もう一つの思考

            三つの絶対実態の三つの絶対役割


トップページ > 一層 ・ 二層 ・ 三層構造の脳 全体一覧 > 一層 ・ 二層 ・ 三層構造の脳 一覧 > 三つの絶対実態の三つの絶対役割


17/06/10


a. 三つの絶対役割

三つの絶対実態、固体実態、液体実態、気体実態、の三つの絶対役割。

役割というのは、与えられた仕事です。


固体実態 = 土台
液体実態 = 伝達
気体実態 = 感じ



固体実態の土台。

固体実態は、核であり、形を成す能力を持っています。
要は、設計図となり得るものなので、土台。という訳です。


液体実態の伝達。

液体実態は、物質実態であり、形を表せる能力を持っています。
要は、核の内容を、伝達能力により、自分に表す事が出来ます。


気体実態の感じ。

気体実態は、機能実態(要素)であり、色を表す能力を持っています。
要は、実体に実態(感じ)を付け、実態(感じ)を実体化します。





b. 固体実態の土台

固体実態の土台。


固体実態というのは、核を担っています。

液体実態の空間があっても、核が無ければ、それは、無に等しいです。
液体実態だけでは、何もない空間に過ぎないからです。
要は、何もない空間だが、違和感がある空間。
その違和感がある空間に、核を同化させる事で、実体空間が出来ます。


普通、土台と言えば、根本ですから、入れ物である液体実態の方を土台と思うかも知れません。
ですが、液体実態に固体実態を同化させても、それは、道標にしかなりません。

人間が子供を作るときは、卵に精子が入ります。
卵に精子が入り、同化しても、人間と言える状態になっている訳ではありません。
つまり、液体実態に固体実態を同化させても、何かの実体を成せている訳ではないのです。
ですが、何かの実体に成せるものになっています。


では、卵に精子が入り同化させた状態は、人間だと言えないのか?
成長すれば、人間になる訳ですから、それは、人間です。蛙の子は蛙、というのと同じです。
ですが、成長しないと、人間の実体、実態は表れない為、卵に精子が入り同化させただけでは、人間とは言えない。という事です。
これは、固体実態と液体実態を同化させたときも、同じです。


つまり、固体実態は、液体実態に入り同化する事で物質実態の無を有にしていて、実体の根本を成形し終わっているので、 土台 という訳です。



ですが、気体実態に関しては、別です。
例えば、酸素は、酸素になれば、酸素です。
つまり、成長はありません。

三つの絶対実態と三つの絶対能力 のページのおさらい。
初めに創られた固体実態と液体実態は、宇宙空間になっています。
要は、宇宙空間以外に、初めの固体実態と液体実態は使われていません。
宇宙空間以外は、液体実態に変わる気体実態(気体実態1)が、固体実態と液体実態が同化した状態の、固体実態が合わさった液体実態を、真似て創り出しています。
そして、液体実態に住む気体実態(気体実態2)は、三つの絶対実態と絶対進化 のページに書いてある様に、気体実態そのままです。
つまり、気体実態2の役割を持つものは、生まれたときに成体になっています。





c. 液体実態の伝達

液体実態の伝達。


伝達というのは、頭側の思考で言うと情報で、実際の思考で言うと、振動です。

先程、固体実態と液体実態が同化しても、道標にしかならず、何かの実体に成せるものになっただけ。と言いました。
要は、液体実態の違和感のある無の空間が、違和感のない有の空間に変わっただけです。


ただし、初めの宇宙空間だけ別です。それは、創りが、原子とは違うからです。

宇宙空間の、固体実態と液体実態はビッグバンにより、頭側で言う化学変化により、同化しています。
なので、宇宙空間のダークエネルギーは、酸素などと同じで、初めから成体となっています。

要は、宇宙空間の場合は、固体実態と液体実態と気体実態1をビッグバンにより同化させる事で、ダークエネルギーという有の空間を創り出した。という訳です。
このダークエネルギーが、振動の根源になります。
つまり、 液体実態だけでは、振動は起こせるが、振動が起きない無の空間。 液体実態に固体実態を同化すると、振動で変わる空間になります。 そこに気体実態1を合わせると、振動が起きると変わる空間になり、 さらに、気体実態2が合わさると、振動が起きる空間となります。


振動は、主に、二種類あります。
低振動と高振動です。

低振動とは、磁場の様な振動です。人間で言うと、生きている動き。
高振動とは、振る様な振動です。人間で言うと、脳で生きている人間を動かす動き(これを、 脳の動き とします)。
心臓の鼓動は、高振動になりますが、高振動の低振動になります。

