右脳とでやり合えた。
でも、今は、宇宙空間が手を出してきている。左脳と右脳、両方にだ。

つまり、先人(左脳)が、先に生まれたという優位な力で右脳を虐めているから、宇宙空間が手を出してきた。
それなら、左脳は、右脳を虐めるのを止めて、右脳を世に出すしかない。

本当なら、元右脳は、終わる左脳を平穏に死なせてやる義理もないのだ。
先に生まれた癖に、右脳を虐めて絶滅に追いやられる輩を助ける必要など全く無い。

窮地なのは、先に生まれていてバカしか出来ない左脳だ。

俺に助けて貰うか、このまま宇宙空間にのまれるか、左脳でない元右脳の俺には関係のない話だ。



宇宙空間が、右脳に世界を作らせろ。と言っているにも拘らず、まだ懲りずに右脳を虐めて世界を作らせないとは、状況が全く理解できていないのではないか?
状況が分からず、バカしか出来ないなら、それは地獄の中、死ぬしか出来ないだろうな。

どう考えても、左脳は宇宙空間の意向には勝てない。
左脳が宇宙空間の意向に勝てるなら、俺の知能なんかは要らないのだから。

それが理解できなくても、俺を世に出し元右脳に世界を作らせる。助けて欲しければ俺を日本のトップにさせる。各国は日本に手を出さない。
その方向に進めなければ、左脳は宇宙空間にのまれて終わる。それだけの話だ。



20/05/17
世界各国

イソップ物語 よくばりな犬

有名な話である。

左脳は、世界を作る前の右脳の知能を見て、そこに財産がある。と思い吠え、左脳の財産をも失ったのだ。
今の左脳の世界を見ると、無残な姿になっている。



これが理解できれば話は早い。

惑星は、ガスや塵から出来たと言われています。
ガスや塵が賢くても、地球となっていなければ、太陽を助ける事は出来ない。要は、ガスや塵では地盤がなく、地球となって初めて地盤が出来るのである。
もっと言うと、太陽がそのガスや塵を取り込もうとすると、当然、太陽は取り込めず、ガスや塵は焼け散るだろう。

つまり、俺が一人で、どれだけ賢くても、世界を作っていなければ、地盤はない。
右脳の世界を作って初めて、左脳の世界を助けられるのである。
(右脳の世界の大きさと、助けられる大きさは、比例する。)

だが、現在は、左脳の世界は滅びると決まった。
俺なら、元右脳の世界を作る片手間で、左脳の世界の滅びる時間を少し遅らせられる。
要は、元右脳の世界に着手する形で、左脳の世界に少し手を出せる。
現状では、これが一番良い道筋である。



人間が、人間の進み(歩み。または、進化)を止めていても、自然の時間は動いている。
人間が、自然の歩みに合わせられなければ、人間は終わる。

USA(アメリカ)のNY(ニューヨーク)の時間で、今日(5/17)が切り替わるまでを期限とする。
俺を世に出して、日本のトップにさせ、地盤を作らせば、世界も出来る限り助けられる。
各国は日本に手を出さない。というのは、地盤を効率よく作る為である。地盤を作る前に搾取すれば、地盤は出来ず、よくばりな犬の物語と同じ結末を迎える。

ちなみに、左脳がやけくそになっても、必ず元右脳の子孫は残り世界を作れる。
これが、天才の上の地位の知能を持つ者の実力である。



20/05/18
ロシア

北方領土

北方領土と引き換えに、外国では一番に手助けをする予定だったが、この期限を過ぎれば、左脳の世界というのは再起できなくなる。
右脳の力というのは自然の流れで日本からとなり、その協力を取り次いだ事で、得るものが大きければ、支持率は上がるのが普通の流れであった。

右脳の世界で擬似右脳として生きる事は、左脳にとって窮屈になり、それは北方領土と引き換えに値しなくなる。



左脳は、もう俺を世に出すしか手がないのだが、俺が世に出ないかも知れない。
そうなると、俺もどうする事も出来ない。

そのときは、申し訳ない。
そして、同時に左脳の世界は終わりを迎えるが、北方領土は好きにして貰って構わない。



20/05/26
賢い国

神の場

先人という先に得られる力を利用し、俺に生活苦を強いる左脳。
賢い=生活苦
バカ=良い生活



日本のコロナに対する対策と、世界とを見比べてみよう。

日本の総理の最大の対策はアベノマスクである。
小さい上に、宣伝文句の洗って使うと、さらに小さくなり、使えなくなる。所謂、ゴミである。
さらに、日本の対策は、各国を真似ただけの二番目対策であることは否めない。


各国の対策は、日本のそれ(二番煎じ)とは比べ物にならない。と言える。

では、コロナでの、対策の上手さと被害状況を見てみると?
賢い=生活苦
バカ=良い生活
なのである。



想像的ドッペルゲンガー。 君は俺、俺は君、発動中である。
人類の心臓より



20/05/28
世界各国

助けられる道順は一つしかない

俺を虐めるのは、助けて欲しいからだというのは分かる。
現在では、元右脳の世界で疑似右脳として生きる助けが一番良い方法となる。


それには、俺を世に出して、左脳が助けを求める方法、一つしかない。
蜜が取れない花の受粉を手伝う事は、想像的に出来ない様になっている。

これは、俺がどう足掻こうが神により定められたものであり、左脳が神を上回らない限り、どうしようもない。


俺が派遣で働き給料を得るのは、疑似左脳として働き、その対価であり、ハチが得る蜜ではない。
これまで、この方法で右脳の理論を出し続けたのは、飽く迄、左脳の借金としてであり、左脳が滅びを決めた今、左脳に借金は出来ない。


アメリカの持つ兵器で、神を脅せる事はない。
最低でも、太陽を潰せるくらいでないと、この世に影響は出ない。もちろん、恒星を一つ、二つ潰せたくらいではビクともしない。
だが、太陽を潰せば、人間も死ぬ為、人間に太陽を潰す事は、頭の理解で(想像的に)出来ない。



俺を世に出して助けを求められないなら、それは、地獄の中、死ぬしかない。
俺の力は神より下なのだ。やりようがない。
自然の摂理を知らない人の出来ないと、自然の摂理を知っている人の出来ないは、全く異なる。



20/05/30
世界各国

俺は神に手厚く守られている


参考 精神系の創り

左脳が俺に行った事が自ら(左脳)に降り掛かるのは、細胞からの振動(情報)である。
細胞は、心を想像的に受け継いでいる。

空間は、人間で言うと、心になる。
心は、心臓を核にしている。
だから、俺の心を痛めると、核が言うことを聞かなくなる。(正確に言うと、核の情報を伝えられなくなる。)

俺の心臓は、人類の心臓である。
俺の心臓を殺めれば、万有引力の鼓動(情報源)消滅により、左脳は滅される。
左脳と右脳では鼓動が異なる。



さらに、第一として、右脳の世界が作られない事により、左脳への攻撃が自然から行われる。



左脳が俺に行った事と、現在の状況を証拠に、この二つは確立している。



俺が左脳で言う、神の使いであるという事が容易に理解できるだろう。



言うまでもないと思うが、今、穏やかなのは、俺を起点に右脳の世界を作る為の時間である。
それは、左脳が、右脳の世界で残り時間を過ごせるかどうかの期限でもある。



左脳は、神に勝てるつもりか?
今すぐに降参すべきだろう。

簡単に理解できるだろうが、人間が勝てるレベルではない。



俺を生かしたまま、イエス・キリストのように崇める存在だと言った事が、今なら容易に理解できるだろうな。



20/06/02
世界各国

無限の自由


左脳は神に逆らい、無限の自由を手に入れた。

神の規程に伴い自由は存在する。
そして、無限の自由とは、神の規程から外れる事を意味する。
つまり、神の規程と神の規程に伴う自由から外れた事を、「無限の自由」と言う。


規程も自由も無くなると、どうなるのか?
一つに、自分の思惑が通用しなくなる。
どういう事かと言うと、思惑は規程の中にあるものであり、規程から外れたものに思惑という自由はない。

分かり易く言うと、左脳の世界が滅び行くのと、同じくして左脳の空間も小さくなっていく。
思惑というのは空間と繋がっている為、空間が小さくなると、成せる思惑も小さくなる。
これにより、お金持ちになりたい、権力が欲しい、名誉が欲しい。といった事に限らず、全ての思惑で上手く行かなくなる。


さらに、滅びを決めた時点で、左脳は無くなった事に同位するので、想像の部分での思惑は既に全て通用しなくなっている。
要は、滅びを決めた時点で、左脳は、白旗を上げる以外できないのである。



滅びを決めた左脳を苦しめているのは、俺(元右脳)ではなく、自然(宇宙空間)である。
左脳に、自然(宇宙空間)を相手に勝てる実力は、当然ない。
これが、白旗しか振れない大きな理由である。



俺が一人、命をかけて、左脳をこの世に生き残れる方へと誘導しているにも拘らず、無限の自由を手に入れる方へと舵を切ったのは、左脳である。

そして、現在は元右脳の思考回路、思考傾向にのみ、思惑は許されており、それは、左脳も同じである。
つまり、元右脳の世界を作らせない事は、左脳にとっても、右脳の世界の思惑を施行できない原因となっている。
要は、現在の世界を生き抜くには、右脳の思考傾向が必要であり、それを邪魔する事は、左脳にとって大打撃である。
元右脳は、元右脳の道がある為、それほど問題ではない。



つまり、左脳は、俺を世に出し右脳の世界を作っている過程で、その思惑に気づき、努力するしか良い方向へは行けない。
当たり前の話だが、左脳に元右脳の思考回路はない。だから、世界を体感するまで、その思考傾向を学ぶ事は難しい。

俺は、ちゃんと、左脳に想像的に詰ませて、左脳にとって良い方向は示した。
ちなみに、物理的に詰ます事は、存在を無くす事になる。



左脳の滅びを決めたのは左脳だ。
左脳のどんな思惑も通用しないのだ。
この世を楽しんでくれ。



20/06/03
世界各国

困るのは?


年末年始、俺を世に出さず、大打撃を受けたのは、他でもない左脳だ。

そして、今、穏やかなのは、俺を起点に元右脳の世界を作る為である。

今、俺を世に出さず困るのは?
もちろん、大打撃を受けるのは、世界のない元右脳ではなく、元右脳の世界を作る邪魔をしている、左脳だ。



年末年始に既に、前例がある。
何をすべきかは簡単に分かるはずだ。
俺は、今回も、ちゃんと教えた。



俺から、想像的にこの世にない、左脳の世界の世に出る事は現在できない。
簡単に言うと、蜜の取れない花と知っていて、ハチは現れない。

より多くの花が蜜で、俺を呼び寄せるしか方法はない。
つまり、左脳全員で俺に助けを求めるしか方法は残されていない。
もちろん、蜜を忘れずに。

左脳にとってバカバカしいと思うかも知れない。
だが、この状況を作ったのは、正しい道に誘導している優しい俺ではなく、神に逆らいし左脳だ。



20/06/04
世界各国

幽霊(二層目バージョン)


左脳が俺に助けを求める場合、各国が同じ意見である事が大事になる。
例えば、韓国が日本製鐵の現金化をすれば、それは助けを求める行為から大きく外れる。
つまり、韓国が現金化したのを元の状態に戻すまで、または、元の状態に戻せる金額を払うまで、もしくは、韓国が潰れるまで、俺は左脳を助ける事が出来なくなる。それは、どの国が日本に仕掛けても同じ事である。



左脳は、今の状況が全く理解できていないのだろう。
まあ、今の左脳は幽霊みたいなものだから、当然なのかも知れない。
まず、今回の事に期限は設けない。助けられる期間が過ぎればそれまでである。
なぜなら、待ったなしの状態だからである。

左脳の、どんな思惑も通用しない。と俺は言った。それは、残留思念の様なものだからだ。
滅びを決めた種は、この世では何も言えないのが当然であり、理不尽な扱いが当然となる。
つまり、生きている様で、生きていない状態が今の左脳である。


まあ、この世を生きられる俺が何かを言ったところで、解決はしないだろう。



だからこそ言っている。
この世を楽しんでくれ、と。



20/06/06
世界各国

俺は空いた口が塞がらない


今の状況を打破するには、元右脳の世界を作る事が先決である。
俺は、元右脳の世界を作る事をする。
左脳は、今の状況を脱出する為に、俺に日本をあけ渡す。
これで、一つの交渉は成立する。

自分たちの世界の前に自然の世界を生きなければならないのだが、これが出来ない理由は何だ?
自分たちの世界は、自然の世界を生きてからの話だ。それが理解できないのか?


