もう一つの思考

            神離れ


トップページ > 番外 一覧 > 神離れ


16/10/17


a. 一様かつ等方

一様かつ等方 というのは、 宇宙原理 で言われる主張で、
「大きなスケールで見れば、宇宙は一様かつ等方である。」という主張。
言い換えれば、「宇宙に特別な場所は存在しない」
要は、宇宙のどの位置にいても、いる場所は同じ。



先に、 脳の三層構造仮説 のページ、 三構造の脳の創り のページ、 創造主の子 のページを御覧下さい。

創造主、宇宙空間(宇宙空間内全て)、人間(大脳)を、人間の脳で表すと、
脳幹(主 核なし) = 創造主  小脳(主、副) = 宇宙空間  大脳(頭側、身体側) = 人間
と表す事が出来ます。





b. 脳の三層構造仮説で見る、頭側と身体側

一様かつ等方 を使い、他の例を挙げると、
富士山から見れば、静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ。

トップページ の c. 頭側から見た世界観 ・ 身体側から見た世界観 を見て下さい。

頭側の人は、富士山から見た光景を見ています。
身体側の人は、静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山の両方から、見る事が出来ます。

頭側の人から見ると、大脳は、右脳と左脳に別れている。
身体側の人から見れば、右脳と左脳を合わせて、大脳となる。


では、実際の人間の行いで、見て行きます。

日本の学校では、チャイムが鳴り、先生が教室に入ってきて教壇に立つと、生徒は、自分の席に座り、私語を慎み、先生の方を向きます。
ですが、生徒の中には、先生が教壇に立っていても、いつまでも友達と喋り続けている生徒がいます。

そこで、先生が、「自分の席に戻り、静かにして、こちらを見なさい」と、皆に向かって、注意をします。

頭側の人は、一様かつ等方思考なので、先生が、皆に向かって注意するだけで、注意を受け入れる事が出来ます。
ですが、身体側の人は、個々で注意されないと、自分が注意されているとは、思いません。これは、発達障害者の特徴として有名です。

宇宙原理のところで、「宇宙に特別な場所は存在しない」と言い換えました。
頭側の人だと、先生から注意されれば、 特別な人はいなく、生徒たち全員の事。 と認識します。
ですが、身体側の人からすると、「自分は特別で、他の人は特別でない」
つまり、先生が皆に向かって注意すれば、 特別でない 、他の人に注意している。 と思ってしまう訳です。



このサイトに書いてある事の使い方 のページを御覧下さい。

頭側と身体側では、討論は出来ないが、結論は同じ。と書いてあります。

先生が皆に向かって、注意しても、身体側の人には、通用しません。

先の例で、先生が個々で注意しないと、身体側の人には、通用しないと言いました。
ですが、身体側の人は、静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山の両方から、見る事が出来ます。
つまり、他の人が特別に個別で注意を受ければ、それが、自分の事でもある。と認識する訳です。

ですが、頭側の人は、他の人が個別で注意されていても、自分の事だとは思いません。
それは、先生が個別に注意。という行動が、 特別 な行動だからです。
だから、頭側の人は、特別ではない自分は、注意を受けていなから、自分の事では無い。とする訳です。

つまり、先生が、生徒に個別に注意する事で、他の生徒にも、その注意を促していても、頭側の人には、通用しません。


では、皆に向かって注意された頭側の生徒。 個別に注意をされ、他の人にも、その注意を促された身体側の生徒。その結果はどうなるでしょうか?
頭側の生徒も身体側の生徒も、自分の席に座り、私語を慎み、先生の方を向きます。


これは、先生を中心にした例なので、脳の三層構造仮説の構図です。


脳幹 対 小脳(身体側)  先生 対 身体側の人間
脳幹 対 大脳(頭側)  先生 対 頭側の人間





c. 三構造の脳の創りで見る、頭側と身体側

例 先生が教室に入り、教壇に立つも、生徒は、友達と喋り続けています。
そこで、先生は、皆に向かって、「自分の席に戻り、静かにして、こちらを見なさい」と注意しましたが、一部の生徒が、その注意を聞かずに、まだ、友達と喋り続けています。

頭側の生徒は、先生の言った事を理解しているが、自分が、まだ友達と喋り続けたい為に、わざと友達と喋り続けています。
身体側の生徒は、先生の言った事は、自分の事では無い。と理解したが為に、友達と喋り続けています。

では、先生にとって、頭側の生徒と身体側の生徒は、どう映っているのか?
頭側の生徒も、身体側の生徒も、先生の言う事を聞かずに、まだ、友達と喋り続けている。と映ります。

