もう一つの思考

            このサイトに書いてある事の使い方


トップページ > 番外 一覧 > このサイトに書いてある事の使い方


15/07/19   15/08/02   15/08/03   16/01/04   16/07/25


a. 知識 ・ 考える

頭側の人は、このサイトに書いてある事を知識として使える。
身体側の人は、このサイトに書いてある事を考えられないといけない。

頭側の思考内容の、知らない事は知らない。
知らない事は、考える事も出来ないし、どうにも出来ない。

身体側の思考内容の、考えられない事は考えられない。
考えられない事は、知る事も出来ないし、どうにも出来ない。

ただ、 知らない と、 考えられない は、根本が違う。
知らないは、その物事一つ。
考えられないは、一つの物事の上下の幅、になる。





b. 討論

頭側と身体側は繋がっていなく、反対になっている。なので、内容は、普通には討論できない。


一つの物事→頭側で考えを出す→結論

一つの物事→身体側で考えを出す→結論


この、 一つの物事 と、 結論 は、頭側でも身体側でも、同じものになる。
でも、内容の、頭側の考えと、身体側の考えは、全く違うものになる。

なので、頭側と身体側とでは、一つの物事に対し、考えを討論する事は普通には出来ない。
でも、一つの物事の結論は同じになるので、結論に対し、討論する事は出来る。
物事を細かくすれば、細かくした一つ一つに結論は出る為、内容での討論も出来ない事は無い。





c. 頭側の人は、身体側で出した内容(考え)を、知識として使える

身体側で出した考えを、頭側の人が知った場合、内容、結論ともに、知識として使えます。
ただし、結論は、頭側の結論と一致するので、頭側で考えるのが、妥当と言えます。
なので、知識として使うのは、内容の部分だけになる。

身体側で考えられる事は、頭側では考えられない。と言っても良い。
なので、身体側で出した考えを、頭側の思考で考えても、同じ考えにはならない。
それは、身体側の思考で考えていないから。

では、頭側の人は、身体側の考えを、何も考えず、ただ、信用するしかないのか?
そうではない。
身体側は、実際側なので、実際で試せば、本当かどうか分かる。なので、実際に試した事のある事は、理解できていると思う。それ以外での理解は不可能に近い。


ただし、普通は、身体側の考えを知識として入れても、大脳を使っているなら、一つの物事に対し考えたとき、始めは大脳の方の知識が出てくる。
でも、身体側の考えの知識を、最近、考えている等、意識しているなら、優先順位の法則で、身体側の知識が、先に出てくる。優先順位については、頭側と身体側の違い3のページの項目、 頭側と身体側の優先順位 を御覧下さい。





d. 世の中を解く、一番良い形

では、世の中の事を解くのに、一番良い形は、すでにあるのか?


世の中にある問題を解くには、頭側の正解。身体側の成功。さらに、頭側と身体側が合致しないといけない。

つまり、今の景気みたいに、数字は良くても実際が伴なわない。など矛盾が起きていると、それは、間違いである。


良い形は、物理の物体落下で成しとげている。もちろん、他にもあると思う。

大きな鉄の玉。と、小さな鉄の玉。を落とす実験。

これを知るまで、頭側の人の殆どが、大きな鉄の玉と小さな鉄の玉とでは、大きな鉄の玉の方が速く落ちると思っていたと思う。
でも、実際には、その二つの異なる玉は、同時に落ちてしまう。
それを頭で解いた。
つまり、頭側の思考の正解。と実際(身体側)の思考の成功。とで合致した。





{
e. 正解 ・ 成功 ・ 合致 と、間違い

計算間違いをした。これは、頭側の間違い。
計算が合っている。これを、正解と呼ぶ。

実際で、失敗をした。これは、身体側の間違い。
実際で、成功した。これを、成功と呼ぶ。

頭側と身体側を掛け合わせ、矛盾が起きた。これが、頭側と身体側を掛け合わせたときの間違い。
頭側と身体側が合った。これを、合致したと呼ぶ。
つまり、合致した。が、世の中での、正解であり、成功である。


頭側、身体側、両方が間違っている場合にのみ、矛盾は起こります。

例えば、この矛はどんな盾も突き通せる。この盾はどんな矛も突き通せない。
頭側の言葉も間違いっていて、身体側の実際の物も間違っているが為に、矛盾が起こっている。


2012年頃の景気が悪くなった理由は、身体側(国民)が悪かったせいです。詳しくは、 お金と物と人 のページを御覧下さい。
要は、安売りやポイント制度を行ない過ぎた為に、物価を下げる事になった訳です。物価が下がれば給料も減り、景気は悪くなるに決まっています。
つまり、頭側、身体側、どちらか片方が悪い場合は、全体が悪くなります。

