もう一つの思考

            中間


トップページ > 主と副 全体一覧 > 主と副 一覧 > 中間


16/07/21


a. 中間?

中間の存在。


中間というのは、大と小の間。など、一つの線上で指した二つの物事の間の事。

例えば、0から20の中間は、 10 である。
この中間の場合、三つが横一線で並んでいるのが分かると思う。
0、10、20、と横並びに出来る。

これは、三層構造の脳の大脳の思考内容であり、二層構造の脳の小脳の思考内容に、この内容は存在しない。
要は、 自然 に対し、この中間の使い方が出来ない。





b. 二層構造の脳のものの中間とは?

二層構造の脳の小脳の思考内容で言う、中間とは?

例えば、1+1=2
この 1と1を足すと、2になる機能は、主と副の、副の機能である。

普通に考えると、例の数式の中間は何になるのか?

1+1 この中間は、 + の部分。
1+1=2 この中間は、 = の部分。

この二つの中間は、三層構造の脳の大脳の思考内容である。

では、例の数式の、数字の部分だけでは、中間は、どの数字になるのか?

1と1を足すと、2になる

一つの線上にあるのは、1と1なので、この二つの数字は、一つの線上で指した二つの物事になる。
なので、残った、数字の 2 が、中間になる。


次は、化学式で見て行きます。

水素原子二つと、酸素原子一つで、H2O 水になります。

正の水素原子を 主 として、負の酸素原子を 副 とします。
この異なる原子、二つが結合して、中間の、 水 が出来ます。


次に、人間で見て行きます。

母親と男親の中間的存在は、子供になります。
これは、納得できると思います。

主の母親の卵と、副の男親の精子が結合して、子供が出来ます。
主の水素原子二つと、副の酸素原子一つが結合して、水が出来ます。

人間の親と子の繋がりと、先程の化学式の例を比較すると、全く同じ式という事が分かります。

H2+0=H2O
1+1=2

この二つの式を比較しても、同じ式である事が分かり、
始めの数式、 1+1=2 の数字だけで、中間を出すと、数字の 2 の部分だと言う事が分かります。







c. 二層構造の脳のものと、三層構造の脳の物の、中間の違い

創造主が行なった物事の創り方 のページの項目、 c. 物事を勝手に進める方法 に書いてある文章。



どうすれば、物事は勝手に進むのか?
例えば、喧嘩。
人に喧嘩をさせる場合、人は、最低二人、要る。
でも、二人の仲が良く、喧嘩をしなければ、一生、喧嘩にはならない。

では、もう一人、いたなら、どうなるか?
AさんとBさん、二人の仲を悪くさせる為に、Cさんが、Aさんの大事な物を壊し、Bさんのカバンの中に、外から少しだけ見える様に入れた。
そうすれば、あとは、Aさんが、Bさんのカバンを見るだけで、喧嘩が発生し、あとの出来事は、勝手に進む。
でも、AさんとBさんの喧嘩がどんなに膨れ上がっても、Cさんが手を出したのは、初めの、「Aさんの大事な物を壊し、Bさんのカバンの中に、外から少しだけ見える様に入れた。」の一回だけである。
つまり、物事を勝手に進める為に要るのは、三角関係である。

これが、 三体問題 の根源である。



この文章には、AさんとBさん、二人の、仲が良い時期。から、仲が悪い時期。が書かれています。
中間は、仲が良い。から、仲が悪い。に変わる分岐点の、
「Cさんが、Aさんの大事な物を壊し、Bさんのカバンの中に、外から少しだけ見える様に入れた。」
の部分になります。

では、Cさんがいない状況での、仲が良い。から、仲が悪い。と、Cさんがいる状況での、仲が良い。から、仲が悪い。とでは、何が違ってくるのか?
それは、仲が悪い。から再度、仲が良い。に変わる要因である。

Cさんがいなく、AさんとBさん二人のうち、どちらかが悪く、仲が悪くなった場合は、明らかに原因が分かる為、仲直りが出来易くなっています。
それは、仲が悪くなった原因が、仲を良くする要因にもなるからです。
悪い事をした。 これが、仲が悪くなった原因。
悪い事をした事を謝った。 これが、仲を良くする要因。
仲が悪くなった原因。仲を良くする要因。どちらも、 悪い事をした。 が絡んでいるのが分かります。

でも、Cさんが手を出した場合、AさんとBさん二人には、仲が悪くなった原因が無い為、仲直りするきっかけの、仲を良くする要因も無い事になります。
なので、仲が悪い状態が、長く続きます。


Cさんがいなく、AさんとBさん二人が、仲が良い。仲が悪い。を繰り返した場合、中間は、仲が良い。と、仲が悪い。の間になります。
この場合、一つの線上に、点と点があり、中間がある為、仲が良い。から、仲が悪い。また、仲が悪い。から、仲が良い。の二つの分岐点ではなく、
先ほど言った、仲が悪くなった原因は、仲を良くする要因にもなる。様に、仲が良いと仲が悪い の間一つが中間となります。


では、Cさんがいて、AさんとBさんの二人が、仲が良い。仲が悪い。を繰り返した場合、中間は、どうなるのか?
この場合、一つの線上には、AさんとBさんの関係の、仲が良い。仲が悪い。のみです。
それは、仲が良くなったとしても、原因が掴めない訳ですから、不信感は残ったままです。
なので、仲が良くなった要因には、仲が悪くなる原因を残したままになっています。
この事から、仲が悪くなる原因は、ずっと残ったままになる為、中間は、分岐点の Cさん となる訳です。