この先生の目に映った、
生徒は、先生の言う事を聞かずに、まだ、友達と喋り続けている。
これが、頭側が、感じている、見ている、光景です。

生徒側の、
頭側の生徒は、先生の言った事を理解しているが、自分が、まだ友達と喋り続けたい為に、わざと友達と喋り続けています。
身体側の生徒は、先生の言った事は、自分の事では無い。と理解したが為に、友達と喋り続けています。
これが、身体側が、感じている、見ている、光景です。


頭側の光景に、身体側の光景は、映っていません。
生徒が、どちらの言い分で、先生の注意を聞いていないのか、先生には分かりません。

身体側の光景に、頭側の光景は、映っていません。
生徒が、悪気があり喋り続けていても、悪気がなく喋り続けていても、先生には、一緒です。

そして、頭側の光景も、身体側の光景も、先生が注意しているにも拘らず、まだ、友達と喋り続けている。という行動は同じです。


これは、生徒を中心にした例なので、三構造の脳の創りの構図です。


小脳 対 大脳(頭側、身体側)
先生が見ている光景は、、頭側の生徒も、身体側の生徒も、注意をしているのに、まだ、友達と喋り続けている。でした。
先生 対 生徒(頭側の生徒、身体側の生徒)





d. 創造主と宇宙空間と人間

三構造の脳の創りでは、


頭側は、静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ。
身体側は、静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山は、異なる。
頭側と身体側のベースとなる小脳は、
静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ。も、静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山は、異なる。も、同じ。



小脳の主は、創造主の主(核なし)を核ありの主としたもなので、主一つしか見えていません。
小脳の副は、核ありの主を助ける行為をしているので、核ありの主が見えていないといけない為、主と副が見え、二つです。
そして、脳幹の創造主は、主と副、両方を、想像し創造しました。(想像が主。創造が副。)

小脳の核ありの主は、静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ。
小脳の副は、静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山は、異なる。
脳幹の創造主、主(核なし)は、静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ。も、静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山は、異なる。も、同じ。



脳幹の創造主は、主と副、両方を、想像し創造しました。(想像が主。創造が副。)
脳幹の創造主、主(核なし)は、静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ。



脳の三層構造仮説では、


脳幹の創造主は、静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ。も、静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山は、異なる。も、同じ。
小脳の宇宙空間(宇宙空間内全て)は、静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ。
大脳の人間は、静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山は、異なる。





e. 創造主の心理


人間は、創造主の創った宇宙空間(宇宙空間内全て)に左右されます。要は、勝てません。

例えば、台風。
宇宙空間は、人間の有無に拘らず、台風を起こせます。
ですが、人間は、台風を凌ぐ事は出来ますが、台風を宇宙空間に起こすな。と指示を出す事は出来ません。
つまり、人間は宇宙空間の言いなりであり、宇宙空間はやりたい放題な訳です。


人間で言えば、

例、会社
平社員は、役員の言いなりで、役員はやりたい放題です。

例 政治
国民は、政治家の言いなりで、政治家はやりたい放題です。


民主主義
「人間に、 特別 は、存在しない」
国民に選ばれた大統領は、非特別ではなく、特別です。
つまり、大統領は、「人間に、特別は存在し、特別と非特別は、異なる」と思う訳です。
そして、選ばれていない人は、非特別と思う訳です。

大統領は特別、国民は非特別、により、国民は、政治家の言いなりで、政治家はやりたい放題。となる訳です。

資本主義、社会主義、共産主義も、
国民は、政治家の言いなりで、政治家はやりたい放題。
というのは、殆ど変わらないと思います。



では、神(創造主)は、どうなのでしょうか?

例えば、会社の中では、役員がミスや悪さをしても、何も無かった事にされる事は、日常茶飯事です。
ですが、平社員がミスや悪さをすれば、役員は、平社員、皆に、新たなルールを設けます。
そこに、ミスや悪さをした人だけ、という特別は存在しません。
特別 = 役員  非特別 = 平社員

例えば、地球温暖化。
悪いのは、会社の利益 = 自分の利益 ばかりを気にして、地球温暖化に目を向けない人(会社の役員)です。
ですが、創造主の創った宇宙空間は、会社の役員、平社員、関係なく、地球温暖化による影響を 人間 に与えます。
創造主、宇宙空間から見れば、人間に 特別 はありません。
特別 = 創造主、宇宙空間  非特別 = 人間