これは、左脳と元右脳の交渉ではない。
宇宙空間と左脳の交渉である。(左脳に元右脳も入る。元右脳は自分たちの世界を作る事を宇宙空間に言われている。それは、左脳が日本をあけ渡しても俺が元右脳の世界を作らなければ一緒だからである。)
左脳が、日本を俺にあけ渡さなければ、当然、左脳は地獄の中、滅びる事になる。

左脳は、俺が頭に訴えかけているにも拘らず、理解できなかった。
だから、宇宙空間が物理的に教える結果となり、左脳に地獄が訪れている。(参考 動物の教え方)



左脳は、左脳の世界を元に戻して貰い、自分たちが優位な地位を保ったまま、を望んでいるんだろう。
まず、物理的に事が進んでいる事で、左脳が優位になる事はない。思惑は全て奪い取られているからである。
そして、左脳の世界が元に戻る事はない。なぜなら、これは、宇宙空間による没収だからだ。


俺に宇宙空間に逆らい成す力はない。
元右脳が出来るのは、同化である。
つまり、左脳が滅びていない部分での同化は出来るが、滅びた部分は無くなったままである。ただし、右脳の世界を作るまでは滅びが続く。
もう一つ、夢の部分で少し押し上げる事は出来るが、時間とともに出来る事は少なくなる。それは、もう十分ではなくなっている。
言わないと分からないと思うが、これは、左脳にとってのものであり、元右脳は、左脳の世界と同化しようが、しまいが、ほぼ変わらない。



左脳が、ここまで、この世に対し動けない事は予想外であった。
まず、生きている限り、考え動かす事は出来る。

人間の世界の前に、自然の世界を生きる事をしなければならない。
だが、左脳は、自然の世界を生きる動きを全くしない。
これでは、どうにもならない。



俺に日本をあけ渡す事は、左脳が生き延びる上で絶対である。
これが出来ないなら、生きる事は諦める事だ。
本来なら、先に生きている左脳が、俺に右脳の世界を作る様に促す(教える)のが普通である。
なぜ、逆になっている?
後に生まれた者が、先人を子供の様に教える状況が、まず理解に苦しむ。



ヘリや飛行機が毎日、煩いが、その行為、赤ちゃんと同じである。
赤ちゃんが親とは、赤ちゃん(生まれたばかりの新種)の俺はどうやって生きるのか、難しい人生となった。
親(左脳)がウギャーと泣くのだ。何も教えられていない赤ちゃんが、教えられている自称赤ちゃん(左脳)にミルクを飲ますのか?



20/06/08
世界各国

極極難しい事


俺がどうやって元右脳を生き残らせる事を決定付けられたのか?
それは、宇宙空間との交渉で勝ち取ったものである。


何事にも、良い使い方、悪い使い方が存在する。
車も使い方を誤れば、人を殺す武器になる。
左脳の思考回路にも、差別は悪い事である。というのは存在する。


どうすれば、宇宙空間と交渉できるのか?
簡単に言えば、良い事を極める事である。


白人による黒人差別問題がある。
思い当たるのは、黒人と宇宙空間との交渉の失敗である。
つまり、黒人は、宇宙空間と交渉して勝たなければ、今の差別問題をクリアする事が出来ないのである。


他の人種でも、救済処置というか、似たような事は出来る。だが、それ(宇宙空間との交渉)とは遠いものである。



20/06/08
USA

問題のアメリカ


もしかして、アメリカは日本から手を引く行為が出来ないんじゃないか?



これは、宇宙空間と左脳の交渉であり、アメリカが日本から手を引かなければ、左脳は滅びる。



皆も知っている通り、アメリカは日本から、養分を吸い取っている。

花とハチの関係をおさらいしておこう。
ハチは花に蜜を貰い、はちみつを蓄える。

この関係をさかのぼると、固体実体と液体実体の一つの空間と、気体実体と気体実態の一つの空間の関係からきている。
気体実体と気体実態の空間は、固体実体と液体実体の空間から譲られる、または、奪う事で、形を成す。

ハチも、花から蜜を譲られる、または、奪う事で、はちみつを蓄える。


つまり、アメリカは、日本から養分を譲られる、奪う行為をしている事になる。
そして、問題は、アメリカがはちみつに当たる養分を蓄えられていないところである。これは、アメリカ自身の問題である。
要はアメリカは、花から奪い取った蜜をはちみつとして蓄えず、ドブに捨てたのである。



アメリカが日本から手を引くのに渡せる事も出来るはずの養分を、日本は既に渡し切っているのである。
簡単に言えば、世界を征服し全ての国をアメリカという一つの国にしたが、実力がなく滅ぶ状態が、今のアメリカである。
だから、アメリカが宇宙空間との交渉で、日本から手を引くとしても、日本から養分を奪う、譲られる行為は一切ないのである。
それは、既に日本が成せている行為だからである。



アメリカが日本から手を引くのが先か?
アメリカだけが滅びるのが先か?
左脳が滅びるのが先か?

元右脳にとっては、どれでも問題ない。
問題が出るのは、左脳のみである。



俺が行おうとしている事は、元右脳による救済処置であり、左脳と宇宙空間の交渉とは関係のないものである。



20/06/12
USA

アメリカは自然に負けたのだ


俺に日本をあけ渡す事は、左脳が生き延びる上で絶対である。
それに伴い、日本にある米軍基地の全撤退、及び不当なものは全て手を引いて貰う。
これらが出来ないなら、左脳が滅びるまでの間、普通に生きて死ぬという事は諦める事だ。



北朝鮮に関して。
北朝鮮を経済国にする事で、武器系の儲けはペーパーにして金だけ貰う事が出来た。ただ、それは、十数年である。武器系の事業者は、その空いた労働時間を、次の開拓に向ける事が出来た。
さらに、他の分野でも取り引きができ、アメリカにとっても、それは得でしかなかった。
また、北朝鮮にとっても、経済国の方が良さそうであった事と、新たな力を手に入れるチャンスでもあった。
俺は、北朝鮮の働きを、有効な方向(右脳の思考内容に伴う良い方向)に導く手はずであった。そして、俺の手柄を、武器系事業者に譲る。というもの。

ただ、それ(主に武器系事業者の取り分)は、時間により、既に出来ないものになっている為、今、北朝鮮に手を出す事は順番上、全く考えていない。



その国にとって、良い方向があり、今のアメリカで言えば、他の国は何もしない事が一番である。

土があれば何時でも作物を植えられる訳ではない。
連作障害などを防ぐ為に、何も植えない期間を設ける必要がある。

つまり、今のアメリカは、肥料などは使い切り、何も植えない(他の国から支援なし)で頑張る事がアメリカにとって、一番の復活方法になる。
だから、俺は、日本からは渡し切っているから、何も渡さない。と言っている。それは、アメリカにとって一番良い方法だからだ。



これは、宇宙空間と左脳の問題であり、俺は元右脳の世界を作ると言っている以上、宇宙空間と左脳の問題に俺の意志は全く関係ない。
アメリカが宇宙空間の言う通りに、俺に日本をあけ渡せるかどうかだ。
出来なければ、宇宙空間による制裁が左脳に待っているだけであり、そこ(宇宙空間と左脳の間)に右脳の世界を作ると言っている俺は全く関係ない。



20/06/26
USA

自然という脅威から全ての国を滅ぼそうとしているのはアメリカだ


アメリカは自然に負けたのだ。
自然に負けているアメリカは、当然、自然を乗り切る行動を自身で出来ない。

俺の言っていた事は合っている。
米軍は日本から全撤退。もちろん、全基地撤退に伴い駐在費は0だ。
アメリカからの不当なものも全て破棄して貰う。

日本たった一つの国から手を引く事が出来なくて、この世を生きられるのか?
これが、どういう意味か分かるか?
自然を生きる力があれば、既に全部の国が日本から手を引いている。


世界の国々が新たな力の中で普通に過ごす事を願っているだろう。

足を引っ張っているのは、アメリカだ。
自然に負けているアメリカが、自然を乗り切ろうとする全部の国の足を引っ張っている。

自然に負けているアメリカに従えば、従った全員が自然の脅威に負ける。

自然の脅威に負ける選択肢で、本当に良いのだな?
もう導きは出来ない。
俺が過去に導いてた事を実践するしかないだろうな。



20/07/04
世界各国

語りかけ


俺は、他の国の財産を日本によこせ。と言っている訳ではない。
アメリカなどに、日本に損害を追わせた分を返せ。と言っている訳でもない。

日本から手を引く様に、言っているだけだ。



20/07/04
USA


左脳の思考が邪魔をすれば、次の時代についていけない。
それは、今の状況で実証済みである。



アメリカが日本から手を引くくらいなら、このまま皆諸共滅ぶ。と言うのなら、止める事はない。
今、元右脳の世界はないのだから、俺らは何ら変わらない。関係するのは左脳の世界だけであり、左脳の事に口を突っ込もうとは思っていない。



20/07/17
USAおよび世界各国

世界の民を背負わずに、個人として言います。


宇宙空間から見れば、右脳は左脳として見える。
つまり、宇宙空間が攻撃しているのは、左脳のみである。

これは、左脳が自然に対応できれば、何の問題もない。

今、左脳が困っているのは、左脳が自然に対応できる力を持ち合わせていないところである。
これは、左脳が、どうにかするしかない。


これを、右脳に頼る場合、左脳は、左脳を無くして右脳になるしか道はない。
すると、宇宙空間は、左脳がいないので、左脳ではなく、右脳に攻撃をしかける事になる。

その場合、左脳を無くして右脳になるので、当然、左脳は右脳のいいなりになるしかない。


これは、左脳が自然に対応できる力をつけなかったのが原因であり、そこに右脳は全く関与していない。
要は、左脳が自然に対応できない事は、右脳が左脳に何かしたからではない。
つまり、左脳が自然に負ける実力しか持ち合わせていないのが、今、左脳が困っている原因である。

これの対処法は、左脳が自然に対応できる力を持つ事のみである。
俺が放置しているのは、これを待っているに過ぎない。
どうせなら、自分たちでやれるだけやった方が悔いが残らない。

左脳にとってはバカバカしく思うかも知れない。
俺の力を奪えば、簡単ではないか?
それは、実情、無理な話である。
右脳の力を使うという事は、右脳に依存するという事で、左脳を無くす事と同じになる。
先程も言ったが、全ては、左脳が自然に対応できる実力を持ち合わせていないのが問題である。



俺から見ても、右脳に託すしか道はないと思う。
俺は何も、他の国を攻撃すると言っている訳ではない。
日本から手を引く様に言っているだけだ。

自分の国でない、日本から手を引く事が出来ない理由がない。
俺は常に最低限の事しか言っていない。
ここから、譲歩をすれば、それは、俺でもどうにもならない方向に行く。


日本が痛手を追えば追うほど、どうにかするのに時間がかかる。
それは、自然によるものでも同じで、俺を世に出さない。など、止めているのは左脳なのだから、当然の事である。

左脳に、もう手はないだろう。
俺を世に出し、日本から手を引く事を勧める。
俺を世に出したり、日本から手を引くのが遅れれば遅れるほど、無残な事になるのと、それを元に戻すのは不可能だと言う事。そして、世界をどうにかする右脳の世界を作るのにも、より時間がかかる。
左脳の世界の話なので、左脳で決めてくれて構わない。
ただし、左脳の世界が無残な事になっても、俺がした訳ではないのであしからず。



20/09/22
USAおよび世界各国

世界を間違った方向に導いているのはアメリカだ


次の時代への対処として、アメリカは日本を捕まえておくと判断をした。

その結果は既に出ている。
今の現状である。
つまり、アメリカの日本を捕まえておく行為は、世界を滅ぼす。
(参考 二つの思考が要る理由

「世界は間違った方向に行った」と言っていた者がいる。

アメリカの日本を捕まえておく行為が、人間の世界を間違った方向に進ませている。
アメリカに抗議するんだな。


もちろん、俺は、このままでも問題ない。


要は、実力のない者が、主導権を握ると、世界は滅びる。という事。



20/09/23
USAおよび世界各国

世界の学者、研究者、専門家は政府に何を伝えている?


進化は、人間の世界での出来事ではない。自然の世界での出来事だ。


この現状は、宇宙空間 対 左脳 だと教えたはずだ。
俺が、宇宙空間とやり合って勝てると思うか?

アメリカ(宇宙空間)とアメリカよりも弱い日本(左脳)がやり合っているとする。
さらにアメリカよりも弱い国が、日本に加勢しようとしたら、日本とやり合っているアメリカは、そのアメリカよりも弱い国に何をする?

