もう一つの思考

            神はサイコロを振らない


トップページ > ちょっとした 全体一覧 > ちょっとした 一覧 > 神はサイコロを振らない


16/11/14   16/12/30


a. 量子力学

神はサイコロを振らない。

これは、アインシュタインの有名な言葉で、 観測される現象が偶然に選ばれる。 という量子力学の曖昧さを批判した言葉だそうです。



不確定性原理。

物質の位置を正確に確定しようとすると物質の速度が不確定になり、逆に、物質の速度を正確に確定しようとすると物質の位置が不確定になる。


コペンハーゲン解釈。

対象を状態の 重ね合わせ として記述し、観測によって一つの状態がある確率で実現する。
要は、一つの世界で二つの事が同時に進行している。

エヴェレットの多世界解釈。

相関した分岐のみが観測可能な世界であって、相関していない他の分岐は観測できない。
要は、観測できない世界は元々無い。
二つの事の同時進行から、どちらか一つの事に決定した後の、決定論的見解。





b. 物質実態の動き方

三体問題 のページに、宇宙空間(宇宙空間内全て)の物質実態の創り方が書いてあります。

「太陽は太陽の為に動かない。地球は地球の為に動かない。月は月の為に動かない。
地球は太陽の為に動く。月は、地球と太陽の為に動く。(ただし、月が太陽に対し動いているのは、地球を外から助ける為です。)

これらの事から、宇宙空間は、主を助ける為に、副の物質実態が、物質進化をし続けている。という事が分かります。
それと同時に、宇宙空間は、物質実態が進化し続けなければ、持続、維持できないものである。という事も分かります。」


手を取り合う、主と副 のページから、
方向性は、主 = 無し  副 = ↑
↑ は、様々なプラスの意味。

副の方向は、一つの方向です。


つまり、物質実態は、全て一つの方向に向かって、動いている。という事です。





c. 不確定性原理

物質実態が、全て一つの方向に向かって動いているのなら、なぜ、 不確定性原理 が出てくるのか?
簡潔に言うと、先天性の動きと後天性の動きが交ざっているからです。

例えば、今、あなたが「あ」と口に出したとします。
そうすると、宇宙空間の一つの方向とは違った方向に、「あ」が出ます。


例えば、弓矢。

決めた位置に正確に射抜く弓矢の機械を作ります。
それでは、決めた位置に正確に射抜く弓矢の機械で、矢を100本打ちます。
すると、正確に決めた位置に射抜けていない矢が出てきます。

次に、人間が、決めた位置(的)に正確に射抜いてみます。
偶然でも良いですが、100本全て、決めた位置(的)に正確に射抜けたとします。


機械と人間とで、何が違ったのか?

的を見ます。
この的は、宇宙空間の一つの方向に従っています。
だから、人間が打つ矢は、全て決めた位置(的)に正確に射抜けた訳です。
要は、人間が、宇宙空間の一つの方向に合わせ、矢を放った訳です。

機械ではどうでしょうか?
機械は、自分で決めた位置に矢を放っています。
つまり、宇宙空間の一つの方向に合わせていない訳です。
だから、矢は、決めた位置に放てないものが出た訳です。


始めに出した例の、あなたが言い放った「あ」も同じです。
宇宙空間の一つの方向に合わせていないから、不確定性原理をもたらしてしまった訳です。



では、本当に、あなたが言い放った「あ」は、宇宙空間の一つの方向の動きに逆らっているのか、実際で見てみます。

例えば、動物。
動物が動物を狩るときは、狩る動物の動きに合わせて、狩ります。
自分の自由奔放な動きで、勝手に捕まってくれる動物は、なかなかいません。

宇宙空間が一つの方向で動いていて、自分もその同じ流れの中で動いているのなら、自分の自由奔放な動きで、動物は狩れます。
動物が動物を摂取する事は、先天性で決められています。
つまり、宇宙空間の一つの流れに、先天性の動物の摂取も含まれる為、宇宙空間の一つの方向の流れの中にいるのなら、自動的に動物は動物を摂取できる為、自分の自由奔放な動きでも、動物は狩れてしまいます。

ですが、実際は、自分が、狩る動物に合わせないと、狩り難いです。
つまり、狩る動物の先天性の動きに合わせて、動物を狩っている訳です。



この、 狩る動物の先天性の動きに合わせて動物を狩る。 という動きは、全ての動物が連鎖的に実行しています。
要は、繋ぎ合わせると、一つの方向になる訳です。
この事からも、宇宙空間内の物質実態は一つの方向で動いている事が分かります。


では、石ころを地面に置く。 石ころを手に持つ。
この二つの石ころは、宇宙空間の一つの方向の動きを実行できているのか?