例 牛乳 コロイド溶液である牛乳の、低温殺菌牛乳を15分から30分間、振ると、バターが出来上がります。
ですが、バターを水に溶かしても、牛乳は出来ません。

宇宙空間では、気体実態2であるダークマターにより、低振動が起こります。
低振動により、液体実態に変わる気体実態(気体実態1)の、固体実態は、違う固体実態へと変わります。

液体に固体を入れ、振ると、固体は液体に溶けます。この状態が、牛乳。
固体を溶かした液体を振ると、溶けた固体は、変化します。
つまり、牛乳の核が、振る事により、バターの核に変化した。
核がバターに変化すると、物質実態は、バターに一気に変わります。

この要領で、気体実態1のダークエネルギーの核は、原子の核に変わります。
固体実態は、液体実態と同化しているので、核が変わると液体実態も変わります。 そして、原子の核に変わったダークエネルギーは、同じ環境化にあるダークマターと相互作用を起こし、ダークマターの中に入ります。
すると、原子が出来る訳です。


図149は、イメージ図ですが、鶏の卵にそっくりになります。 この図149は、地球での、生命誕生時にも当てはまり、気体実態1は海水で、気体実態2は、空気です。


つまり、身体側の思考内容で言うと、核に収められた内容の振動により、物質が決まる。という訳です。裏を返すと、振動により核が決まる。
また、空間内で新たな物質が出来ると、空間中の振動も、当然、変わります。
ダークマターと原子は、どちらも、気体実態2で、振動を起こす動きをします。
要は、宇宙空間、地球の空間でもそうですが、空間中の振動が変わると、原子、生命、の核に変わる振動は起こせません。


つまり、空間には、核の内容と、核の内容に沿う気体実態1、そして、気体実態2の動きが存在し、
液体実態は、核の内容と気体実態2の相互作用的伝達を、気体実態にしている訳です。





d. 気体実態の感じ

気体実態の感じ。


感じ。というのは、簡潔に言うと、空想です。


我思う、故に我あり のページの、項目 f. 頭側 ・ 身体側の解釈の仕方 に、頭側の思考と身体側の思考の実態内容について書いてあります。

「頭側の理論 = 考えられる内容。
身体側の頭側の理論 = 考えられる機関から見た、考えられる内容。
身体側の身体側の理論 = 考えられる機関。」

要は、頭側は、考えられる内容一つの思考内容に対し、頭側の後に生まれた身体側は、考えられる機関から見た考えられる内容の思考内容と考えられる機関の思考内容の二つの思考内容が存在します。


つまり、気体実態は、二つの働きが出来ます。 まず、気体実態1は、核に沿った内容を反映できます。
固体実態と液体実態が同化しても、無が有に変わっただけで、それを気体実態1が、気体実態2の生きている動きにより、固体実態に従い、色を足して行きます。
すると、例えば、人間が出来る訳です。
これは、思考の例で言うと、考えられる機関から見た考えられる内容を反映しただけに過ぎず、核に沿って実体、実態を表したものです。


例えば、人工でロボットを作る場合、出来上がった実体に、実態を付けます。
ですが、自然の場合、出来がっていない実体に実態を付ける事で、実体が出来上がります。
鶏の有精卵を見ると、黄身に付いている白い点状のものからヒヨコになります。黄身は栄養です。
白い点状のもの(固体実態と合わさった液体実態)は、黄身という気体実態1を吸収する事で、実体も実態も無かったものが、徐々に、実体、実態を表して行き、ヒヨコになります。
ヒヨコ(固体実態と合わさった液体実態)は、外の栄養(気体実態1)を摂取をする事で、鶏になります。
つまり、気体実態1は、核に収められている実体と実態を、気体実態2で引き出し、表せる訳です。
気体実態1が核の内容を表せるのは、液体実態が、あらゆる核の内容を表せる能力を持っているからです。
気体実態1は、飽く迄、核の内容を表せるだけです。

人間に限らず生物は、成長しないと正常な子供を産めません。
それは、簡単に言うと、核に収められた内容を、実体化、実態化、出来ていない状態だからです。


では、核に収められた実体、実態を表せば、それで終わりなのか。と言うと、そういう訳ではありません。
実体化したものは、実体の実態を扱います。

固体実体と液体実体が同化したものに、気体実態1を吸収させ、気体実態2からの振動により、実体化、実態化させました。

気体実態1と気体実態2は、同じ環境で成長したものに限り、新たなものを産む事が出来ます。
要は、同じ種のものが、成長する事により、新たな子を産む事が出来る。 海水と空気は、同じ地球種のものです。海水には、同じ地球種の固体実態(核)が混ざっています。固体実態が変わり、同時に液体実態も変わり、それが気体実態に入る事で、生命が誕生する。 そして、それは、自身を扱うときも、同じ要領になります。