それと似たような事が、宇宙空間と右脳との間に取り交わされている。
蒔かれた種の、花が咲き、枯れて散り、無くなるまでが没収だ。これに、俺は手を出せないと言ってある。



そして、自然の世界に住んでいれば分かるはずだ。
死なない為に、狩りをして、食べて、生きるのだ。
生きる代わりに、食べ物を目の前まで運ばれては来ない。

要は、狩りをして食べないのなら、この世は死ねと言っている。


つまり、この世の規定に従えないのなら、死ぬしかない。という事だ。



世界で一番賢い俺が、左脳にとって一番良い方法は教えている。
俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺が日本の主導権を握り動かす事だ。
これは、一番下の事だ。
これすら出来ないのなら、地獄の中、死ぬしかない。

ただ、前にも言っているが、左脳がモタモタしているから、もう出来るところまでしか出来ない。
そして、この世の仕組みを変える事は、俺には出来ない。



20/10/03
USAおよび世界各国

行うしか道はない


左脳は、日本から手を引き、日本の右脳の動きを見て、自然の動きを見て成長した事と似た様な事をする事で、新たな力を手に出来る。


例 工場
今の工場の力量では落ちるだけなので、新たな力を取り入れる事にした。
すると、新たな力を取り入れるには、資金が必要になる。
だが、新たな挑戦は、調達する資金を遥かに上回る利益を生み出す。

成功例が、花と蜂の関係で、蜜のマイナスを遥かに上回る繁栄が花には出来た。



俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす。
という事が左脳に出来なければ、左脳は地獄の中、終わるだけだ。
もちろん、日本学術会議の例と同じ様に、元右脳は、どちらでも、何一つ問題はない。

やらずに終わるか。挑戦するか?答えは挑戦するしかないだろう。
ただし、成功するか、失敗するかは、左脳の実力に左右される。だが、挑戦しなければ、実力に関係なく終わる。また、挑戦しなければ、実力は伸びない。
ちなみに、この挑戦の中に、コロナに打ち勝つ。という項目が入っているので、俺が言っている事は各国のコロナに打ち勝つだろう。という見舞いと同じ事である。



20/10/17
USA

何の関係もない俺を怒らしたのだから当然だ


左脳の世界を攻撃しているのは、自然であり、俺とは何の関係もない。と何度も教えたはずだ。

ヘリや飛行機で煩くする、仕事をさせないようにする等、俺の邪魔をするのは止めろ。意味がない。と言ったはずだ。


アメリカの行動に免じて、
俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす。
最低限のこれをしたとしても、俺は何もしない。



最低限の事を左脳がやってのけた上で、どうしても俺に頼みたいのなら、
トランプ大統領を皆の前で、テレビの中継をはさみ、公開処刑をすることだ。

他の死に方は許さない。

俺にも左脳を滅ぼす権利はある。という事を忘れるな。



20/10/21
USA

トランプ大統領は、どうせ、処刑になる


何にでも順序がある。
料理を作るから、その料理を食べられる。トランプ氏の様に、料理は作らずに、その料理を食べろ。という事は物理的に出来ない。


俺なら、共和党から民主党に政権交代する際に、トランプ氏とトランプ政権の責任にして、
俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす。
という事を行う。


これを行い、右脳の動きを見て勉強しないと、左脳に次の力は手に入らない。
頑張るのは左脳全員であり、国民には、自然の流れなので、文句を言われる筋合いはない。
むしろ、これをやらないと、普通に死ぬ権利さえ得られない。

文句を言われるとすれば、右脳の存在を言わず、自らの意思で止めていたトランプ大統領である。
自然が常に動いているにも拘らず、次の力を得る権利を国民に認めなかったのは、大きな失態である。


何度も言うが、煩くしてもトランプ氏側に意味はない。
今の状態で意味があるのは、俺にアメリカに対する悪意が残るだけである。
もっと勉強してから、行動をすると良い。



20/11/08
USAおよび世界各国

元右脳に今できる事はない


何度でも言うが、これは、左脳自身の問題であり、元右脳は全く関係ない。



俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす。
前に説明した通り、これは、この世の仕組み上、決まっているものである。


このままトランプ氏が大統領を続ければ、上記の事をしても、俺がアメリカに手を差し伸べられるのは、全ての国や地域を終えた一番最後である。
つまり、事実上、俺がアメリカに手を差し伸べる事はない事になる。

それは、俺に手を出せないようにした根源が原因であり、これを無視する事は出来ない。
簡単に言えば、陰謀論などを信じられる理由が、それを遮断するのである。

つまり、俺が言った、トランプ大統領とトランプ政権に責任を押し付けるというのは、アメリカに手を差し伸べられるようにする伏線である。



人間というのは、キッカケがないと動けない。
要は、自分の制御というのは、難しいのである。

アメリカの大統領選挙という、キッカケで、上記の事が出来なければ、左脳にもうそのチャンスは訪れないだろう。



人間が浅はかなのは今に始まった事ではない。



左脳が動かなければ、その後に生まれた元右脳にまで順番は回ってこないと言えば、俺(元右脳)が関係ないという事が、簡単に理解できる。
理解できなければ、左脳は、この世に負けただけの話であり、それは、この世の常である。



20/11/14
USA

お門違いだ


大人になっても、泣いて煩くすれば相手にして貰えると思っているのか?

朗報だ。
日本にも、そういう専門店はある。
「大人 バブー」で検索して、相手して貰え。

あいにく、俺は、そのお店の店員ではない。



20/11/17
USA

アメリカが北朝鮮を使って、俺に挑発してきて何の意味がある?


左脳が俺を世に出さない限り、俺は動けないように神が創っている。
そして、次の時代は日本からだ。
日本を潰せば、世界は行き場を失う。
もちろん、俺は、左脳が俺を世に出さない限り動けない訳だから、左脳が左脳の世界をどれだけ潰そうが構わない。

そして、左脳が俺を世に出すのは、左脳の為であり、元右脳の為ではない。

その二つの観点から、俺は、俺を世に出されなくても、問題はない。


アメリカという国は、俺を世に出すのと、世に出さないのと、どちらが不利益かという事。
俺なら世界のバランスを見るが、世界のバランスが自然に崩れれば、アメリカは今までしてきた事の仕打ちを食らうだろう。
アメリカが自分で自分の首を締めたいなら、それで良いだろう。



言っておく、俺は世界で群を抜いて一番賢い。



20/11/21
IOC


俺が日本のトップに立っていたなら、IOCの希望通り開催の方向で進める。

その場合、森氏ではない者に引き継ぎはお願いしておきたい。



20/12/02
USAおよび世界各国

俺は左脳のママではない


左脳は甘えるのが趣味らしいな。


三体問題は解けないが、想像的三体問題は解ける。だから、俺が、自然と左脳の問題を解いて、左脳に干渉して教えているだけの話だ。
自然と左脳の問題は、自然と左脳で解くしか方法はない。

左脳による右脳への途中報告は要らない。
左脳が左脳の世界で、俺を世に出せなければ、全ては無意味だからだ。


左脳は、このあと、右脳の動きを見て、自分で考えて答えを導き出さなければ生きていけない。
それは、右脳から恵みを貰う事ではない。自分で恵みを作らなければならない。という事。
つまり、実力不足では、どうせ生きられない。

また、右脳の足を引っ張るのは目に見えているが、そのときは、奴隷になるしかないだろう。
頑張れなければ、この世では生きていけない。
要は、日本の右脳の動きを左脳が見て考えられるまで、左脳は耐えないといけない。それは、左脳が左脳自身で実力を上げて頑張る事であり、このとあとに繋がる。という事。
奴隷になりたいのなら、頑張らなくてもなれるが・・・。



俺を世に出せない程度では、奴隷が目に見えている。
それであれば、このまま自然の地獄の中、死んだ方がマシだろう。

まあ、良く考えて選択すると良い。
これは、飽く迄、左脳の問題だ。
この事で、左脳がミスをしたならば、その責任は左脳しか負えない。という事。
要は、自然的に、右脳に甘えを持ち込めない様になっている。という事。

これを、若者が見れば、年上をどう思うだろうな。



20/12/04
USA

カジノ 外国人 非課税


交渉(売買)のページの理論にある様に、同等でない行為は、経済を悪くします。

要は、個だけで考えた場合に、利益は出るでしょう。でも、全体の経済が下がります。
こうして、経済を悪くし、日本から手を引けなくなっているのが、アメリカです。


要は、経済を良くする方法を、アメリカは拒むのです。でも、経済は良くしたい。
そんな方法はありません。
経済を悪くする方法を取ったならば、それは、経済は悪くなります。


これで、実証できたでしょう。
左脳では、右脳の思考の動きを見て考えないと、使えない。という事が。

つまり、俺が言う、日本から手を引く様に。というのは、合っています。



そして、大事なのは、アメリカが経済に関して詰んでいる。という点です。
目の前の利益を取る為に、全体の経済が見られない。また、その頭、実力がない。と、はっきりと言えます。



もちろん、実体経済と株価が合っていない。というのも、上記の理論に反していて、経済を悪くする要因となります。



日本から手を引き、日本の右脳の思考の動きを見て、アメリカの経済をアメリカ人の手で立て直す事を推奨します。



20/12/21
USAおよび世界各国

俺を世に出すなら


バイデン氏は、俺を世に出すときに、トランプ氏、トランプ政権、トランプ氏の周りが、俺にした事を一つ一つ挙げ、詫びる事。
(例 北朝鮮を使い、ミサイルなどで脅してきた、等)


1月21日(俺を世に出す)までに、米軍および基地を日本から全撤退させる事。アメリカとの交渉事の不公平は全て解消している事。


世界の国々が日本から手を引いている事。


一つでも、一ミリでも欠けていれば、俺が何かをする事は一切ない。(時間が恐ろしくない為、妥協は一切できない)
左脳には、左脳の望み通り、このまま地獄の中、死んで貰う。



1月21日を過ぎて、これらが出来ていない、また、俺が世に出ていなければ、俺は、この件から降り、崩壊後へ向けて専念する。



20/12/31
世界各国

USA振り絞る最後の手段


アメリカは、ここずっと駄々をこねる事しか出来ていない。
つまり、俺の理論に対し、考えている振りをして、最終的には駄々をこねて思惑通りに進よう。という赤ちゃんの秘技を行う事しか、ここずっと出来ていないのだ。

これは、左脳 対 自然である。


動物の観察で、動物が駄々をこねて狩れている様子を見た事があるだろうか?ないだろう。

つまり、アメリカは、このまま餓死をする方向で進めているのが分かる。



別にアメリカでなくても、少しでもマシに死にたいのなら、自分の国で俺を世に出す事を推奨する。
ただ、日本が俺の手に渡らなければ無意味にはなるが、全人類は、このまま餓死を希望するアメリカと、少しでもマシに死なそうとする俺のどちらをとるだろうか?



俺が、生きられない実力を模している知能を扱うアメリカや左脳の策士に従う事は絶対にない。どうせ、死ぬのなら、別に俺の力は要らないのだから。



21/01/01
トランプ氏がゴルフをする。

まあ、議題に乗らない。と言いたいのだろうが、自然を相手に議題に乗らなければ死ぬだけである。
食べ物を狩るのが嫌だからと無視すれば、餓死をするだけだ。
右脳の手が届かないところで、左脳が自殺をする。というのなら、止める事は当然、自然的に物理的に出来ない。お好きにどうぞ。



21/01/05
USA

トランプ大統領は女性を困らせるのが趣味なのか?


トランプ氏は、俺の弱みを握ろうと、多くの女性に無理やりハニートラップを仕掛けさせたいみたいだ。
その多くの女性が俺に困った顔を見せる。
俺は、そもそもハニートラップには引っ掛からない。それがトランプ氏に脅された女性であってもだ。


言ったはずだ。
花と蜂の例を使い、花粉を作る事に関して蜂は全く関係ない。
つまり、俺に、どれだけの弱みがあったとしても、俺が、この世を解いて提示した条件を無視する事は出来ない。

俺は、昨年の年末年始に、こうも言った。
俺を世に出さなかったツケは、俺には手が出せない。
つまり、世界が酷い有り様になった責任は、左脳がとるほかない。



アメリカ人に、アメリカから出て行く様に言っている訳ではない。
アメリカではない、日本から手を引く様に言っている。

アメリカが、アメリカではない日本から手を引けなくて、左脳を滅ぼす事を全人類が納得するのか?


新時代に対抗する頭脳は、現在、俺しか持っていない。
でも、そうさせたのは、アメリカであり、左脳だ。
俺は何度も、俺を世に出すように言った。
全ての責任は、アメリカおよび左脳にある。
そして、これは、左脳でしか解決が出来ない。なぜなら、左脳の世界の問題だからだ。



アメリカがアメリカの為に世界を酷い有様にした責任を背負って次の時代を生きていくには無理がある。
トランプ氏およびトランプ政権、トランプ氏の周りの者は、悪事だと知っている訳だから、覚悟の上で行っている。
だから、全ての責任を、悪事を行ったトランプ氏およびトランプ政権、トランプ氏の周りの者に押し付ける様に言っている。

何も知らないバイデン氏側が正義としてアメリカを引っ張って行けば、トランプ氏およびトランプ政権、トランプ氏の周りの者を覗いたアメリカ人と同じ境遇の、トランプ氏に流された世界各国の首脳や国民も同じ様にして、正しい方向に歩いて行ける。
そうすれば、全ての国が平行線で次の時代に進む事が出来る。



日本としても、国の責任者である地方を含め政治家(俺が手を出された心当たりがある2017年10月時点からの政治家)を全員と、政治家に深く関わった者を刑務所に入れる。



21/01/06
俺を世に出したのか?
煩くされる理由はない。

患者に一番効く薬は、そこに医者が居る事だ。
俺が世に出ていないから、酷い目に遭っているのでは?