この、石ころを、兎に変えて見ます。
兎を地面に下ろすと、兎は、自分の動きをします。要は、先天性の動きをします。
兎を掴むと、兎は、自分の動きが出来ません。要は、後天性の動きをします。
石ころも同じです。

ですが、先程の自動摂取が出来ない事から、兎は普段、先天性の宇宙空間の一つの方向の動きはしていない事になります。
石ころも同じです。

だから、観測したときに、一つの世界で二つが同時に異なる動きをする事により出る、不確定性原理が発生してしまう訳です。
要は、普段、物質実態は、宇宙空間の一つの方向に逆らって動いている。
宇宙空間の世界で、宇宙空間の一つの方向に逆らう動きと、宇宙空間の一つの方向の動き、により、不確定性原理が発生してしまう。


これらの事から、様々な物質実態は、宇宙空間の一つの方向に合わせたときのみだけ、宇宙空間の一つ方向に動けている。という事が分かります。





d. 静止座標

神離れ のページに、宇宙原理の 一様かつ等方 を使って、創造主と宇宙空間(宇宙空間内全て)と人間の関係が解いてあります。

一様かつ等方。というのは、「宇宙のどの位置にいても、いる場所は同じ」という感じのもの。
もう少し分かり易く言うと、「静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ富士山」

人間から、宇宙空間を見ると、「静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山は、異なる富士山(宇宙空間)」となる。
宇宙空間から、人間を見ると、「静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ富士山(人間)」となる。
創造主から、宇宙空間と人間を見ると、「静岡県から見た富士山も山梨県から見た富士山も同じ富士山(人間)も、静岡県から見た富士山と山梨県から見た富士山は異なる富士山(宇宙空間)も、同じ富士山(宇宙空間)」となる。


エヴェレットの多世界解釈は、観測したときに、世界が決まる。というもの。
つまり、二つの事は、異なり、観測したときに、一つが顔を出す。
宇宙原理の例で言うと、
「静岡県から見た富士山と、山梨県から見た富士山は、異なる富士山(宇宙空間)」

コペンハーゲン解釈は、二つの事は同時進行している為、シュレーディンガーの猫で言うと、生きていて死んでいる。という表現になり、生きていて死んでいる、という二つの確率は確定できるが、結果は確定できない。
つまり、二つの事は、同時で確定しないが、観測すると一つに確定となる。その確率は確定している。
宇宙原理の例で言うと、
「静岡県から見た富士山も山梨県から見た富士山も同じ富士山(人間)も、静岡県から見た富士山と山梨県から見た富士山は異なる富士山(宇宙空間)も、同じ富士山(宇宙空間)」

つまり、宇宙原理で言うと、
「静岡県から見た富士山も、山梨県から見た富士山も、同じ富士山(人間)」
の部分の解釈が、抜けている事になる。


三体問題の「太陽と地球と月」と、シュレーディンガーの猫を合わせると、
太陽 = 一つの世界。
地球 = 生きている。
月 = 死んでいる。
となります。

一つの世界は、生きていると死んでいる、両方、見えます。
生きているは、死んでいるという選択肢を残しています。
死んでいるに、選択肢はありません。死んだ状態から、生きる事は不可能です。つまり、確定し、二つの事は異なっています。


問題は、観測時の、一つの世界での速度と位置。どちらが地球で、どちらが月の内容なのか?

項目 c での弓矢の例。
機械は、速度(距離)を固定した。
人間は、位置(的)を固定した。

機械は速度を固定した為、不確定性原理が発生した。
人間は、位置を固定した為に、宇宙空間の一つの方向に合わせられた。

つまり、
速度は、二つの事が異なった。
位置は、二つの事が同じになった。
となります。

この事から、観測時の静止座標は、 位置 という事になります。





e. 観測

では、どこの位置で、待ち構えていれば良いのか?


そもそも、位置は、なぜ、静止座標と出来るのか?
簡潔に言うと、宇宙空間内の物質実態が、一つの方向に向いて動いている為、位置は、確定している。



例 磁石。
鉄を磁石にくっつけると、鉄の原子磁石は、一つの方向に向きます。
鉄の原子磁石は普段、バラバラな為、普段は、宇宙空間の一つの方向に合わせていない事になります。
鉄の原子磁石が、磁石に合わせたときのみ、鉄の原子磁石は、宇宙空間の一つの方向に合わせている事になります。
ですが、鉄の原子磁石の速度は、磁石に合わせ終えたら失います。
つまり、鉄の原子磁石が、磁石に合わせる期間は、原子磁石がバラバラな状態から、一つの方向に向くまで、の一瞬です。