そして、身体側(国民)が悪いなら、身体側(国民)を直さなければいけないのですが、政府は何を思ったか、政府側の頭側で景気を直そうとしたのです。
すると、数字は良いのですが、実態は悪い。という矛盾が起こりました。
つまり、身体側が悪いにも拘わらず、触らなくても良い頭側を触ってしまい、頭側まで悪くしてしまい、矛盾という間違いを起こしてしまった。


脳の二層目の法則の、頭側、身体側、どちらかが間違っているだけなら、一つの物事が悪くなり、
脳の二層目の法則の、頭側、身体側、どちらも間違ったなら、矛盾が起こる。

頭側の正解。身体側の成功。が、頭側と身体側の掛け合わせによる合致、となる。





f. 類似に注意

合致というのは、頭側の結論と身体側の結論が同じで、真だという証明になります。

頭側と身体側 のページを読んで欲しいですが、
類似として、 頭側の行動 ・ 身体側の行動 というのがあります。

簡単に説明すると、一つの物事について出す内容は、頭側、身体側、どちらか片方には分かり易くなっていて、どちらか片方には分かり難くなっています。
分かり難くなっている方が、結論を出せると、頭側、身体側、両方を足して、新たな事に繋げる事が出来ます。

例えば、頭側が先に結論を出せたなら、次に、頭側を参考に身体側が結論を出します。そして、最後に結論を出した身体側が、身体側の結論と頭側の結論を足して、新たな事を出します。
これには続きがあり、その身体側が出した新たな事を、頭側が参考にする事で、頭側も新たな事の結論を出す事が出来ます。そして、最後に新たな事の結論を出した頭側が、頭側の新たな事の結論と身体側の新たな事の結論を足して、さらに新たな事を出す事が出来ます。


要は、頭側の結論を出す。身体側の結論を出す。までは、合致も、頭側の行動、身体側の行動も同じですが、その後は、全く違う行為になります。
}



トリセツ


一層構造の脳とは、「脳幹」のみの構造。
二層構造の脳とは、脳幹と「小脳」の構造。
三層構造の脳とは、小脳と「大脳」の構造。
「カギカッコ内は、その構造での中心となる脳。」

二層構造の脳の中心となる小脳の思考内容は、 主 と 副 の二つあります。

三層構造の脳の中心となる大脳の思考内容は、 頭側 と 身体側 の二つあります。

記号のトリセツに書いてある、二層構造の脳に入るもの。三層構造の脳に入るもの。というのは、その構造での中心となる脳の思考内容に当てはまるもの。

詳しくは、 三構造の脳の創り のページを御覧下さい。


三層構造の脳の二層目の法則、三層目の法則に関しては、トップページの項目、 b. 脳の二層目の法則・脳の三層目の法則の意味 を御覧下さい。



このサイトに書いてある数値は、適当な数値であり、頭側の計算の様な完璧な数値ではありません。



トリセツは、そのページ事に異なります。また、トップページに全ての トリセツ を載せてますので、そちらを御覧下さい。



記号のトリセツ

{ 赤色のナミカッコ } は、 二層構造の脳 のもの。
{ 青色のナミカッコ } は、 三層構造の脳 のもの。



(( 黒色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 主 に入るもの。
「( 黒色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 主 に入る意味、理由、説明。

(( 白色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 副 に入るもの。
「( 白色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 副 に入る意味、理由、説明。


(( 緑色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 主 のもの。
「( 緑色のカギカッコにマルカッコ )」 は、緑色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。

(( 黄色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 副 のもの。
「( 黄色のカギカッコにマルカッコ )」 は、黄色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。



[ 青色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「[ 青色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

[ 赤色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「[ 赤色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


[ 緑色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 のもの。
「[ 緑色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、緑色のカクカッコの、意味、理由、説明。

[ 黄色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 のもの。
「[ 黄色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、黄色のカクカッコの、意味、理由、説明。



青色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「| 青色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

赤色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「| 赤色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


緑色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 のもの。
「| 緑色のカギカッコに縦ライン |」 は、緑色の囲いの、意味、理由、説明。

黄色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 のもの。
「| 黄色のカギカッコに縦ライン |」 は、黄色の囲いの、意味、理由、説明。



紫色の縦横のラインは、お題。

{ 紫色のナミカッコ } は、新たに更新した行や段落。
更新日付をクリックして下さい。