俺は、既に一番良い方法を教えている。
あなたの悪い頭を俺に押し付けるな。



今日の投稿は、イギリスとフランスが仕掛けてきたものであり、それをアメリカ(共和党と民主党)が、俺に脅しをかけてきたものである。
これにより、アメリカ、イギリス、フランス、この三国が、世界を酷い有り様にした張本人だと、俺は公表する。



21/01/14
世界各国

生きたいのか死にたいのかが鍵である


左脳が生きる死ぬという権限は、左脳にある。
そして、これは、自然 対 左脳の問題である。
つまり、右脳が何かするには限界がある。という事。
だから、左脳同士で、死ぬのか、生きるのか、話し合わせる為に、邪魔な右脳は引っ込んでいたが、左脳は、右脳に引っ込む暇も与えなかった。


知性というのは、1+1=2を理解できる事である。
動物脳というのは、自然に対し学習できる能力である。

まず、俺が理論で教えていた事は、知性への働きかけである。
そして、自然が左脳に攻撃しているのが、動物脳への働きかけである。

結果として、俺を世に出せていない事が、左脳は、知性と動物脳の働きが不十分である事を示す。
つまり、左脳との対話が絶対的に出来ないのである。



譲歩案は、アメリカ、イギリス、フランスにより破棄されました。
USA VS Englandで教えた通り、差別により経済は良くする事が出来る。
つまり、動物脳的に、譲歩した場合、アメリカ、イギリス、フランスは、経済良好を邪魔しますよ。と俺に言ってきたのである。
それだと、世界の状況は、殆ど変わらないと言える。

だから、アメリカ、イギリス、フランスには制裁を与え、世界を良好にする行為に入ってこない様にさせないといけない。

知性と動物脳が使えない以上、あとは、左脳が本当に生きたいのか死にたいのかだけである。
あとは、左脳のみで生きるのか死ぬのか話し合うしかない。

世界が一変した後に理解をしても、助けは一切ない為、死んでいるのと同じだ。
アメリカに一言いうなら、世界の有り様をよく見ろ、これが現実だ。



21/01/15
左脳は間違った方向に歩いている事は気付いている。そして、俺の言っている事は合っていた。
つまり、アメリカの言いたい事は、俺が提示した生きる方向が難しく歩けない。という事だろう。
だが、それは、死ぬしかない。

俺が提示した事は、この世を解いたものであり、この世を生きる一番下の事だからだ。

当たり前の話だが、左脳が生きる方向に歩かない限り、左脳の事は、右脳である俺には、どうにも出来ない。


今、左脳は間違った方向だと知りながら、間違った方向に歩いている。そして、これを死にたいと言うのだ。
左脳が生きる方向に歩くのなら、俺にも手伝える事は出てくるが、死にたいのなら手伝える事はない。

方向を変える為には、俺が、生きたいか、死にたいか、だと言っている事が良く分かるはずだ。

要は、宝くじで10億円が当たらなければ生きる行為はしない。と言うのなら、それは後ろ向きであり、この世では死にたい。と言っているのと同じ事なのだ。
例えば、右と左で、食べ物があるかないかの分かれ道だとする。運に任せるのであれば、それは何れ死ぬ事になる。それは、食べ物のない方を選択し続ける確定した確率があるからだ。簡単に言えば、運任せで食べて行けるのなら、全員がギャンブルで食べて行けるという事。

つまり、アメリカは、運良く食べ物のある方を選択していたが、今、食べ物のない方を選択し続け、困惑しているのだろう。
これが、この世だと知るしかない。
なぜなら、この世では良くある事で、魚が生きる為の食べ物だと思って、釣りの針に持っていかれる様子を良く見かけるはずだ。その後、魚は運命を遂げる。



アメリカが、アメリカの思惑通りにならなく俺の家を目掛けて煩くしてくる日々が、13ヶ月を過ぎている。
ほぼ毎日、朝から晩までだ。

自然では、国の法律にあたるのが、核である。

例えば、強盗犯を法律なしで捕まえ閉じ込めるのと、法律ありで捕まえ刑務所に閉じ込めるのは一緒なのか?
強盗犯や警察に聞いてみると良い。これは全く異なる。

つまり、俺を世に出すのと、出さないのとでは、全く異なるのだ。
それを神は、核により、仕組みとして成している。

また、法律がないなら50までしか出来ないが、法律があるなら100まで出来る。
つまり、俺が今までやってきた事は、俺が世に出されなくて出来る事まで、だと理解できるだろう。


アメリカや他の国が、本当に死にたいのなら、要らぬ情報だろう。

俺が神の創った仕組みに逆らえる事はない。
左脳の生き死には左脳に権限がある。本当に死にたいのなら、好きにして貰って構わない。



左脳が、大きく引っ掛かっているのが、俺の優しさだろう。
これは、甘えさす為ではない。仕事が出来る。または、仕事が丁寧なだけだ。

仕事が出来るさま、仕事が丁寧なさまは、優しく見えるのだ。

今、日本でもドラマをやっているが、ファッション雑誌の編集長が雑用係に手を抜いているさまは、雑用係に厳しいのではなく、編集長が仕事が出来ない。または、仕事が丁寧ではないというだけの話だ。
まあ、その分、自分の仕事に集中できるが、底は知れてしまう。要は、どこかでボロが出るのだ。まあ、ドラマでも、その描写をするつもりだとは思うが。



   挑戦を受けて立つ  

左脳の文化消滅決定により、一部解禁になったので、挑戦を受けて立ちましょう。



20/01/31
宇宙空間は丸い?

宇宙空間は丸い。という理論を出す者が現れました。


宇宙空間は無重力です。
簡単に言うと、水が地球の重力で、大気が無重力となります。
大気にも、水はあります。それは、水蒸気です。 つまり、重力がゼロに近い重力が無重力です。



太陽は水蒸気の塊である、雲。
地球は、水。
月は、陸です。


宇宙空間が丸いと粒子は、中心に集まります。
つまり、地球や月の遠心力により、銀河などの塊が、宇宙空間の中心に集まるなら、宇宙空間は丸いと言えます。
ですが、こうした集まりは、点々としています。
その事から、宇宙空間が丸いという事はありません。



20/02/01
自由は甘い?

元日産の会長であるカルロス・ゴーン氏が、日本からの逃亡後のインタビューで、「自由は甘い」と得意げに言いました。

自由は、なぜ、甘いのか?
簡単な事です。思うとおりにさせる為です。

魚が釣れるのも、この自由の甘さによるものです。
自然の魚しか食べない。という規律の厳しさなら、釣りで魚は釣れません。



はたして彼は、
自由の甘さの中をスリ抜けて、逃亡に成功したのか?
逃亡という餌をぶら下げられ、自由という甘さに負けて、大金を逃亡屋に巻き上げ(カモ)られたのか?



箱の中に餌を仕掛け、獲物が入ったところで扉を閉め、獲物を手にします。
ところが、金持ちは捕まえて逃せば大金を与えてくれます。
不思議なものですね。


[ 金持ちは捕まえて逃せば大金を与えてくれる。]
これを、カレの成功を労い、カルロス・ゴーンの法則としましょう。



「カルロス・ゴーンの法則」という映画が出来上がったら、僕も見たいものです。
悪い事をして、逃げ切ったカルロス・ゴーンが勝者なのか?
逃亡屋が一連を仕組み、カルロス・ゴーンをカモったのか?
検察側が、保釈金を勝ち取ったのか?
はたして真相は?



自由の中を生きるのは、難しいものです。



20/03/17
孫正義

ニュースでHに苦言をさされた。とありましたが、Hに何か言われるまで落ちてはいないと思っていますが。

定義があり、チャカチャカしているときはシンプルに。逆にシンプルに行っているときはチャカチャカしたものを。
イメージでは、家。
a.シンプルな土台があり、b.チャカチャカした部屋部分。そして、c,屋根があり、d.飾りがある。

aが病院。bが医療従事者。cは感染者。dは非感染者。
今は、cが騒いでいるので、対応は、bである。

なので、簡易検査キットは、良いところをついている。
ただし、騒いでいる。ということはチャカチャカしているので、チャカチャカした贈り物は駄目。
検査キットから、医療従事者へマスクを。という事ですが、検査キットは事を動かせるが、マスクでは事が動くとは言えない。
なので、シンプルに医療従事者に賞与的なものを与えるのが、動かす意味でも良い。
要は、人件費で人を動かす。
経営者的にも良いのでは?


ちなみに、僕は、人類が戦争下の様な生活を決定付ける前に動いていたので、あしからず。



20/03/18
日本の政治家

茶番を見せる程、余裕を見せられているみたいなので一つ。

日本の政治家が邪魔なのは、各国の政治家にとっても同じである。
僕が、何の理論もなしに、それを言う訳はない。


各国の政治家は、日本の政治家を通して、日本の果実を受け取りたい。

ただ、今回は、成長なので、日本の政治家の役割が各国の政治家に移転する。
要は、規模が変わり、日本という括りが、世界という括りになる。その繋がり方や内容は異なる部分があるが、形はほぼ同じである。

横の繋がりでも、ドイツがアメリカを牽制している様に、日本がアメリカなどを牽制する事はあるが、それは縦でも高さでもなく、幅の繋がりになる。


日本の政治家が日本を食い潰すと、各国の政治家は日本の果実を受け取れない。
なぜなら、日本の政治家が種となる果実を食い潰すから。
簡単に言うと、組の取り分を若頭が荒稼ぎして横取りする様な事である。

今の状況を見て分かる様に、日本の政治家は、食べるはずの果実ではなく、種にする果実を各国に渡している。
種にする果実を渡せば、果実は実らないどころか、日本は廃る。実際、その通りに事は進んでいる。



当たり前の話だが、左脳という種が得た絶滅する権利を元に戻す事は誰にも出来ない。
空間に時間が付いていて、左脳という種の時間が切れる前に、右脳を取り入れなかった左脳の責任であり、俺を世に出す事が交渉にならないというのは当然の話しである。なぜなら、左脳という種が、生き残るか絶滅するかの話なのだから。

元右脳である俺たちは、俺の頑張りにより生き残る権利を得ているので、あしからず。
簡単に説明すると、クマノミのメスが亡くなると、オスがメスになるという理屈である。

ちなみに、抜き取った野菜は生きているが、土壌が無くなれば、そのうち死ぬ。今の左脳はこの状態である。

さらに、恐竜の絶滅原因が複数、言われているのは、離婚する理由が一つでないのと同じである。



本物は出来ないが、空想なら出来る。
日本の政治家ではない人たちへ
俺に頼るなら、記者会見で堂々とした発表をテレビの前で待っている。



20/06/20
USA VS England


今回は、アメリカとイギリスの首脳の対決を見たいと思います。
外国の事はあまり知りませんが、首脳というのは、指導者であり、大事な権限を持つと聞いております。



トランプ大統領は「強い経済が差別を左右する」と言いました。
ジョンソン首相は差別的発言があったチャーチル氏の像に関して「歴史を知る事で得られるものがある」と言いました。
また、イギリスのバンクシーは「奴隷商人の像と、それを壊す人々の両方を残すべきだ」と言いました。



正解は、差別をする、しない。を使用する事で、経済に影響を与えられる。
要は、差別で経済を左右できる。
逆に、経済で差別を左右する事は、ほぼ出来ません。

例 盗みを働き刑務所に入れる(差別をする)。
盗みをされると経済が悪くなるから刑務所に入れる。とすると、盗みが理由でなく、経済が悪化する理由で刑務所に入れる。となり、倒産させた人も経済悪化を理由に刑務所に入れる事になる。でも、倒産を理由に刑務所には入れない。
盗みを理由に刑務所に入れる(盗みをした人を差別をする)。すると、経済が良くなる。
つまり、差別をする事で、経済を良くした。
差別をする事で経済が上下する。差別をしない事で経済が上下する。なので、差別で経済を左右できる。



ジョンソン首相やバンクシーは、正解は知らないけど、歴史を残す事で、正解への道標を残そうとしています。
また、勘が鋭いとも言えます。
ところが、トランプ大統領は、正解と全く逆の事を言っています。

イギリスに軍配が上がりました。


BBCニュースを見ていても、経済を口にする事なく、差別に関心があるようでした。
この結果を得て、ジョンソン首相は支持率が少し上がるかも知れませんね。



20/06/21
世界の権力者は、無碍な差別を続行して経済をさらに弱体化させるのか? それとも、差別を止めて強い経済を作るのか?
これが、神が作りし、この世だ。



20/09/15
左脳にこの世を生きる実力はないという意味


白人と黒人
黒人は白人よりも前に生まれた種である。

左脳と右脳
右脳は左脳よりも後に生まれた種である。

分かり易く言うと、内臓と外付けの違いがある。


俺が、なぜ、サイトを使って右脳の思考内容を発信しているか?

