もう一つの思考

            内(うち)


トップページ > 法則 ・ 造語 全体一覧 > 造語 一覧 > 内(うち)


16/09/12   16/08/19


a. 内

内(うち)。


内と外の、内の事。





b. 広い意味での、内

広い意味では、内と外に別れるものの、外のものに対し、 内 と使っています。

例えば人間なら、目で普通に見られる部分を、外。 目で普通には見られない内蔵などの部分を、内。
地球なら、宇宙から見た地球を、外。 地球の中から見た地球を、内。





c. 固有の意味での、内1(脳内を内)

固有の意味では、二つあります。

・ 脳内を、内。 脳外を、外。
・ 頭側の思考を、外。 身体側の思考を、内。


脳内を、内。 脳外を、外。

所謂、頭の中。これを、 内 と呼んでいます。

哲学者デカルトがフランス語の自著「方法序説」の中で提唱した有名な命題、 「我思う、故に我あり」。
自分以外の存在は疑える。でも、そう考えられている自分自身の存在は疑えない。という感じの意味。
これは、目だけを閉じるとより実感できます。
この、 自分 というのは、脳で考えられている部分を言っています。
つまり、このデカルトの命題は、自分の脳内は、脳外と違う空間にある。という事を言っている訳です。

脳内を 内。
脳外を、外。

また、小脳と大脳の思考内容から、 小脳の思考内容を、脳外の思考。  大脳の思考内容を、脳内の思考。 と言う事が出来ます。 


小脳の思考内容は、 主と副 全体一覧 のページを御覧下さい。
大脳の思考内容は、 頭側と身体側 全体一覧 のページを御覧下さい。





d. 固有の意味での、内2(身体側の思考を内)

頭側の思考を、外。 身体側の思考を、内。

先程の 固有の意味での、内1(脳内を内) の、デカルトの命題のところで、目だけを閉じると自分の脳内がより実感できる。と言いました。
つまり、目を開けると、自分は実感でき難くなる。という事です。
それは、目で見ている脳外の部分を中心に実感しているからです。

要は、目で脳外を覗いているとき、脳は、脳外の部分を中心に脳を働かせている。という事です。
そして、目を閉じると、脳は、脳内を中心に脳を働かせている。という事になります。
これは、割り合いがあり、脳外を中心にしているなら、  脳外 3:1 脳内  となります。  脳内を中心にしているなら、  脳内 3:1 脳外  となります。これは、先天性の値です。
要は、脳外を中心にしているなら、脳外を4分の3考えている。そのとき、脳内の部分は、4分の1しか考えられていない事になります。


脳内の部分を考える。とは?

例えば、目を開けて部屋を歩く(図116)。 目を閉じて部屋を歩く(図117)。


図116を指で進んで行って下さい。目を開けたときは、今の様に、進む道のみを考えるだけで良いです。この道を進んで行く考えが脳内の考えです。 外3:1内
図117の場合は、目を閉じている訳ですから、灰色の部分も頭で考えなくてはならないです。要は、部屋の内装を考えながら、進む道も考える訳です。この場合、考えた部屋の内装は、自分が目を閉じているから無い様になっているだけで、実際にはあります。なので、割り合いが、 内3:外1 になる訳です。


頭側の思考だと、涙を流している人を見ると、その人は、 悲しんでいる と思います。
身体側の思考だと、涙を流している人を見ても、その人が、 悲しんでいる とは思いません。これは、発達障害者の起こす行動として有名です。

つまり、頭側の思考は、外を感じ易い思考である。それと同時に、涙を流していなかったら、頭側の思考では、 悲しんでいる という事が、分かり難い。という事も分かります。
先程の例で言うと、図116の状態です。外の涙を見て、この人は、悲しんでいる。と考えた。
外の涙 3:1 悲しんでいるという脳内の考え

この事からは、身体側の思考だと、外は感じ難い。という事も分かります。
そして、僕が書いた、 三構造の脳の創り のページを見て貰うと、脳を内側から見ている様子が伺えると思います。
これらの事から、身体側の思考だと、  外は分かり難い 1:3 内は分かり易い  という事が分かります。

