もう一つの思考

            創造主と人間の想像的対の関係


トップページ > 一層 ・ 二層 ・ 三層構造の脳 全体一覧 > 創造主と宇宙空間と人間 一覧 > 創造主と人間の想像的対の関係


16/10/24


a. 創造主と人間の想像的対の関係

創造主と人間は、想像的に対の関係になっています。




例えば、創造主が創った森と、人間が真似て作った森。
この二つの森は、全く同じではありません。

創造主が創った森は、0から創ってあり、機能実態に沿って、森が出来上がっています。
例えば、宇宙空間の機能実態では、時間がある為に、成長、衰え、が実行されています。重力では、ものの大きさが、揃えられています。
そして、植物の核、に、植物の機能実態が埋め込まれている為に、植物という実態がある訳です。
物質実態は、この機能実態に沿って、物質の性質や形を変えて行っています。
簡単に言うと、物質実態は、機能実態に沿って動き、様々な物質実態へと移り変わって行くので、創造主が手を出さなくても、森は、勝手に森を創ります。

人間が作った森は、創造主が創り出来上がった物質実態を使い、森を作る為、1から森を作る事になります。
人間は、創造主の決めたルール、機能実態を分析し、物質実態の性質や形を把握します。
そして、創造主の決めたルールの機能実態に強制的に従いながらも、大脳を使い、大脳の思考内容にある、森を作る事が出来ます。
簡単に言うと、人間の作る森は、人間が手を出さないと、創造主の創った森へと姿を変えて行く為、大脳の思考内容にある森を持続させようとなると、人間が、ずっと手を出さなければいけません。

つまり、創造主の創った森と、人間の作った森は、脳の二層目の法則の内容が適応されており、
一つの森の思考から、創造主の森の思考と、人間の森の思考に別れる事が出来ます。
人間が手を出すと、創造主の森は、人間の森へと姿を変える。人間が手を出さなければ、人間の森は、創造主の森へと姿を変える。

要は、宇宙空間内の物質実態である、森は、森のままであるが、創造主の思考内容と人間の思考内容とで、姿は180度、異なる。
例えば、創造主の思考内容だと、植物は、頭が無いかの様に、とにかく、手を伸ばす。要は、植物自身が生存競争をする。
でも、人間の思考内容だと、植物は、自分の成長の感覚間を開けられている為に、真っ直ぐ成長する事が出来る。要は、植物自身が生存競争をしなくても良い。

こちらは、脳の三層目の法則の内容が適応されています。
簡単に言うと、頭側が作成したビルの設計図。と、身体側が制作した実際に建てたビル。
ビルの設計図と実際に建てたビルは、同じビルです。
ですが、設計図に住む事は出来ません。でも、実際に建てたビルには住めます。と、180度、異なっている。


創造主と人間は、宇宙空間内の物質実態で、森をつくるのは同じである。
創造主の思考内容で森を創った後、人間の思考内容で森を作り変える事が出来る。また、人間の思考内容で作った森を、創造主の思考内容で森を創り変える事が出来る。
そして、創造主の思考内容と、人間の思考内容は、正反対となっている。

これが、創造主と人間の、想像的対の関係である。





b. 宇宙空間とオーブントースターは、元は同じつくり

創造主が創った、宇宙空間(宇宙空間内全て)と、人間の作った、オーブントースターは、同じつくりをしています。
要は、脳の二層目の法則の内容の、創造主の思考と、人間の思考は、元は一つの思考である。その元の一つの思考でのつくりが、宇宙空間とオーブントースターで同様のものである。


簡単に、オーブントースターの説明をすると、
目で見ると、オーブントースターの本体と、本体に付いている温度調整と時間の調整のボタン。
オーブントースターの内容は、コンセントに本体から連なるプラグを挿し、動力を受ける事で、熱する主の機能。と、一定の高さの温度になるとスイッチがOFFになり、一定の温度まで下がるとツイッチがONになる、サーモスタットの副の機能。
サーモスタットは、バイメタル、熱膨張率の異なる二枚の金属板を貼り合わせたもの。低膨張と高膨張という熱膨張の異なる二枚の金属板を貼り合わせ、冷間圧延、熱間圧延などで圧着(原子間結合)します。温度が上がると高膨張の金属板が反り接点が離れスイッチがOFFになります。温度が下がると高膨張の金属板が逆反りし接点が圧着されツイッチがONになります。