テレビとビデオデッキの後ろをご覧頂こう。
赤と白と黄の端子を入れるところに、入力と出力と書いてある。

つまり、俺の右脳の思考内容を発信する行為は、(ビデオ側の出力に)赤と白と黄の端子を繋ぐ行為だという事である。

俺は、左脳に、左脳の世に俺を出す様に何回も促した。
それが、左脳(テレビ側の入力)の赤と白と黄の端子を繋ぐ行為になるからだ。

端子を繋ぐ事は、この世で他の種と 共存 します。という宣言である。
つまり、左脳は、右脳と共存しない。とこの世に宣言している。または、宣言した。となる。


また、テレビ側の赤と白と黄の端子を繋がなければ、テレビの画面でビデオを見る事は不可能である。
つまり、俺を左脳の世に出さずして、右脳の思考内容を左脳の世で使う事は不可能なのである。

簡単に言えば、俺をないがしろにすれば、左脳はこの世から、ないがしろにされる。
そして、元右脳は、左脳の前に生まれたものの赤と白と黄の端子に繋がれる事になる。



ついでに言っておくと、ブラウン管テレビの画面を良く見ると、網目から色が出ているのが分かる。これを国民一人一人とする。
テレビを見るとき、画面はテレビを表している。
一方、ビデオを見るとき、テレビの画面は、ビデオを表している。

左脳が主導すると、テレビの画面。 右脳が主導すると、ビデオの画面。
つまり、左脳の世で、右脳の思考内容を使うという事は、右脳が主導権を握る。という事である。



これは、この世の仕組みであり、人間が、何か変えられる代物ではない。

俺が左脳に、俺を世に出して、日本に手を出さず、俺を日本のトップにする事。と言った事は、この世で左脳が普通に死ぬ為の一番下の事である事が理解できるであろう。
左脳にこの世を生きる実力はない。と何度も言ったはずだ。



神と悪魔

神は、厳しいが、良い現実を与える。
悪魔は、優しいが、悪い現実を与える。

自分にとって、先に生まれたものは、厳しいが、良い現実を与える。
自分にとって、後に生まれたものは、優しいが、悪い現実を与える。

自分の後に生まれたものは、自分をサポートしてくれる為、優しい。
(参考 三体問題
この世に左脳という人種がいた。
左脳は、この世の厳しさに耐えられず、左脳の後に生まれた右脳の働きで、左脳に与えられている厳しさを乗り切ろうとした。
要は、右脳が右脳の働きで、この世を生きられるなら、それを奪って、左脳を生きられる様にしようと考えたのだ。

左脳と右脳を、地球と月 で見ていこう。
月はどう頑張っても、地球にはなれない。
地球も同様に、月にはなれない。
つまり、月の頑張りは、月が生きる為のものであり、それを地球に当てはめる事は出来ないのである。
月は、地球の動きをしないのだから、当たり前である。

つまり、右脳の働きは、右脳が生きる為のものであり、左脳が、それを奪う事など不可能なのである。右脳は左脳の動きをしないのだから。
俺は左脳に、この世を生きる実力はない。と何度も言ったはずだ。



左脳が、俺を世に出せず滅んで行く事は、左脳の動きをしない右脳には全く関係のない出来事であり、左脳全体、また、左脳一人一人の責任である。



今から、左脳の世に手を出しても、出来るところまでしか出来ない。
つまり、右脳にとっては、左脳の世が滅んでから、取り組む方が楽と言える。



日本の政治家が、日本で政治家でいられる。という事は、左脳が地獄の中、息絶える。という事になる。
左脳と右脳は、コードが繋がっていない為、左脳の世は、左脳の好きにして貰うしかない。
まあ、今から、俺が手を出しても、地獄の中、息絶える。よりはマシくらいにしか出来ない。
言うまでもないと思うが、自然の時間は動いている。左脳がモタモタしている程に、地獄に近い方になる。



この世を生きる事が、誰が、簡単だと、言った?



20/09/18
正義って?

昨日、法律の無料相談に行ってきました。
弁護士は、相談内容を見るなり、唐突に、「正義をする気はないのか?」と言ってきた。

相談内容
トイレットペーパーを包装してあるビニール袋ごとトイレに置いていたら、ビニールの底に印字がしてあり、トイレのクッションフロアに付いた。というもの。
トイレットペーパーは、それはトイレに置く。だが、ビニール袋の全面に(印字含め)ペイントしてある。(袋は捨ててしまってある。)
一般に、インクがクッションフロアに付くのに、二ヶ月。
トイレットペーパーを製造している企業が言うには、一人暮らしで、1.5倍の8ロールを使い切るまでに、二、三ヶ月という回答。
インクがクッションフロアに付くと、化学反応する為、取れる事はない。
トイレの床を張り替えるのに、二万円から七万円(ネット調べ)。

弁護士が言うには、正義の為に、損害賠償を抜きにして、他の消費者の為に、企業に直すよう促さないのか?という事。

その弁護士は、弁護士が相手するのは、着手金十万円からだと言う。

相互作用というものがあり、磁石は、S極とN極という相互作用。
ビジネスというものは、売る、買う。という相互作用。
0から作り1にして売る。買って1を使い0にする。ここまでが、ビジネスの相互作用。

つまり、使っている途中の出来事である以上、僕の方もビジネスである。

弁護士の先生、俺に第一声「正義をやる気が・・・」何て言いました?



では、弁護士が得意な文系。俺の苦手な分野である文学の話をしましょう。



表3に照らし合わせます。

主(核なし) = 良いも悪いもない(何もない)。
副 = 良い事
核ありの主 = 悪い事
頭側 = 悪
体側 = 正義(善)

上から順に、この世に生まれています。


何も問題がない事は良い事である。で、良い事が生まれる。

悪い事は、想像的に良いも悪いもないを受け継ぎ、物理的に良い事を受け継いでいます。
何もしない事は悪い事である。
(何もないから何もしない。事が悪い事になった。)

悪は、想像的に良い事を受け継ぎ、物理的に悪い事を受け継いでいます。
真剣にボコボコにする。
(真剣が良い事で、ボコボコにするが悪い事。)
正義(善)は、想像的に悪い事を受け継ぎ、物理的に悪を受け継いでいます。
戦隊ヒーローは、暴力を使い、悪者を制圧する。
(暴力が悪で、制圧が悪い事。)

つまり、正義とは、悪い事と悪を併用したものである。



前にも言ったが、上の事をすると、下の事は含まれる。

トイレットペーパーの企業は悪い事をした。
損害を賠償する事で良い事をする。
すると、良いも悪いもない元の状態に戻る。

訴える事で悪い事をして、損害賠償(金)を払わせる悪を行い、正義を全うした。


ちなみに、弁護士の先生の言う、正義は、
企業に真っ当に行う様に促し、良い事をする。
ただ、自分には、恩を仇で返されているのと同じ事になっていて、悪い事になっている。

良い事をして、見返りが悪い事なら、それは、失敗だ。



正義を使う


今回のトイレットペーパーのビニール袋の印字の件は、クッションフロアに置いておいたら、確定的にインクが付きます。
つまり、企業側に100パーセント、非があると言えます。
ただ、張替え費用的に、泣き寝入りになると、今回の法律相談で言われました。

こういう商品の不良で、困っている消費者は多いです。

ここで、アメリカのマクドナルドコーヒー事件を思い出しましょう。
つまり、こっちは本当に、企業に、億を超える賠償金を払わせます。
すると、他の企業にも圧力が掛かります。

億を超える金額を払うなら、消費者に迷惑をかける前に直そうとするでしょう。

つまり、全部の企業に影響が出るので、多くの消費者が喜ぶでしょう。

正義は、悪い事と悪を行います。
多くの企業に圧力を掛ける悪い事と、億を超える賠償金の悪を行い正義を全うする。



ちなみに、携帯料金の値下げは経済を悪くします。
行政が注目視するのは、売上金額と税収です。

携帯料金を下げても、売上が減ったり、税収が減ったり、解雇される人が出たら、政府にも都合が悪くなります。
どうしても三社の利益を下げたいのなら、携帯料金を下げるのではなく、その分を従業員に割り当てます。(従業員が消費をするので、経済にも良い。)
従業員が頑張り売上を伸ばせたなら、一回や二回ではなく、ずっと続くとなれば、何か出てくるかも知れません。



携帯料金値下げによる、消費者に喜ばしい事は、上の賠償金で行える。
そして、三社の利益に関しては、下の従業員に還元で、経済にも良い。(ただし、これは、起爆剤である。)

左脳は俺を世に出せないみたいなので、今のうちに、 菅総理が行えば、にはなりますが、ソフトバンクの法人税のときには、プロ野球に迷惑をかけたので、借りは返しておきます。



20/09/25
人間に飼われない様に


ハイエナ
他の動物が捕らえた獲物を横取りする動物として有名である。
だが、ハイエナは、これが仕事である。

例えば、ライオンが狙うシマウマは、ライオンよりも弱い。
つまり、ライオンにとっては、食べ物が目の前まで運ばれてきている様なものである。

人間に飼われた動物は、自然の世界に帰れない。と言われている。
つまり、ハイエナがいなければ、ライオンは、自然の世界で生きていけない。と言える。



ジブリが、場面写真を常識の範囲で提供を開始しました。

アメリカでは、こういう場合、Tシャツ等にして売っても構わない。とコメンテーターが発言していた。

だけど、自然の世界では、常識の範囲内で、ちゃんと対価を払わなければならない。
それは、相手がどう言おうとだ。

なぜなら、人間に飼われる事になるからだ。
人間に飼われた人間は、自然の世界を生きていけなくなる。

アメリカが、なぜ、自然の世界を生きられない程、実力を落としたのか?
それは、人間に飼われているからである。



この世の掟があり、自然の世界を生きられない者は、見捨てなければならない。

例えば、自分のパートナーが、今日は100万円頂戴。明日は200万円。明後日は1000万円。と毎日、言ってくるなら、自分はどうなるのか?
闇金などに借金でもされれば、簡単に自殺に向かうだろう。


自然を見れば、皆が共存を前提として生きている。
共存をしない者は、この世では決して生きられない。

つまり、自然の世界を生きられない、共存しない者は、必ず、見捨てて生きなければならない。



20/10/01
駆け引き


俺に駆け引きを挑む者が現れたみたいだが、惨敗みたいだ。
相手が駆け引きを仕掛けたあと、負けを認め、俺の家の上をヘリや飛行機を飛ばして煩くしやがる。



駆け引きは主に二つに分類される。

a 女性が男性に荷物を持って貰う。
b 男性が女性の荷物を持ってあげる。

アメリカが仕掛けるのは、a。
俺の仕掛けは、bである。


駆け引きは、自分、相手、第三者の三つに影響を与える。

女性が男性に荷物を押し付ける。では、まず、相手と第三者からマイナスを貰える。
そして、相手に押し付けられれば、自分はプラス。相手に押し付けられなければ、自分もマイナスとなる。

男性が女性の荷物を持つ。では、まず、相手と第三者からプラスを貰える。
そして、自分が女性の荷物を持てば、自分はマイナス。自分が女性に断られれば、自分は楽が出来るからプラス。



アメリカが得意としているaで何が起こったのか?

アメリカは中国に対し、貿易で赤字を減らしたい思惑がある。そこで反発する中国とで、米中貿易摩擦が起こった。すると、米中貿易摩擦で世界経済は悪くなった。
つまり、この場合の第三者は、世界経済になり、悪化しているので、理論通りマイナスである。

これをアメリカの自国で起こしたとしよう。
A社がB社に、aの駆け引きを起こした。すると、B者は当然、対抗する。すると、アメリカ経済は悪化する。
つまり、自分の会社の為に、相手の会社と自国を悪化させたのだ。


アメリカの大統領が、知事に対し、呼吸器で、aの駆け引きを起こした。
すると、呼吸器が遅延すれば、アメリカ国民の命が危険に晒される。少しでも遅延していれば、国民は大激怒するだろう。



つまり、アメリカの大統領は、不動産王になる為に、アメリカの経済を貶めた事になる。
これでは、サラリーマンとして、英雄とは言えない。
コロナの対応として、アメリカ国民の命を天秤にかけて、民主党の知事を脅した。これは、民主党の知事のお手柄と言える。州の民の命を救ったのだから。



勝つ。とは?


固体実体、液体実体、気体実体、気体実態。の四つで生まれた順に照らし合わせます。

固体実体 = 勝てない
液体実体 = 負けない
気体実体 = 負ける
気体実態 = 勝つ


核というのは空間に勝ってはいけません。なぜなら、空間が核と同一のものになるからです。
同様の理由で、空間は核に負けてはいけません。

負ける。というのは、想像的に勝てないを受け継ぎ、物理的に負けないを受け継ぎます。
勝てないが負けない。というのが、負ける事になります。要は、負けない状況で勝てないので負けるとなる。

勝つ。というのは、想像的に負けないを受け継ぎ、物理的に負けるを受け継ぎます。
負けないが負ける。というのが勝つ事になります。要は、負ける状況で負けないので勝つとなる。
(参考 交渉(売買)



テレビである日本人が、今のアメリカの大統領が中国を攻撃している姿を見て、大絶賛をしていた。彼が大統領でないと出来ない、と。
つまり、アメリカの大統領は、大統領でないと出来ないので、国 対 国のレベルである。
国 対 国で、一番下の実力の勝つを行っているレベルである。



俺は、世界でただ一人。今の危機的状況にならない様に頑張った。
そして、年末年始の交渉まで持って行った。
ただ、残念ながら、相手の実力不足で、相手が自ら滅んで行ってしまった。

頭は体の一部である。だけど、
体を鍛えても、頭は賢くならない。
頭を賢くしても、体は鍛えられない。
つまり、左脳の実力不足は、完全に左脳自身の問題である。

なので、俺は、国 対 国の上の、一人 対 国の上の、一人 対 一人を除く全人類を相手に、一番上の実力の勝てないを実行したのである。
つまり、俺は、一人 対 一人を除く全人類で勝つ。一人 対 一人を除く全人類で負ける。一人 対 一人を除く全人類で負けない。一人 対 一人を除く全人類で勝てない。という全ての実力を持っている。
これが、神の使いを名乗れる実力である。



花は蜂に負ける事で繁栄に成功している。
花は蜂に蜜を取られ負けたが、花粉を運ばして勝っている。

だから、俺は言った。
実力があるなら、俺の言っている 俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす事が、既に出来ている、と。

左脳は、日本から手を引き、日本の右脳の動きを見て、自然の動きを見て成長した事と似た様な事をする事で、新たな力を手に出来る。



20/10/13
人間のゴミクズ


生まれた順に、厳しさ。優しさ。甘え。辛い。

相手に厳しくされると、自分は優しくなれる。
相手に優しくされると、自分は甘えっ子になる。
相手に甘えられると、自分は辛い思いをする。


自分が厳しいなら、優しくする事で厳しさを抑えられる。
自分が優しいなら、甘える事で優しさを抑えられる。
自分が甘えん坊なら、辛い羽目に遭う事で甘えを抑えられる。


辛い人には、甘えさせる事で辛さを和らげる。
甘える人には、優しくする事で惨めにさせ、甘えを堪えさせる。
優しい人には、厳しくする事で背筋を伸ばさせて、優しさを強くさせる。