例えば、クオリアの赤い感じ。思いの赤い。
クオリアの赤い、思いの赤いは、実際からすると、空想です。
なぜなら、実際が、 赤い としている訳ではないからです。
赤いと感じた。赤いと思った。のは、実際を見た者が勝手に言ったものです。

とは言え、実際が赤くない訳ではないですが、赤い訳でもない訳です。
これは、固体実態と液体実態が、気体実態とは別のものだというところから来ています。

クオリアの赤いは、気体実態1の内容です。
思いの赤いは、気体実態2の内容です。
二つの内容が合致すると、言葉の赤いが出来上がります。

クオリアの赤いは、核の赤いを反映した気体実態1が、実態化させたときのものです。
思いの赤いは、核の赤いを反映した気体実態1が、実体化させたときのものです。

進化時の順番は、実態、実体の順です。
分かり易く言うと、脳、身体の順です。(進化 のページに書いてある進化の四手順は、身体だけのものです。)

思いの赤いは、動いたものを見て、赤いと思い感じたもので、なぜ、赤いと思い感じれたのかは、気体実態1で、赤いを実態化させているからです。
思いは、自分も動いていないと思い感じる事は出来ません。
つまり、相互作用で、生きている動きだけでは、赤いと思う事は出来ません。
ですが、クオリアの赤いは、生きている動きだけで感じる事が出来ます。
生きている動きだけで、赤いを感じられなければ、脳の動きをしても、感じる事は出来ません。
それは、自分の実態の部分に無い内容を、感じる事は出来ないからです。

クオリアの赤いは、自分の内のものです。
思いの赤いも、自分の内のもので、自分が赤いと思ったからと、他人に、赤いと思った事を知られる事はありません。

クオリアと思いで、他に何が違うのか?
クオリアというのは、自分の実態の部分にあるもので、内のものです。
思いは、自分の実態部分を動かして得るもので、内の外のものです。


例えば、一つの立方体があるとします。
それを切断した断面は、外です。
切断されていない部分は、内です。
これは、どれだけ細かく切断しても、必ず、内と外の部分が出来ます。


言葉の赤いは、外のもので、それ一つで、実体化、実態化、しています。
言葉の赤いと、思いの赤いは、違います。

言葉では、赤「赤の色をしている」
これは、赤いと思っていなくても、 赤い とする事が出来ます。
ですが、思いの赤いは、思っていないと、赤いとする事は出来ません。

言葉の赤いは、外に出ていますが、外の内のもので、実態です。
文字で表す事により、実体化します。文字は、外の外のものです。
思いを文字で表す事も出来ますが、思いだと、実態が公的なものになっておらず、実体化させても実態が外に出ていないので、一つのものとして成立はしません。
では、言葉だけでも、一つのものとして、成立していないのでは?と思うかも知れません。
気体実態1と気体実態2が合わさる事で、有になっている為、項目 b の蛙の子は蛙の例と同じで、言葉の時点で、実体が何になるかは決まっています。
なので、言葉が、 赤い なら、文字も、 赤い です。
なので、言葉は、核として、実体化、実態化、しています。
簡単に言うと、言葉は、外に出ている公的なもので、外に出ているという事は、形はどうであれ実体化している。という事になります。


クオリアの赤いが無ければ、思いの赤いはありません。それは、赤いという実態を自分が持っていない事を意味するからです。
思いの赤いが無ければ、言葉の赤いはありません。それは、自分が赤いという実態を持っていても、赤いと意識していなければ、赤いを外に出せないからです。
言葉の赤いが無ければ、文字の赤いはありません。それは、意識した赤いを言葉を飛ばして文字にしても、実態が外に出ていない為、意味が通用せず、文字の赤いが無い様な事になるからです。

これらの事から、クオリアの赤いは、核から得た実態の赤いである。
思いの赤いは、核から得た実体、実態を扱い、自分の内に得た赤いである。
言葉の赤いは、クオリアから得た赤いを自分の内に得て赤いとし、外に出した赤いである。
文字の赤いは、外に出した言葉の赤いを、形にしたものである。
そして、これらの事からは、外に出した瞬間、人間で言えば、へその緒を切断した瞬間、一つのものとして、実体化、実態化、している事も分かります。
ちなみに、宇宙空間は物質の塊で、原子は情報の塊と言えます。それは、原子が、振動により、実体化、実態化、しているからです。