例 動物が動物を狩る。
例えば、鳥が魚をロックオンする。
鳥が魚をロックオンし、魚を捕らえた。となると、鳥は、宇宙空間の一つ方向に合わせられた。となります。
鳥は魚をロックオンしたが、魚は捕らえられなかった。となると、鳥は、宇宙空間の一つの方向に合わせられなかった。となります。
つまり、結果的に捕らえた瞬間、また、鉄の原子磁石が磁石に合わせられた瞬間、宇宙空間の一つの方向に合わせられた。という事になります。

なぜ、宇宙空間の一つ方向に合わせられたかどうかが、結果論でしか分かる事が出来ないのか?
それは、行動自体が、終わってからしか、結果が出ないからである。
だから、宇宙空間の一つの方向に合わせられたかどうかは、結果次第となる。

ちなみに、網で魚を捕らえた。
網で魚を捕らえた、一匹一匹の瞬間、宇宙空間の一つの方向に合わせられた事になります。
網で捕まえた魚を手で掴んだ。この瞬間も、宇宙空間の一つの方向に合わせられた事になります。
魚を調理するときに、包丁で魚を切れた。この瞬間も、宇宙空間の一つの方向に合わせられた事になります。
調理した魚を、口に運んで摂取した。この瞬間も、宇宙空間の一つの方向に合わせられた事になります。
これは、 ロックオンしたときから、成功の結果を残した瞬間(図128の、上の緑色の矢印) が、宇宙空間の一つの方向に合わせられた。という事になります。



例 磁石。
磁石同士だと、互いが引き寄せられます。
磁石同士を近づけ、引き寄せられたときにロックオンされ、ロックオンされたときにくっつく位置はもう決まっています。

宇宙空間内は一つの方向を向いて動いている為、同じ事をするのは、極めて難しい事になります。
簡単に言うと、同じAでも、今日のAと、明日のAは、今日と明日が異なり、同じには出来ません。
要は、宇宙空間は一つの方向に動いていて、事は一回しか行われない為、何回も同じ事を試す。という事は、現実では出来ません。

手で磁石を持っていると、磁石は、先天性の動きは出来ません。
磁石が互いに引き寄せられた場合、磁石が合わせているのは、図129の青いラインの真ん中、 決まっている の位置であり、赤いラインの宇宙空間の一つの方向には合わせていません。

鳥が魚を捕らえる。で言い換えると、
鳥と魚が、お互い食べ合っている状態となります。要は、鳥の口と魚の口はくっついていますが、鳥は魚を摂取できていない。つまり、失敗。となり、宇宙空間の一つの方向には合わせられていない。

片方の重い磁石に、軽い磁石が引き寄せられた場合、引き寄せられるのは、軽い磁石のみなので、軽い磁石は、重い磁石に食べられた事になり、摂取は成功した事になり、宇宙空間の一つの方向に合わせられた事になります。



例 重い磁石に軽い磁石が引き寄せられる。

図130 軽い磁石は、軽い磁石が決めた、重い磁石の位置(的)に向かって動いている訳ではない為、宇宙空間の一つの方向には合わせられてはいません。
軽い磁石が引き寄せられ始めたときに、手で抑え、放した場合も、図130の様になります。

図131 軽い磁石が、重い磁石に引き寄せられるロックオンをしたとき、くっつく位置は決まっています。
軽い磁石が引き寄せられ始めたところで手で抑えた。それを放した瞬間、再びロックオンします。再びロックオンしたとき、くっつく位置は決まっています。


これらの事から、静止座標は、 位置 で、観測するときは、 一つが一つに対しロックオンしたときから、結果論で一体となる瞬間 である。事が分かります。





f. 神はサイコロを振らない

事の成功。

宇宙空間内の一つの方向に動く物質実態は、成功の積み重ねで、一つの方向に向かっています。
失敗という事は、事が動かない。という事を意味します。
事が動く。という事は、成功を意味します。


例えば、生花。
茎を切る。
{ 切る茎の長さを、失敗、成功。これは、人間の脳内、三層構造の脳の大脳の思考内容になります。 }
{ 切る茎の長さがどうであれ、茎を切れたのなら、それは、事が動いたので、宇宙空間の、二層構造の脳の小脳の思考内容では、成功となります。 }

例えば、鳥が魚を捕る。
鳥は動いたが、魚は捕れなかった。魚は、そのまま残る為、二層構造の脳の小脳の思考内容では、この行動は動いていない、無かった事になる。要は、事は何も起きなかった。
鳥が動き、魚を捕った。魚は、いなくなる為、二層構造の脳の小脳の思考内容では、動いた事になる。要は、事は起こった。