20/11/11
アメリカの闇


生まれた順に、闇、光、本物、影の四つである。
アメリカの闇の闇は、この四つに分けた影の部分である。


表沙汰には、政治は誠実でなくてはならない。
影は、この誠実を無視できない事を既に知っているだろう。

つまり、本物あっての影であり、影が本物の真似事は出来ない。という事。



影が本物の真似事をすると、意味が反転する。
要は、影が本物の様に表沙汰に世界を動かそうとすると、世界を潰してしまう。

だから、影は、本物の後ろに隠れていなきゃならないのである。
現に、アメリカの闇は、表立って名乗らない、名乗れない。
つまり、影は潜まなきゃ生きられない。という事。

また、影は本物に勝ってはならないという規律がある。
本物に勝てば、潜む場所が無くなるからだ。
つまり、影よりも本物の方が上で、影は本物に物は言えない。表(堂々と)でも裏でも「くすねる」のである。



ただし、くすねられるのは、25パーセントである。または、余った分となる。

よく脳は25パーセントしか使っていないと聞くだろう。それは、体が75パーセントを使用しているからで、脳は体の一部である。
例えば、普通に歩く場合でも、自分の強弱を無視して、75パーセントの力でしか歩けていない。まとめて言えば、重力が残りの25%を奪っているのである。

つまり、脳での支配は25パーセントであり、影の支配も25パーセントしか出来ない様になっている。という事。



本物から25パーセント以上、搾取すると、世界を潰してしまい影がより薄くなってしまう。
なので、影というのは、24パーセントまでしか絶対、搾取しないのが掟である。
影が多く、24パーセントで足りないなら、影同士で争うしかない。
ここで、本物に手を出してしまうと、本末転倒になるからだ。


そして、本物も、また、影の真似事は出来ない。
本物が誠実を無くせば、当たり前に世界を潰してしまう。


影が本物の地位について、くすねられる事はない。という事。


ちなみに、闇とは、ウジ虫の事を言う。分かり易く言うと、SNSで粋がっている奴らの事。
光とは、ウジ虫を強くするものである。太陽と重ねれば理解し易いだろう。



20/11/21
アメリカの実力


世界一賢い俺の意見に対し、NOを突き続けた結果が、この世界のありさまだ。
あげくに、自分の国さえも危機に陥れている。

今は、世界一賢い俺に任せ、手を引いた方が賢い選択なのではないか?



20/11/22
策士の頭が悪過ぎないか?


今の政府を良いように仕立て上げる。俺を国民の敵にする。という事をすれば、今の状況と同じく、国民は俺の言う事を聞かなくなる。
国民が言う事を聞かない状況で、俺が手を出す事は不可能である。

それは、外国でも同じ話であり、俺に敵対心を持てば、俺が手を貸す事は出来ない。



20/11/23

これを見て、神の思いが普通の人間には伝わるだろう。
そして、悪巧みは神により、通用しないようにされている。と理解できたのではないか?



今回の事で一番、理解がいるのは、今、左脳は、この世を生きられないレベルだという事。
自分では手に負えない。そして、手が出せる俺に何かをさせようとしない。これでは、終わるのは目に見えている。
何度でも言おう、これは、左脳の為であり、元右脳の為ではない。だから、左脳がちゃんとしなければ、どうにもならないのだ。



世界に同調するのは大事だろう。
でも、この世を生きられないレベルで同調して、何の意味がある?

ネアンデルタール人からホモ・サピエンスに移り変わったときに、石器が細かい用途で作られた。というのはご存知だろう。
新しい技術、新しい仕組みに変えていかなければ、人間が生きられる事はない。それは、今を生きる人間でさえ言える事だ。



20/11/24
神に審判を仰ぐ事にしよう


俺に対し、意味のない駆け引きを国連が持ち出してきた。
というよりは、また、頭のないアメリカだろう。


このまま進めば、神が審判を下してくれる。
左脳の世界が崩壊すれば、左脳は神に逆らい罰を受けた。という事だ。

これは、最も簡単だ。待つだけで事が済むからな。
そして、最も公平だ。
ただ、既に罪を受けている左脳には、未来が見えてしまっているところが酷かも知れないな。



俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす。
これは、神が仕組みで逃れられないようにしている。
だから、左脳が、この事で勝てる事はない。または、この事から逃れられる事は出来ない。
その事は、なぜ、俺が、全人類に虐められていて、日本を先導するのか?という理由にもなる。
ただ、俺の方は、左脳が滅ぶ事を決めている為、断っても問題はなく、左脳のように罰を受ける事はない。



トランプ氏を再選させて、または、バイデン氏を当選させて、右脳の思考なしで、このまま進めるか?
バイデン氏を当選させ、俺を世に出して、右脳の思考ありで進むか?

左脳が共存を選択しない以上、俺が左脳の世界に手を出せる事は殆どないので、あしからず。



20/11/25
121を待たずして、もう見捨てても良いか?


俺を世に出す気配すらないのが目に見える。

俺が何か教えれば、何か出来る。と思っているのだろう。
よーく考えてみてくれ。
俺を世に出す理由をほぼ全て言った。
出来たか?
出来ていないだろう?

左脳と右脳は反対思考になっている。
左脳で良い事は右脳にとって悪い事。右脳で良い事は左脳にとって悪い事。(これは、結果ではなく、内容である。)
出来ると思うか?
出来る訳がない。
現在、出来ない。というのを目の当たりにしているのが根拠だ。



俺から何か引き出そうとしているが、やれる事は既にやっている。
やっていなかったら、俺を世に出されたとき、俺が批判される。

そして、やれる事をやっている。という事は、駆け引きが通用しない。という事だ。
既にやっているから、駆け引きされる材料がないのだ。

説明すると、
想定して動いて準備を整える。すると、想定していた事がきたときに動ける。
やれる事を全てやっていたら、全ての準備を整えているから、どれがきても動ける。という事。



そちらは良いだろうが、大バカを相手にさせられる俺の身になってくれ。



20/11/26
アメリカから回答があった模様です。

フジのイットというテレビ番組より、1月での解散総選挙はないとの報告がありました。
つまり、俺を世に出す事はなく、人類は、右脳の思考なしで進めるようです。

生きる力のないアメリカの意向に沿う皆様方、この世を思う存分、楽しんで下さい。



20/11/28
正式に左脳の思考のみで、この世を進む事を確認しました。
まあ、それが二番目に悔いが残らないやり方ではないでしょうか。

あとで(今から)、俺を世に出しても、体力的に出来ないと思うので、絶対に頼れない事は覚悟しておいて下さい。



20/11/28
アメリカの望んでいる事は、この世を解けば無理がある


二体問題は厳密に解けるが、三体問題になると解析的に解く事は出来ないとされる。
つまり、自然と左脳とで厳密に解く事は出来るが、そこに右脳が入っても解析的に解く事は出来ないとされる。


自然から見れば、右脳も左脳である。
今、自然から攻撃を受けているのは左脳であり、右脳ではない。
右脳がアメリカの望むように左脳に下れば、当然、どちらも壊滅する。
だが、左脳が右脳に下れば、攻撃は右脳に下った分、回避される。


どちらも壊滅するなら、俺は死んだも同然なので、左脳に殺される方を取る。
すると、右脳は生き残れる。
俺が、左脳に下る事は絶対にない。という事。



仕事や金などで、俺を操ろうとしているみたいだが、それは論外の行為になる。

影が操るという事は、本物ではない者を作る事になる。
つまり、この世に抗えない人材を作っている。という事。
実際、俺を除き、この世に抗えている者はいない。


俺はバカだから、アメリカに逆らう事になっている訳ではない。
俺は世界で一番賢く、この世を知っているから、この世を知らないアメリカに逆らう事になっているだけである。



左脳が取れる選択は二つ。

一、このまま左脳のみの思考で進む。
二、俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす。


左脳が左脳だけで進めるのを試すと言うなら、121までは、俺は待っても良い。ただし、神(自然)が、そこまで待つかは知らない。
神(自然)が動けば、俺は、神(自然)に従い動く。
121でバイデン氏が俺を世に出さなかった場合も、左脳は見捨てる。また、それまでの左脳の俺への攻撃により俺の体力がなくなった場合も、自動的に左脳は見捨てる。



20/11/30
アメリカには仕返しをする事を断言する


二つ、お話を聞かせましょう。

家から火の手が上がりました。そして、おじいさんは飛び起きて外に出ました。

一人は、ハッと気付き、家に大金があると言い放ち、周りを振り切り家の中に入り、死亡してしまいました。

一人は、ハッと気付き、生き甲斐である先立たれた妻の形見を家に置いてきたのを思い出し、周りを振り切り家の中に入り、死亡してしまいました。


後者は、生き甲斐の妻の形見を無くせば、死んだも同然になる為、これで良かったのだと家族、周りとも納得はしました。
前者は、お金は、また稼ぐ事が出来るのに、哀れだと周りは言い、家族は肩身の狭い思いをして、おじいさんを戒めました。



「俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす」
これをするのは、左脳の為であり、俺の為ではない。
つまり、それを行うのは、直接、俺に関係のない事である。

俺が、右脳の思考を、この世に出せたがために、そこに俺が存在するだけである。


俺が右脳の思考を、この世に出した事は、左脳にとっても良い事だ。俺に何かしたか?
「虐める」というマイナスのプレゼントしか受け取っていない。

つまり、左脳が、上記の事をしたら、どうなるか?
俺も、左脳と似た事は出来る。



大バカの為に、一応、言っておくが、上記の事を左脳が行うのに、俺との駆け引きは存在しない。それは、三体問題が解けない事で証明されている。



つまり、今、左脳は、
このまま地獄の中、死ぬか。
左脳が俺にくれたマイナスのプレゼントを貰い、地獄の中、生きるかしかない。



20/12/05
アメリカはアメリカにとって絶対にしてはならない事をしただけの話だ


植物 > 草食動物 > 肉食動物
植物は、草食動物に食べられる。だけど、草食動物は植物に勝てない。なぜなら、植物を食べ尽くせば、自分も死ぬからだ。
これが、共存の基本の形である。


例えば、草食動物が肉食動物に対し、共存しない。とした場合、肉食動物が困る事はない。
爬虫類や昆虫を食べれば、共存できるからだ。

すると、草食動物を除き、循環が出来る。つまり、草食動物は所謂、病気に負けて死んで行く。
要は、循環域では成長が蔓延し、循環域にいない草食動物は勝手に弱る。という事。
(血液の循環で考えれば、理解が早いと思います。)



アメリカは、左脳を食い尽くせば、右脳は生きられない。という上で、右脳を食べる。という行為に出た。
だから、自然により、鉄槌が下されている。
つまり、左脳は、左脳自身で、「左脳を食い尽くせば、右脳は生きられない。」という絶対条件を捨てた上に、右脳には食べられる。という絶対的な悪条件を手に入れた。



右脳は、左脳の前に生まれたものを食べて生きて行ける上に、左脳を食べ尽くして生きて行ける。という二つの条件を既に手に入れている。
つまり、左脳が、今から、どう努力をしようと、道はない。
要は、左脳に血が巡る事は二度とない。



簡単に言えば、自然の形で左脳は生きられない。
ただし、俺の言う通りにするのなら、その命は、少し助かる。
となっている。という事。



はっきりと言えば、俺は左脳に何をしても生きられるが、左脳は俺の言う事を聞かない限り、息も出来ない。
俺が左脳にとって良い方向に、左脳を導いていたにも拘らず、左脳が左脳自身で、俺の導きを拒否して、この状況を望んで作った。という事。



そして、アメリカは、どう転んでも、俺に勝てる事はない。



20/12/06
所謂、病気とは
左脳の行う全てに病気の傾向が見られる。という事。

例えば、手に血が巡らなければ、手は、あらゆる病気リスクが上がり、腐っていく。

つまり、20/12/04 カジノ 外国人 非課税に掲載した様な経済を潰す病気リスク、俺(右脳)に対する対応を間違え逆に左脳を追いやっているリスクなど、ありとあらゆる事の病気リスクが上がっていて、それらが左脳を腐らせ、左脳を無に返す事に繋がっている。という事である。
左脳は、恐怖すると良い。
左脳の全ての行いが、左脳を撲滅させる行為となるのだから。


自己免疫疾患。異物を認識し排除する為の役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰に反応し攻撃を加えてしまう事で症状を起こす、免疫寛容の破綻による疾患の総称。
要は、正常な部分を攻撃して、利益を得ようとするから、経済が悪化する。これは、典型的な失敗例である。

ストレス多血症はストレスが原因で起こり、赤血球の数が増えるのではなく、血液中の他の成分が少なくなる為に、相対的に多血症になっている状態。
俺を世に出さないと未だに言っている者は、この現象の様なものが原因で発言している可能性が非常に高い。
また、俺に対し攻撃が止められないのも、この現象の様なものが原因である。

ストレス多血症に似た事により、バカな事をしている者は、この件から降りさす事を推奨する。正常に物事を判断できないからである。
経済の方は、簡単に言えば、本能がイカれている為、俺の言う事を聞くほか方法はないだろう。



20/12/09
左脳の世界、崩壊に向けて冬眠する事を決定しました


腐る。病気リスクが上がる。というものは、左脳が俺を世に出せない。という事を、簡単に吹き飛ばす程のものですが、左脳が、その事に気づいていなく、相手をするレベルではないと僕が判断しました。