会社の役員は、自分の利益が優先で、従業員の事は、二の次です。

これらが、一様かつ等方思考の考え方とやり方です。

一様かつ等方思考の、創造主も、また、創造主の利益が優先で、人間の事は、二の次です。
(これは、物理的に解いた答えであり、僕の主観による答えではありません。)





f. 対の存在

これらの事から、宇宙空間(人間含め)は、一様かつ等方である事が分かります。

人間からすれば、特別な存在、非特別な存在が、存在します。
でも、創造主側から見れば、宇宙空間内は、非特別な存在で、創造主の特別な存在を重視している訳です。

だから、宇宙空間は、人間を無視して、勝手に進む訳です。



宇宙空間内から見れば、様々な存在が、存在しています。
酸素、岩石、人間、動物、植物、など、挙げると切りがありません。
ですが、創造主から見れば、宇宙空間は、一つです。

なぜ、様々な存在が、存在しているのか?
それは、二つの正反対に異なる存在が無ければ、何も生まれないからである。

流れる様に対となっている 例
生物と非生物。
生物は、植物と動物。
動物は、人間と動物。
という風に、様々な存在すべてに、流れる様に、また、対象的に、対となる存在が存在します。

対照的に対となっている 例
人間の身体と小脳は、動物。 人間の頭、大脳は、植物。 と似た性質を持っています。
動物を、人間(身体、小脳)と動物という対の関係に出来る様に、動物と対の植物も、人間(頭、大脳)と植物で対の関係に出来ます。



内(うち) のページ、 外(そと) のページ、 脳内と脳外の関係 のページ、 宇宙空間という物質実態 のページを御覧下さい。

物理的な別空間間の行き来は出来ないが、思考機能不別空間により、思考機能は、別空間間を行き来できます。
人間の存在 のページに、創造主は、人間の思考内容で出来る技術を欲している。と書いてあります。
これらの事から、創造主は、宇宙空間内で生まれた全ての思考機能を欲している。という事は分かり得ます。
それは、創造主がいる空間でも、その思考機能を、自分の空間に合せてにはなりますが、表せられるからです。


人間も、人工知能に、人間の様な世界があるなら、人工知能の世界で起こっている全ての思考機能が欲しいのではないでしょうか?





g. 神離れ(特別離れ)

日本で、外国人技能実習生の扱いによる問題が浮き出てきています。
岐阜県にある会社で、一ヶ月に78時間半から122時間半の時間外労働をさせられ、過労死したそうです。
岐阜県では、一時間当たりの残業代が、300円から400円の事業所が少なくないらしいです。
奴隷労働が問題となっています。

奴隷にしようが、法を作り奴隷労働をさせようが、 奴隷 に変わりはありません。

この問題に対し、頭側の人間は、一企業のモラルというより、業界全体の問題。と言っています。

つまり、頭側の思考では、特別、非特別、を作ってしまい差が出るも、一様かつ等方思考の「特別は存在しない」に基づき、全員が悪い。とする訳です。
ですが、「赤信号でも皆で渡れば怖くない」と言う様に、全員が悪い。とすると、情況がよくならないのが現状です。
要は、頭側の思考は、問題を直接、解決する力に欠けている訳です。

これは、地球温暖化、経済など、あらゆる問題にも精通しています。


身体側の人間は、静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山の両方から、見る事が出来ます。
つまり、隣を見て、自分の行動も改める事が出来ます。そうする事で、特別な存在を作らない事が出来ます。


要は、思考と行動は、正反対となる訳です。
頭側の思考、特別は存在しない。で行動に移すと、特別と非特別、を作ってしまう。
身体側の思考、特別と非特別。で行動に移すと、特別は存在しない。で世の中を作ってしまう。


つまり、平等を求めるなら、身体側の思考がないと、実際に、平等にする事が出来ない。という事です。


社会に目で見える程の大きな格差が出ている理由が分かったと思います。


人間は創造主から、宇宙空間と、創造主と対となる想像的部分を得ている訳ですから、一様かつ等方思考の神に頼らなくても、生きていけます。
神の力を信じ、人間の力を信じない人間から、
人間の力を信じられる人間に、変わるときではないでしょうか?
世の中、何が起こるか分からない。

国民一人一人が、実力を持てば、景気回復程度、容易に出来ます。
国民一人一人が、平等を求め、平等を行動に移して見れば、どうでしょうか?

やり方は、僕含め、身体側の人間の思考内容にあります。

とは言え、頭側と身体側はバランスを保たなければいけません。
今の時代は、頭側の思考に偏っている為に、身体側の思考に偏って頼らなかればいけない。というだけです。


地球温暖化の影響で、異常気象が世界各地で起こっています。

身体側の思考を扱えているのは、僕だけです。
身体側の思考は、頭側の思考と違い、本など外に知識を残しても、意味はありません。
それは、身体側の人間に身体側の知識を入れて、身体側の思考を向上させる訳ではないからです。
身体側の人間を成長させないと、身体側の思考向上は出来ません。

つまり、僕が死ねば、地球温暖化による異常気象は進む事しかない、と言えます。他の問題も同様です。

僕が死んでも、次の身体側の思考を扱える人間が、あなたが困っているときに、出てくるのか?
宇宙空間の中は、そんなに甘いですか?