例えば、食べる。
狩りの成果により、食べる量が、多い、少ない、どちらも、摂取に成功しています。
この成功の積み重ねで、動物は、自分が必要な摂取量を摂取しています。
要は、様々な物質実態が、成功し、変わり動く事で、宇宙空間は、一つの方向に向かって動いている訳です。
この様々な物質実態の動きにより、この宇宙空間内は、常に動いている訳です。だから、自分から、宇宙空間の一つの方向に合わせないと、宇宙空間の一つの方向に逆らってしまう訳です。


一つの世界で一つが一つに対しロックオンしたときから、結果論で一体となる瞬間。先天性の宇宙空間の一つ方向に合わせられた事になる。という事から、神はサイコロを振らない。と言えます。




{
観測時に、位置を特定させたいなら、ロックオンできるものを、一つにしておくと、それとしか一体となれない為、必ず、その一つの位置に行きます。

魚が一匹なら、鳥は必ず、その一匹を狙って狩りをする。

一個の磁石に対し、引き合う磁石が十個なら、どの磁石に行くかは分かりませんが、一つの磁石に対し、引き合う磁石が一つなら、一つの磁石は、必ず、引き合う磁石一つの元に向かいます。
}




トリセツ


一層構造の脳とは、「脳幹」のみの構造。
二層構造の脳とは、脳幹と「小脳」の構造。
三層構造の脳とは、小脳と「大脳」の構造。
「カギカッコ内は、その構造での中心となる脳。」

二層構造の脳の中心となる小脳の思考内容は、 主 と 副 の二つあります。

三層構造の脳の中心となる大脳の思考内容は、 頭側 と 身体側 の二つあります。

記号のトリセツに書いてある、二層構造の脳に入るもの。三層構造の脳に入るもの。というのは、その構造での中心となる脳の思考内容に当てはまるもの。

詳しくは、 三構造の脳の創り のページを御覧下さい。


三層構造の脳の二層目の法則、三層目の法則に関しては、トップページの項目、 b. 脳の二層目の法則・脳の三層目の法則の意味 を御覧下さい。



このサイトに書いてある数値は、適当な数値であり、頭側の計算の様な完璧な数値ではありません。



トリセツは、そのページ事に異なります。また、トップページに全ての トリセツ を載せてますので、そちらを御覧下さい。



記号のトリセツ

{ 赤色のナミカッコ } は、 二層構造の脳 のもの。
{ 青色のナミカッコ } は、 三層構造の脳 のもの。


{{ 黄色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳のもの。
「{ 黄色のカギカッコにナミカッコ }」 は、黄色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。

{{ 緑色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳のもの。
「{ 緑色のカギカッコにナミカッコ }」 は、緑色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。



(( 黒色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 主 に入るもの。
「( 黒色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 主 に入る意味、理由、説明。

(( 白色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 副 に入るもの。
「( 白色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 副 に入る意味、理由、説明。


(( 緑色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 主 のもの。
「( 緑色のカギカッコにマルカッコ )」 は、緑色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。

(( 黄色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 副 のもの。
「( 黄色のカギカッコにマルカッコ )」 は、黄色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。



[ 青色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「[ 青色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

[ 赤色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「[ 赤色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


[ 緑色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 のもの。
「[ 緑色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、緑色のカクカッコの、意味、理由、説明。

[ 黄色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 のもの。
「[ 黄色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、黄色のカクカッコの、意味、理由、説明。



青色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側。に入るもの。
「| 青色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側に入る意味、理由、説明。

ピンク色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側。に入るもの。
「| ピンク色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側に入る意味、理由、説明。


赤色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入るもの。
「| 赤色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入る意味、理由、説明。

水色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入るもの。
「| 水色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入る意味、理由、説明。


脳の三層目の法則は、一部から、二部、三部と、永遠に続きます。
囲い、カギカッコに縦ラインは、一部の側の、最後の側の色を付けます。
例えば、頭側の身体側の頭側なら、一部の頭側と最後の頭側で、 青色の囲い 「| 青色のカギカッコに縦ライン |」
身体側の頭側の頭側なら、一部の身体側と最後の頭側で、 水色の囲い 「| 水色のカギカッコに縦ライン |」


緑色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 のもの。
「| 緑色のカギカッコに縦ライン |」 は、緑色の囲いの、意味、理由、説明。

黄色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 のもの。
「| 黄色のカギカッコに縦ライン |」 は、黄色の囲いの、意味、理由、説明。



紫色の縦横のラインは、お題。

{ 紫色のナミカッコ } は、新たに更新した行や段落。
更新日付をクリックして下さい。