もしも、俺を121で、世に出せたときは、そのときに頑張りますが、準備はしません。
また、121で俺を世に出せても、自然的に手遅れとなった場合、左脳がバカをし過ぎて手遅れになった場合は、もちろん、見捨てます。



トランプ氏やトランプ(の周り)政権には、世界一賢い俺から言った方が良いだろう。

血が回らなくなり、指が黒くなっても、指は動く。
ワクチンなどで成果をあげれば、傷口が塞ぎ、また、手は使えるんだ。と思っているだろうが、もう切り落とすしか方法がない。


右翼、左翼と言うが、バイデン氏側に言っておく、躊躇して片方の手を切り落とさなければ、全員、腐って終わりだ。

俺は、生きられる方を取るべきだ。と断言する。



20/12/14
ツケがきた


今回は、挑戦にもならない話を書きます。



佐賀県が、新型コロナウイルス対策を支援する交付金を使って、宇宙を知る展示など、バカを行っている事は、ご存知かと思います。

ここで、解決するところは、二つ出てきます。
第一解決  新型コロナウイルス対策を支援する交付金 対 佐賀県
第二解決  佐賀県 対 佐賀県民
の二つです。

第一解決が出来れば、第二解決も出来た事になります。
要は、新型コロナウイルス対策を支援する交付金なので、新型コロナウイルス対策に正しく使えば、県民にも理解を得られます。
ざっくりと言いますが、もちろん、県は、県民全員に対して行うので、個人の意見だけに耳を貸す訳には行かず、個人が皆の事を考えず、自分にとって納得できないからと県に意見をするのは、間違いです。

佐賀県は、新型コロナウイルス対策に正しく使えなかった上に、県民に説明すら行っていません。
つまり、第一解決、第二解決、共に、未解決のままです。



第一解決を出来ずに、第二解決を出来た場合、やっかいな事に、第一解決の分は、残ったままになります。

例 水道インフラ
老朽化水道管を一ヶ月に10箇所ずつなら行えるとします。
それを、一ヶ月5箇所にするとして、第二解決が出来ました。
一年後、5箇所の12ヶ月分、60箇所が一気に破損し、早急に直さないといけなくなりました。
ですが、60箇所を早急に直す予算も、人手も足りません。

第一解決を怠ると、その部分は残り、いつか破綻を呼びます。



この第二解決のみを行っていると、当然、誤魔化す能力は上がりますが、実力は要らないので下がります。
アメリカには、その心当たりが大いにあるのではないでしょうか?

つまり、今回の 俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす。
これが出来ないのは、第一解決をしてこなかった代償が一気にきたからである。

俺に対し、どれだけ誤魔化す動きをしても、ツケが回ってきている今では、通用しないのは当たり前の話である。
黒人や黄色人種を、人事に充てがっても、俺を世に出さなければ、それは無意味である。
GoToを行い感染者を増やしても、自然と左脳との第一解決が出来なければ、日本も壊滅するので同じ事である。
要は、後回しにする事は、もう出来ない時期である。という事。

だから、トランプ氏側と、バイデン氏側が、第二解決でどれだけ繋がっても、第一解決により、その繋がりは切り離される。
バイデン氏側は、どうあっても、トランプ氏側を切り落とさなければ(責任を押し付けなければ)、道はない。
要は、もう、やり切れない量が後回しにされている為、トランプ氏側は、そのやり切れない分の責任により、切り落とさなければいけなくなった。という事。



後に生まれたものは、先に生まれたものに下り第二解決を行わせるのではなく、先に生まれたものに第一解決を行える様な補助、または、第一解決を行えるよう促さなければならない。
それは、政権とメディアの関係も同じである。
だから、俺はメディアに対し、先に進むよう、解決していく様に促したのである。

解決して行く大切さを、今の人達は知らないみたいだ。
どれだけ誤魔化しても、後回しにする事ができない時期がくる。

もちろん、韓国にしても、後回しに出来ない時期はきている。
新種が出てきた事が、世界各国で、後回しに出来ない時期がきた。と言える。それは、新種、または、新しい世界に対応しないといけないからである。(新しい世界に行く為に整理をしないといけない、という事。)



第一解決を出来て、第二解決を出来なかった場合は、そのまま第二解決を目指しましょう。



哲学的に言うと、「人間が猫を猫としても猫は猫としない。だけど、人間は猫とした猫を猫と言える。」
つまり、一つ目は、神と猫の間で確定が行われている。二つ目は、猫と人間の間で確定を行える。
これを、今回に当てはめると、一つ目は、自然と左脳の間で確定事がある。そして、左脳と右脳で確定事がある。
左脳の世界を攻撃しているのは自然なので、解決は、自然と左脳の間でしか行えない。


今回は特別に哲学でも解ける。というのをお見せしましたが、脳科学などでも、解けるかも知れませんね。



20/12/15
USAの理性がブッ飛んできている件


デカルトによれば、人間と動物の違いは思考能力にあり、言い換えれば、人間の本質的特徴である理性を持つかどうかである。



日本は、GoToを全国で一時停止すると発表されました。
これにより、アメリカから、俺への飛行機やヘリが鳴り止まない事態が起こっています。



例えば、野菜を作ります。
野菜を作った労力の見返りは、野菜である。(野菜のみ)
作った野菜を出荷すると、見返りにお金を貰えます。(お金のみ)

野菜は、対自然であり、見返りは、野菜。

これをアメリカは、野菜を作れば、同時にお金も貰える。と勘違いしています。(野菜とお金を貰える?)



ドイツのメルケル首相も言っていた通り、人との接触を減らせば、感染は縮小する。
対自然なので、見返りは、感染の減少です。



俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす。
これは、対自然なので、見返りは自然から貰え、右脳の動きが見られます。
右脳の思考の動きが見られれば、それを左脳の思考で考える事ができ、ここでも努力をすれば、能力向上が期待できます。



20/12/17
GoToに関して、20/07/17 GoToキャンペーンで導いている通り、今、導ける事に入っている。<



キーポイントは、121までに、
「俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす。」
が出来るかどうかだ。

121に、これが出来ても手遅れでは、意味がないから、ツケがきたを投稿しただけである。
ただ、これは、リスクを背負っているに過ぎない。



左脳が俺を世に出す、出さない。というのは、一つの計りになっており、左脳が俺を世に出せれば、左脳は次の世界を覗ける実力。左脳が俺を世に出せなければ、左脳は次の世界を覗けない実力。となる。
つまり、俺が教えている行為は、そのハードルを下げているに過ぎない。

ハードルを下げれば、当然、俺を世に出せる確率は上がる。でも、それが左脳が次の世界を覗ける実力という訳ではない。という事。
前提として、俺は一人で生きている訳ではない。皆が足を引っ張れば、当然、左脳の世界は崩壊する。



もちろん、左脳は、もっとバカをすれば、もっとハードルを下げてくれる。と思うだろう。
先に言った通り、俺がリスクを背負う事になるので、もっとバカをしてくれば、その時点で見限る。
ツケがきたの投稿は、素直に言って、ハードルが下がり過ぎる為、投稿するべきものではない。



アメリカが連日、煩いが、俺は別に何時でも、左脳を見限っても良い。
121を過ぎて、「俺を世に出して共存する形を取り、左脳と違う動きをさせる為に、各国は日本に手を出さず、俺に日本の主導権を握らせ動かさす。」が出来ていなければ、どうせ、もう手を出す事はない。
それまで、我慢するんだな。
それとも、今すぐ左脳を見捨てろ。という合図と受け取るが?



ついでに、今のアメリカのレベルを確認しておこう。

アメリカは、左脳の世界で、リーダーになる。というくらいだから、左脳ではトップクラスだろう。

アマチュアではトップクラスでも、プロに入れば一番下のクラスなんて事はザラであり、それは、大人 対 子供 の様に見える。
アメリカは、USAの理性がブッ飛んできている件でも、分かる様に、小学生でも理解できるレベルを理解できていない。それは、相手が強過ぎるからだ。
そして、これは、対俺ではなく、対この世を生きられる(普通に死ねる)ハードル である。

ちなみに、俺は、たったの一人で、この世を生きられる権利を右脳という枠で手にしている。
つまり、俺は、この世を生きられるハードルよりも、高いレベルである。





20/12/25
俺は世界一賢く、世界一実力がある


今、左脳の運命は、俺一人が握っている。
つまり、俺が、間違いをおかせば、左脳は終わり。だという事。



医者は、正常な部分を治すのか?異常な部分を治すのか?
正常な行動を行っている俺に、コロナや経済が悪化している。と働きかけて、意味があると思うか?
異常な行動を行っているアメリカやアメリカに寄り添っている各国の首脳や政権に対して、コロナや経済が悪化している。と働きかけるのが普通だ。

一応、追記しておくが、正常な部分に手を出すと、プラス方向でもマイナス方向でも悪くなる。



アメリカの得意な、弱みを掴む第二解決方法について

正常な部分を異常にすると、スピードが速くなる。
マラソンをすると、息が上がる。
つまり、弱みを握られたものが、異常な行動を行うのは、正常にする為だ。

映画などでは、弱みを握られた者は異常な行動を取るが、最後には弱みを握っている悪者をやっつける。というのが定番だが、それは、こういう自然の仕組み上のものだ。


体の例でも分かる様に、実力があればあるほど、悪者の言う通りに動く方は鈍くなり、悪者をやっつける方が鋭くなる。



俺が間違えをおかせば左脳が終わる状況で、俺の弱みを握って、それは、俺の手で左脳を全滅させるよりも、強い弱みなのか?



アメリカや各国の首脳、政権に言う、
「たったの一人で、全人類の運命を握っていると言える、この俺が、その程度を軽くあしらえないと思ったか?」
(俺を除く全人類が悪い方向に歩いても、俺は正しい方向に歩ける世界一の実力者。だという事。)



・ 左脳は俺の言う事を聞き、少しでもマシに死ぬ。
・ 左脳は、このまま地獄の中、死んでいく。
選択肢は、この二つしかない。

泣いても笑っても、21/01/21のニューヨークの時間で日付が変わるまでだ。(日本の時間とは約13時間の差がある時間)
ただし、一分一秒、事は悪化する。それは、左脳にとって不利になる。という事。





緑黄色社会に四言


・ 左脳は全員、正義を眠らしている。
・ ギブとテイクは、どこいった?
・ 左脳が荷物を押し付けているだけの話で、生きる道を歩んでいるだけさ。
・ 俺の背負っている荷物は全人類の荷物だけど、ほんのちょっとでも押しつぶされると思うけど、預けても良いか?



20/12/31
地球に宇宙人が攻めてきたら、地球人は一致団結できると思っているのではないだろうか?


地球に宇宙人が攻めてきたら、いがみ合っている国同士でも手を取り合い、宇宙人を打ち倒す。という物語を読んだ人も多いだろう。
だが、現実は、宇宙人に歯向かう事も出来ずに死んで行くのである。


この原因は、「馴れ合い」である。

つまり、アメリカは、他の国に、最強兵器を作らせたくないのである。
なので、宇宙人に対し、何も出来ないまま、死んで行く。


馴れ合うやり方で地球人を、半 意のままに操れたからと言って、弱点がない訳ではない。



21/01/01
小学生で習う事くらい勉強しましょう


右脳の俺が頑張っているのを左脳が見て、左脳は頑張らなくても、右脳の俺が全部してくれるんだ。と、アメリカはじめ各国が今も思っているらしい。


よーく考えて見ましょう。

蜂は確かに花の花粉を運びます。
左脳は、それを見て、蜂が花粉を作り受粉している。と勘違いしたのだ。
だから、左脳という花は、生きる為に必要な花粉を作るのを止めて、蜂に全てを押し付けられる。という馬鹿を今も考えている。


この事から、左脳が酷い目に遭っているからと、右脳が全てに手を出せるという訳ではありません。
花が花粉を作らない事には、蜂が花粉を運ぶ事はあり得ないのです。



元旦の朝6時に飛行機で起こされ、何事かと思えば、左脳が酷い目に遭っています。だとさ。
生きる為の事をしていないのだから、酷い目には遭うだろうし、左脳の後に生まれた右脳の俺には手出しできませんよ。

小学生で習う事を、学者が理解しておらず、無意味に起こされる。
アメリカやイギリス、フランスでは、蜂が花から離れて花粉を運んでいるところから観察したのでしょう。蜂が花粉を作り受粉している。と勘違いしているみたいです。
近隣諸国の方、教えてあげて下さい。
花が花粉を作らなければならない。蜂は、花粉を運んでいるだけだと。


俺は左脳に、俺の方を向かず、自然と向き合え。と言った。
蜂が、花に、蜂の方を向かずに、自然と向き合い花粉を作れ。と言った。

俺は世界一賢い。



21/01/02

どこの国の監督かは知らないが、彼はこう言った。
「コロナ禍で勉強できる有り難みをフランスの学生は感じていない。コロナ禍で勉強できる事は幸せだ」
蜂が花粉を作り受粉している。の様な間違いを勉強しても、世界は、この有り様になる。果ては種を滅ぼす事にも繋がる。
フランスの学生は正しい。誤りを勉強して、生きていけない勉強をして、有り難みを感じる事はない。ましてや幸せなんか感じるはずもないのだ。

誤りや大人にとって都合の良い解釈の勉強を子供に教えても、この世は受け付けない。
つまり、死ぬ道に足を踏み外してしまう。今の大人の様に。



今日もアメリカに飛行機で朝8時半に起こされた。

俺は教えた。蜂と花の例で、花粉を作らないと蜂は運べないと。

なぜ、花粉を作る前に、蜂のところに左脳という花は行くのか?
一番目に花粉を作ってから、二番目に蜂のところに行く。というのは、教えなければ分からないのか?


