もう一つの思考

            脳内と脳外の関係


トップページ > 番外 一覧 > 脳内と脳外の関係


16/09/28


a. 脳内と脳外

脳内。というのは、所謂、頭の中。で、考えられている空間の事です。

脳外。というのは、所謂、この世。で、宇宙空間(宇宙空間内全て)の事です。


先に、 内(うち) のページと、 外(そと) のページを御覧下さい。


脳内と脳外の関係。

脳内と脳外は、元々、一つになっています。

簡潔に言うと、脳内一つ。脳外一つ。では、機能しない。という事です。
例えば、人間の身体のみ(脳外)生きている。 人間の脳のみ(脳内)生きている。では、人間は、機能しません。これと同じ理屈です。


物事は、二つを合わせて、一つの物事になっています。
例えば、機械を作るなら、一つは、頭で、設計図を作る。そして、もう一つは、身体で、設計図通りに組み立てる。つまり、人間の頭と身体、二つを合わせて、一つの機械が作られています。





b. 二つで一つ




図118は、この世の相対図で、詳しくは、 創造主の子 のページを御覧下さい。

図118の、人間(大脳)が脳内、 宇宙空間が脳外、です。

簡単に説明すると、
創造主が宇宙空間(宇宙空間内全て)を創った。創造主と宇宙空間の二つで、当事者間の、一つの物事が出来上がっています。

創造主と人間(大脳)は、想像的に対の関係になっています。
簡単に言うと、動物と植物の物理的な対の関係と似たような関係です。

そして、創造主と想像的に対となっている、人間(大脳)と宇宙空間の二つでも、第三者間の、一つの物事が出来上がります。


つまり、脳内と脳外は別空間のものにはなっていますが、脳内と脳外で、一つな訳です。


三構造の脳の創り のページに書いてある、小脳の主と副。大脳の頭側と身体側。の関係の様に、小脳(脳外)と大脳(脳内)も、二つで一つになっています。


上の図45が、小脳(身体側)と大脳(頭側)の相対図になります。
参考として、 手を取り合う、主と副 のページ、 主と副の出来る事と実行の仕方 のページ、 主 = 融合 ・ 副 = 分離 のページを御覧下さい。

思考機能不別空間の影響で、頭側と身体側、小脳と大脳も、主と福の融合と分離が適用されます。融合と分離については、 三構造の脳の創り のページの項目、 d. 小脳の融合と分離の構造 も御覧下さい。

図45の脳内(大脳)と脳外(小脳)の相対図で、二つで一つの融合を表しています。
そして、図45の上と下で、脳内(大脳)と脳外(小脳)の分離を表しています。

脳内と脳外、二つで一つの融合について。
脳内一つ、脳外一つでは機能しないが、脳内と脳外を合わせたなら、機能する。という事から、脳内と脳外は、二つで一つであり、融合している事が分かります。

脳内と脳外の分離について。
脳内のものを物理的に脳外に持ってくる事は出来ない。また、脳外のものを物理的に脳内に持ってくる事は出来ない。という事から、脳内と脳外は、別空間であり分離している事が分かります。





c. 脳内(人間の大脳) ・ 脳外(宇宙空間)

内(うち) のページの項目、 d. 固有の意味での、内2(身体側の思考を内) で挙げた例
目を開けて部屋を歩く(図116)。 目を閉じて部屋を歩く(図117)。



図45
目を開けて歩くなら、脳外を中心にしているので、脳外(大脳)の資質(頭側の三角形)の方になります。
目を閉じて歩くなら、脳内を中心にしているので、脳内(小脳)の資質(身体側の三角形)の方になります。




図46は、小脳(身体側、脳外)と大脳(頭側、脳内)の出来る事です。

目を開けると、脳外を中心とするので、小脳(身体側)。
目を閉じると、脳内を中心とするので、大脳(頭側)。

目を開けると、脳外は、小脳(身体側)の縦0から100が使えます。
目を開けると、脳内は、大脳(頭側)の横26から75が使えます。

目を閉じると、脳外は、小脳(身体側)の横26から75が使えます。
目を閉じると、脳内は、大脳(頭側)の縦0から100が使えます。



頭は、脳内。
身体は、脳外。


脳内と脳外の関係の頭側の理由は、 思考機能 です。詳しくは、外のページを御覧下さい。
脳内と脳外の関係の身体側の理由は、 宇宙空間と人間(大脳)二つを合わせて一つ です。