では、宇宙空間とオーブントースターを比較して行きます。

@
宇宙空間は、主が、物質実態である。
オーブントースターは、主が、機能実態である。

A
宇宙空間は、物質実態の成長の、性質や姿を変える為に、副の機能実態を宇宙空間に設けています。
オーブントースターは、熱する機能が、成長し過ぎない様に、副の物理的な運動を設けています。

B
宇宙空間本体の、時間や重力といった機能実態と、各核ありの主に埋め込まれた機能実態。
オーブントースターの本体に付いている、温度調整、時間調整という機能実態を実行する為の 物質実態のボタン と、オーブントースターの中に組み込まれた、サーモスタットという物質実態。

C
宇宙空間は、主である物質実態を、機能実態により、様々な姿に変えさせる。
オーブントースターは、別で物質実態をオーブントースターの中に入れ、物質実態の姿を変える。





c. 宇宙空間とオーブントースターのつくりを比較

項目 b で挙げた、@からCまでを説明します。


@
宇宙空間は、主が、物質実態である。
オーブントースターは、主が、機能実態である。

宇宙空間内には、様々な物質実態が存在しています。
様々な物質実態がなければ、宇宙空間は、ただの物質実態の塊です。
ただの物質実態の塊に、機能実態を設ける事により、様々な姿を存在させている。という訳です。

生まれた順番として、空間(宇宙空間)が先か、時間が先か、という議論があります。

では、機能実態に、物質実態を入れて、機能実態を動作させると、どうなるのか?
オーブントースターに、物質実態を入れて動作させて見ましょう。
ビッグバン宇宙膨張。と似た事が出来ます。
オーブントースターの中に入れた物質実態、例えば、クッキーの生地は、膨張(成長)しますが、その後、熱し続けると、収縮(衰え)します。

では、物質実態に機能実態を設けると、どうなるか?
それは、物質実態の本体に、機能実態を付けた、オーブントースター自体と同じになります。
つまり、時間が続いている限り、機能し続ける。

この事から、宇宙空間は、空間が先で、時間が後の、 主の物質実態 に、 副の機能実態 が付いているのが分かります。

また、この事からは、オーブントースターの内容が、物質実態の無い、熱する機能の 機能実態のみ だという事も分かります。



A
宇宙空間は、物質実態の成長の、性質や姿を変える為に、副の機能実態を宇宙空間に設けています。
オーブントースターは、熱する機能が、成長し過ぎない様に、副の物理的な運動を設けています。

宇宙空間は、宇宙空間本体の時間や重力などといった機能実態、核ありの主の機能実態、を設ける事により、物質実態は真っ直ぐ成長しています。
真っ直ぐ。 というのは、様々な性質、形でも均等な(矛盾が起こらない)成長の仕方を行なっています。
例えば、りんごの木。
木の主となる幹よりも、枝の方が大きかったら、重かったら、幹は折れます。
そういった矛盾が起こらない様に、先天性の、設計は正確に、実行は確実、にされており、宇宙空間という物質実態を、平面から見ると、副の機能実態により、成長(進む方向)のみ出来る様に創られています。
宇宙空間という物質実態を、立体的に見ると、進んでいない様に見えます。要は、生物に進化は起こっていない。という風に見えます。
宇宙空間という物質実態を、平面的に見る、は、宇宙空間という物質実態から見ています。 立体的に見る、は、個別の物質実態から見ています。

物質実態は、平面から見ると、物質実態自体に、成長、衰えは、ありません。要は、物質実態は、機能実態に触れる事で、違う物質実態に変わる。という事です。
物質実態を、立体的に見ると、成長、衰え、といった機能実態を見る事が出来ます。これは、各核ありの主の機能実態毎に設定が異なります。
要は、物質実態を、平面的に見る、は、各物質実態から見ています。 立体的に見る、は、各核ありの主から見ています。

各物質実態。というのは、簡単に言うと、養分の各物質です。
各核ありの主。というのは、人間や木などです。

個別の物質実態。というのは、各物質実態と各核ありの主、の事です。
宇宙空間という物質実態。というのは、宇宙空間内全ての物質実態の事です。

オーブントースターは、サーモスタットを設ける事により、温度が上がり過ぎない様に、自身で調整できる様になっています。
サーモスタットは、金属板が、離れるか圧着するか、という二つの物理的な動きで、温度を調整しています。
金属板は、化学反応により動いていますが、化学反応により、直接、温度を調整している訳ではなく、金属板が、離れているか圧着しているかの、物理的動きによる温度調整になっております。
要は、副の物質実態により、持続(進まない)のみ出来る様に作られています。


これらの事から、宇宙空間は、副の機能実態により、主の物質実態を動かしている事が分かります。
オーブントースターは、副の物質実態により、主の機能実態を留めている事が分かります。