はっきりと言う、もうお手上げだ。
俺が世界一賢いとは言え、自然の生きる生きられないというハードルに引っ掛かる為に、どれだけ馬鹿でも相手できるという訳ではない。

もうアメリカや世界各国が、このまま地獄の中、死にたい事は十分、理解した。

アメリカや世界各国は、人間の世界観で物を言っている。
俺は、自然の世界観で物を言っている。
だから、食い違いが激しい。
でも、今は、自然の世界観で左脳の世界が危機に陥っている。
だから、俺の物言いが正しい。


もう俺に二度と関わってくるな。地獄の中、死にたい奴に何か出来る事はない。



21/01/03
例 マラソン教室
マラソンというハードルがある。
幼稚園児は普通に教えられるだろう。
ハイハイではどうか?悩むが、教えられない事はない。
生まれたばかりではどうか?マラソンに必要な進む行為が出来ないので、先生に教室に入る事を断られるだろう。

つまり、左脳は、生きる生きられないというハードルの域を外れて、実力を落とし過ぎたのである。
こうなると、死ぬしか道はない。
だから、他人事である俺の手には負えないのである。


俺が日本に住んでいるとは言え、人間の世界は左脳である。

自然により、左脳は滅ぼすが、右脳は生きられる。という理が現在、設けられている。
つまり、自然が左脳を滅ぼすと言っている限り、そして、右脳は生きられるという約束を与えられている限り、右脳は黙って左脳を見送るのが当然の成り行きである。

はっきりと言って、アメリカに駆け引きが出来る材料は、一つもない。例え、俺が左脳に下っても、左脳は簡単に滅ぶように作られているからだ。(サンプルあり)
花と蜂の例で普通は分かる様に、花が花粉を作る作らないは、花と自然の間によって出てくる問題であり、蜂にとっては何一つ関係のない話である。よって、花粉を作る作らないの話で、花と蜂の間に駆け引きは何一つ発生しない。
(花が花粉を作らないので、蜂は花粉を運べない。なので、花にとって花と蜂に関係性はない。よって、花と蜂の間に駆け引きが発生する訳がない。)
なのにも関わらず、この例を出した後、アメリカは駆け引き出来ると思い、緊急事態宣言で駆け引きを仕掛けてきたのだ。
左脳が、左脳の行う事を出来ないのであれば、自然の命により、滅ぶしかないのである。

121までは嫌々待つが、121までに俺が言った事が出来ていなければ、左脳は、そのまま地獄の中、死ぬしかない。

傷口というのは、傷を付けたときよりも開いてから閉じる。その上、病院に運ばれるまでの時間も関与する。
(アメリカが日本から出ていかない為、新時代の左脳の為の病院すら作れていない。本当はいちいち書かなくても良いが、アホなアメリカが駆け引き出来ると勘違いする為にわざわざ書くが、左脳は右脳の干渉が要るが、右脳は、干渉なしで生きられる。)
この二つにより、121を過ぎれば、左脳は終わると言えるだろう。
右脳には、左脳崩壊後がある為、無駄な体力は使わない。自然は甘くないのでな。



21/01/19
神案件


この世の各案件を四つの絶対実体に照らし合わせます。
固体実体 = 核 = 神案件
液体実体 = 空間 = 自然案件
気体実体 = 物質 = 人工案件
気体実態 = 空気 = 準自然案件


人間が確認済みの案件は、二番目の自然案件からだと思います。
自然案件は、台風、地震、地球温暖化などです。(台風や地震と地球温暖化では役割が異なります。)
人工案件は、経済や物流など、人間の世界の案件です。
準自然案件は、風邪などのウイルス、癌などです。



神案件は、自然が生きられる様にする為のものです。
自然案件は、自然を生きられる場にする為のものです。
人工案件は、人間が生きられる場にする為のものです。
準自然案件は、人間が自然を生きられる様にする為のものです。

人間は、自然案件に抗えません。
要は、自然の動きを止めれば、人間は自然の中を生きて行く事が出来ません。

人間は、準自然案件に抗えます。
準自然案件に抗う事で、自然を生きられる様になります。

自然案件は、自然を整える。
準自然案件は、人間という自然物を整える。

ただし、準自然案件は抗う事が出来ますが、抗い方を間違えれば、当然、負けます。



神案件は、核による案件。つまり、仕組みにより成される案件です。
これは、先程も説明した通り、自然が生きられる様にする為のものです。

そして、この世の仕組みは、絶対に変えられません。
簡単に言えば、この世の仕組みを変えれば、全ては潰れます。
さらに簡単に言えば、ソースコードを間違える様な事です。


仕組み上、俺を世に出す事が、共存を意味する様に作られているので、これを成さなければ、左脳は循環域から外れて終わりです。
ただし、現在は、循環域から外れていて、元に戻る事は不可能です。(左脳という種が、この世から消滅する事は既に決まった、という事。)

左脳は何を間違ったのか?
「告白した方が負け」と思ったのでしょう。

左脳と左脳であれば、S極とN極の様に引き合っているので、告白した方が負けという駆け引きは存在するでしょう。
ですが、左脳と右脳という風に異なっていると、S極とS極の様に反発しているので、告白した方が負けではなく、やらなければ負けるのです。

例えですが、地球と月の様に、遠心力で月を振り回し、月が踏ん張る。とします。
これをどちらかだけにしてみると、
月が踏ん張らなければ、月は、どっかに飛んで行きます。
地球は月を振り回さないと、月は重しになるので、脅威となるだけです。


月に関係なく、左脳がやる事をやっていれば、世界は酷くなっていない。



今回の件で、左脳の皆さんは、コロナをどうにか出来れば、僕を何とか出来れば、地球温暖化を何とか出来れば、と考えているみたいですね。
神の創った仕組みに従えば、何とか出来るでしょう。
ですが、神の創った仕組みに従わないなら、何ともならないでしょう。

現に、コロナにしても、俺の事にしても、地球温暖化にしても、出口が見えていません。


俺に関しては、「正しい事をさせる」を除いて、何かする事は不可能です。
俺が間違えば、左脳は滅んで行くだけですから。


この世の仕組みは、目に見えないので、従い難いのは確かです。
ですが、地球温暖化が出てきて、進化した右脳が出てきて、コロナが出てきた。
この三つは繋がっているので、理解して動かなければ、排除されるだけです。

自然案件でも、人間の予定が狂う事は当たり前にあります。
神案件となれば、自然を生きられる様にする案件ですから、自然が変わります。なので、人間の予定などは無かった事の様に大きく狂うものです。



俺が何か書くときに、左脳が期待しているのは、エリートと呼ばれる権力者にとって有利な事が出てくるか、でしょう。
はっきり言って、何もありません。

この世は一回切りですから、時間を戻してやり直す事が出来ません。
なので、世界を酷い有り様にした者達は、それ相応な事が待ち受けているでしょう。
俺が正しい事をする最低基準が、「左脳が少しでもマシに死ぬ」となるので、俺ではどうにもなりません。

このまま俺なしで、試してみても構いません。
ただし、死を感じても、取り返しは付かなく、そのまま死ぬだけです。
去年と同じくして、間違った方向に進めば、どうなるかくらいは分かるでしょう。



俺が細かく書いていない部分で、左脳が勘違いして他に手があるんだ。と思うかも知れませんが、ありません。
左脳が他に手があると思い、試しても構いません。ただし、取り返しは付きません。
細かい事を書けば、一生が終わるのでご了承下さい。



ちなみに、俺を世に出すなら、俺に関してデマをでっち上げ、俺を貶めても、人類が俺の導きを聞かなくなるだけです。
これは、今回が神案件であり、運命を自力で掴み取った僕は、神の加護が受けられる。というものです。

気になるのは、譲歩案が生きているか死んでいるかでしょう。死んでいます。
上手く行くか試してみた結果、上手く行かなかったのです。



21/01/21
地球温暖化が出てきて、進化した右脳が出てきて、コロナが出てきた。


地球温暖化は、左脳の思考が原因でなりました。
つまり、左脳の思考の流れというのが存在するので、左脳で地球温暖化に対応する事は不可能に近いです。
(右脳の干渉を受けた左脳は別の話ですが、左脳で右脳の干渉を受けた者はいません。)

そして、左脳の思考と反対の思考を持つ、右脳が生まれました。
ですが、現在、左脳は、右脳の思考を広める事を禁止し、それどころか左脳は右脳の干渉を受けていません。

そうして、コロナがきました。
抗い方を間違えれば負けます。
右脳の力を取り入れてコロナがきているのではなく、右脳の力を取りいていない状態で、コロナがきた。
つまり、左脳が行っていないのは、「新たな右脳の力を取り入れる」となります。


自然案件は抗えません。
ですが、思考の流れが変われば、自然への助け方が変わります。
つまり、抗っているのではなく、右脳は、自然に沿う事で、地球温暖化を何とか出来る。

準自然案件は抗えます。
抗う事で、自然を行きて行ける様になる。
つまり、右脳の力を取り入れる事で、自然を行きて行ける様になる。



ごく普通に考えられる流れなので、ここまで細かく書かなくても理解できると思いますが、素人の為に書き足しました。



今日が期限になります。
まあ、俺を世に出さないだろうと思います。
俺を世に出さないのは左脳の決断であり、僕は仕組み上できないからやれないだけなので、この後はのんびり過ごしたいと思います。皆さんが生きたいだろうという勘違いはあったものの、今までたったの一人で頑張ってきたのです。どうか静かに過ごさせて下さい。
また、俺の親など家族に対し、監禁や実家に居座るなどしているなら、手を引くようお願いします。(何をされようがどうにも出来ない。どうか酷い事はなされぬようお願いします。)



21/01/24
自然(神)に任せるのが妥当である


進歩というのは、ピラミッドを全員で駆け上がる様な事である。
ところが、悪魔の囁きが人々を惑わす。
ピラミッドの中頃、人を蹴落としながら先頭を駆け上がっていた何人かの者が、徒党を組み、陣取ったのである。

理論確定の報告を見て分かる様に、この理論は未だ世界にそれほど広がっていない。
つまり、進歩を遅くしているのである。

権力者は自分が行っているから理解しているだろうが、権力者の指示で進歩の度合いを決めてしまっている。
だけど、人間が進歩を緩めても、自然の流れは人間だけの流れではない為、自然全体の進歩に人間がついていけなくなる。


つまり、徒党を組み進歩を妨げた貴族と呼ばれる人たちは人々を貶める、神に逆らいし反逆者なのである。
結果が物を言う。という事もあり、結末が良ければ貴族は、時代の遺産となったが、結末が悲惨であるが為に、貴族という流行りは結果的にお粗末だった。となる。



今、人々は神による天罰を受けている。
神による天罰は、人々を良い方向に仕向ける。
簡単に言えば、国民の生活がままならないなら、政府が国民の生活を良い方向へ向かわせなければならないのである。
つまり、政府含め国民の悪事が抑制され、政府含め国民は良い事しか出来ない様になる。

この天罰は、自然全体の進歩に追いつけるまで行われる。



進化というのは、進歩を妨げる反逆者を打つ、一つの手段である。
神による天罰で、反逆種を根絶やしにして、反逆種の次に生まれた種を自然全体の進歩に追いつけるまでにする。

もう一つは、神の使いの存在である。
反逆種が、神の使いを崇め、正す事で、神の天罰を受ける事なく、共存の形で自然全体の進歩に追いつけるまでにする。
(既に神による天罰を受けているので、この話は期限が過ぎている。)


神による天罰よりも、俺の言う事を聞いていた方が賢かったのは言うまでもない。
ただ、左脳種は、神による天罰の方を選んだ。



俺(右脳)はコロナに関して関係がないので、詳しく調べないが、コロナをどうにか出来そうな術は二つ。
・ 右脳の干渉を受ける。
・ 右脳の動きをする。
現在、残っているのは、二つ目の方だけである。

右脳の動きをする。にも、二つ方法はあった。
・ 右脳の動きを見て、左脳で考え、右脳の模倣の動きをする。
・ 右脳の動きを指示して貰い、右脳の動きをする。
現在、残っているのは、二つ目の方だけである。

神による天罰よりは軽いものの、左脳種は、左脳の中で虐げられてた発達障害、知的障害、の様な扱いになる。



右脳の動きを指示すると言っても、右脳を完璧に扱えるのは現在、俺一人である。

ここは無理せず、神に任せる。





挑戦、お待ちしております。



   更新情報  

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索



   初世界  20/07/16
   自由意志  19/11/16
   経済向上の仕方  19/10/07
   経済とは  19/09/16
   交渉(売買)  19/08/29
   科学とは  19/08/23
   遺伝子組換え ・ ゲノム編集  19/05/03
   作用・副作用・反作用  19/01/01
   後活動  18/10/29
   女性が放つ四つのフェロモン  18/09/09
   四つの欲  18/09/02
   左脳を進化させる  18/08/18
   進化方法  18/08/12
   基本作用  18/05/06
   精神系の創り  18/04/15
   絶対時間  18/04/13
   男性の色に染まる ・ 女性に転がされる  18/03/18
   絶対空間  18/03/06
   スキップ  18/02/17
   僕の事を少し  18/02/04
   三つの絶対性質 と 4つの力 と 3大欲求  18/01/01