身体側の行動に、特別は存在しない。
つまり、僕は、動きません。
動くのは、全ての人間になります。

神(創造主)、宇宙空間、頭側の人の、特別、非特別による行動により苦しめられるか、自分が動くか、今、決めるときです。
僕が正常に生きている間は、考えれば、やり方のみ教えられます。
要は、身体を鍛えるのと同じで、質の高い考える力を保つのは、難しい。
さらに、今の時代では、身体側の思考を扱えても、頭側の様に普通に生きて行く事は出来ない。地獄は容易に見れますが。だから、後が続こうとしない。
僕としても八方塞がりな訳ですね。
要は、神(創造主)、宇宙空間、頭側の人の、特別、非特別による行動により、苦しみが強くなっても、僕のせいでは無いですよ。




トリセツ


一層構造の脳とは、「脳幹」のみの構造。
二層構造の脳とは、脳幹と「小脳」の構造。
三層構造の脳とは、小脳と「大脳」の構造。
「カギカッコ内は、その構造での中心となる脳。」

二層構造の脳の中心となる小脳の思考内容は、 主 と 副 の二つあります。

三層構造の脳の中心となる大脳の思考内容は、 頭側 と 身体側 の二つあります。

記号のトリセツに書いてある、二層構造の脳に入るもの。三層構造の脳に入るもの。というのは、その構造での中心となる脳の思考内容に当てはまるもの。

詳しくは、 三構造の脳の創り のページを御覧下さい。


三層構造の脳の二層目の法則、三層目の法則に関しては、トップページの項目、 b. 脳の二層目の法則・脳の三層目の法則の意味 を御覧下さい。



このサイトに書いてある数値は、適当な数値であり、頭側の計算の様な完璧な数値ではありません。



トリセツは、そのページ事に異なります。また、トップページに全ての トリセツ を載せてますので、そちらを御覧下さい。



記号のトリセツ

{ 赤色のナミカッコ } は、 二層構造の脳 のもの。
{ 青色のナミカッコ } は、 三層構造の脳 のもの。


{{ 黄色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳のもの。
「{ 黄色のカギカッコにナミカッコ }」 は、黄色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。

{{ 緑色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳のもの。
「{ 緑色のカギカッコにナミカッコ }」 は、緑色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。



(( 黒色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 主 に入るもの。
「( 黒色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 主 に入る意味、理由、説明。

(( 白色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 副 に入るもの。
「( 白色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 副 に入る意味、理由、説明。


(( 緑色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 主 のもの。
「( 緑色のカギカッコにマルカッコ )」 は、緑色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。

(( 黄色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 副 のもの。
「( 黄色のカギカッコにマルカッコ )」 は、黄色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。



[ 青色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「[ 青色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

[ 赤色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「[ 赤色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


[ 緑色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 のもの。
「[ 緑色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、緑色のカクカッコの、意味、理由、説明。

[ 黄色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 のもの。
「[ 黄色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、黄色のカクカッコの、意味、理由、説明。



青色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側。に入るもの。
「| 青色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側に入る意味、理由、説明。

ピンク色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側。に入るもの。
「| ピンク色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側に入る意味、理由、説明。


赤色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入るもの。
「| 赤色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入る意味、理由、説明。

水色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入るもの。
「| 水色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入る意味、理由、説明。


脳の三層目の法則は、一部から、二部、三部と、永遠に続きます。
囲い、カギカッコに縦ラインは、一部の側の、最後の側の色を付けます。
例えば、頭側の身体側の頭側なら、一部の頭側と最後の頭側で、 青色の囲い 「| 青色のカギカッコに縦ライン |」
身体側の頭側の頭側なら、一部の身体側と最後の頭側で、 水色の囲い 「| 水色のカギカッコに縦ライン |」


緑色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 のもの。
「| 緑色のカギカッコに縦ライン |」 は、緑色の囲いの、意味、理由、説明。

黄色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 のもの。
「| 黄色のカギカッコに縦ライン |」 は、黄色の囲いの、意味、理由、説明。



紫色の縦横のラインは、お題。

{ 紫色のナミカッコ } は、新たに更新した行や段落。
更新日付をクリックして下さい。