B
宇宙空間本体の、時間や重力といった機能実態と、各核ありの主に埋め込まれた機能実態。
オーブントースターの本体に付いている、温度調整、時間調整という機能実態を実行する為の 物質実態のボタン と、オーブントースターの中に組み込まれた、サーモスタットという物質実態。

宇宙空間という本体に、機能実態の時間や重力が付いていて、宇宙空間内全てに影響をもたらしています。
宇宙には、無重力という重力が設定されています。つまり、無重力は、重力という機能実態がある事を示しています。
そして、全てに影響させる機能実態があれば、個別の物質実態の核ありの主にも、それぞれ機能実態があります。簡単に言うと、人間や木といった、 核 です。その核の中に、全体に影響のある機能実態の設定もあります。

オーブントースター本体に、温度調整、時間調整のボタンが付いていて、オーブントースター内全体の、熱する温度、時間は、これにより、決められます。
そして、オーブントースターの中には、サーモスタットが個別で付いており、サーモスタットの影響により、オーブントースター内の温度は、持続させられます。
宇宙空間の物質実態と違い、オーブントースターとサーモスタットは、個別の物ですが、熱する機能という繋がりにより、一体となっています。
オーブントースターは、個別の物質実態(サーモスタット)に、熱する。という機能実態に対しての化学反応の設定が、創造主により既にされているので、人間が個別の物質実態自体に設定をする事は出来ません。
これは、オーブントースター内全体に影響のある、温度、時間も同じで、個別の物質実態に設定する事は出来ません。
ただし、個別の物質実態の設置の仕方や、他の個別の物質実態に変える事で、設定を変える事は出来ます。


これらの事から、宇宙空間には、宇宙空間全体に影響のある機能実態と、個別の物質実態の、核ありの主に埋め込まれた機能実態がある事が分かります。
また、個別の物質実態、核ありの主には、宇宙空間全体に影響のある機能実態の設定もされている事が分かります。

オーブントースターには、オーブントースター全体に影響のある、温度、時間の機能実態の物質実態のボタンと、オーブントースター内部に熱する機能実態に反応する、個別の物質実態がある事が分かります。
また、個別の物質実態に、人間が、機能実態を埋め込む事は出来ず、オーブントースター全体に影響のある、温度、時間の機能実態の設定も行えません。ただし、個別の物質実態の設置の仕方や他の個別の物質実態に変える事で、個別の物質実態に機能実態を埋め込む、全体に影響のある機能実態の設定を行うのと、同じ様な事は出来ます。



C
宇宙空間は、主である物質実態を、機能実態により、様々な姿に変えさせる。
オーブントースターは、別で物質実態をオーブントースターの中に入れ、別で入れた物質実態の姿を変える。

宇宙空間内は、機能実態により、様々な物質実態に実態を変えています。
水蒸気が水になったり、水が氷になったりします。
また、生物の進化も、機能実態により、行われています。

オーブントースター内に、オーブントースターの外から、物質実態を入れる事で、物質実態の姿を変える事が出来ます。
クッキーの生地を入れ、クッキーにする事が出来ます。


これらの事から、宇宙空間内は、機能実態により、主の物質実態を様々な姿に変える事が出来ている。
オーブントースターは、機能実態な為、外から物質実態を持ち込む事により、主の熱する機能を使い、持ち込んだ物質実態を目的の姿へと変える事が出来る。





d. オーブントースター

項目 b で挙げた、C。
オーブントースターは、別で物質実態をオーブントースターの中に入れ、物質実態の姿を変える。

では、生物の進化の様に、クッキーの生地を、型を取らずに塊を入れるだけで、クッキーを作る事は出来るのか?
また、クッキーの生地を作るところから、全自動でクッキーを作る事は可能なのか?


オーブントースターの主の機能実態は、熱する、です。

熱する事で、化学反応を起こす物質実態を使い、オーブントースターの内容を変える事が出来ます。
例えば、熱する事で、オーブントースター内部の空気は膨張する為、オーブントースターの扉を開ける事は出来ます。

要は、現在の時点では、サーモスタットという 点 を、一つ付けているに過ぎません。
それを、熱する。という線に、点を幾つも付けていく事で、様々な機能が付加できます。

また、宇宙空間の物質実態が、機能実態により、生物の進化の様に流れる様に、様々な物質実態を創り出している事から、
化学反応を幾つも流れる様に繋げる事が出来るかも知れません。