これらの事から、二層構造の脳の小脳の思考内容の場合、中間は、一つの線上に無い。事が分かります。



要は、中間の、Cさんが行なった「Aさんの大事な物を壊し、Bさんのカバンの中に、外から少しだけ見える様に入れた。」の部分は、Cさんの線上の出来事になります。
なので、AさんとBさんの線上には、Aさんの大事な物は壊れていない。から、いきなり、Aさんの大事な物は壊れ、Bさんのカバンの中に、外から少しだけ見える様に入っていた。となり、Cさんが行なった出来事は、AさんとBさんの線上には、無い事になります。


そして、三層構造の脳の大脳の思考内容の場合、中間は、一つの線上にある事が分かります。


AさんとBさんの線上に、中間の、AさんとBさんが、仲を悪くした原因、仲を良くした要因、がある。





d. 自然のもので中間を探すには?

化学式で見ると分り易いですが、原子と原子から、水を作ったのが、原子の最終では無いです。
水を作った原子は、違う原子と結合する等、他の物質を作る事もでき、水は、その一部になります。
つまり、原子から出来た物質は、原子と原子の中間的存在という事が分かります。

例えば、岩石。
大きな岩石と、小さな岩石の中間は、中くらいの岩石になります。
これは、三層構造の脳の大脳で、考えた場合です。

二層構造の脳の小脳では、大きな岩石も、中くらいの岩石も、小さな岩石も、一つの岩石として見ます。なので、中間はありません。
それは、三つの岩石が、全て岩石だからです。

この、中くらいの岩石、小さな岩石が、海の波によるものだった場合、大きな岩石と中くらいの岩石と小さな岩石の中間は、 海の波 になります。
要は、削った岩石は、海の波の線上のものになり、中くらいの岩石、小さい岩石の線上には、削られた岩石は残っていない。


三層構造の脳の大脳の場合
大きな岩石+小さな岩石=中くらいの岩石
となります。
要は、点と点がないと、中間は無い。

二層構造の脳の小脳の場合
大きな岩石+海の波=中くらいの岩石、小さな岩石
となります。

これを化学式の H2(主)+O(副)=H2O
と比較すると、おかしな点が出てきます。

それは、中間のものの位置です。
岩石の場合、中間は、問題の中なのに対し、化学式のとき、中間は、答えの中にあります。

それは、元の式にあります。

「主(核なし)+副=核ありの主」

この式に当てはめると、どちらも合っている事が分かると思います。
簡単に言うと、 先天性+後天性=新たな先天性  という感じです。
ぞして、二層構造の脳の小脳の場合、点と点ではなく、主(核なし)と副が無いと、核ありの主は出来ない事が分かります。



まとめ

二層構造の脳のものの中間は、一つの線上の点と点の間にある、分岐点、または、合わさったもので、一つの線上の点と点とは異なる線上のものが中間となる。
なので、一つの線上の点と点と同じ線上に、中間は無い。

三層構造の脳のものの中間は、一つの線上の点と点の間で、一つの線上の点と点と同じ線上のものが中間となる。




トリセツ


一層構造の脳とは、「脳幹」のみの構造。
二層構造の脳とは、脳幹と「小脳」の構造。
三層構造の脳とは、小脳と「大脳」の構造。
「カギカッコ内は、その構造での中心となる脳。」

二層構造の脳の中心となる小脳の思考内容は、 主 と 副 の二つあります。

三層構造の脳の中心となる大脳の思考内容は、 頭側 と 身体側 の二つあります。

記号のトリセツに書いてある、二層構造の脳に入るもの。三層構造の脳に入るもの。というのは、その構造での中心となる脳の思考内容に当てはまるもの。

詳しくは、 三構造の脳の創り のページを御覧下さい。


三層構造の脳の二層目の法則、三層目の法則に関しては、トップページの項目、 b. 脳の二層目の法則・脳の三層目の法則の意味 を御覧下さい。



このサイトに書いてある数値は、適当な数値であり、頭側の計算の様な完璧な数値ではありません。



トリセツは、そのページ事に異なります。また、トップページに全ての トリセツ を載せてますので、そちらを御覧下さい。



記号のトリセツ

{ 赤色のナミカッコ } は、 二層構造の脳 のもの。
{ 青色のナミカッコ } は、 三層構造の脳 のもの。



(( 黒色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 主 に入るもの。
「( 黒色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 主 に入る意味、理由、説明。

(( 白色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 副 に入るもの。
「( 白色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 副 に入る意味、理由、説明。


(( 緑色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 主 のもの。
「( 緑色のカギカッコにマルカッコ )」 は、緑色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。

(( 黄色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 副 のもの。
「( 黄色のカギカッコにマルカッコ )」 は、黄色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。



[ 青色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「[ 青色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

[ 赤色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「[ 赤色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


[ 緑色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 のもの。
「[ 緑色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、緑色のカクカッコの、意味、理由、説明。

[ 黄色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 のもの。
「[ 黄色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、黄色のカクカッコの、意味、理由、説明。



青色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「| 青色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

赤色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「| 赤色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


緑色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 のもの。
「| 緑色のカギカッコに縦ライン |」 は、緑色の囲いの、意味、理由、説明。

黄色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 のもの。
「| 黄色のカギカッコに縦ライン |」 は、黄色の囲いの、意味、理由、説明。



紫色の縦横のラインは、お題。

{ 紫色のナミカッコ } は、新たに更新した行や段落。
更新日付をクリックして下さい。