図116を指で進んで行って下さい。目を開けたときは、今の様に、進む道のみを考えるだけで良いです。この道を進んで行く考えが脳内の考えです。 外3:1内

これは、思考機能不別空間の影響で、脳外の思考機能(部屋の内装)を、脳内にそのまま持ってきている為、脳内は、道を進む考えだけで良い訳です。これが、頭側の理由です。

例えば、5キログラムの鉄アレイを持つのに、10キログラムの鉄アレイを持つ力を入れて持つ人は、普通、いないです。それは、脳外の5キログラムの鉄アレイに、合っていないからです。
頭も同じ様に、脳外に合っていない、頭の使い方はしません。
つまり、目的を100パーセントとすると、脳外で、脳内と脳外を合わせて、100パーセントになる様にしています。
これが、身体側の理由です。


図117の場合は、目を閉じている訳ですから、灰色の部分も頭で考えなくてはならないです。要は、部屋の内装を考えながら、進む道も考える訳です。この場合、考えた部屋の内装は、自分が目を閉じているから無い様になっているだけで、実際にはあります。なので、割り合いが、 内3:外1 になる訳です。

これは、脳外の思考機能(部屋の内装)を脳内にそのまま持ってこないで、脳外の思考機能を脳内で考え作っている為に、脳内は、部屋の内装と進む道の両方を考えないといけない訳です。これが、頭側の理由です。

例えば、目を閉じて、鉄アレイを持ってみて下さい。すると、鉄アレイは、重くも軽くも感じます。
頭も同じです。図117の灰色の内装の部分を、頭の中で過剰に描く事も出来ます。自分が通る道近辺だけを描く事も出来ます。
つまり、目的を100パーセントとして、脳内で、脳内と脳外を合わせて、100パーセントとしている為に、実際に脳外と交わったとき、合わない訳です。
これが、身体側の理由。



表5の優先順位では、脳内(人間の大脳)より、脳外(宇宙空間)の方が上で、優性です。

だから、目を開けているときは、脳外の宇宙空間に、人間(大脳)が、強制的に合わせさせられています。
目を閉じているときでも、脳外と交わったときに、脳外に合わせさせられている為に、鉄アレイを持ったとき、重い軽い、となる訳です。





d. 頭側の思考 ・ 身体側の思考



図9は、頭側と身体側の出来る事です。

図46は、小脳(身体側、脳外)と大脳(頭側、脳内)の出来る事でした。 図9は、脳内(大脳)での、頭(脳外)と身体(脳内)の出来る事になります。

図46は、表5の優先順位の高い、宇宙空間が中心です。これは、先天性の法則により、宇宙空間が優性です。要は、宇宙空間と言う 外 から見ています。
先程の項目 c の例の、部屋を歩く。この部屋というのは、脳外のものです。部屋の内装に沿って(従って)歩くので、脳外が中心になります。

図9は、表5の優先順位の低い、人間(大脳)が中心です。これは、後天性の法則により、人間(大脳)が優性です。要は、脳の空間と言う 内 から見ています。
頭を使う、身体を使う場合、自分で、頭や身体を使います。なので、脳内が中心になります。
部屋の中を歩く場合、通常は、脳外の部屋の内装に沿って歩きますが、部屋の内装、関係なく歩くなら、自分を中心に歩く為、脳内が中心になります。


目を開けると、脳外を中心とするので、頭側の思考。
目を閉じると、脳内を中心とするので、身体側の思考。
参考として、 内(うち) のページと、 外(そと) のページを御覧下さい。


目を開けると、頭は、頭側の縦0から100が使えます。
目を開けると、身体は、身体側の横26から75が使えます。

目を閉じると、頭は、頭側の横26から75が使えます。
目を閉じると、身体は、身体側の縦0から100が使えます。


これを、実際で見ていきます。


先程の項目、 c. 脳内(人間、大脳) ・ 脳外(宇宙空間) の例、 目を開けて部屋を歩く(図116)。 目を閉じて部屋を歩く(図117)。
図117の目を閉じているとき、脳内は、図116の目を開けているときより使っていました。
では、目を閉じているとき、脳内は、目を開けているときよりも、使えるのか?