要は、クッキーを一から作る為に、オーブントースターに他の機械を付けるのではなく、オーブントースター内で、全部を行える可能性があります。

これらは、オーブントースター本体の出来事です。


オーブントースターに、人間の大脳にあたる、コンピュータを付ければ、様々な料理に対応できる様になります。

宇宙空間は、人間(大脳)が後天性で動き、宇宙空間内を、大脳の思考内容で作り変える事が出来る。
要は、人間(大脳)を宇宙空間内に入れ、宇宙空間内の個別の物質実態の内容を変える。

オーブントースターの場合は、オーブントースターを、様々な料理に対応できる様に、オーブントースター自体の内容は変えずに、人間の大脳にあたる、コンピュータを、オーブントースターの外に取り付け、外の物質実態を変えても対応できる様にする。
要は、人間の大脳にあたる、コンピュータを、オーブントースターの外に取り付け、外の物質実態を変えても、対応できる様にする。




身体側の人間は、体験した事を、物理的に繋げる頭はありますが、化学反応やコンピュータ技術は、頭側の内容になります。

僕は、現在、化学反応の内容を殆ど知らない為、考える(物理的に繋げる)事は出来ません。ご了承下さい。




トリセツ


一層構造の脳とは、「脳幹」のみの構造。
二層構造の脳とは、脳幹と「小脳」の構造。
三層構造の脳とは、小脳と「大脳」の構造。
「カギカッコ内は、その構造での中心となる脳。」

二層構造の脳の中心となる小脳の思考内容は、 主 と 副 の二つあります。

三層構造の脳の中心となる大脳の思考内容は、 頭側 と 身体側 の二つあります。

記号のトリセツに書いてある、二層構造の脳に入るもの。三層構造の脳に入るもの。というのは、その構造での中心となる脳の思考内容に当てはまるもの。

詳しくは、 三構造の脳の創り のページを御覧下さい。


三層構造の脳の二層目の法則、三層目の法則に関しては、トップページの項目、 b. 脳の二層目の法則・脳の三層目の法則の意味 を御覧下さい。



このサイトに書いてある数値は、適当な数値であり、頭側の計算の様な完璧な数値ではありません。



トリセツは、そのページ事に異なります。また、トップページに全ての トリセツ を載せてますので、そちらを御覧下さい。



記号のトリセツ

{ 赤色のナミカッコ } は、 二層構造の脳 のもの。
{ 青色のナミカッコ } は、 三層構造の脳 のもの。


{{ 黄色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳のもの。
「{ 黄色のカギカッコにナミカッコ }」 は、黄色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。

{{ 緑色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳のもの。
「{ 緑色のカギカッコにナミカッコ }」 は、緑色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。



(( 黒色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 主 に入るもの。
「( 黒色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 主 に入る意味、理由、説明。

(( 白色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 副 に入るもの。
「( 白色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 副 に入る意味、理由、説明。


(( 緑色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 主 のもの。
「( 緑色のカギカッコにマルカッコ )」 は、緑色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。

(( 黄色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 副 のもの。
「( 黄色のカギカッコにマルカッコ )」 は、黄色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。



[ 青色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「[ 青色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

[ 赤色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「[ 赤色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


[ 緑色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 のもの。
「[ 緑色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、緑色のカクカッコの、意味、理由、説明。

[ 黄色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 のもの。
「[ 黄色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、黄色のカクカッコの、意味、理由、説明。



青色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側。に入るもの。
「| 青色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側に入る意味、理由、説明。

ピンク色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側。に入るもの。
「| ピンク色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側に入る意味、理由、説明。


赤色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入るもの。
「| 赤色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入る意味、理由、説明。

水色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入るもの。
「| 水色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入る意味、理由、説明。


脳の三層目の法則は、一部から、二部、三部と、永遠に続きます。
囲い、カギカッコに縦ラインは、一部の側の、最後の側の色を付けます。
例えば、頭側の身体側の頭側なら、一部の頭側と最後の頭側で、 青色の囲い 「| 青色のカギカッコに縦ライン |」
身体側の頭側の頭側なら、一部の身体側と最後の頭側で、 水色の囲い 「| 水色のカギカッコに縦ライン |」


緑色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 のもの。
「| 緑色のカギカッコに縦ライン |」 は、緑色の囲いの、意味、理由、説明。

黄色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 のもの。
「| 黄色のカギカッコに縦ライン |」 は、黄色の囲いの、意味、理由、説明。



紫色の縦横のラインは、お題。

{ 紫色のナミカッコ } は、新たに更新した行や段落。
更新日付をクリックして下さい。