つまり、この世は、感じにより、創り出されている。と言えます。




トリセツ


一層構造の脳とは、「脳幹」のみの構造。
二層構造の脳とは、脳幹と「小脳」の構造。
三層構造の脳とは、小脳と「大脳」の構造。
「カギカッコ内は、その構造での中心となる脳。」

二層構造の脳の中心となる小脳の思考内容は、 主 と 副 の二つあります。

三層構造の脳の中心となる大脳の思考内容は、 頭側 と 身体側 の二つあります。

記号のトリセツに書いてある、二層構造の脳に入るもの。三層構造の脳に入るもの。というのは、その構造での中心となる脳の思考内容に当てはまるもの。

詳しくは、 三構造の脳の創り のページを御覧下さい。


三層構造の脳の二層目の法則、三層目の法則に関しては、トップページの項目、 b. 脳の二層目の法則・脳の三層目の法則の意味 を御覧下さい。



このサイトに書いてある数値は、適当な数値であり、頭側の計算の様な完璧な数値ではありません。



トリセツは、そのページ事に異なります。また、トップページに全ての トリセツ を載せてますので、そちらを御覧下さい。



関連ページについて。

   関連ページ   
本ページのタイトルの内容が書いてあるページ。
簡単に言うと、本ページに書き切れなかった内容が書いてあるページ。

   本ページに続く関連ページ   
本ページに続く内容が書いてあるページ。
簡単に言うと、本ページの前の段階の内容が書いてあるページ。

   本ページの続き関連ページ   
本ページの次に続く内容のページ。
簡単に言うと、本ページの次の段階の内容が書いてあるページ。

   本ページに関連するページ   
本ページに関係する内容が書いてるページ。
簡単に言うと、本ページに書いてある事の、基礎知識が書いてあるページ。

   本ページが関連するページ   
本ページを関係とする内容が書いてあるページ。
簡単に言うと、本ページを応用した内容が書いてあるページ。



記号のトリセツ

{ 赤色のナミカッコ } は、 二層構造の脳 のもの。
{ 青色のナミカッコ } は、 三層構造の脳 のもの。


{{ 黄色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳のもの。
「{ 黄色のカギカッコにナミカッコ }」 は、黄色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。

{{ 緑色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳のもの。
「{ 緑色のカギカッコにナミカッコ }」 は、緑色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。



(( 黒色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 主 に入るもの。
「( 黒色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 主 に入る意味、理由、説明。

(( 白色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 副 に入るもの。
「( 白色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 副 に入る意味、理由、説明。


(( 緑色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 主 のもの。
「( 緑色のカギカッコにマルカッコ )」 は、緑色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。

(( 黄色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 副 のもの。
「( 黄色のカギカッコにマルカッコ )」 は、黄色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。



[ 青色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「[ 青色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

[ 赤色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「[ 赤色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


[ 緑色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 のもの。
「[ 緑色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、緑色のカクカッコの、意味、理由、説明。

[ 黄色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 のもの。
「[ 黄色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、黄色のカクカッコの、意味、理由、説明。



青色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側。に入るもの。
「| 青色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側に入る意味、理由、説明。

ピンク色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側。に入るもの。
「| ピンク色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側に入る意味、理由、説明。


赤色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入るもの。
「| 赤色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入る意味、理由、説明。

水色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入るもの。
「| 水色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入る意味、理由、説明。


脳の三層目の法則は、一部から、二部、三部と、永遠に続きます。
囲い、カギカッコに縦ラインは、一部の側の、最後の側の色を付けます。
例えば、頭側の身体側の頭側なら、一部の頭側と最後の頭側で、 青色の囲い 「| 青色のカギカッコに縦ライン |」
身体側の頭側の頭側なら、一部の身体側と最後の頭側で、 水色の囲い 「| 水色のカギカッコに縦ライン |」


緑色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 のもの。
「| 緑色のカギカッコに縦ライン |」 は、緑色の囲いの、意味、理由、説明。

黄色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 のもの。
「| 黄色のカギカッコに縦ライン |」 は、黄色の囲いの、意味、理由、説明。



紫色の縦横のラインは、お題。

{ 紫色のナミカッコ } は、新たに更新した行や段落。
更新日付をクリックして下さい。