頭側の思考内容は、外。
身体側の思考内容は、内。




トリセツ


一層構造の脳とは、「脳幹」のみの構造。
二層構造の脳とは、脳幹と「小脳」の構造。
三層構造の脳とは、小脳と「大脳」の構造。
「カギカッコ内は、その構造での中心となる脳。」

二層構造の脳の中心となる小脳の思考内容は、 主 と 副 の二つあります。

三層構造の脳の中心となる大脳の思考内容は、 頭側 と 身体側 の二つあります。

記号のトリセツに書いてある、二層構造の脳に入るもの。三層構造の脳に入るもの。というのは、その構造での中心となる脳の思考内容に当てはまるもの。

詳しくは、 三構造の脳の創り のページを御覧下さい。


三層構造の脳の二層目の法則、三層目の法則に関しては、トップページの項目、 b. 脳の二層目の法則・脳の三層目の法則の意味 を御覧下さい。



このサイトに書いてある数値は、適当な数値であり、頭側の計算の様な完璧な数値ではありません。



トリセツは、そのページ事に異なります。また、トップページに全ての トリセツ を載せてますので、そちらを御覧下さい。



記号のトリセツ

{ 赤色のナミカッコ } は、 二層構造の脳 のもの。
{ 青色のナミカッコ } は、 三層構造の脳 のもの。


{{ 黄色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳のもの。
「{ 黄色のカギカッコにナミカッコ }」 は、黄色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。

{{ 緑色のニジュウナミカッコ }} は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳のもの。
「{ 緑色のカギカッコにナミカッコ }」 は、緑色のニジュウナミカッコの、意味、理由、説明。



(( 黒色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 主 に入るもの。
「( 黒色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 主 に入る意味、理由、説明。

(( 白色のニジュウマルカッコ )) は、二層構造の脳の、 副 に入るもの。
「( 白色のカギカッコにマルカッコ )」 は、二層構造の脳の、 副 に入る意味、理由、説明。


(( 緑色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 主 のもの。
「( 緑色のカギカッコにマルカッコ )」 は、緑色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。

(( 黄色のニジュウマルカッコ )) は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の二層構造の脳の、 副 のもの。
「( 黄色のカギカッコにマルカッコ )」 は、黄色のニジュウマルカッコの、意味、理由、説明。



[ 青色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入るもの。
「[ 青色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 に入る意味、理由、説明。

[ 赤色のカクカッコ ] は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入るもの。
「[ 赤色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 に入る意味、理由、説明。


[ 緑色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 頭側 のもの。
「[ 緑色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、緑色のカクカッコの、意味、理由、説明。

[ 黄色のカクカッコ ] は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の二層目の法則の、 身体側 のもの。
「[ 黄色のカギカッコにカクカッコ ]」 は、黄色のカクカッコの、意味、理由、説明。



青色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側。に入るもの。
「| 青色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側。または、頭側の頭側に入る意味、理由、説明。

ピンク色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側。に入るもの。
「| ピンク色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、頭側の身体側に入る意味、理由、説明。


赤色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入るもの。
「| 赤色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側。または、身体側の身体側。に入る意味、理由、説明。

水色の囲い は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入るもの。
「| 水色のカギカッコに縦ライン |」 は、三層構造の脳の三層目の法則の、身体側の頭側。に入る意味、理由、説明。


脳の三層目の法則は、一部から、二部、三部と、永遠に続きます。
囲い、カギカッコに縦ラインは、一部の側の、最後の側の色を付けます。
例えば、頭側の身体側の頭側なら、一部の頭側と最後の頭側で、 青色の囲い 「| 青色のカギカッコに縦ライン |」
身体側の頭側の頭側なら、一部の身体側と最後の頭側で、 水色の囲い 「| 水色のカギカッコに縦ライン |」


緑色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 頭側 のもの。
「| 緑色のカギカッコに縦ライン |」 は、緑色の囲いの、意味、理由、説明。

黄色の囲い は、勝手に作った法則。または、造語。または、頭側の言葉を借りたけど意味が違うもの。の三層構造の脳の三層目の法則の、 身体側 のもの。
「| 黄色のカギカッコに縦ライン |」 は、黄色の囲いの、意味、理由、説明。



紫色の縦横のラインは、お題。

{ 紫色のナミカッコ } は、新たに更新した行や段落。
更新日付をクリックして下さい。