目を閉じてみましょう。すると、眠くなります。要は、脳が休憩に入ります。
目を開けます。すると、脳は起きます。
この事からは、目を開けている方が、脳は使える。という事になります。


例えば、目を開けているときに、鉄アレイを持つと、鉄アレイそのままの重さを感じます。要は、目を閉じているときよりも、鉄アレイを持ったときの重い軽いと感じる誤差が少ない訳です。
この様に感じるのは、項目 c で言った様に、目を開けているときは脳外を中心に、目を閉じているときは脳内を中心に、しているからです。

その為、目を開けているとき、外の物に合わせない力を、入れる事はし難い訳です。
逆に、目を閉じるなど、脳内を中心にしていると、自分の入れたい力にはし易いですが、 脳外に合わせて となると、力加減が分からず、脳外の物よりも、力を入れていない。または、力を入れてしまう。となってしまう事が多いです。

この事から、身体は、目を閉じているときの方が、使える。となります。


では、目を開けていて、脳内の考えを、100パーセント使えるのか?
目を閉じていて、自分の筋力を、100パーセント使えるのか?


なぜ、脳内、脳外、一つだけだと機能しないのに、脳内100パーセント。または、脳外100パーセント。の力が使えるのか?
それは、内か外、どちらかはくっついたままになっているからです。


例えば、考える事に集中していて、目は開いているが、どこも見ていない。というときがあると思います。頭の中が、脳外の事に一切、関与していない状態のときです。
これを、目を閉じていて、出来るのか?
それは、出来ません。なぜなら、脳が休憩に入るからです。
つまり、目を開ける事で、脳内と脳外は、繋がらせたままになっている訳です。


例えば、精神を集中させるとき、目を閉じると思います。目を閉じる事で、脳外と遮断させている訳です。
わざわざ目を閉じている訳ですから、目を開けると、この精神集中は出来ない。という事になります。
つまり、目を閉じる事で、脳内で、脳内(頭)と脳外(身体)を、繋がらせたままにしている訳です。


これらの事から、頭は、目を開けている方が使える。(頭側の縦0から100)
身体は、目を閉じている方が使える。(身体側の縦0から100)という事が分かります。


では、脳内の考えを100パーセント使いながら、自分が持てる最大限の物を持てるのか?
また、自分が持てる最大限の物を持ったまま、脳内の考えを100パーセントに出来るのか?

これらは、絶対に出来ません。

脳外に気を取られた分、脳内のパーセンテージは減ります。
また、脳内に気を取られた分、脳外のパーセンテージは減り、自分が持てる最大限のものは、持てなくなります。


この、脳外に気を取られた分、脳内のパーセンテージは減る。 脳内に気を取られた分、脳外のパーセンテージは減る。という事からも、脳内と脳外は融合している事が分かります。
そして、脳内の考えを100パーセント使える。脳外の身体を100パーセント使える。という事からも、脳内と脳外は分離している。という事が分かります。


ちなみに、頭は、元々、宙に浮いている為に、頭は、地に着かせず、宙に浮かせないと、100パーセントの考えは使えません。
身体は、元々、地に着いている為に、身体は、宙に浮かせず、地に着かせないと、100パーセントの力は使えません。





e. 最後に

前提として、頭側と身体側は、二つで一つの大脳の思考です。
つまり、一つの物事に、頭側の理由、身体側の理由、の二つが存在します。

このページで、脳内と脳外は、分離していたら機能しないが、脳内、脳外、どちらかを100パーセント使う事ができ、分離できている。でも、実は分離していない。という事を書いてあります。
普通に考えると、意味不明です。
でも、これを、頭側の理由と身体側の理由の二つに別けると、意味が繋がります。

融合と分離は、主と副の思考機能になるので、違う例を挙げます。
項目、 c. 脳内(人間、大脳) ・ 脳外(宇宙空間) の例、 目を開けて部屋を歩く(図116)。 目を閉じて部屋を歩く(図117)。
頭側の理由は、 思考機能 で、
身体側の理由は、 二つで一つ でした。

