もう一つの思考

            主 = 決まっている  ・  副 = 変わる


トップページ > 主と副 全体一覧 > 主と副の違い 一覧 > 主 = 決まっている ・ 副 = 変わる


16/07/11


a. 決まっている ・ 変わる

主は、器や本体。 副は、機能や個性。


主というのは、軸になるものなので、決まっている。

副というのは、主に合わせるものなので、主に合わせ、変わる。





b. 実際で考えてみる

主 = 決まっている  副 = 変わる。  を実際で見て行きます。

もし、主が決まっていなかったら、どうなるのか?

例えば、私達が、普段、触れている物。
自然で出来た、木々や動物、空気など。また、自然のものを加工して作った人工的な物。
これらは、どうなるのか?

普段、何も無いように、吸って吐いている空気。
これが、決まっていなく、変わるものならば、私達は、 空気 という、呼吸できるものを探して、生きなければいけなくなります。
それだけではなく、空気も、当然、変わる訳ですから、空気が、突然、鉄になったり、水になったりします。
人工的に作った、椅子も、次の瞬間には、空気や水に変わるかも知れません。
これでは、とても、生きられません。



もし、副が決まっていたら、どうなるのか?

木の材質で、トンカチを作ると、木槌。
鉄の材質で、トンカチを作ると、金槌。
となるが、副の材質が決まっているなら、トンカチは、木槌、金槌、どちらかしか作れない事になる。

例えば、副が空気の素材のみと決まっているなら、植物や動物も、空気の素材になり、これでは、いるのか、いないのか、分からなくなります。
これでは、生き難いです。





c. 何が決まっていて、何が変わるのか?

では、何が決まっていて、何が変わるのか?

簡単に言うと、決まっていないと困るものが決まっています。
そして、変わらないと困るものが変わります。

例えば、1+1=2。
数字の1や2は、人間が勝手に作った物なので、変えられます。
+や=も、人間が勝手に作った物なので、変えられます。
人間が変えられないものは、1と1を足したら、2となる定義です。

この、 1と1を足したら、2となる定義 が副の機能です。

これは、空想の頭の中で計算するから、固定できますが、これを、実際で固定されると困ります。

例えば、化学式の H2O(水)
水素原子二つ と 酸素原子一つ の化学反応により、水になります。
これを、1と1で2とされると、水は作れない事になります。
計算上では、H2:O2=1:1になる訳ですから、H2Oは、 1+0.5=1.5 で水になるという事です。
つまり、酸素原子が欠けていて、1と1を足したら、2となる定義になっていない。


副は、主に合わせて、決まる訳ですから、 万能 でないといけません。
主は、決まっていないと、副が定まらない訳ですから、万能ではなく、 固執 していないといけない訳です。


つまり、主の 水 という定義に、副の機能が合わせて、 H2O=水 となった訳です。



これらの事から、主は確実に決まっている。 副は万能に変わる。という事が分かります。




トリセツ


一層構造の脳とは、「脳幹」のみの構造。
二層構造の脳とは、脳幹と「小脳」の構造。
三層構造の脳とは、小脳と「大脳」の構造。
「カギカッコ内は、その構造での中心となる脳。」

二層構造の脳の中心となる小脳の思考内容は、 主 と 副 の二つあります。

三層構造の脳の中心となる大脳の思考内容は、 頭側 と 身体側 の二つあります。

記号のトリセツに書いてある、二層構造の脳に入るもの。三層構造の脳に入るもの。というのは、その構造での中心となる脳の思考内容に当てはまるもの。

詳しくは、 三構造の脳の創り のページを御覧下さい。


三層構造の脳の二層目の法則、三層目の法則に関しては、トップページの項目、 b. 脳の二層目の法則・脳の三層目の法則の意味 を御覧下さい。



このサイトに書いてある数値は、適当な数値であり、頭側の計算の様な完璧な数値ではありません。



トリセツは、そのページ事に異なります。また、トップページに全ての トリセツ を載せてますので、そちらを御覧下さい。



記号のトリセツ

{ 赤色のナミカッコ } は、 二層構造の脳 のもの。
{ 青色のナミカッコ } は、 三層構造の脳 のもの。



(( 黒色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 主 に入るもの。
「( 黒色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 主 に入る意味、理由、説明。

(( 白色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 副 に入るもの。
「( 白色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 副 に入る意味、理由、説明。


(( 緑色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 主 のもの。
「( 緑色のカギカッコにマルカッコ )」 は、緑色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。

(( 黄色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 副 のもの。
「( 黄色のカギカッコにマルカッコ )」 は、黄色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。



[ 青色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「[ 青色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

[ 赤色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「[ 赤色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


[ 緑色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 のもの。
「[ 緑色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、緑色のカクカッコの、意味、理由、説明。

[ 黄色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 のもの。
「[ 黄色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、黄色のカクカッコの、意味、理由、説明。



青色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「| 青色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

赤色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「| 赤色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


緑色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 のもの。
「| 緑色のカギカッコに縦ライン |」 は、緑色の囲いの、意味、理由、説明。

黄色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 のもの。
「| 黄色のカギカッコに縦ライン |」 は、黄色の囲いの、意味、理由、説明。



紫色の縦横のラインは、お題。

{ 紫色のナミカッコ } は、新たに更新した行や段落。
更新日付をクリックして下さい。