つまり、思考機能の理由を見ているなら、それは、頭側の理由で見ている。という訳です。
二つで一つの理由を見ているなら、それは、身体側の理由で見ている。という訳です。


トップページの項目、 c. 頭側から見た世界観 ・ 身体側から見た世界観 を御覧下さい。
頭側の思考だと、頭側の理由、身体側の理由、という風に考えられず、頭側と身体側の理由が、一つにされた考えが出てきます。だから、大脳に二つ思考がある。では無く、大脳に思考がある。と、頭側では、大脳の思考は、 一つ の認識になっている訳です。
身体側の思考だと、頭側の理由、身体側の理由、と二つに別けた考えが出てきます。
ですが、このサイトに書いてある事の使い方 に書いてある様に、頭側の思考を使っていても、身体側の思考を使っていても、結論は同じになります。




トリセツ


一層構造の脳とは、「脳幹」のみの構造。
二層構造の脳とは、脳幹と「小脳」の構造。
三層構造の脳とは、小脳と「大脳」の構造。
「カギカッコ内は、その構造での中心となる脳。」

二層構造の脳の中心となる小脳の思考内容は、 主 と 副 の二つあります。

三層構造の脳の中心となる大脳の思考内容は、 頭側 と 身体側 の二つあります。

記号のトリセツに書いてある、二層構造の脳に入るもの。三層構造の脳に入るもの。というのは、その構造での中心となる脳の思考内容に当てはまるもの。

詳しくは、 三構造の脳の創り のページを御覧下さい。


三層構造の脳の二層目の法則、三層目の法則に関しては、トップページの項目、 b. 脳の二層目の法則・脳の三層目の法則の意味 を御覧下さい。



このサイトに書いてある数値は、適当な数値であり、頭側の計算の様な完璧な数値ではありません。



トリセツは、そのページ事に異なります。また、トップページに全ての トリセツ を載せてますので、そちらを御覧下さい。



記号のトリセツ

{ 赤色のナミカッコ } は、 二層構造の脳 のもの。
{ 青色のナミカッコ } は、 三層構造の脳 のもの。


{{ 黄色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳のもの。
「{ 黄色のカギカッコにナミカッコ }」 は、黄色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。

{{ 緑色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳のもの。
「{ 緑色のカギカッコにナミカッコ }」 は、緑色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。



(( 黒色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 主 に入るもの。
「( 黒色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 主 に入る意味、理由、説明。

(( 白色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 副 に入るもの。
「( 白色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 副 に入る意味、理由、説明。


(( 緑色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 主 のもの。
「( 緑色のカギカッコにマルカッコ )」 は、緑色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。

(( 黄色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 副 のもの。
「( 黄色のカギカッコにマルカッコ )」 は、黄色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。



[ 青色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「[ 青色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

[ 赤色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「[ 赤色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


[ 緑色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 のもの。
「[ 緑色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、緑色のカクカッコの、意味、理由、説明。

[ 黄色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 のもの。
「[ 黄色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、黄色のカクカッコの、意味、理由、説明。



青色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側。に入るもの。
「| 青色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側に入る意味、理由、説明。

ピンク色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側。に入るもの。
「| ピンク色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側に入る意味、理由、説明。


赤色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入るもの。
「| 赤色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入る意味、理由、説明。

水色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入るもの。
「| 水色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入る意味、理由、説明。


脳の三層目の法則は、一部から、二部、三部と、永遠に続きます。
囲い、カギカッコに縦ラインは、一部の側の、最後の側の色を付けます。
例えば、頭側の身体側の頭側なら、一部の頭側と最後の頭側で、 青色の囲い 「| 青色のカギカッコに縦ライン |」
身体側の頭側の頭側なら、一部の身体側と最後の頭側で、 水色の囲い 「| 水色のカギカッコに縦ライン |」


緑色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 のもの。
「| 緑色のカギカッコに縦ライン |」 は、緑色の囲いの、意味、理由、説明。

黄色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 のもの。
「| 黄色のカギカッコに縦ライン |」 は、黄色の囲いの、意味、理由、説明。



紫色の縦横のラインは、お題。

{ 紫色のナミカッコ } は、新たに更新した行や段落。
更新日付をクリックして下さい。